愛とかよりも、馴染むってこと




20180210132025753.jpg





https://news.yahoo.co.jp/byline/murakamireiko/20180202-00081198/
なぜシニアは気ままな独身生活を捨てて結婚する?〜浅野ゆう子さんらのコメントから考える





馴染んだ果てに熟年離婚する人たちと、馴染んだ果てに熟年結婚する人たちがいます。いったいどちらが幸せなんでしょうか?

ぽんきちが思うに彼らの存在はどちらも幸せを意味しているのではないかと。



熟年離婚する人たちはそれまで我慢して我慢してやっと決断するケースも多いと聞きます。される側はともかく、する側はやっと自由を手に入れたわけです。

熟年結婚する人たちは老後に備えた現実的な選択をしたとも思えます。人間は一人で生きてはいけないという基本原則がありますから、将来の健康面やメンタル面を考えると現実的な選択です。



今回のネットニュースで印象的だったのは桃井かおりさんの「愛とかよりも、馴染むってこと」という言葉です。

結局そこなんだとぽんきちも思うわけですが、ちょっと例えは違うかもしれませんが、ぽんきちは父の臨終の時に涙が出なかったんです。家族が、愛する人が死んでも俺は泣かないんだなと思ったんです。

でも、その翌日に父の遺体を火葬場に運んで火葬されるまでに二時間半かかったんですが、広いロビーで家族と待っている間に一人で泣きました。それから毎日父を思い出していますが、偲ぶとはこういうことなのかと実感しています。



つまり、家族とは自分にとってかけがえのない存在ではあるけれど、自分の意思とは関係なく引き離されてしまう時に心がわしづかみにされたような切ない気持ちになったり、得体の知れない喪失感に支配されたりするんだなと。

自分の人生にとって馴染んだ人たちを失う時に、ああ自分はこんなにもこの人たちを愛していたのかと思うんだろうと。



だから、ぽんきちは馴染むということが大切であって、愛を信じたり疑ったりするのはもともと他人同士の男女ならばあって当たり前というか、熟年離婚でも熟年結婚でも好きにすればいいと思います。

自分が幸せだと感じるならば幸せだし、不幸だと感じるならば不幸なんでしょう。そこに馴染む人がいて、今自分が幸せならばその人は自分にとってそのままいていい人だし、不幸しか感じないならばいない方がいい人なんでしょう。



すべては自分の中にあるのであって相手ではないと思います。不満があればその場から去ればいいし、それでも去らないならばそれは自分の中に理由があるからです。

その理由は愛だったり依存だったり、人それぞれですが、それを選択しているのは自分です。

いずれはどんな人も自分の意思とは関係なく馴染んだ人たちと引き離されます。

それまでのかけがえのない時間を共に過ごせるならば、それだけでも幸せなんだと思います。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube) https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします) http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/02/10 13:21 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛している人にベタベタできない自分がいる




20180131121714320.jpg





福岡でライブがあったために翌日の父の四十九日の法要には間に合わなかったのですが、先月の死亡届の提出から始まった役所や金融機関での手続きが継続中のぽんきちは、法要が終わった日の夕方に故郷の島に到着しました。

実家では母が一人で待っていましたが、夕食を一緒に食べながら二人で父のことをたくさん話しました。

ぽんきちの両親は父が家計を管理していたこと、生命保険や定年後の年金や確定申告などお役所に関係することはすべて父がしていたこと。母は市役所にほとんど行ったことがないことなど、ぽんきちが知らなかったことがたくさんわかりました。

つまり、母はずっと専業主婦としてサラリーマンの父を支え続けていましたが、難しいことはすべて父がやっていたのです。だから、母はまるでお嬢様育ちの女性の如く世の中のシステムが全くわからない人だったのです。

母にいろんなことを訊いても的確な答えが返って来なくて、ぽんきちは少し苛々したり、何度となく同じ説明を繰り返したりすることが多いのです。

そんな母に厳しくはしませんが、あまり優しくもしない息子なんです。ぽんきちは愛している人にベタベタできないのです。



それでも何とか実家の経済状況がわかってきて、この先に母が施設に入所するような状況になったとしてもあまり心配しなくてもいいことがわかってきました。これは父に感謝しなくてはいけません。

ぽんきちが加入している生命保険の受取人を父から母に変更したことも伝え、もし自分に万が一のことがあっても経済的なことは心配しなくてもいいんだとも伝えました。とにかく、まずは経済的な心配を無くすことが安心感に繋がるので、それを母にわからせることはしなければいけないと。

それでも母は不安がるのです。今は家族に見捨てられる高齢者もいるからと言うのです。ぽんきちは笑いながら「我が家に限ってそんなことあるわけないだろう!」と言うのですが、年老いることへの不安とはこんなに根深いものなのかと思ったりしました。



今回の帰省では登記の相続手続きの相談のため法務局に行ったり、父が残した有価証券の相続手続きなどで金融機関や市役所を回りましたが、途中で母が印鑑を忘れていることがわかって一旦フェリーで島に逆戻りしたり(^_^;)

翌日は母の確定申告の書類まで記入したのでフル回転の二日間でしたが、何とかあと残すのは登記の相続手続きだけになりました。土地、宅地、多数の畑を母がすべて相続できるための登記申請書類を作成して法務局に提出すれば、ぽんきちの今回の役目はほとんど終了する予定です。

結局、最初から最後までぽんきちがすべてやっていますが、母はすべてがチンプンカンプンで何もわからないものですから、先月からぽんきちは行政書士のような仕事をずっとやってますね。さすがに疲れます(^_^;)



父が脳梗塞の症状のため動けなくなり、施設に入所し、やがて膀胱癌から病院で死に至る日々のスタートは、ぽんきちが仕事を早期退職し、フリーランスのギタリストになる半年前から始まりました。

ぽんきちが平日にこれほど自由に動けるのはフリーランスになったばかりであることは間違いなくて、今回の様々な手続きに係ることが勉強できる時間が持てたのは不幸中の幸いだったのかもしれません。

そして、国家公務員であったが故に行政文書に慣れており、諸々の手続きに抵抗感が無かったのも事実です。行政書士や司法書士が代行する内容をことをすべて自分でやっていても、あまり苦に感じないのです。



そんなぽんきちに母は何度も「ありがとう」と言うのです。それでもぽんきちは愛する母には淡々としか接することができません。

実家を発つ時に「母ちゃん、20分に一度はお茶を飲むんだよ。そうすればインフルエンザにならないから、忘れちゃダメだよ!!」とだけ言って車に乗り込もうとすると、母は寂しそうな顔で「ありがとう」を繰り返していました。

本当はずっと一緒にいて欲しいんだろうなと切ない気持ちになるのですが、ぽんきちはどうしてもそれを表に出すことができません。



今のぽんきちの願いはなるべく長く健康なまま母に長生きして欲しいということです。

そして、最期の時が近づいたとしてもあまり苦しまないで欲しいということです。

父の時より苦しまないで欲しいということです。



ぽんきちが母に望むのはそれだけです。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube) https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします) http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/01/31 12:18 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心臓の鼓動を聴いてみること




20170626001022685.jpg
 




たまには好きな人の左の胸に耳をあてて心臓の鼓動を聴いてみる


命が脈打つ音を確かめてみる


目の前にいるこの人が生きていることは見ればわかるんだけど


心臓の鼓動を聴いて命が脈打つ音を確かめてみると


目の前には自分以外の命があって今一緒に同じ空気を吸って生きていると実感できる気がする


たまには心臓の鼓動を聴いてみるのもいいかもしれない








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ギターアレンジやサポートギター(ライブ、レコーディング等)のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/06/25 23:58 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛していると言ってくれ



20170624011535079.jpg







https://youtu.be/T1h_NqNaERM





昔、「愛していると言ってくれ」というドラマがありました。

生まれつき耳の聞こえない青年は愛する女性に自分の言葉で愛を伝えることができませんでした。



イラスト手話辞典の最初の言葉は「愛」です。

「愛している」という言葉はありません。「好き」という言葉は載っています。

ですから、愛していると伝えるには一文字ずつ「あ」「い」「し」「て」「い」「る」と伝えるしかありません。



このドラマの最終回で砂浜の海岸で二人がお別れをするシーンがあります。

彼は「最後にお願いがある。」と手話で彼女に伝えます。

「何?」と彼女が尋ねると、「君の声が聞きたい。」と彼は手話で答えます。

「耳は聞こえないけれど、声は響く。」と手話で伝え、彼女を抱き締めます。

「何て言おうか?」と彼女が質問すると、「あ」「い」「し」「て」「い」「る」「と言ってくれ。」と彼女に最後に手話で伝えるのです。



彼女は泣きながら何度も「愛している、愛している・・・」と叫びます。



耳は聞こえないけれど、声は響く。



耳が聞こえるうちに、声で伝えられるうちに、伝えるべき言葉はたったひとつしかないのだなと・・・

今日は個人的にとても考えさせられた一日でした。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/06/24 01:17 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失恋の痛手は音楽で埋められるのか?




20170224120812751.jpg







結論から申しますと、失恋の痛手は音楽で埋められます。

ただし、本気で音楽に取り組んだ場合に限るというのがぽんきちの意見です。



一般的には心の痛手というものは同じジャンルじゃないと埋められないものだと思います。

例えば、失恋ならば新しい恋で、仕事の失敗は次の仕事でという具合です。

よく失恋の痛手で苦しんでいる後輩に職場の先輩が「仕事にがむしゃらに打ち込んで早く忘れろよ。」というアドバイスをしたりするケースがありますが、それで本当に忘れられるか?というと微妙なところです。

もともとその仕事ががむしゃらに打ち込めるほど大好きならば忘れられるかもしれませんが、もともとそれほど好きな仕事ではなかった場合はかなり無理をすることになります。失恋の痛手を忘れるために無理して働いてもその効果は疑わしいと思います。



それならば、やはり同じジャンルで心の痛手を癒すしかないと安易な方法を取ると手痛いしっぺ返しを食らったりもします。

とりあえず寂しさを紛らわすために誰かと付き合ってしまうというケースですが、最悪なのは三角関係のもつれから失恋したりすると元彼(彼女)を奪った相手よりも自分が先に幸せにならないと救われないと思い込んでしまうことです。

その結果、まだお互いによく知らないうちに深い関係になり、重傷の場合はそのまま結婚まで突き進んでしまうケースもあると思います。



心の中は大切な人を奪った相手よりも幸せになってやるという一人よがりな復讐心みたいなものに支配されていて、そんな心で誰かと付き合っても上手くいくはずがないのに、それでしか自分は救われないという思い込みのままに新たな破滅の道を突き進むのです。

そんな復讐心はなかなか消えるものではなく、例えばその元彼(彼女)とたまたま復縁するような展開になったとしても、今度はその元彼(彼女)に対して復讐心を秘めた心の状態で付き合い始めたりします。

失恋の痛手はとても辛いものですが、心のどこかに復讐心を宿したうちは幸せにはなれないでしょう。そんな時にはなかなか素敵な異性と巡り会えるご縁にも恵まれないでしょう。

なぜならば、復讐心を宿したままではその人が持つ本当の魅力的な姿は心の在り方に邪魔されてしまって、素敵な人たちを引き寄せる力を失っているからです。



もしそんな自分に気付けたならば、とりあえず大好きなことに本気で打ち込んでみるのです。

それは音楽でもスポーツでも何でもいいのです。自分が大好きで輝けるジャンルがあるならば、まずはその世界で輝きを取り戻すのです。

心の奥に巣くっていた復讐心など忘れてしまうくらいに本気で打ち込んでいると、ある日素敵な異性との巡り会いが訪れるでしょう。



なぜならば、そんなあなたこそが一番魅力的に見えているからです。

気が付けば過去の心の痛手は消えていて、そこには魅力的に輝くあなたが立っているでしょう。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/02/24 12:08 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする