心臓の鼓動を聴いてみること




20170626001022685.jpg
 




たまには好きな人の左の胸に耳をあてて心臓の鼓動を聴いてみる


命が脈打つ音を確かめてみる


目の前にいるこの人が生きていることは見ればわかるんだけど


心臓の鼓動を聴いて命が脈打つ音を確かめてみると


目の前には自分以外の命があって今一緒に同じ空気を吸って生きていると実感できる気がする


たまには心臓の鼓動を聴いてみるのもいいかもしれない








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ギターアレンジやサポートギター(ライブ、レコーディング等)のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/06/25 23:58 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛していると言ってくれ



20170624011535079.jpg







https://youtu.be/T1h_NqNaERM





昔、「愛していると言ってくれ」というドラマがありました。

生まれつき耳の聞こえない青年は愛する女性に自分の言葉で愛を伝えることができませんでした。



イラスト手話辞典の最初の言葉は「愛」です。

「愛している」という言葉はありません。「好き」という言葉は載っています。

ですから、愛していると伝えるには一文字ずつ「あ」「い」「し」「て」「い」「る」と伝えるしかありません。



このドラマの最終回で砂浜の海岸で二人がお別れをするシーンがあります。

彼は「最後にお願いがある。」と手話で彼女に伝えます。

「何?」と彼女が尋ねると、「君の声が聞きたい。」と彼は手話で答えます。

「耳は聞こえないけれど、声は響く。」と手話で伝え、彼女を抱き締めます。

「何て言おうか?」と彼女が質問すると、「あ」「い」「し」「て」「い」「る」「と言ってくれ。」と彼女に最後に手話で伝えるのです。



彼女は泣きながら何度も「愛している、愛している・・・」と叫びます。



耳は聞こえないけれど、声は響く。



耳が聞こえるうちに、声で伝えられるうちに、伝えるべき言葉はたったひとつしかないのだなと・・・

今日は個人的にとても考えさせられた一日でした。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/06/24 01:17 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失恋の痛手は音楽で埋められるのか?




20170224120812751.jpg







結論から申しますと、失恋の痛手は音楽で埋められます。

ただし、本気で音楽に取り組んだ場合に限るというのがぽんきちの意見です。



一般的には心の痛手というものは同じジャンルじゃないと埋められないものだと思います。

例えば、失恋ならば新しい恋で、仕事の失敗は次の仕事でという具合です。

よく失恋の痛手で苦しんでいる後輩に職場の先輩が「仕事にがむしゃらに打ち込んで早く忘れろよ。」というアドバイスをしたりするケースがありますが、それで本当に忘れられるか?というと微妙なところです。

もともとその仕事ががむしゃらに打ち込めるほど大好きならば忘れられるかもしれませんが、もともとそれほど好きな仕事ではなかった場合はかなり無理をすることになります。失恋の痛手を忘れるために無理して働いてもその効果は疑わしいと思います。



それならば、やはり同じジャンルで心の痛手を癒すしかないと安易な方法を取ると手痛いしっぺ返しを食らったりもします。

とりあえず寂しさを紛らわすために誰かと付き合ってしまうというケースですが、最悪なのは三角関係のもつれから失恋したりすると元彼(彼女)を奪った相手よりも自分が先に幸せにならないと救われないと思い込んでしまうことです。

その結果、まだお互いによく知らないうちに深い関係になり、重傷の場合はそのまま結婚まで突き進んでしまうケースもあると思います。



心の中は大切な人を奪った相手よりも幸せになってやるという一人よがりな復讐心みたいなものに支配されていて、そんな心で誰かと付き合っても上手くいくはずがないのに、それでしか自分は救われないという思い込みのままに新たな破滅の道を突き進むのです。

そんな復讐心はなかなか消えるものではなく、例えばその元彼(彼女)とたまたま復縁するような展開になったとしても、今度はその元彼(彼女)に対して復讐心を秘めた心の状態で付き合い始めたりします。

失恋の痛手はとても辛いものですが、心のどこかに復讐心を宿したうちは幸せにはなれないでしょう。そんな時にはなかなか素敵な異性と巡り会えるご縁にも恵まれないでしょう。

なぜならば、復讐心を宿したままではその人が持つ本当の魅力的な姿は心の在り方に邪魔されてしまって、素敵な人たちを引き寄せる力を失っているからです。



もしそんな自分に気付けたならば、とりあえず大好きなことに本気で打ち込んでみるのです。

それは音楽でもスポーツでも何でもいいのです。自分が大好きで輝けるジャンルがあるならば、まずはその世界で輝きを取り戻すのです。

心の奥に巣くっていた復讐心など忘れてしまうくらいに本気で打ち込んでいると、ある日素敵な異性との巡り会いが訪れるでしょう。



なぜならば、そんなあなたこそが一番魅力的に見えているからです。

気が付けば過去の心の痛手は消えていて、そこには魅力的に輝くあなたが立っているでしょう。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/02/24 12:08 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋をしたら自分の気持ちを相手に伝えよう〜身も蓋もないぽんきち恋愛論




20170117172610168.jpg






君が好きな彼女はもしかしたら君のことが好きかもしれない。



君の好きな彼はもしかしたら君のことが好きかもしれない。



だから、好きになったら、恋をしたら、その気持ちを相手に伝えよう。



ぽんきちが若い頃、ドライブの後で彼女を車で送った際に、今日こそは自分の気持ちを伝えようと彼女の家の前に止めた車の中で「実は・・・」と話し始めたもののなかなか本題に移れない。

30分が経過し・・・1時間が経過し・・・それでも話せない。

結局、1時間半くらい経過してやっと「俺は君が好きだ!!」と伝えたところ、「いいお友達でいましょう!」というお答えを頂きました( ̄∇ ̄;)



後で知ったのですが、彼女はぽんきちの親友が好きだったのです。しかし、そのことを彼女はぽんきちには話さなかったので、何も知らないぽんきちは時々彼女をドライブに誘っていたのです。

若き日々のぽんきちの経験から言っても、恋をしたら自分の気持ちを相手に伝えた方がいいと思います。

告白して玉砕したらすべてが終わってしまうじゃん!!今の関係が壊れてしまうかもしれないじゃん!!そもそも怖くて告白なんてできない!!って思いますよね?



大丈夫、恋は心の病いですからいずれ消えて無くなります。安心して玉砕してください(^_^)v

例え結果的に両想いで付き合えたとしても、恋の寿命は短いのです。愛に変化すればそのまま付き合っていけますが、そうではない場合はやはり終わりがやってきます。

だから、恋は一時的な思い込みであることがほとんどなので、怖れずに気持ちを相手に伝えればいいと思います。

一時的な思い込みだから何もせずに諦めるのではなく、その一時的な思い込みは紛れもなくその瞬間に生きている自分にとっての正直な気持ちなわけですから、伝えればいいと思うのです。



彼女のことを好きになった気持ちを秘めて苦しみ続けるのはその瞬間の本当の自分なのでしょう?



20170117172732598.jpg



彼をことを思って美味しいお菓子を作り続けるのはその瞬間の本当の自分なのでしょう?



20170117172746930.jpg



ならば、彼女にその瞬間の本当の自分の気持ちを伝えるために走り出そう。



20170117172801783.jpg



もしかしたら彼女はずっと待っていたかもしれないのだから。



20170117172817430.jpg



そして、勇気を出して彼女に伝えよう。



20170117172849025.jpg



勇気を出して彼に伝えよう。



20170117172900011.jpg



もしかしたら、上手くいくかもしれないのだから。



20170117172910503.jpg






もし玉砕してもぽんきちを恨んではいけません。



このブログに影響されて本当に告白してしまったアナタの自己責任です( ̄∇ ̄)



失恋したって死にはしません。しばらくは心の生き地獄が続くだけです。

でも生きているからこそまた誰かを好きになれる。そして、いま在る命を確認できるのはこの瞬間だけなんです。




恋は病気なのでいつかは治ります。

治す薬があればどんなにいいだろうと思いますが、風邪薬だって風邪を治すための薬じゃないわけで、風邪の特効薬は今でもできていません。

恋の病いも同じです。熱が冷めるまでじっと耐えるしかありません。



でも、秘めた想いを抱えて悶々とし続けるのは不健康なので、健康的に幸せの絶頂か玉砕かの二択に賭けましょう!!



そっちの方がめっちゃ健康的やん(^_^)v











ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/01/17 17:30 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い人を演じ続けるのがめっちゃキツい




20161225225947539.jpg





20161225225957453.jpg





20161225230005353.jpg





DSC_1384.JPG







https://www.youtube.com/shared?ci=IihbMa-uLFw
俺物語!! 予告







今回は珍しく最近WOWOWで観た映画についてのお話です。ネタバレ注意です(・・;)



一目惚れした彼女が超絶女子にモテまくりの幼なじみの親友を好きになったと勘違いした主人公の男子校生(おっさんにしか見えない)を描いた映画「俺物語!!」はめっちゃ面白いです。

50代のぽんきちが高校生が主人公の純愛コメディー映画を観てこんなに楽しめるとは思いませんでしたが、鈴木亮平さんがロバート・デ・ニーロばりの体重増量をして主人公の高校生を演じています。(おっさんにしか見えない)



親友のイケメン砂川くんは初めから本当は二人が両想いであることには気付いているのですが、決してお節介なことは言わないし、しないタイプの高校生で、勘違いしたまますれ違う二人をずっと見守り続けます。

鈴木亮平さんが演じる猛男は勝手に勘違いして彼女と砂川くんが付き合えるように、自分の気持ちを隠していろんなお節介をして二人を応援する所謂「良い人」を演じ続けます。当然ながらずっと辛い思いをしているのですが、これってすごくわかりますねぇ。

ぽんきちにも経験がありますが、実らない恋と知って、彼女の好きな男がめっちゃ良い奴だと自分の気持ちを殺して応援したりするという。

この映画の猛男は幼い頃から好きになる女子がみんなイケメン砂川くんを好きになるもんだから、良い人を演じるのが常習になっています。もともと猛男も砂川くんもめっちゃ男としても良い奴で、お互いのことが大好きなんですが、恋する猛男は必要以上に良い人を演じるしかない境遇にある部分は大いに不公平なわけです。



恋愛に限らず世の中は不公平にできていて、我々は良い人を演じるしかない場面に何度となく出くわします。

良い人を演じるのはキツいんです。特に恋愛においてはこれでもかってくらい苦しんだりしますよね。ぽんきちはこの映画の猛男と砂川くんではどちらかというと猛男タイプの人間です。

ブログ読者のぽんきちに対する印象がどうであれ、ぽんきちはおっさん高校生の猛男タイプだったと認識していますし、決してイケメン砂川くんではありませんでした。



ぽんきちが猛男と違ったのは良い人をずっと演じ続けることができなかったことでしょうか。いくら彼女の好きな男が良い奴だったとしても、ぽんきちにはずっと応援し続けることはできませんでした。応援できたのは失恋した最初の時期だけで、やっぱり無理だと。こんな辛い思いをずっと続けていたらどうにかなっちまうというタイプだったと思います。

だから、そんなに強くない自分は良い人を演じていてはいけないんだと思うようになりました。弱い人間なりに正直になって、彼女や彼とは縁を切って新たな人間関係の中で生きようとするタイプでした。



今このブログを読んでいる人たちの中にも果たせなかった想いを噛み締めて相手の幸せを願っている人もいるのかもしれません。

そんな人たちの想いに共感しつつも、ぽんきちは新しい世界に目を向けることの大切さを伝えたくなります。自分では彼女(彼)を幸せにできないんだと、自分自身も幸せになれなかったじゃないかと潔く認めて立ち去ればいいと思います。

その場所を離れて新しい場所を見つけると新たな展開が少しずつ始まったりします。そこではもう良い人を無理して演じる必要もありません。だから、ぽんきちは過去において好きだった女性とは縁を繋げる生き方はこれまで一度もしてこなかったし、友達としてその後も付き合い続けるなんて皆無でした。



良い人を演じ続けてはいけません。

演じる必要性などなく、良い人がそのまま良い人でいられる環境こそが本当に自分が居るべき場所なんだとぽんきちは思っています。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/12/25 23:00 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする