ギターアレンジについて・その1




IMG_240297478595720.jpeg




よくよく考えてみると、自分のギターアレンジについてmixi時代からもブログで詳しく語ったことはないような気がしますが・・・どうだったかなぁ?(・・;)

ぽんきちはアレンジが得意なギタリストという認識をしている方々が多いのかもしれませんが、実は10年くらい前までは苦手な分野でした。

10代の頃は全くできませんでしたねぇ・・・一応、ロックバンドをやっていましたが、今思うとそれはそれは酷いアレンジでした・・・パワーコードでガガガガって弾いてるだけみたいな感じでした。

20代でテンションコードに興味を持つようになってからはポップスを作曲するようになり、自分の曲は少しアレンジできたかな?

30歳くらいの時にメンバーのオリジナル曲を演奏するポップスバンドをしていましたが、どうアレンジしていいやらわからず、もう一人のギタリストに自分のパートをアレンジしてもらったこともありました(^_^;)



いつ頃からそれなりのアレンジができるようになったのか?自分でもよくわからないのですが、40歳くらいの時にはコピーバンドでも独自のアレンジで弾くようになっていたので、おそらく40歳前後だろうと思います。

つまり、ぽんきちはそれまではコピーはできてもアレンジは得意ではなかったのです。

42歳の時にアコースティックギターで音楽活動をするようになりましたが、それまでずっとエレキギターで活動していたにも関わらず、自分がアコギアレンジができるギタリストだということに初めて気が付いたのです。



30代まではあれほどアレンジが苦手だったのに、なぜアレンジが得意になったのか?

自己分析してみますと、どうも徹底的にコピーバンドを長く続けていたのがよかったのではないかと思います。

ぽんきちはオリジナル曲を作る才能がないと悟った20代後半からはひたすらコピーバンドで活動してきました。

ビートルズ、パンク、ポップス、ディスコソウル、バードロック、ファンクロック・・・40歳になるまでに様々なバンドを転々としたのですが、その間にアコースティックギターも好きだったので家ではよく弾いていました。



その頃はすでに弾き語りはしなくなっていたので、歌モノの曲をアコギでインストにしてしまう遊びをよくやっていたのですが、それがよかったのかも?

42歳になってアコースティック・ユニットで活動することを決めた時には、自分でも驚くほど自然にアレンジができるようになっていました。

つまり、エレキギターでいろんなジャンルのバンド遍歴を重ねながら、アコギでも自由にアレンジして遊んでいたことが今のぽんきちを形作ったのだと思います。



それと、ぽんきち世代のギタリストには共通していると思いますが、自分が気に入った曲はなかなかタブ譜が売ってなかったりすることが多かったのです。

洋楽志向だったので尚更お気に入りの曲の楽譜が見つからなくて、いわゆる耳コピーが中心にならざるを得なかったのです。そのおかげでコピーが早くできるようになりました。

時代の変遷に伴って、それはカセットテープ→CD→MD→PCでの耳コピーになりましたが、何回も聴き返すのでMDプレイヤーは一台ぶっ壊しました(^_^;)

意外とカセットテープレコーダーが一番丈夫だったりしましたが、今はPCで簡単にピンポイントで一時停止ができて、何度も繰り返し聴けるので便利です。



読者の方々が一番興味あるのは、ぽんきちのアレンジ手法なのかもしれませんが、これは説明できるかなぁ?音楽理論がよくわかってないからね(・・;)

アレンジも曲によりけりですが、あっという間にできてしまうことが多々あります。
例えば、イントロの8小節のアイデアが浮かぶと後は一気に出来上がったりします。

最近では、百恵ちゃんのプレイバックpart2は久しぶりに苦戦しましたねぇ・・・これアコギ一本でアレンジするのめっちゃ大変ちゅーか、昭和歌謡って難しいんですよね(^_^;)



だいたい、レイぽんでもTeTeでもいわゆる「ぽんきち節」のアレンジになってしまうのですが、それは最初のユニットであるmilky noteの頃から徹底して変わらないぽんきちのアレンジスタイルになっています。

ただ、自分のアレンジ手法については説明が難しいので、この続きはまた気が向いたら書きたいと思います(^_^)ノ



posted by ぽんきち at 2014/10/28 18:53 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッキングのアタック感について〜その2〜




10321075_242413652616893_2747542881959768431_o.jpg




昨日の続きです・・・今から7年以上前のお話です。

バンドの打ち上げでしこたま飲んでいたぽんきちは二次会で連れて行かれた「おとぼけコースケ」ですでにグロッキー状態でして、いつの間にかテーブルに伏して寝てしまいました(^_^;)

ところが、その時ぽんきちの脳天をかち割るほどのインパクトのある歌声とギターサウンドが突如聞こえてきて、「なんだー?何が起こったんだ??」と一気に目が覚めました(☆。☆)

マスターのコースケさんが弾き語りを始めていたのです。

生まれて初めて聴く弾き語りに衝撃を受けたぽんきちは、それからすぐにユニットの相方を連れてコースケさんのライブを観に行きました。

そして、再びおとぼけコースケに相方を連れて飲みに行きました。



その夜はたまたまお客さんは我々とDJのブッチさんだけでした。

やがてコースケさんが弾き語りを始めて、まるで貸切状態のような贅沢な空間でしたが、コースケさんの歌とギターに我々は酔いしれていました。

コースケさんが「君たちもやってみろ」と言うので、ぽんきちは彼のギターを借りて当時のユニットで演奏したのですが、もう極度の緊張でボロボロだったという( ̄∇ ̄;)

唯一の救いはブッチさんにアレンジが面白いと褒めてもらったことくらいでしたね(^_^;)



あの時、ぽんきちが一番ショックだったのは、全く同じセッティングでギターを弾いたのに、コースケさんの音とぽんきちの音があまりにも違っていたことです。

コースケさんはあんなに素晴らしい音を出せるのにぽんきちにはそれができない・・・あの日、ぽんきちはギターは弾く人間で音が決まるということを思い知ったのです。

プレイヤーのアタック感で出音は全く違ってしまう・・・あれから自問自答を続けていたぽんきちはある日突然ギターを弾いていて気が付いたのです。

あれ?もしかしてこれがアタック感ってやつなのかな?

口で説明するのは難しいのですが、それまで補助輪を付けて自転車に乗っていた子供が、ある日突然補助輪に頼ることなく乗れるようになったような感覚でした。

そうか、プロの彼らが言ってたアタック感とはこういうことだったのか!!と、ぽんきちは目が覚める思いだったのです。



ちなみに当時コースケさんはぽんきちには何もレクチャーしていません。

おとぼけコースケでマンスリーライブをするようになってからも基本的にそれは変わりません。

コースケさんが何も言わないでくれるからぽんきちはTeTeで毎月ライブができているんです。きっと言いたいことはたくさんあると思いますが、未熟なぽんきちを見守ってくれてます・・・感謝(>_<)



アタック感については、その感覚は紙一重です・・・一度自転車の乗り方を覚えてしまうと、今度は逆に転ぶのが難しくなります。つまり、アタック感を無視して弾くことが難しくなるのです。

当たり前に自転車に乗れるようになったあとでは補助輪をつけていた頃の感覚がわからなくなる。そんな紙一重の違いなんです。



昔の人が偉いなぁと思うのは、ギターを「弾く」という字は「はじく」と書きますが、まさにギターは弾く(はじく)ものだとぽんきちは気が付いたのです。

ぽんきちは力で弾くのではなく瞬発力で弾いています。上手く言えないのですが、とにかくなるべく無駄な力は入れずにしっかりと弾くようにしています。

一曲の中でメリハリをつけて弾く時も基本的に一定の力で弾いています。ギターの音が大きく聞こえたり小さく聞こえたりしますが、力で強弱をつけていません。小さく聞こえる時もアタック感はそのままに角度を変えて弾くことで音量を調節しています。

弱く弾くと音が抜けていかないので、基本的には力で強弱をつけません。もちろん例外もあって、力で強弱をつける場合もありますが、常にアタック感はキープしたままです・・・う〜ん、説明するのが難しいなぁ(・・;)

ただ、ライブでは緊張するのでどうしても余計な力が入ってしまいます。特に弦を押さえる左手に無駄な力が入るし、弾き手の右指は緊張で震えます。

最終的にはメンタルコントロールが鍵になると自覚しているのですが、なかなかできないです。゚(゚´Д`゚)゚。



以上が、ぽんきちが体験したピッキングのアタック感のお話ですが、こういう経緯からぽんきちは爪ではなく指先の腹で弦を弾いています。爪は結果的に当たっているだけです。

しかし、爪で弾くことが間違いというわけではなく、アコギストの中には爪で弦にヒットさせるプレイヤーもいますし、何よりもエレキではほとんどのギタリストがピックを使っていることからもそれは説明できます。

それと、これ以外についてもその方法論についてはぽんきち独自の解釈です。
すべてはぽんきち自身の体験に基づいて身に付けた弾き方なので、しっかり理論的に学んだギタリストとは解釈が異なる部分もあるだろうと思います。



要はギターに限らず、ヴォーカルも含めてすべての楽器はアタック感が大切だということなんでしょうね(^_^)ノ





1507284_235871279937797_6796741988088280839_o.jpg



posted by ぽんきち at 2014/09/18 19:07 | Comment(2) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッキングのアタック感について〜その1〜





976325_143017032556556_731517590_o.jpg



ぽんきちは15歳から独学でギターを始めましたが、ピッキングのアタック感を理解するまでに30年近くかかりました。

こんな話をすると多くのギタリストは、え?アタック感ってそんなに難しいことなの?という疑問が沸くはずです。

独学だから回り道しちゃったのかも?(・・;)

ぽんきちの個人的見解を申しますと、「アタック感と思っているその感覚は本当はアタック感とは程遠いものかもしれない」ということです。

おそらく、多くのアマチュアギタリストが考えているアタック感なるものは、別物の可能性が高いだろうとぽんきちは思っています。

先日はリズムについてのお話をブログに書きましたが、今日はぽんきちの体験に基づくピッキングのアタック感について書きたいと思います。



中洲のプレイヤーというお店で長くハコバンのベーシストをしていた大川さんからぽんきちは可愛がられていまして・・・彼は頼んでもいないのにいろいろアドバイスしてくれる先輩でした(^_^;)

大川さんと出会った頃、彼はぽんきちに対して「惜しいな〜」ってよく言ってたんですね。「ぽんきち、お前はアレンジは面白いが弾き方がなってないよ。」と・・・

彼はギターやベースは指を弦に乗せ「落とす」ように弾けばいいんだとアドバイスしてくれましたが、ぽんきちにはさっぱり意味がわかりませんでした(・・;)

つまり、ピッキングのアタック感が大切なんだという話だったのですが、当時のぽんきちには感覚的にも技術的にも理解できませんでした。



同じ頃、milky noteでパサージュ広場の特設ステージで演奏した際に、オーストラリアから来日したイタリア人のスパニッシュギタリストが対バンで演奏していました。

お互いの演奏が終わったあと、彼と仲良くなったぽんきちは「スパニッシュの弾き方を教えてくれないか?」とお願いしたところ、彼は快くレクチャーしてくれました。

ところが、あまりにも難しくて全く弾けなかったという・・・(^_^;)

しかし、その時ぽんきちは彼から貴重なアドバイスを頂いたのです。



ぽんきちのつたない英語と身振り手振りでコミュニケーションをして彼から教えられたのは、ピッキングする時は弦を指先の腹で触る(感じる)こと・・・彼はFeel♪と言ってましたね。

とにかく、指の腹で触り素早く弾く。伸ばした爪は結果的に弦に当たるだけなんだと教えてくれました。

彼もピッキングのアタック感のことを話していましたが、言ってることは大川さんと同じなんだろうな・・・ということだけは感じていましたが、まだぽんきちにはアタック感の何たるかがよくわかりませんでした。



それから間もなく、ぽんきちはあるミュージシャンと運命的な出会いをすることになります。

ある日の夜、ぽんきちは当時トラで参加していたバンドのバンマスに連れられてあるお店に向かいました。

バンマスがぽんきちにどうしても紹介したいギタリストがいると言うのです。

そこは西中洲にある「おとぼけコースケ」というお店でした・・・



 つづく




今回のお話は長くなります。ぽんきちはギターの練習をしないといけないので続きはまた明日(^_^)ノ



posted by ぽんきち at 2014/09/17 19:00 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする