明治から昭和を生きた人 昭和から平成を生きた人 平成だけを生きる人




20180516125801504.jpg





平成もあと一年ほどになりましたねぇ・・・先日テレビで関根勤さんの娘さんが「新しい元号は爆笑がいい!!」と言ってましたが、爆笑元年でもええかもしれませんねぇ。

ぽんきちの祖父母は明治から昭和を生きた人たちで、父は昭和から平成を生きた人でした。母はおそらく昭和から平成を経て新しい元号まで生きるでしょう。

ぽんきちも母と同じになる可能性がありますが、今の20代までの若者たちは平成しか知らないんですよね・・・やっぱり俺っておさーん(・・;)



このまま行くとぽんきち世代の人たちは昭和という時代に強い郷愁を感じながらこれからもずっと生きていくんでしょうね。

ちなみに平成元年は昭和64年の年が明けて一週間ほど経ってからスタートしました。当時ぽんきちは25歳だったので子供時代から青春時代の前半を昭和という時代に生きていました。つまり、最も若く多感な時期が昭和だったのです。

だから今でも昭和の時代の音楽が好きだし、子供時代だった1960年代から青春時代前期である1980年代までの洋楽も好きなんです。



音楽の嗜好ってほとんどの人たちが若い頃に愛聴していた音楽にかなり高い確率で影響されていますよね?だから生まれた時代によってその人の音楽性はほぼ決まってしまうんだと思います。

そして、音楽以外では風俗が全く違います。祖父母が若い頃に見ていた風俗は明治や大正時代の風景ですから、今とは全く違います。100年以上前の風景を見たり人々と交流するのはさぞかし新鮮な感覚なんでしょうね。

ぽんきちは時々100年以上前にギターを抱えたままタイムスリップしたらどうなるだろう?と妄想することがあります。ロン毛スナフキンのギタリストは明治時代ではさぞかし変なお〜じさん♪(o゚▽゚)o扱いされるんでしょうね。

そして、今ライブで演奏している曲を弾いたならば人々はどんな反応をするんでしょうか?まず仕事にはならないでしょうね。お前さん、訳の分からない音楽やってんじゃないよ!!(`_´)と言われるだけでしょうね。



100年以上前に生きていた人たちは今はほとんどこの世の中にはいません。世界中のほとんど人たちが死んでしまっています。

そして、ずっとずっと昔、太古の昔には恐竜たちが支配していたという信じがたい事実があるわけで、我々の人生なんて本当はほんの一瞬に過ぎないんですよね。

そういう意味では人生はほんの一瞬だけぽっと輝いて消滅する蛍の発光のようなものです。束の間の儚い灯です。



爆笑元年はどんな時代の幕開けなんでしょうかねぇ・・・誰が爆笑元年やねん(・・;)







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/16 12:58 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつまでもカッコいいギタリストの代名詞




20180516000035368.jpg





2017年にギター・マガジンがプロギタリストを中心とする音楽関係者500人に対して「あなたにとって最も偉大な日本のギタリストは?」というアンケートをした結果、第1位に選ばれたのはCharだったという話は以前ブログに書きました。

この結果を受けたCharがインタビューの中で印象的なことを話していたんですが、そのまま引用して書きます。



つまり教わるんじゃなくて、自分がやりたいことを夢中で模索していくんだよ、俺たちロック・ギタリストは。理屈はあと付けで、どうやったらうまく、カッコよく弾けるかを自分から学ぼうとする。当たり前だけどそれっていちばん良いに決まってるじゃん。



このギタリスト、カッコいいなと思う基準?ギターが似合ってるかどうかだよ。



おのおののプレイ・スタイルは何でもいいとして、そいつ全体から出ているものを見て「お、わかってんな」というか、「感じてるな」というか。それは単に見た目がいいからとは違うんだよね。音ってその人全体から出てくるものだから。中にはね、指先からしか音が出てない奴とか、アンプからしか出てない奴もいて、いっぱい見てきたよ。外人も含めてね。そうじゃなくて「感じる」ことをできている人はプロの中でも少ないなって思っちゃうよ。



サイドが下手な奴はリードも下手だよ。もともとギターってバッキングするものだったからね、基本的にギターはリズム楽器。



つまり、バンドの一員として、ホーン・セクションやパーカッションとの絡みでリズム・ギターを弾く。リズム・セクションの中のギターの奥深さに気づいてしまったんだよね。



これ、はっきり言うけど、この先ギター・ヒーローが出てこないと続かないんだよ。ギターだって全然売れないと思う。



以上ですが、長年ギターを弾いているぽんきちにとっては納得できる話ばかりなんです。

カッコいいギタリストとは?Charはそれを簡潔に答えています。ギターが似合っているかどうかだと。どんなに上手くギターが弾けたとしても、どんなに音楽理論を熟知していたとしても、似合っていなければカッコいいギタリストにはなれません。

音ってその人全体から出てくるものだからとCharは語っています。その人全体からです。この言葉はとても深い意味を持っていると思いますし、多くのギタリストにとって自分への問いかけを投げかける言葉です。



ぽんきちはギタリストはカッコよくないと意味がないと思っています。それは単に見た目がいいからとは違うんだよねとCharは語っています。

そんなことはわかっていると言葉ではいくらでも言えます。でも言葉ではなく、その人全体から醸し出すものでなければ説得力がありません。説得力がなければカッコよくならないとぽんきちは思っています。

誰しもギターを弾くからにはカッコよくなりたいし、どうやったらカッコよくなれるのかを考えているはずです。



時にはレジェンドと呼ばれる偉大なギタリストの話に耳を傾けてみるのもいいかと。そこにヒントがあるかもしれないし、ずっとギターを弾き続ける生き方をするならば目指すのはそこでしょうというお話でした。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/16 00:02 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我々の体は生きようとしている〜謎の茶色い液体を吐いたお話




20180515193220856.jpg





今日は年に一度の透視検査でした。鼻の穴からチューブを挿入し、十二指腸まで届いたらバリウムを流して空気を注入して腸を膨らませます。バリウムが大腸まで到達したら腸の動きを止めるための薬を静脈注射をしてレントゲン写真を数枚撮ります。

30年以上前から行ってきた検査なんですが、今は以前より短時間で検査は終了します。6年前に二度目の手術をして、ぽんきちの小腸と大腸は普通の人たちの半分の長さしかないからです。あっという間にバリウムが大腸まで到達するので検査の時間は短くなりました。

それでも検査自体は何度受けてもキツいので今日はおとなしくすぐに帰宅しましたが、6年前に術後4日目の夜に謎の茶色い液体を洗面器2杯分も吐いたことを思い出しました。



当時は術後の経過がかなり悪く激痛で眠れない日々が続いていたのですが、4日目の夜になって突然気分が悪くなり一時間以上かけて謎の茶色い液体を吐き続けました。

術後の数日間は水しか飲んでいなかったのに「この液体はいったい何なんだ!?」と悶絶しながら吐いていたのですが、今思うと内臓の癒着部分の炎症が治まる過程で作られた毒素だったのでは?と。

5日目の朝にやっと体が楽になったので体に溜まった毒素を吐き出したことで体調が回復に向かったんだと思います。要するに膿を出すのと同じことだったんでしょうね。



我々の体のシステムは基本的に生きようとするベクトルで構築されているからこそ、その過程で作られた要らなくなった細胞を毒素にして吐き出すんだろうなぁと。

癌細胞は何らかのきっかけでそれが逆のベクトルになってしまうんでしょうね。しかし、基本的には我々の体は生きようとするベクトルで動いています。

あと何年生きられるのかなぁとぽんきちがリアルに感じられるのはこんな体で生きているからですが、とりあえず今日の検査結果は昨年から変化無しでした。



半人前の内臓でこれからどこまで自分の望む生き方ができるのだろうか?といつも考えてしまうのですが、ぽんきちの場合は未来の希望も半々ですね。

体調が悪い時は「やっぱり俺はダメかもしれんね、体が保たんかもしれんなぁ・・・」と考えるし、体調が普通の時はいつも睨みつけるような顔で「さてこれからどうすべきか・・・」と一人考え事をしています。闘志みたいなものがある時はいつもそんな感じです。

どっちも半々ですが、自分がどういう意識であろうとも体そのものは生きよう生きようと動きます。



体は正直なので生きようとしている限りは自分の意識もそれに付き合っていかないかんなと思っています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2018/05/15 19:32 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰もが高いポテンシャルを秘めていると感じる生き方について




20180515001206449.jpg





ぽんきちは成長とは自分の持つポテンシャルが発揮できる方法を発見し身に付けていく過程だと考えています。

つまり、下手だったり上手くできなかったりというのは、ポテンシャルの引き出し方がわかっていなかったり、理屈がわかっていても身につけ方がわからなかったりするからだろうと。

つまり、人は自分が好きなことに関しては高いポテンシャルを元々持っているものなのでは?と考えています。

そんな風に考えるようになったのは、ぽんきちが弾き語りを始めた頃のダメダメぶりを知っている人たちが、最近になってその進化を認めるようになってきたからです。



わかりやすく言うと以前に比べるとかなり歌がまともになってきたということなんですが、実はぽんきちは歌の練習はあまりしていないんです。だから、人には元々備わったポテンシャルがあって、その出し方がわかっていないだけなんだと考えるようになりました。

では、いったい何をしているのか?なんですが、基本的にギターの練習ばかりしています。歌に関しては正しい発声の仕方とかはまだわかっていなくて、とにかく深い呼吸で背筋を伸ばして歌うことだけを考えています。正しいピッチで歌えるようになるにはまずちゃんと声が出ないと無理だと気付いたからです。

そのためにギターを弾く時の姿勢も必然的に変えざるを得なくなりました。以前よりも背筋を伸ばして弾けるようにギターの練習をしています。



結局、歌に関して意識しているのはこれだけで、声を出すのは弾き語りライブやフリーマイクの前日や当日くらいなんです。普段はギターの練習ばかりですが、それでも進化するということは弾き語りのポテンシャルの出し方が少しわかってきたに過ぎないということだろうなと考えています。

とにかく歌に関しては正しいピッチで歌えるようになることしか考えていません。これは弾き語りストやシンガーの最低条件なので、まずこれができないとスタート地点に立てないからです。

進化しているとは言っても今のぽんきちの弾き語りはかなり荒削りです。何というか、うりゃ〜!!(゚Д゚;)って感じ?

勢いだけでやってる感は否めませんが、これから正しい発声の仕方を身に付けていくと歌のクオリティは上がっていくのかもしれませんねぇ・・・でもなぁ、何というか一般的にはそれが正しい方向性なんだと理解はできるのですが、う〜ん・・・と考えてしまうのです。



完璧な歌で弾き語りするぽんきちって面白いのかなぁ?とか、お客さんたちはそんなぽんきちを期待しているのかなぁ?とか、考えてしまいますね。正しい弾き語りをするぽんきちの必要性ってどこにあるのかな?って。

こんなことを考えてしまうのは、そもそも歌うことに興味が無いというのもありますが、自分が歌伴ギタリストを目指しているということもあるんだと思います。お金を払ってライブに来てくれるお客さんのことを考えたら完璧な弾き語りストを目指すのは当然だろう!!(`_´)と言われると、おっしゃるとおりでございますm(__)mと一応ひれ伏すしかないわけですが、やはりう〜ん・・・と考えてしまいます。

自分の歌のポテンシャルがどこまであるのか試してみるべきか、どんなに弾き語りライブをしてもシンガーの意識が持てないギタリストのままでいるのか、いずれにせよライブをする以上はしっかりした歌を届けられるようにならないといけないとは思っています。

まずは正しいピッチで歌えるようにならんとね、話にならんからね(・・;)



ここまで読んできて、完璧になれる方がいいに決まってるじゃんと、ぽんきちさん何言ってるの?と不思議に思う読者もいると思います。

なんちゅーか、ぽんきちにはロック・ギタリスト気質があるんです。完璧な歌は素晴らしいんですが、それがぽんきちにとってカッコいいか?というとちょっと別問題なんです。

ただ、お客さんが求めるものも考えないといけない立場なので、う〜ん・・・となるわけです。



誰もが高いポテンシャルを秘めていて、その引き出し方がわからないだけならば、それを発見し身に付ける努力を重ねることで人は進化できると思います。

ただ、難しいのはどういう進化をするのか?でして、そのポイントを間違えると退屈な正しい弾き語りストになるだけです。

まぁ、まずは正しいピッチで歌えるようになれよって話ですね(^_^;)







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/15 00:12 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自意識過剰だから動けない〜動ける人になるための考察について




20180514023722520.jpg






自分は大したやつだと思っている


周囲はもっと自分を評価すべきと思っている


自分は気にされてると思っている


誰かが自分を見つけてくれると思っている


恥をかくとわかっていることは絶対したくない


最短距離で成功できるやり方しかしたくない


公開の場では本音を言わない


自分がその気になればいつでもできると思っている


準備中がずっと続いている




以上、思いつくままざっと挙げてみましたが、これらと反対のことを考えていたりやったりしている人は自意識過剰ではないです。自意識過剰が自分の足を引っぱることを知っていて、自分を変えるにはどうすればいいかを少なからず理解できている人です。

自意識過剰な人はおそらく承認欲求が強過ぎるんだと思います。他者からの評価を異常に気にする傾向があるため動けなくなるんでしょうね。

恥をかくこと、失敗することを異常に気にしているので、自意識の高い発言内容と臆病な行動が乖離してしまい、結果的に公開の場で発言することを抑えてしまいます。

その結果、存在そのものが薄くなってしまい、尚更他者からの評価を受ける機会を失ってしまいます。つまり、どんどん奥に引っ込んでしまうのです。



自分はもっと高いレベルで行動すべき人間だからこんなところでは動けないみたいな意味不明なことを言いがちなのがこのタイプですが、その高いレベルに行くためには泥臭いこともたくさんやっていかないと行けませんよと。

その泥臭いことはカッコ悪いことも多いですから、それがみっともないと思うならば一生行動には起こせないでしょう。

そんなプライドって要らないし、未来においてなりたい自分にとって足かせになるだけなので、ぽんきちは無意味な思考だと思っています。



天才と呼ばれる人たちほど人並み以上に泥臭い基本練習をしていたり、無駄な試行錯誤も繰り返しているものです。

そんな当たり前なことにさえ気付けないならば、ずっと今のままでいればいいと思います。

命がいつまでもあるものと思っているならばずっと今のままでいてください。



少なくとも命の有限性には気付いているという自覚があるならば、もうその高いポテンシャルを発揮するために動き出してもいいのでは?と思います。

ぽんきちは誰もが高いポテンシャルを秘めていて、その出し方がわからなかったりきっかけを見つけられなかったりしているだけなんだという考え方で生きています。

泥臭いことでもいとわずやるんだという覚悟さえ持てたならばきっと動けるようになります。



一人でも多くの人たちが本当の自分の姿で生きるポテンシャルを発揮してその可能性を最大限に活かす行動を起こすことを期待してこのブログを書いています。

動き出せばそのポテンシャルの出し方が少しずつわかるようになります。恥をかきながら失敗を繰り返しながらわかるようになります。

誰にも高いポテンシャルがあります。動かないから出せないだけなんです。そして、動き出したら長い道のりだということも理解して今やるべきことに集中してください。



今の自分にできることを無理のないやり方で地道に続けてください。それは薄皮一枚を毎日積み重ねていくような作業かもしれませんし、あまりの手応えの無さに落ち込むこともあると思います。

そんな時は生きたくても生きられなかった家族や友人や仲間たちのことを思い出してください。

これはぽんきちが今まさにリアルに感じたり実践したりしていることなので自分自身に対しても書いています。



今の連続が未来を作っていくし、それでしか自分の望む未来は作れません。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/14 02:37 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HKY=変態仮面イエス JYK=人生やったもん勝ち




20180512134835425.jpg






肩甲骨の関節が堅いため変態仮面のように腕が回らないぽんきちです( ̄。 ̄;)

H(変態)K(仮面)Y(イエス)!!に続きぽんきちのマイブームになりつつあるのがJ(人生)Y(やったもん)K(勝ち)!!です。

いちいちアルファベットの頭文字
を使うことに何の意味があるのか?なんですが、う〜ん・・・自分でもよくわからん(・・;)



超高齢化社会に備えるべく人生やらないもん勝ちを信じて疑わない人たちが多いのが世の常ですが、人間塞翁が馬(じんかんさいおうがうま)が実際のところ真実だろうと思います。

つまり、良いことがあったと思ったらそれがきっかけで悪いことが起こる。悪いことが起こったらそれがきっかけで良いことが起こる。

人生最良の時を過ごしていたはずなのに気が付くと不幸のどん底に落ちている。人生最悪なことが起こって何もかも失ったと思っていたら新たな出会いに救われてしまう。

人生は失敗と成功の繰り返しであって、歴史に残る成功者のほとんどが数多くの挫折や失敗を繰り返しながら学びを得て成長しています。



とりあえずぽんきちのこれまでの人生はまさに人間塞翁が馬でした。難治性疾患になったからこそ若くして安定した職業選択をしたり、ユニットの相方を失ったからこそ新たな相方を得たり・・・そんなことの繰り返しでした。

だから、人生やらないもん勝ちも人生やったもん勝ちも同じJYKなんだと思います。そして最終的にたどり着くのは死です。これは誰にも避けられない真実です。

そして、おそらく人間塞翁が馬も真実です。あとはやらないことにベクトルを向けるかやることにベクトルを向けるかの違いだけです。どうせ良いことも悪いことも起こるし、そして死ぬんです。



H(変態)K(仮面)Y(イエス)!!で由緒正しい変態人生を歩むもよし、J(人生)Y(やったもん)K(勝ち)!!で変なおじさん人生を歩むもよしです。

変態として生きても変なおじさんとして生きても、そして普通のおじさんとして生きても、我々が向かっているのは同じ死という結末です。

そして、その死はいつやってくるのか誰にもわかりません。一年後なのか数年後なのか数十年後なのかわかりませんが、人生やらないもん勝ちを信じて疑わない人たちは自分は数十年後に決まっていると勝手に信じ込んで生きています。身近な人たちが何人死のうとも自分だけは違うと、特別な存在だと信じたくて仕方ないのです。



死を考えることは、つまりは生きるとは何なのか?を考えることです。今の積み重ねが死に向かっていることを意識することができるかどうかで生き方が決まると言ってもいいかもしれません。

ぽんきちには特別な人など誰一人として存在しないとしか思えません。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/12 13:49 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だって女ですもの、結婚のためならいつでも音楽を捨てられます〜百恵ちゃん派と聖子ちゃん派のお話




20180510013237975.jpg





これまでたくさんの女性ミュージシャンたちを見てきましたが、女性の場合は結婚や出産という人生の節目で音楽活動を休止したり、完全に活動を辞めてしまうケースが多々あります。

これは女性ならば当然の成り行きなんですが、最近は結婚や出産の後で音楽活動を再開する人たちが多いような気がします。

つまり、百恵ちゃん派よりも聖子ちゃん派の方が多くなっているという印象があります。これはおそらく旦那さんや家族の理解が得やすい時代になったというか、女性の多様な生き方に理解を示す人たちが増えているということなんでしょうね。

聖子ちゃんの生き方は多くの女性たちに影響を与えたと思いますし、仕事や趣味を奪われない女性としての幸せな人生が増えていることに時代の変遷を感じます。



で、そんな時代にあっても結婚を前にして「音楽活動と俺とどっちを選ぶんだ?」という前時代的な男性もいるようですが、そこで躊躇なく「音楽活動っす!!(o゚▽゚)o」と言える女性はほとんどいないと思います。

だって女ですもの、私は結婚したい。女なんてそんなものですよ。

かの椎名林檎嬢も当然の如くそう言ってました。音楽活動が再開できる可能性があっても無くても、とりあえず女性は結婚を選ぶものだと思いますし、実際ぽんきちが知る限りほとんどの女性ミュージシャンたちがそうでした。



稀に結婚をちらつかせる男性に「音楽活動っす!!(o゚▽゚)o」と躊躇なく言える女性ミュージシャンがいるみたいですが、その場合ほぼ間違いなくその人は変な女性だと思います。マジ変なね〜さん♪(o゚▽゚)o

ただ、ぽんきちは個人的にはたまにはそんな変な女性がいてもいいよなぁ・・・と思っています。結婚って半分は幻想に酔ってるだけだと経験上知っているので、そんな人生のバクチに打って出るのもよし、ずっと大好きだった音楽活動を選ぶのもよし、まぁどっちでもいいんじゃんって感じなんです。



女性としての幸せも味わいながら理解ある家族に恵まれたならばまた音楽活動を再開すればいいし、結婚というものが幻想であると気付いたならばいつでも音楽活動を再開すればいいし、完全に音楽活動から離れる人生を選んだならば徹底的に女性としての幸せを追求すればいいと思います。

音楽活動があっても無くてもその人にとっての女性としての幸せを追求すればいいだろうと。

要はその人にとっての音楽とは何ぞや?という話であって、最終的には本人が決めることなので、結婚してもしなくても、音楽活動を続けても続けなくても、周囲の意見に惑わされず生きればいいと思います。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/10 01:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の中ではいい人発言ばかりはしていないはず〜いい人発言が多過ぎてはいけない理由について




20180508190828301.jpg





結論から申しますと面白くないからです。読んでいても面白くないし発言の内容を選び過ぎているとただのいい人だけの印象しか残らないからです。

心の中ではいい人発言ばかりはしていないのが普通だと思います。だって人間ですもの、白い自分の隣には黒い自分が同居しているでしょ?ぽんきちは自分のことを白ぽんきちと黒ぽんきちと呼んでいますが、いい人発言をしたがる白ぽんきちと身も蓋もない本音を発言したがる黒ぽんきちがいつも同居しています。

いや〜、僕って白い部分ばかりなんですよね〜・・・って嘘つけこの野郎!!(`_´)と言いたくなりますよね?

嫌われたくない気持ちもわかりますが、白い部分ばかりでは伝わってくるのはその印象だけなんです。それを狙っているならばもう仕方ないんですけれど、おいちゃん読んでて面白くねーんだよ(・・;)



嫌われたくないと言ってもそんな人ならば他者を誹謗中傷する発言はするはずもないので、たまに黒い自分を出しても大丈夫ですよ。むしろ、「あぁ、この人も自分と同じように黒い部分もある人間なんだな」と安心されたり、「面白いじゃん、もっと言っちまえよYOU!!(o゚▽゚)o」という共感という部分でのメリットの方が多いと思います。

特にミュージシャンだったりすると音楽の部分だけで共感されたり評価されるのは、もうプロになってもおかしくないくらいのクオリティの高さじゃん!!と思われるくらいじゃないと厳しい現実もあります。

だから、いい人発言だけで面白くない印象を与えていてもほぼ何もいいことはありませんし、一般論として書く分ならばボケカス書いてもいいし、ウンコ漏らしたくらい書いても影響ありません。

むしろ、それくらいのことを書いても何も影響力が無い自分というものに気付くだけです。ぽんきちはボケもウンコも書きますが人生何も変わらせんがな( ̄。 ̄;)



現実はそんなものなんです。一応、念のために書きますといい人発言ばかりではないことも書いていると、例えそれを一般論で書いていても勝手に自分のことだと思い込む人たちが必ず現れます。常に自分に意識が向いている人たちは一定数いるわけで、そういう意味ではこちらは一般論のつもりであっても一方的に嫌われることはあります。

それさえも避けたいと、とにかく誰からも嫌われたくないんだと、そういう考えならばいい人発言だけをずっと続けるしかないでしょうね。でも、時々自分の黒い部分を出してもいつも発言に一貫性があるならば、必ず誰かが支持してくれますし、そんな人たちが増えてくるものなんです。

一部の自意識過剰な人たちから嫌われることをそんなに恐れていて、いったいどこで自分の人生を本音で生きるんだと。その姿勢が結局は陰口に繋がったり、本音と裏がある人という印象を与えるくらいならば、ウンコ漏らしたことくらい書いて本当の自分を晒してもいいでしょうと。



ウンコ漏らしたことなんか書けるかボケ!!(`_´)

それ!!それをそのまま書けばいいんですよぉ(o゚▽゚)o

ウンコ漏らした自分を他者に知られたくない自分がいる。なぜこんなにも知られたくないのか?俺はいったい何を守ろうとしているのか?他者に知られることで何が変わってしまうというのか?そもそももう時効ではないのか?実はほとんどの人たちがそんな経験があるのではないのか?

どうです。ウンコだけでこれほど深い考察をしてしまうんです。このまま行くと哲学のレベルまで到達しそうなのでこの辺で勘弁してやるか!!でいいじゃないですか。



またつまらぬものを書いてしまった・・・であったとしても、そこに哲学まで感じさせる何かがあるかもしれないので、たまには黒い自分も出しましょうというお話でした。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/08 19:08 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モテ男はなぜモテ男なのか?




20180508121229631.jpg





ぽんきちが思うに相手(女性)の承認欲求を満たすことを心得ているからだと思います。

誰しも承認欲求はあるわけで、それはほめ言葉や共感の姿勢を相手から示されることでほぼその欲求は満たされてしまいます。

モテ男はそのことをよく知っているんでしょうね、まずは相手(女性)の承認欲求がどこにあるかを敏感に感じ取ったならば、それを認めたり共感してあげましょう。



まかり間違っても「あ〜、それ承認欲求だから」とか、「とにかくどんどん行動すれば自分の承認欲求の正体に気付くから」とか、「承認欲求に支配されて生きるなんて馬鹿げてるし」とか、「承認欲求の正体に気付くと楽になるから」とか言ってはいけません。

そんな発言をしていると相手(女性)から反発こそされ決してモテ男人生は歩けませんし、気が付くとおさーんばかりに共感される変なおじさんになりますので。



カウンセリングの基本は「受容、共感、自己一致」と言われています。受容と共感は文字どおりで、自己一致は今自分がどういう思考なのかがわかっている状態であることを意味します。つまり、感じていること、考えていること、そしてその言動や態度が一致していることであり、自分に嘘の無い状態であることです。

モテ男は知ってか知らずかこのカウンセリングの基本概念が備わっていて、その概念に沿った言動や態度が自然にできたりします。

まかり間違っても何を言われても「まぁ好きに生きればいいんじゃないですかね」とか、「俺に人生相談しても無駄ですよ」とか、「どうせいつか死ぬんだから」とか言ってはいけません。

そんな発言をしていると相手(女性)から反発こそされ決してモテ男人生は歩けませんし、気が付くとおさーんばかりに共感される変なおじさんになりますので。



我ながら鋭い分析をしているなぁと思いつつ、それがわかってるならばなぜモテ男人生を目指さないんだ?と言われそうなんですが、はぁ?どうでもいいだろそんなこと、そんなことやってる暇などあるかボケ!!( ̄^ ̄)と思ってしまうから、気が付くとおさーんばかりに共感される変なおじさんになってしまうんだろうと。

モテ男人生を目指したいアナタはまかり間違ってもこんなおさーんになってはいけません。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/08 12:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カッコいいと感じるポイントが近い人たちと遠い人たち〜そのポイントの距離感が個性の違いなんだと思う




20180508005946224.jpg





ぽんきちはギタリストなのでギタープレイの違いによってカッコいいと感じるポイントが自分と近い人なのか遠い人なのかがわかったりします。

結論から申しますと、カッコいいと感じるポイントが近い人は自分のギタープレイとどこかが似ているし、遠いと感じる人はあまり似ていません。

そして、ユニットでお互いがギタリストの場合はカッコいいと感じるポイントが近い者同士だったりします。つまり、そのポイントが遠かったりすると一緒に活動したいとは思わないものなんです。



一般的には音楽の好みが近い人同士がユニットで活動するのでは?と思われても仕方ないのですが、それも当たってはいるのですが音楽活動となるとカッコいいと感じるポイントが肝ではないか?と思っています。好きなんだけど演奏しない音楽ジャンルもありますので。

例えば、歌謡曲は好きなんだけど演奏しないギタリストはいるでしょうし、ぽんきちのようにフォークは好きなんだけど演奏しないギタリストもいます。

それは何故かと申しますと、好きなんだけど自分が感じるカッコいいポイントではないからです。ギタリストはカッコいいと感じるから演奏するわけで、好きな音楽をすべて演奏しているとは限りません。



で、ぽんきち世代のおさーんギタリストは70年代フォーク好きな方々が多いんです。それは世代的に青春時代に愛聴していた音楽だからなんですが、ぽんきちも70年代フォークが大好きなんです。でもライブでは演奏しないんです。理由は前述したとおりなんですが、ぽんきちは同じ70年代でもフォークよりも歌謡曲やニューミュージックを好んで演奏しています。

要するにぽんきちはフォークではカッコいいと感じる演奏ができないんです。ぽんきちの特徴であるギター1本でバンドアンサンブルを感じさせるアレンジができないジャンルなんですね。それに対して歌謡曲やニューミュージックはそれができるジャンルなんです。

つまり、ぽんきちがカッコいいと感じるポイントが70年代の日本の音楽にあるのが歌謡曲やニューミュージックだということです。だからこれらの音楽を好んで演奏しているわけです。これはギタリストとしての個性であってそれ以上でも以下でもありません。



そして、今のところぽんきちにポイントが近いギタリストはあまり多くはありません。それが結果的に一般的にカバーされていない曲たちを演奏する機会が多くなり、それがギタリストぽんきちの個性として認知されていると自己分析しています。

これが洋楽になるとジャズ、ブルース、ポップスなどで演奏するジャンルが分かれたりしがちなんですが、邦楽の場合は少し違う分離の仕方をする傾向があるようです。

今は洋楽カバーユニットのTeTeがお休みしていることもあり、ほぼ邦楽オンリーの活動になっていますが、洋楽でも邦楽でもぽんきちは大衆的な音楽を好んで演奏するタイプのギタリストです。それもたまたまそんな音楽を聴いて育ったからに過ぎないわけで、結局は自分の根っこにある音楽で表現するしかないし、それが自分も楽しいからそうしています。



ある人がそのギタースタイルをめっちゃカッコいいと言ったとしても別の人にとってはそれのどこがカッコいいのかさっぱりわからなかったりするのです。そして、一般的に自分がカッコいいと思えるギタリストってそんなに多くないはずです。そんなに多くないからこそ稀にそんなギタリストが目の前に現れると自分にとって特別なギタリストになってしまうのです。

それを決定づけるのはやはり自分にとってカッコいいと感じるポイントがどこなのか?なんだと思います。そのポイントがたくさんの人たちのツボに触れるところにあるとファンが増えていくんでしょうね。

しかし、そのポイントって千差万別にあるものなので結果的にギタリストの個性も様々だったりします。最終的には自分を信じるしかないというか、好きなポイントに向かうしかないよなぁと。

どんなジャンルであってもそれぞれがカッコいいと感じるポイントを追及して活動していけばいいと思います。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/05/08 01:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする