メロドラマの中で生きている人たち




20160131180302313.jpg








かつて「冬のソナタ」に代表されるような韓国ドラマが中高年女性の中で大ブームになった時期がありました。

ドラマに出演していた韓国の俳優がイベントに顔を出すということで、その出演時間がたった10分であっても何万円も払ってオバサンたちはイベントに参加してくれると、ぽんきちの知り合いのあるイベント業者の方が話していました。

それほどまでにオバサンたちはメロドラマの世界に憧れるものなのか?とぽんきちは驚いたのですが、そのイベンターの方は「彼女たちは恋をしたいのです。例えそれが異国の俳優であってもドラマに熱中することで疑似体験ができるからですよ。」と話していました。



そんな韓国ドラマに熱中するオバサンたちを笑えるだろうか?

私がいなければあの人はダメになる・・・本気でそう思い込んでいる人たちはたくさんいるのではないでしょうか?

失恋で自殺する人は稀です。現実にはほとんどいません。それなのに我々は自分がいなければあの人はきっとダメになると勝手に思い込んでしまいます。

自分と別れたあとは別の誰かと付き合う人たちがほとんどなのにです。

そして、自分さえも別の誰かと付き合うようになるのにです。



自分がいなければあの人はダメになるという錯覚をすることで、ある種のメロドラマの中に生きる選択を我々はしがちです。

韓国ドラマに熱中するオバサンたちのように、我々は何歳になっても恋がしたい生きものなのかもしれません。

まだドラマに熱中している間は良いですが、リアルでそんな世界を生きている人たちもいます。

恋愛には様々な形がありますが、自分が殴られるのはあの人の愛情に応えられていないからだと思い込んでいる人たちもいるのではないでしょうか?

DVを受ける環境からはなかなか抜け出せないと聞きます。

相手の暴力は愛情から来るものだと信じ、自分自身を責めてしまうからだそうです。

やっと真実に気付いた時には身も心もボロボロになっているものだと。

そして、例外なくDVの癖がある人間は最初はとてつもなく優しいものだと。

それがある日突然に豹変するのだと。

だから、その悲惨な現実をリアルになかなか受け入れられなかったり、やっと受け入れられても恐怖心に支配され何年もその環境から抜け出せないことは当たり前にあると聞きます。

実際にぽんきちの周囲にも何人か体験者がいますし、彼女たちの体験談はほとんどが共通しています。



恋することは美しいものと思えてしまいます。それは誰しもそうですし、ドラマや小説の題材としてはうってつけです。

でも、ぽんきちは恋は病気だと思っています。

恋は心の病です。

若い頃はこんな風には思えなかったのですが、何度となく恋愛を繰り返して生きてきた今はそう思っています。

結婚してもしなくても、別れても別れなくても、時間の経過と共に恋が消えてしまうのは病気が治ってしまうからだと思います。



そして、その病気につける薬はなく、自分でメロドラマの世界から抜け出し、確かな現実に戻るしかないのです。

恋から始まりそれが愛とは言えないものに変わり果ててもまた恋をしたいと思うならば、それはいつまでもメロドラマの中で生きたい我々の根源的な欲求があるからだろうと思います。










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/02/01 20:39 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優し過ぎる彼氏(彼女)にはご用心




20160131150604690.jpg







交際してすぐに結婚しようと言う相手にはご用心を。

結婚の重さを知っているならば簡単には口にはできないものです。ましてや結婚歴のある相手ならば尚更です。



毎日のようにセックスを求めてくる相手にはご用心を。

愛情とセックスは別ものです。愛情の有無に関わらず人はセックスできる生きものだからです。



あなたが一人で外出することを嫌がる相手にはご用心を。

すべてを相手と共有するよりも自分だけの世界も持つことは人生の豊さに繋がるからです。



あなたがSNSを楽しむことを嫌がる相手にはご用心を。

今はネット社会なのでSNSを楽しむのは誰にとっても自然なことです。ネットの楽しみ方は相手ではなく自分自身で決めるべきだからです。



君(貴方)がいないと生きていけないという相手にはご用心を。

大丈夫、あなたがいなくても生きていけます。



拘束することが愛だと勘違いしている相手にはご用心を。

解き放つことが愛だからです。



拘束されることが愛されていることだと勘違いしている自分にはご用心を。

本当の愛を今まで知らずに生きてきたから勘違いするのかもしれません。本当の愛を教えてくれる相手は未来であなたを待っています。





常識を疑ったり、生き方を疑ったりすることは悪いことではありません。

相手や他人や社会に支配され自分を見失うことは誰にでもあることです。

ただ、本当の優しさを知っている人は優し過ぎることはしません。

だから、優し過ぎる相手にはどうぞご用心を。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/01/31 15:07 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕はただの嫉妬深い男なんだ




20151207204154995.jpg
















http://s.ameblo.jp/lyricsgaga/entry-11917910275.html
John Lennon - Jealous Guy 歌詞 和訳





ジョンと出逢ってしまったヨーコは世界で最も有名な日本人になってしまった・・・

もし、ジョンと出逢わなかったら、前衛芸術家としての作品展で天井に書いてある小さな「Yes」の文字をジョンが見つけなかったら、ヨーコの人生は今とは全く違ったものになっていたはずです。

1980年12月8日・・・35年前の今日、ニューヨークのダコタハウスの前で凶弾に倒れるあの日まで、ずっとジョンに愛され続けたヨーコの人生は数奇な運命としか言いようがないわけですが、人生にもしもなどはなく、すべては必然だったのでしょうね。



嫉妬は誰にもある感情ですが、愛と尊敬と信頼の気持ちがあればそれは軽減されます。

嫉妬を凌駕する最も大きなものは信頼という絆だと思いますが、嫉妬深い人って愛することはできても信じることはできないのかも。

相手にもよりけりなんでしょうけれど、束縛し過ぎる傾向のある人はいつも何かを恐れているのかもしれませんね。



相手を信じることから始めないと前には進めないし、相手を解放しないと自分も解放されないと思います。

確かに、嘘や裏切りはたくさんあります。

なんかね、当たり前にある。とても人間的に優しくて温かい人たちが当たり前に嘘と裏切りの中で生きている。

大人になればなるほど見飽きるくらいにある。いちいち幻滅していたら人間なんかやってられないってくらいあるもんだから、ぽんきちはスルーしながら生きてます。

それでもぽんきちは彼らのことが大好きだ。自分の気持ちに嘘はつけない。



ぽんきちは長年に渡り嘘をつかれていたことがわかり、それが決定打となって離婚した人間ですが、相方を恨む気持ちはありませんでした。

だって、選んだのはぽんきちですもの。信じたのは自分自身です。

それでも信じたことは後悔していません。

ぽんきちは今とても幸せだから、かつての相方にも幸せになっていて欲しいと心から願っています。





嘘と裏切りは当たり前にある。

その辺にゴロゴロ転がっています。



でも、それがどうした?

俺は愛する人を信じる。



俺は俺の生き方をすればいいと思っています。










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/12/08 20:10 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果てることのないこの世の中で果てることのない人の流れの中 あの人は偽りだけが味方だと呟いた




20151114114740238.jpg
















僕の話を聞いてくれる

あの人は悲しい人だった

飲みかけのグラスに嘘を数えて暮らす

僕のすべての愛はあの日に置いてきた



日々の暮らしは荒れていた

うつろな瞳で男を誘い

つかの間の夢に心震わせた

悲しく羽もない小鳥のように



果てることのないこの世の中で

果てることのない人の流れの中

あの人は偽りだけが味方だと呟いた



あの女の胸に火をつけるのは

マッチを擦るより簡単さと

くわえ煙草の煙の中

一人の男がそんな風にうそぶいた



来るはずのない春の日差しのような 

来るはずのない幸せの中で

あの人は眠るように死にたいと泣いたんだ



戻れはしないこの人生の

戻れはしないあの街角に

思い出だけが昨日のように

僕の名前だけを呼んでいた







甲斐さんが17歳の頃に作ったというこの曲はぽんきちが10代の頃によく聴いていました。

こんな救いようのない歌詞の歌が70年代には普通にあって、若かったぽんきち世代は普通に聴いていました。

ユーミンもそうですが、10代で大人のような歌詞を書くミュージシャンがあの頃はたくさんいたような気がしますし、リスナーだったぽんきちたち若者も普通にそんな世界観を受け止めていたような気がします。

今は元気ソングが主流で、若者たちはその歌詞に惹かれて聴いている傾向があるとよく聞きますが、ぽんきちはこんな救いようのない歌詞の中に救いを感じていたのかも知れません。



人は時代が変わってもそんなに変わるものではありませんが、歌は世につれ世は歌につれ・・・時代と共に少しずつ変わっていくものなんですね。

動画のアレンジは当時とは全然違って明るい雰囲気になっていますが、ぽんきちはあの頃のしょぼいバンドアレンジの方が好きだったなぁ・・・

救いようのない世界に救いを感じるにはシンプルなエレキサウンドがいいのです。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/11/14 11:49 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北方謙三氏の「ソープに行け!」に理解ある女性がいると救われる気分になる




20151102015655123.jpg







北方謙三氏の人生相談コラムはとても面白かったとぽんきちは記憶しているのですが、このコラムをブログで紹介している女性がいたので驚きました。


http://s.ameblo.jp/violetfruits/entry-12019685016.html?frm=theme
この世での風俗嬢のお役目とは?



「風俗嬢のなかには、職業意識がとても高く、風俗業を天命だと感じ、頑張っている女性たちもいるのです!」

これはまさにそうでして、ぽんきちの若い頃の経験からも言えます。

今はすっかり淡白なおいさんになったぽんきちも若い頃は人並みにエロでした。

男性の場合、性風俗店に行く派と行かない派で完全に二分するものなんですが、ぽんきちはこれはある種の社会勉強だろうと思っていまして、どちらかと言うと行く派でしたかね・・・数回ですが行きました、すんません(・・;)



ぽんきちの経験で申しますと、性風俗の世界でそれを天職として働いている女性は少なく、とにかく稼ぎたいとかヤクザ屋さんの彼女だとか、様々な事情で働いている女性がほとんどだったという印象があります。

やさぐれていて完全にお金のためというのがありありとわかる風俗嬢もいました。

その中で、上記のように 職業意識がとても高く、風俗業を天命だと感じているかのように頑張っている女性が確かにいたのです。



ぽんきちが20代前半の頃、友達のHくんが某風俗店に通っていまして、そのお店で働く20名のソープ嬢すべてを彼は制覇していました(^_^;)

彼が言うには、そのお店はとても良心的な料金にも関わらず、A子ちゃんというソープ嬢の職業意識がとても高くて素晴らしいと言うのです。

そして、ぽんきちは彼にA子ちゃんを強く勧められました。20名いるソープ嬢の中でも突出して優しく、いつ行ってもそれは変わることがないと言うのです。



その数日後にはぽんきちはそのお店でA子ちゃんを指名していました(^_^;)

番頭(カウンター)のお兄さんから「あ〜、A子ちゃんをご指名ですか?あと30分ほど待っててね!」と言われ待つこと30分・・・黒いバニーガール衣装のA子ちゃんが「お待たせしました。いらっしゃいませ!」と迎えてくれたのですが、その第一印象で何となくわかったような気がしました。

女優の藤真利子さんの若い頃に似ていましたね。とにかく綺麗な女性でした。

サービスの内容はさすがにこのブログでは書けないので省略しますが、Hくんの言うとおり、とにかく優しくてその対応が素晴らしかったですね。

風俗嬢なんてお金のためにやっているんだからお客に優しくするのは当たり前だろう!と思う方もいるかもしれませんが、優しくない風俗嬢だってたくさんいますから。

ソープ店などは大概マニュアルがあって彼女たちはそのマニュアル通りにサービスするのですが、A子ちゃんはマニュアルに添いながらもなんて言うのかなぁ・・・人間性を感じるんです。体当たりのサービスなんですが心を向き合ってる感じが伝わってくるんですね。



帰り際には名刺の裏にこの先の自分の出勤日(シフト)を書いて渡してくれたのですが、次の仕事に繋げる姿勢もしっかり持っている女性でした。

ただ、何故こんな仕事をしているのかな?と不思議に思うほど素敵な女性でしたが、仕事とは誰かの役に立つことであり、困っていることを解決できるからこそ報酬が頂けるのが仕事です。彼女の仕事もまさにそういう世界であることは間違いありません。

この仕事の違法性や裏社会の資金源になっている等の事実を無視して敢えて言うならば、彼女たちの仕事により救われている男性がこの世の中にたくさんいるのも事実でしょう。



最後に、これは日本ではあまり語られることがないのですが、障害者の性の問題です。

ぽんきちは以前、仕事のスキルアップのために図書館で福祉関係の本を借りて読んでいたのですが、ある本に一般的に知られざる事実が書かれていたのです。

その本によると、様々なお客さんをビジネスの対象にする性風俗の女性たちであっても、障害者の男性を苦手とする場合が多いらしいのです。

どんなに太っていても、どんなにお爺ちゃんでも構わないけれど、障害者はちょっと・・・という反応をする風俗嬢は多いのだとか。

身体的機能に不自由があったり、社会的なハンディキャップがある彼らにだって性欲はあります。しかし、我々はそのことになかなか目を向けようとはしません。ある種のタブーの如くその問題には触れないようにしているような気がするのです。



オランダだったかな?ヨーロッパのある国ではそんな障害者の性的欲求の問題を解決するためのシステムが社会的に整備されているそうなんです。

日本の風俗嬢のような仕事を障害者については合法的に認めていると。

彼らにも健常者と同じように性欲があり、そういう意味での人権もあるという考えが浸透しているということなんだと思います。

これは文化の違いなのか宗教観の違いなのか、ぽんきちにもよくわかりませんが、ハンディキャップを抱えて生きる宿命を背負った人たちに対する支援の在り方も、その価値観は一様ではないということを知りました。



ぽんきちが北方謙三氏の「ソープに行け!」に理解ある女性がいることを知り、救われる気分になったのは、性の問題にはひとつの正論では割り切れない根深さがあると感じているからです。

人類の歴史上最古の職業と言われる性産業には社会の裏の側面が常についてまわりますが、世界を基準で考えた場合、それさえも一様ではないということを感じたぽんきちなのでした。








ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/11/02 19:31 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする