世界を旅して歩くような人もいれば小さな島で一生を過ごす人もいる


20200118140622138.jpg






世界を旅して歩くような人の視野って違いますよね。我々はテレビやネットを観れば世界中の秘境まで情報としては知ることができるわけですが、その空気や匂いや温度などは実際にその場所に行かないとわかりません。

五感で感じることをしている人と情報だけの人ではその感覚に雲泥の差があるわけで、やはり前者は視野が広くなるし後者は狭くなります。



ぽんきちは海外旅行は中国にしか行ったことがないのですが、ツアーではなくてプライベートな旅でした。現地の通訳と運転手を雇って三日間かけてマイクロバスで上海から杭州などを旅しました。

ツアーではなかったので中国政府が絶対に観光客には見せたくない田舎の農村も通ったんですが、それはそれは酷い貧困の村でした。上海という世界的な大都市との経済格差というか生活格差の違いを目の当たりにしてぽんきちは愕然としたのです。

当然ながら舗装されていない道路をマイクロバスで延々と走るわけですが、凸凹が酷くて大変でした。途中で土で建てた小さな家の側に少女が立っていてこちらを見ていましたが、まるで終戦直後の日本の子供のような姿でした。



また、ある街を通った時に人集りができていたので様子を伺っていると、中心部の道路上に頭から血のりが吹き出して倒れている男性の姿が見えました。バイクに乗っていて事故に遭ったみたいで、即死かな?って状態でした。

それをたくさんの人たちが眺めているんです。通訳の方の話では救急車を呼んでもなかなか来ないんだと。我々中国人の命の値段は日本人よりはるかに安いんです。と話していたのがぽんきちは今でも忘れられません。

中国は観光客が訪れる場所は比較的きれいにしていますが、それも中国政府の方針なんだと彼は話していました。ぽんきちが旅したのはもう15年くらい前なので、世界の経済大国に成長した今はもう少し違っているのかもしれません。



世界中をプライベートで旅している人はぽんきちが体験したような出来事を世界各地で体験しているんでしょうね。五感で感じたそれらの出来事は彼らの人生に様々な影響を与えているんだと思います。

その一方で、ぽんきちの母のように小さな島で一生を過ごす人もいます。四人姉妹の長女として生まれて、先祖代々続く土地と家を守りながら生きることを使命として心に刻んで生きている人もいます。

偶然にもぽんきちの母も唯一の海外旅行が中国だったんです。国際的な児童交流事業の関係者とご縁があったらしく、フェリーに乗って旅したそうです。母の海外旅行体験はもう20年以上前だと思いますが、その主催者は女性でしたがその後で国会議員に当選しました。バイタリティ溢れる女性だったそうです。



ぽんきちが帰省すると時々あの当時の話を母は嬉しそうに話してくれます。よっぽど海外旅行ができたことが嬉しかったんだと思います。ぽんきちはもう何度も聞いていますから比較的流してしまいますが(^_^;)

生きることの醍醐味って本当は五感で感じる体験なんでしょうね。

記憶に残ることってそういうものだよなあって思います。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/01/21 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダN-boxが一番人気なのは納得できるおさーんなんですが音楽になると途端にわからなくなる・・・Official髭男dismも通用しないおさーん族について





https://youtu.be/EHw005ZqCXk





今年のお正月に姪っ子たちも帰省していまして、「私たち今度ね、福岡である髭男のコンサートに行くの・・・おいちゃん、髭男って知ってる?」と言うんですね。

「うん、名前は知ってるけどちゃんと聴いたことないんよ。」と返事したんです。

で、福岡サンパレスでコンサートがあるからお勧めのカフェを教えて欲しいと聞かれまして、とりあえず天神の北側にある「風街」という老舗の喫茶店を教えたんです。スマホで検索してメニューの写真などを姪っ子たちに見せたんです。



で、aikoも絶賛しているらしい大人気の髭男の動画をネットで視聴してみたんですが、まさに今の音楽ですよね〜・・・ナウな音楽ちゅーの!?それ遠い昔に死語やで、おさーん!!(`_´)

ぽんきちはトップにアップした曲がいい感じやね〜と思ったんですが、こちらの動画はYou Tubeの再生回数が1億を超えてます。




https://youtu.be/TQ8WlA2GXbk



紅白歌合戦でも演奏された曲ですが、今の流行歌というのは特徴がありますよね?大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」の主題歌を歌っていたRADWIMPSもそうなんですが、おさーん世代には無い清涼感みたいなものを感じるんです。

そんな心地良さが今の若者たちを惹きつけているのかも?と勝手に分析しているんですが、おそらくそんなトレンドについて行けないおさーん族もかなりいるだろうと予想しています。



ホンダN-boxが3年連続で売り上げトップになったというニュースが流れていましたが、ぽんきちはとても納得できるんですね。

昨年ホンダN-boxを購入して軽自動車の進化の凄さを実感しているからなんですが、一昔前までは軽自動車はセカンドカー扱いでしたよね?市内で買い物に使うのはいいけれど高速道路を使う遠出はちょっとね・・・って感じでした。

実際ホンダN-boxなどの最新の軽自動車に乗っている方々はご存知だと思いますが、今の時代は軽自動車で十分ですよね。それくらい高機能で空間も広くて快適だし、税金や高速道路料金も安いし、売り上げトップになるのも当然だなと。



ところが、おさーん族ももれなく納得できる自動車とは違って、音楽やミュージシャンって世代間格差や個人差がかなりあります。

髭男はその音楽性から割と幅広い年齢層から支持を集めているらしいのですが、それでも「おさーんにはちょっとわかりませんねぇ・・・だって私はおさーんですから。」と思わず古畑任三郎みたいなポーズを取ってしまうおさーんは多いのでは?と思うのです(^_^;)

自動車の場合は「良いもの」がわかりやすいというか、人々が求めているものの共通項が多いんです。しかし、音楽の場合はその共通項が世代や個人でなかり偏りがあるので、「良いもの」を作り続けていれば人気が出るとは限らないですよね。だって「良いもの」の尺度が幅広いし、みんな自分が作っているものこそが「良いもの」と思い込んでいるからです。



自分が良いものと信じて作り続けている音楽が圧倒的多数から支持を得るということはほぼ奇跡に近いことなのかもしれません。

そんな奇跡を起こせたほんの一握りの人たちが音楽史に名を残しているんでしょうね。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/01/13 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PERFECTHUMANの宿命





https://youtu.be/gXZie9HYNkg





失敗した自分を見せた方が愛される・・・でも完璧な自分を見せたい。

中田さんがこの動画の中で語る心情はめっちゃわかりますねぇ・・・だって、おさーん失敗が多いからーっ!!(゚Д゚;)



ぽんきちが昔からライブのお客さんから言われていたことの一つが、ぽんきちさんが失敗するとなんだか嬉しい( ̄∇ ̄)という言葉なんです・・・もしもし(^_^;)

どうも周囲の人たちからはぽんきちは完璧主義者と思われているのか、ライブで失敗するとその場の空気が和むという謎の法則があるのです。

ぽんきちは決して完璧主義者ではありませんが、常に完璧は目指しています。それを完璧主義者と言うんでしょ!?というご意見もあると思いますが、完璧ではない動画もたくさんネットにアップしているので、やはり完璧主義者とは言えないですよね。カラオケ店でのリハーサル風景もアップするくらいですから。



ライブはレコーディングと違ってやり直しが利かないので仕方ない部分もありますが、なるべく完璧なものを届けたいとか残したいとミュージシャンならば誰でも思っているはずなんです。

しかし、数が多くなると完璧なものだけ届けたり残したりすることは困難になるので、クオリティを優先するために数を制限するというやり方を選択する人たちも出てきます。それはそれで構わないわけです。本音はみんなクオリティアップを望んでいるからです。

面白いのは冒頭に書いた「失敗した自分を見せた方が愛される」という現象です。完璧な人間は羨望の眼差しを持って見られるし、憧れられたり愛されたりすると思うのですが、人間臭さを見せる人の方が愛されると認識する人たちが多いのも事実ですよね。完璧な人間なんてつまらないじゃないかと。

それなのに我々は完璧なものに憧れたり、賛美したりする気持ちを抱えて生きています。人間臭い人を愛してしまうのに完璧な人間にも惹かれているという矛盾を常に抱えているのです。



個人的にはとにかく泥臭く積み重ねをしていくしかないという生き方をリアルにしているぽんきちですから、その過程の失敗も誰かに見られてしまうのは避けられないことなんだと自分に言い聞かせながら生きています。

今は完璧なものを届けたり残せたりすることが少ないならば、少しずつそれを増やしていけばいいという考え方で動いています。そのためにはまずは数なんだと、自分を磨くためにはそれは必須なんだと考えています。



失敗した自分を見せた方が愛される・・・でも完璧な自分を見せたい。

これは純粋な人間の欲求なんだろうなぁと思っています。






PERFECTHUMAN's fate




I love to show myself who failed, but I want to show my perfect self.

You can really understand the emotions that Nakata talks about in this video, because there are so many mistakes !!



One of the things that Punkichi has long been told by live customers is the word that makes her happy if she fails ... Hello (^ _ ^;)

Perhaps the people around me think that Punkichi is a perfectionist, and there is a mysterious law that if you fail in a live performance, the air in the place will relax.

Pinch is by no means a perfectionist, but always aims for perfection. Some say that you call it a perfectionist !? But there are a lot of videos that aren't perfect, so you can't call it a perfectionist. The rehearsal scene at the karaoke store is also up.



Unlike recording, live is irreversible because it is irreversible, but as a musician everybody wants to deliver as perfect a piece as possible.

However, as the number increases, it becomes difficult to deliver or leave only the perfect one, and some people choose to limit the number to prioritize quality. That's okay. This is because everyone really wants to improve quality.

What is interesting is the phenomenon that I wrote at the beginning: "I would love to show my failed self." I think that the perfect human can be seen with enviable gaze and admired or loved, but it is also true that many people who recognize human odors will be loved. A perfect person would be boring.

Nevertheless, we live with a desire for perfection and praise. I always have the contradiction that I love people who smell human and are attracted to perfect people.



I personally have a real way of living that I can only stack up with a stink, so I am living while telling myself that it is inevitable that someone can see the failure of the process .

Now we work on the idea that if we rarely deliver or leave the perfect one, we can increase it little by little. I think it's a number first, and I think it's essential to hone myself.



I love to show myself who failed, but I want to show my perfect self.

I think this is pure human need.





ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/01/11 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用や価値を数値化したものがお金の正体なのか?〜指定したギャラの2倍の金額が封筒に入っていたお話


20200107070501308.jpg






ホリエモンやキングコング西野さんが「お金の正体とは信用や価値を数値化したものである」と話していますよね?

紙幣は本当のところはただの紙切れに過ぎなくて、日本銀行で発行する紙幣に国が信用や価値のお墨付きを与えているだけなんだと。

これって毎月定額の給料を貰っているサラリーマンや公務員には感覚的にわかりにくいかもしれませんが、ビットコインという仮想通貨などの登場によって少しわかりやすくなった気もしますよね。

世界中の人たちでネットを利用して共同管理しましょう!!という所謂ブロックチェーンのシステムが生まれたことによって、実態のない「通貨みたいなもの」が登場したわけです。

国境や銀行システムを越えて流通する仮想通貨の事業にFacebookも参入を表明していますが、信用や価値の共同認識があれば「お金の概念」は国が発行する紙幣じゃなくてもいいということですよね。



このお金の概念はフリーランスの人たちには浸透しやすいのかも?とぽんきちは感じています。

まずこれからお話する伏線として、ぽんきちのギャラのお話をしますと、ユニット演奏は60分以内は3万円〜、ソロ弾き語りは60分以内は1万円〜など、オフィシャルウェブサイトには各価格を明示しています。

仕事としてする以上はギャラの明示は常識ですから当然のことをしているだけなんですが、ぽんきちは最低限の金額だけを明示しているんです。ですから上記は「ギャラの最低限はこの金額です」という意味です。

例えばぽんきちが60分以内のソロ弾き語りをして、その対価としてクライアントがギャラを10万円支払ったとします。その時ぽんきちは「ありがとうございます。」と言って受け取ります。

つまり、ギャラに上限は無いわけです。これが伏線です。



以前、ぽんきちはファンの方からのオファーを頂いて、そのクライアントの自宅で60分以内のソロ弾き語りをしたことがあります。

ギャラはオフィシャルウェブサイトに明示しているとおりなので、1万円からで結構ですと。それに交通費をプラスして頂いたらぽんきちはどこでも参りますとお伝えしました。

結局、遠隔地でしたから交通費込みで3万円以上になったんですが、金額の詳細をお伝えしてクライアントの自宅でソロ弾き語りをしました。



演奏が終わって歓談した後、帰り際にギャラの入った封筒を手渡されました。あらかじめお伝えしていた金額を印刷した領収書を渡した後、念のために封筒の中を確認したらお伝えしたギャラの2倍の金額が入っていたんです。つまり6万円以上だったんです。

ぽんきちが驚いて「倍の金額が入っているのでこの3枚はお返しします。」と言って3万円をクライアントにお返ししたんですが、その時クライアントが「ぽんきちさん、黙っていればよかったのに。」と言って微笑んだんです。

なぜ倍の金額が入っていたのか今でも謎なんですが、おそらく新札ばかりだったのでお札同士がくっついていたからだろうと。ご本人はそのことに全然気づいていなかったとその時は話していました。



そこで、今回なぜこのお話をしているのかと申しますと、ぽんきちが指定したギャラの2倍の金額を支払ってしまったと気付いたクライアントが「ぽんきちさん、黙っていればよかったのに。」と言ったからです。

つまり、6万円以上支払ったとしてもご本人としてはそれはそれで構わなかったという意思表示とも解釈できる言葉なんです。当然ながら3万円の過払いはご本人の過失だったと思われますが、もしぽんきちが黙って受け取ったとしてもご本人はそのことに気付いていないならば別にいいじゃないかと思ったんでしょうね。

これってその瞬間にはぽんきちのソロ弾き語りにギャラを6万円以上支払うことに肯定的な気持ちになってませんか?自分の過失だし、まぁいいんじゃね!?みたいな(^_^;)



冷静に考えるとぽんきちの弾き語りに6万円以上も支払えるか、ボケーっ!!(`_´)なんでしょうけれど、このクライアントの一瞬の諦め感にミュージシャンのギャラの流動性を感じるわけです。

つまり、いざとなったら3万円でも6万円でも、どっちでもいいと。その時の気分や高揚感でミュージシャンに対する信用や価値は変動するものだろうと。

ですから、ぽんきちは例え10万円でも感謝の言葉と共に受け取るわけです。今回紹介したお話は、明らかにクライアントの過払いだとぽんきち自身が認識できたのでその分をお返ししたんです。



信用や価値というものは実態のないものでも共同認識によって生み出すことができます。

相互がそれを「ありだよね!!」と認識した瞬間にそれは「あること」になります。



以上、今回は信用や価値を数値化したものがお金の正体なのか?をテーマに考察するお話でした。






Is the value of credit and value quantified money? -A story where twice the amount of the specified gala was in the envelope




Horiemon and King Kong Nishino say, "The true identity of money is the quantification of credit and value."

The bill is really just a piece of paper, and the government has given credit and value to the bill issued by the Bank of Japan.

This may not be intuitive for salaried workers and public servants who receive a fixed monthly salary, but it may seem a bit easier to understand with the emergence of virtual currency such as bitcoin.

The idea of ​​a blockchain that people all over the world should use the Internet to co-manage has emerged.

Facebook has also announced its participation in the business of virtual currency distributed across borders and banking systems, but if there is joint recognition of credit and value, the `` concept of money '' does not have to be a banknote issued by the country That's right.



Is this money concept easy to permeate for freelancers? I feel it.

First of all, as a hint that I will talk about from now on, I will talk about Pinchichi's gala. Unit performances are within 30,000 yen for 60 minutes or less, solo performances are 10,000 yen or less for 60 minutes or less. Is specified.

Since it is common sense that the clarification of the gallery is common sense beyond doing it as a job, I am doing only natural things, but Pinch is specifying only the minimum amount. So the above means "the minimum amount of the money is this amount."

For example, suppose that Punkichi talks solo within 60 minutes and the client pays 100,000 yen for the money. At that time, Punkichi receives "Thank you."

In other words, there is no upper limit to the gallery. This is the hint.



In the past, Punkichi has received an offer from a fan and has performed solo within 60 minutes of his client's home.

The guarantee is as stated on the official website, so it is fine to start from 10,000 yen. I told you that if you add transportation expenses, you will go anywhere.

Eventually, it was more than 30,000 yen including transportation expenses because it was a remote place, but I told the details of the amount and talked solo at the client's home.



After the performance, we chatted, and on the way home we were handed an envelope with a guarantee. After giving the receipt that printed the amount that I had told you in advance, I checked the inside of the envelope just in case, and it was twice as much as the amount I told. In other words, it was over 60,000 yen.

I was surprised, and said, "I'll give you back because I have double the amount." I was happy. "

It is still a mystery why the double price was included, but probably because there were only new bills and the bills stuck together. He said at the time that he had not noticed it at all.



So, I'm telling you why you're telling me this time. A client who noticed that he paid twice as much as the money specified by Penkichi said, "Pinkichi-san, I wish I had been silent." Because he said,

In other words, even if you pay more than 60,000 yen, it is a word that can be interpreted as an expression of willingness to do so. Naturally, it seems that the overpayment of 30,000 yen was the fault of the person himself, but even if he received it silently, he himself thought that it would be good if he was not aware of it.

Isn't this a positive feeling at that moment that you pay more than 60,000 yen for Penkichi's solo narration? It's my fault, isn't it okay? (^ _ ^;)



If you think calmly, you can pay more than 60,000 yen for playing Punkichi, or it's a bokeh !! (` _´), but I feel the fluidity of the musician's gala with the moment of giving up for this client.

In other words, either 30,000 yen or 60,000 yen will do. The confidence and value for musicians will fluctuate depending on the mood and excitement at that time.

Therefore, Pinchichi receives 100,000 yen even with words of thanks. The story I introduced this time was clearly recognizable as a client's overpayment, so I returned it.



Trust and value can be created by joint recognition, even if they do not exist.

The moment it is recognized by each other as "it's there!"



As mentioned above, is the value of credit and value quantified this time? It was a story that considered the theme.






ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/01/10 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厄払いはとりあえずしておいた方がいいと思う


20200107041510399.jpg






ぽんきちはあまり迷信というものを信じない人間でした。ですから厄払いというものにも興味がなかったんです。

しかし、今は厄払いはとりあえずしておいた方がいいと思っています。

それは今まで56年間生きてきて、精神的に一番辛かった出来事が40代になったばかりの頃に集中していたからです。所謂、男の厄年にあたる時期と重なっていました。



当時のぽんきちは病気の再発、金銭問題、身近な人の裏切りなど、三重苦とも四重苦とも言えるような状態に陥っていて、完全に精神的に追い詰められていたからです。

詳しくは書けませんが、当時のぽんきちの精神状態は明らかにおかしくなっていました。離婚問題や借金問題などを抱えて、精神的に自分を支えられなくなってしまったのが40代になったばかりのぽんきちでした。



40代の後半にはこれまでの人生で肉体的に一番苦しんだ生き地獄も経験したので、ぽんきちにとって40代とは人生で最も辛い出来事が集中した年代でしたが、アコースティックギタリストぽんきちと名乗ることで人生が大転換した年代でもありました。

離婚も借金返済も二回目の大手術も40代に経験したし、現在ユニット活動しているレイさん、なっちゃん、ミコさん、そして今の相方に出逢ったのも、すべてが40代という年代でした。

つまり、最悪な出来事も最良の出来事も、ぽんきちは40代という日々に凝縮して起こった人生を送ってきた人間なんです。



そんなぽんきちが今思うのは、厄払いはとりあえずしておいた方がいいということです。

迷信かもしれませんが、ぽんきちのような人間もいますので、該当する方々は念のためにしておいても損はないのでは?と思います。

このブログが参考になれば幸いです。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/01/09 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分をコンテンツとして存在させるために必要なこと〜ぽんきちのミュージシャン紹介動画の補足です。




https://youtu.be/uuJ4TxmH39Q






吉本興業のお笑いタレントなどテレビのプロがどんどん参入し始めているYou Tubeですが、これは自分をコンテンツとして存在させるために必要なツールとしては今の時代には有望だということの証明なんだと思います。

ただ、我々のような一般人がプロのタレントのようにYou Tubeに特化したスタッフを持てるか?というとそれはなかなか厳しいわけで、やはり裏方の作業も含めてすべてセルフプロデュースしていくしかないわけです。

クオリティの高い動画を配信し続けていくにはそれなりのカメラや録音機器、編集という作業は必須でしょうから、特に音楽の場合はそういう手間をしっかりかけて、なおかつクオリティの高い内容のコンテンツとして大量に配信を続けている人たちの一部は一般人でも成果を出しているという状況なんだと思います。



先日、このブログで今年からぽんきちのYou Tubeチャンネルでオリジナル曲で活動しているミュージシャンの紹介を始めますと投稿したところ、想定外に多くの反響がありました。

おそらくYou Tubeというツールがスマホなどの普及によって誰でも日常的に手軽に視聴できる時代になってますから、多くの人たちが興味を示したのかもしれません。

ただ、先に言っておきますが、ぽんきちのYou Tubeチャンネルの登録者数は現在500人弱程度ですから、ぽんきちに紹介されたとしてもその人の人生に何らかの影響を及ぼすことはほぼありませんので(^_^;)

例えば登録者数が数万人とかの規模ならばライブの集客に少しくらいは影響するかもしれませんね。「○○さん、You Tube観ましたよ〜。ぽんきちさんとくだらない話してましたね〜( ̄∇ ̄;)」とか、新規のお客さんから声をかけられることもあるかもしれないですね。



綿密な編集作業なども含めて、クオリティの高い内容の動画を配信し続けるのは大変なことだと容易に想像がつくわけで、ぽんきちはとてもそこまでは手が回らないわけです。つまり、紹介動画は作りますが手間暇かけてはできないと。

クオリティの高さは自分をコンテンツとして存在させるために必要なことではありますが、そこまでやり始めると本業として必要なアレンジ作業もできなくなってしまいます。アレンジと簡易なレコーディングにかなり時間を使うので、やはりスマホで簡単に録画してサッとアップできる紹介動画しか作れないんです(・・;)

それで、とりあえずぽんきちは「質より量」のスタンスでYou Tubeは活用しているわけです。ギタリストなので音楽が中心の活用になりますが、ぽんきちと違って「量より質」というスタンスの選択をするミュージシャンも存在するのは当然なことです。それはそれで意味がありますので。実際、数は少ないけれどクオリティの高い一つの動画がめっちゃバズってるミュージシャンもいます。



今回のブログで伝えたいことは、やり方は人それぞれですがYou Tubeは自分をコンテンツとして存在させるためにはとりあえず有望だということ。そして、面白いコンテンツだと認識されると、もしかしたら人生の何かが変わるきっかけになるかもしれないということです。

しかし、登録者数が500人程度ではその可能性はめっちゃ低いので、紹介される対象となるミュージシャンの方々は決して過大な期待はしないでください・・・と、つまりはそういうことです(^_^;)

紹介動画ではトークも予定していますが対談という感じではなくて、ぽんきちはあくまでも質問者に徹します。つまり、知ってることでも知らないふりして質問することもあると思います。

今回アップした動画のように対談形式でも興味深い面白いコンテンツ(たかまつなな&中田敦彦の対談ですが面白いです)もありますが、ぽんきち動画で対談しても視聴者からすれば「知らない一般人たちが何か話しているだけの動画」になってしまいます。

自分たちの立ち位置を冷静に考えるならば、ぽんきちの動画はミュージシャン紹介に徹する内容にすべきと考えています。それと、これはぽんきちがオリジナル曲で活動しているミュージシャンを応援するという目的もありますが、あくまでも自分のコンテンツを豊かにするためにアップする動画です。ですから基本的にマイペースで楽しみながらやります。



15分以内の動画では演奏するのもメインにお話しするのも紹介されるミュージシャンです。ぽんきちはただのホスト役を演じるだけで、あくまでも主役はあなたですからーっ!!みたいな(゚Д゚;)



という認識でよろしくお願いします(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/01/07 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別れの年 出逢いの年 何もない年


20200105160325572.jpg






帰省の風景はそんなに変わるものでもなくて、特に電車の窓から見る田舎の風景なんて10年や20年経ってもそんなに変わらないのです。

そんな風景が違って見えるのは、別れの年だったりしたから、出逢いの年だったりしたから、何もない年だったりしたからです。



電車の窓の移り変わる風景を見ながら涙したことも、本当は一緒に帰省したかったと夢を膨らませたことも、相変わらず変わり映えしない田舎の風景だなぁとぼんやり窓の外を眺めたことも・・・すべてはその年々で自分が変わっていくからです。

同じ風景なのにその景色が違うものとして記憶に残るのは、自分が変化しているからですね。つまり、今見えている景色はもしかしたら未来では違っているかもしれないということです。



人はずっと同じではいられないので、良いことも悪いことも巡り巡りで、その中に出逢いも別れもあるんでしょうけれど、最後の最後に出逢いも別れも肯定できる自分が未来にいればいいと思います。

その瞬間はそんな未来の自分はとても想像できないし、その瞬間が変わらず何年も続いているとしても、今とは違う自分がいるそんな未来の訪れをやはり想像できないものです。



今の自分が取る選択が未来に影響を与えるのは間違いわけですが、それがどんな未来なのか本当のところはわかりません。

人はずっと同じではいられないのは間違いなくて、でもそれはその時その時の自分の選択が積み重なって決まっていきます。

だから、今自分がすることに意味があるんだと思います。それは生きて生きて、そして死を迎えるまで繋がっているからです。



別れの年も出逢いの年も何もない年も、きっと意味があります。

変わらないはずの風景が違って見えるその景色を、噛み締めて生きていきましょう。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2020/01/05 16:04 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉と歌に力があれば伴奏はシンプルで構わない=言葉と歌に力がなかったら伴奏がシンプルだと辛い


20191231173632175.jpg






これまで様々なミュージシャンのライブを観てきてずっと感じていることなんですが、それは「言葉と歌に力があれば伴奏はシンプルで構わない」という純粋な感覚です。

言葉は歌詞ですが、歌の力とはパワフルという意味ではなくて伝達力みたいなものです。伴奏はシンプルなのに惹きつけられる歌ってあります。弾き語りですと必然的に伴奏がシンプルになる傾向はあるわけで、歌の力で惹きつけられるというライブは多くの人たちが経験していると思います。



これを逆説的に考えると「言葉と歌に力がなかったら伴奏がシンプルだと辛い」ということになります。これもライブで多くの人たちが経験していると思います。そして、弾き語りが難しいのは前述したように必然的に伴奏がシンプルになる傾向があるということです。

ユニットですとギタリストやピアニストが伴奏だけに専念できるので、歌の物足りなさを少しはカバーできる可能性はあると思います。但し、弾き語りもユニットもあくまでも歌が主役ですから楽器がカバーできるのは「少しだけ」です。



ぽんきちが弾き語りでもユニットと変わらないアレンジのギター伴奏をしているのは自分の歌の物足りなさを自覚しているからなんです。

伴奏をもっとシンプルにすれば歌に意識を向けられる配分が今よりも増やせるのかもしれませんが、まずはギタリストという自分の強みを生かすべきという考えからそうしています。

「言葉と歌に力がなかったら伴奏がシンプルだと辛い」と自覚している人間ですから、少々無理をしてでもギター伴奏にこだわった弾き語りをしようと決めて今に至っています。

一曲の歌の仕上がりにかなり時間がかかってしまうのはこれも原因の一つなのかもしれませんが、時間がかかってもいいから今のスタイルを継続していこうと思っています。



主役が脇役に食われてしまう・・・ドラマや演劇などで時々耳にする言葉ですが、おそらく今のぽんきちの弾き語りはこれなんです。

作品を観たあとでバイプレーヤーが印象的だったなぁ・・・と観客の記憶に残るエンターテイメントは、傑作にも佳作にもならないけれど、とりあえず記憶に残るだけでも良しとすることはできないことはない。

しかし、トータル的には残念感も残ってしまうわけで、結局は主役がもっと力をつけないとダメなんだよねってことになります。つまり、歌モノはやはり歌が大事ってことですね。






If the words and song have power, the accompaniment may be simple = If the words and song do not have power, the accompaniment is simple and painful




I've always been watching various musicians live, and it's a pure feeling that if you have the power to speak and sing, the accompaniment is simple.

Words are lyrics, but the power of singing is not a powerful meaning, but rather a communication power. The accompaniment is a simple but attractive song. Playing and speaking tends to make accompaniment simpler, and I think many people have experienced live performances that are attracted by the power of singing.



Paradoxically speaking, this means that it would be painful if the accompaniment was simple if the words and songs were not strong. I think that many people have also experienced this live. The difficulty in playing and speaking is that accompaniment tends to be simpler as described above.

As a unit, guitarists and pianists can concentrate solely on accompaniment, so I think that there is a possibility that they can cover a bit of the unsatisfactoryness of the song. However, since the singing is the main role of the unit as well as the playing narration and the unit, the instrument can only cover "a little".



The reason why Punkichi plays a guitar accompaniment that is the same as a unit even when he plays and speaks is because he realizes that his song is unsatisfactory.

Perhaps making accompaniment simpler could increase the distribution of consciousness to the song than it is now, but first of all, I think that I should use my strength as a guitarist.

Since he is aware that it is difficult to accompaniment is simple without words and singing, he has decided to play with the guitar accompaniment, even if he could not do it a little.

This may be one of the reasons why it takes a long time to finish a single song, but I'm thinking of continuing the current style because it can take a long time.



The leading role is eaten by a supporting role ... It is a word that I sometimes hear in drama and drama, but this is probably the present story of Punkichi.

After watching the work, the biplayer was impressive ... The audience's memorable entertainment is not a masterpiece or a fine work, but just remembering it for the time being can not be a good thing .

However, on the whole, there is a feeling of disappointment, and in the end, it will be useless if the leading role does not exert more power. In other words, songs are important for songs.







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/01/04 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきちのYou Tubeチャンネル『Guitarist Ponkichi』でオリジナル曲で活動しているミュージシャンの紹介を始めます!!



20191231171920502.jpg
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/





ぽんきちのYou Tubeチャンネル『Guitarist Ponkichi』のチャンネル登録者数は2019年現在500人弱と決して多くはないのですが、自分のチャンネルで他のミュージシャンの紹介ができないか?と以前から考えていたんです。

音楽活動を頑張っている身近なミュージシャンたちのサポートができないだろうか・・・何か良い方法はないだろうか?と2年くらい前から考えていました。

それでネットで彼らを紹介するのが面白いかも?とぼんやり考えていたんですが、当時は自宅でビデオ撮影した動画をパソコン経由で「ぽんきち動画」としてYou Tubeにアップしていたので、彼らを自宅に招くのもちょっとなぁ…と躊躇していたんです。

しかし、最近のぽんきちはもっぱらスマホで手軽に動画を撮影してYou Tubeにアップすることが常になっていまして、これならば場所や機材を選ばずに撮影してすぐにアップもできるよね!!と。スマホを利用すればフレキシブルに対応できるじゃないかと考えるようになりました。



本業も他にありながら活動しているミュージシャンの場合、意外にYou Tubeのチャンネルを開設していなかったり、開設していても登録者数がまだ少ないという人たちは多いのでは?と思うのです。つまり、ネットの時代にありながら、自分自身によるネット配信には消極的というミュージシャンがまだ多いような気がするのです。

それならば、You Tubeの動画配信歴の長いぽんきちが自分のチャンネルで彼らを紹介して宣伝するサポートをするのもいいかも?と。特にオリジナル曲で活動しているミュージシャンたちならば紹介することに意味があるかもしれないと考えるようになりました。



今のところ、ぽんきちのチャンネルで紹介する対象者はオリジナル曲で活動しているミュージシャンで、ぽんきちからのオファーを承諾した方々になります。とりあえずしばらくは出演希望者を募るのではなく、ぽんきちからオファーする方式でやります。

15分以内の動画撮影の中で一曲だけ生音で演奏して頂き、自己紹介などのトークも収録する予定です。トークにはぽんきちも参加します。長い動画だとあまり視聴されませんので収録は15分以内とさせて頂きます。

ソロ弾き語りでもユニットでもいいですが、基本的にアコースティックでスマホでの撮影が可能なミュージシャンのみとします。つまり、スマホの前で歌ったり演奏したりできる場所を確保できる方々のみです。

撮影してぽんきちのYou Tubeチャンネルにアップしますから緊張して歌や演奏を失敗する可能性もあると思います。その場合は何度でも撮り直しをしますのでご安心ください。

撮影直前にはトークの内容など打ち合わせをします。基本的にはぽんきちが質問をしてそれに答えて頂くという内容になる予定です。演奏する曲はプロモーションしたいオリジナル曲をご本人に選んで頂きます。

但し、トークについては事前にリハなどはせずに基本的にぶっつけ本番の収録がいいだろうと考えています。演奏で失敗したりすると撮り直しになるので、自己紹介トーク→演奏→掘り下げトークの流れで収録します。15分以内なので動画編集アプリは使いません。

アップした動画はぽんきちのブログで紹介しますが、当然ながらご本人もSNSなどで宣伝するなど自由に動画を有効活用してください。



とりあえず以上ですが、2020年の1月から緩やかなペースで始めたいと思いますので、ぽんきちからオファーがあったミュージシャンはぽんきちのYou Tubeチャンネル『Guitarist Ponkichi』の出演についてぜひ前向きにご検討をよろしくお願いいたします(^_^)ノ








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2019/12/31 17:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜこんなイケてない世界で生きているんだろうと悩んでいて、あ・・・自分がイケてないからなんだと気付いて愕然としませんか?


20191230013736176.jpg





これってもうずいぶん前からぽんきちは悩みでした。

長く国家公務員として働いていたんですが、当時からこんな気持ちを心の内部に秘めながら生きていました。

人間とは都合のいいもので、イケてないのは環境のせいだと、周囲のせいだと思い込もうとして自己保身に走ったりするのです。

でも、よくよく考えてみると、今の自分の環境を作っているのはこれまでの自分自身の人生の選択によってそのほとんどが作られているわけです。

環境のせいだと思うならばその場所から立ち去ればいいだけなのに決してそうはしない。生活のためだとか何だとか言い訳をしながらその場所から離れないという選択をし続けるのです。



この悩みはフリーランスになった今も形を変えてぽんきちの心の内部にあります。

生き方を180度変えたことにより環境は全く変わってしまいましたが、心の内部にあるものはあまり変わらないのです。

おそらく周囲の人たちからはそんな風には見えていないと思いますが、時々ふと苦しくなることがあります。

過去の写真を見るとフリーランスになって一年目は険しい表情をしていることが多かったような気がします。気合いが入っていたというか、緊張感のある表情で写っている写真が多いんです。

あれから3年が過ぎて最近は穏やかな表情の写真が多い気がしていますが、老化が進んで顔の筋肉が緩んでいるだけなのかもしれません。

フリーランス2年目を迎えた頃に父が死んで、当初の予定よりも更に生き方を変えなければならなくなったことを強く意識するようになって、少しだけぽんきちは穏やかな表情になった気がします。



この自己肯定感に関わる悩みは誰しも多少なり抱えているものなのかもしれません。当然ながらぽんきちも抱えて生きていますが、毎日の積み重ねをしてもいろんなことが微かにしか変わっていかない苛立ちもあるのかもしれません。

おそらくこれは意味がある、これを継続することで自分を変えられると、いろいろ調べたりして現時点で判断していることをほぼ毎日繰り返しているわけです。それでも思うようには変わってはくれないわけです。

以前から知ってる人によってはぽんきちはこの数年で急速に変わったと感じているのかもしれませんが、自分自身の中ではずっと試行錯誤していてスローモーションのように感じているんです。



自分の内部を吐露することは誰かの役に立ったり立たなかったりなんでしょうけれど、基本的にブログというのは誰かの役に立たないとあまり意味がないんです。それでぽんきちもなるべく意味のあるブログを書こうとしているわけですが、たまに無性にただ吐き出したいだけの時があります。

何なんだこれは・・・と。すべてを投げ出すつもりはなく毎日の積み重ねは明日からも続けるんだけれど、一点を見つめたり目を閉じたりして考え込んでしまうのです。

誰しもあることなのかもしれませんが、年齢的だったり健康面だったりの残された時間を思いながら、考え込んでしまいます。



生きるということはそんな繰り返しなのかもしれませんね。






I'm worried why I'm living in a world where I'm not cool, and aren't you surprised to realize that I'm not cool?




Even before this, Punkichi was worried a long time ago.

I worked for a long time as a public servant, but since then I have lived with such feelings inside my heart.

Humans are convenient, and when they are not cool, they run for themselves and try to assume that they are because of their surroundings.

But if you think about it, most of what makes your environment now is made up of your own life choices.

If you think it's because of the environment, you just have to leave the place, but never. Keep making choices not to leave the place, making excuses for life or whatever.



This worrisome, now freelance, has changed shape and is inside the heart of Punkichi.

The environment has changed completely by changing my way of life by 180 degrees, but what is inside my mind does not change much.

Perhaps it doesn't look like that to the people around me, but it can sometimes be painful.

Looking at the photos in the past, I feel like I was often freelanced and had a steep look in the first year. There are a lot of photos that look nervous or look nervous.

Three years have passed since then, and recently I feel that there are many photos with gentle expressions, but it may be because the aging is progressing and the facial muscles are just loose.

In the second year of freelance, my father died, and I became strongly aware that I had to change my way of life more than I had originally planned, and I felt a bit calm I feel.



It may be that everyone has some trouble with self-affirmation. Of course, I live with a pinkichi, but there may be some irritation that various things change only slightly every day.

Perhaps this makes sense, and if I can change myself by continuing this, I'm doing a lot of research and judge almost every day at the moment. Still, it does not change as expected.

Some people who have known before may have felt that pinch has changed rapidly in the last few years, but in myself I've been through trial and error and feel like slow motion.



Exposing yourself can be useless or useless, but basically a blog doesn't make much sense unless someone helps. So I'm trying to write a meaningful blog as much as possible, but sometimes I just want to spit out asexually.

What is this ... I don't intend to throw everything out, and I will continue to pile up every day from tomorrow, but I'm thinking at one point and closing my eyes.

It may be everyone's, but it takes into account the time left for age and health.



Living may be such a repetition.







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2019/12/30 01:38 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育をエンターテイメントとして届ける〜アマチュアの独壇場だった世界にプロが進出してくる時代




https://youtu.be/un3q8uWkvUc






https://youtu.be/etjDT-phM5s






https://youtu.be/vyCSczzublM







「中田敦彦のYou Tube大学」はめっちゃ面白いですね。彼が様々なジャンルの書籍を読んで、その内容を誰にでもわかりやすくテーマ毎にネットで解説している動画です。すでにネットで視聴を楽しんでいる読者も多いだろうと思います。

要するに教育をエンターテイメントとして届けることを、エンタメのプロ中のプロである吉本興業のタレントがやっているわけですから、めっちゃ面白い動画になってるわけです。



中田さんに限らず、最近はいわゆるテレビの芸能人という立場にある人たちがYou Tubeに続々と進出しています。今は若者たちを中心にもうテレビは観ていない、もっぱらネットばかり視聴しているという人たちがどんどん増えている時代になっています。

頭の良い若手芸人の彼らはそんな時代の変化を敏感に感じ取っているわけで、しかもネットで自分のチャンネルを作って情報発信すればテレビのようにスポンサーの意向に左右されることもありません。つまり、自分が本当にやりたいことや伝えたいことがネットならば自由に発信できるわけです。



ネットでブレイクすれば広告収入も莫大になりますから、中田さんのように自分でやりたいことをテーマとして選び、それをわかりやすく面白い動画として伝えることが事業になっているわけです。彼は教育をエンターテイメントとして選んでいることが素晴らしいですね。

当然ながらたくさんの人たちに役立ちますし感謝されるわけで、自分の得意なことで社会貢献もできるネット配信はめちゃくちゃやりがいがあるだろうと思います。



数年前まではYou Tubeはアマチュアが動画を作って情報発信するのが当たり前でしたが、今はそんなアマチュアの独壇場だった世界にプロが進出してくる時代になりました。

テレビはアマチュアが進出するのはとても困難なツールだし、それは今でも変わりませんが、ネット配信はプロアマ関係なく誰でも情報発信が可能なツールです。

一般人に過ぎない我々が気楽に動画などをアップしていたネットという世界に、時代の変化を敏感に感じ取っているテレビのプロが参入する時代なんです。



SNSで呟くだけではいつまで経っても人生は変わりませんが、誰かに役立つ情報発信を大量に発信し続ければ人生が変わる可能性があるということですね。実際にそんな一般人はすでにたくさん生まれています。

本当は他にやりたいことがあるという人は、それを実現するためのツールの一つとしてネット活用を選択することは間違いではないとぽんきちは考えています。

その内容と配信する圧倒的な数が大切ですけれど、情熱がある人ならば人生を変えられるまでになれるかもしれません。今はそんな時代だということですね。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/27 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おさーんはなぜ若い女子たちを追いかけるのですか?


20191222234542460.jpg




20191222234725253.jpg




20191222234731574.jpg




20191222234737483.jpg

※写真は今回のテーマと全く関連がありません・・・ただアップしたかっただけです。






音楽の世界に限らないのかもしれませんが、近年は若い女子たちを追いかけるおさーんが多くないですか?

ものすごく身近にそんなおさーんがいる読者は多いのでは?と思いますが、実はぽんきちの兄もそうなんです(・・;)

乃木坂46だっけ?最近はガールズグループがたくさんあり過ぎてぽんきちはどれがどれやらさっぱりわからないのですが、おそらく乃木坂46だったと思います。ぽんきちの兄はめっちゃ詳しいのです( ̄∇ ̄;)

兄に「おっさん、何が楽しいんや?」とぽんきちが聞いても何だかよくわからないんですよね、とにかく好きなんだと・・・なんだか世の中おかしくね?(^_^;)



この現象はローカルな裏音楽の世界も例外ではありませんで、一時期ぽんきちは20歳前後の若い女子ミュージシャンと対バンライブをする機会が何度かあったんです。

そんなライブでは追っかけみたいな男性のお客さんが何人か来ていましたね。決して若くはない感じでしたが、ライブをスマホで動画撮影したり彼女たちが物販している同じCDを何枚も買っていました。

ぽんきちのステージでは彼らは目が完全に死んでました・・・おっさんには全く興味ねぇよオーラが全開みたいなーっ!!(゚Д゚;)



これってもしかして全国的な傾向なんですかねぇ・・・誰のせいなの?秋元康のせいなんですかね?

日本のおさーんたちはいったいどうしてしまったんでしょうねぇ・・・なぜ若い女子じゃないといけないんでしょうか?

気になったのはもう一つあって、そんな若い女子ミュージシャンの観客に同世代がいないという傾向を見つけたからです。つまりファンがおさーん中心というか、もしかしておさーんだけ?みたいな・・・これもヤバくね?彼女たちがおさーんたちだけに伝えたくて歌っているならばそれでいいんでしょうけど(^_^;)



ただ、夢を追いかけて頑張っている若者を経済的にサポートするおさーんがいてもいいとは思うわけです。彼らはライブの集客にも寄与しているわけですから、若い女子ミュージシャンやお店にとってはありがたい存在ですよね。

しかし、これは以前には見られなかった傾向でして、ミュージシャンってほぼ同世代か年下に共感されたり応援されたりする存在でしたよね?ずっと年上のおさーんに支持される若者ミュージシャンってほとんどいなかったんです。

それが今の時代はそんな過去の常識がまるで通用しなくなっています。全部ではないと思いますが、一部では明らかにそんな現象がもうずいぶん前から起こっているみたいです。



そこでぽんきちは思うわけです。

若い女子ミュージシャンを追いかけるおさーんが増殖しているならば、おさーんミュージシャンを追いかける若い女子観客がいてもいいのでは?全国のおさーんミュージシャンの皆さん、そうは思いませんか?



そんなんおるかボケーッ!!(`_´)



今回はこれで終わります。



さいなら〜(T_T)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2019/12/24 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽を仕事にしたいならば集客ができる人になりなさい


20191217235014831.jpg






これはぽんきちがある人から言われた言葉・・・



ではなく、自分で己に対して言うた言葉じゃーっ!!お、お、おさーん!!(゚Д゚;)



ライブ本数が人並み以上に多いミュージシャンならば気付いていることなんですが、集客ができないミュージシャンは音楽を仕事にはできません。

これは至極当然な事実でして、集客できない=ニーズが無い=ニーズの無い人にギャラを払う人などいない・・・というシステムに一般的にはなっております( ̄∇ ̄;)

ところが、極端にライブ本数が少ないなど、淡白な活動を好む人ほど最初からたくさんの人が集まる場所で音楽活動をしたがる傾向があるようです。

自分で集客せずにライブしてギャラが貰える活動をしたいと考えるわけですが、そもそも集客力のない人にそんな機会を与えるわけがありません。



どんなに歌が上手くても、ギターが上手くても、たくさんの人を惹きつけられない人に、ギャラを払ってまでうちで歌って欲しい、演奏して欲しいと誰が言いますか?

ライブに限らずレッスンもアレンジ依頼もレコーディングも、圧倒的な数をこなさないと単価は上げられないわけです。数が多過ぎて依頼をすべて受けられない・・・そこでやっと単価を上げて調整することができるようになります。

そんな長く果てしない苦労を経ずして仕事レベルのギャラを頂けるならば、音楽好きな人たちはみんなプロを目指すはずです。しかし、現実はそうではないからこそ自分で集客しなければいけないし、集客ができないから仕事にならないわけです。



音楽的に優れた才能があるミュージシャンは、名も無きそんなミュージシャンはローカルな現場には確かに存在しているわけです。しかし、自分はこんなに才能があるんだから集客を呼びかければライブに来てくれるはず・・・そんな期待は度々裏切られることがよくあるのではないでしょうか?

これについては「人を惹きつけるというのは別の才能である可能性がある」とぽんきちは分析しています。半年や一年に一度ドカンと集客できるライブするミュージシャンの場合は何とも微妙なんですが、常に頻繁にライブしているミュージシャンの場合はこの別の才能を兼ね備えてないと集客は難しいと思います。

ぽんきちがギタリストなのになぜ何年も毎日欠かさずブログを更新しているのか?毎日ブログを書いているミュージシャンはとても珍しいはずです。それは純粋に音楽だけでは集客が難しいと理解しているからです。

常に頻繁にライブをしていて、常に集客ができるほど自分の音楽的な才能を信じていないというか、そんなん無理やろ!!と自分でわかっているからです(^_^;)



ぽんきちはブログという媒体を選択したわけですが、今の時代に純粋にライブだけで音楽を仕事化できると考える方が無茶だと思うわけです。ネットでも何でも活用して仕事化を考えないと相当厳しいのは容易に想像ができるわけで、淡白な活動を好む人たちが語る音楽を仕事化したいという夢ってぽんきち的にはもう意味が分からないわけです(・・;)

まるで会社の面接を受けて採用が決まったら来月から給料が貰えるみたいな、そんな枠組みの中で生きてきた感覚そのまんまで語られると、おさーんはもしもし??と言うしかないわけでして(^_^;)



ぽんきちはブログの更新は10年毎日続けると決めて書き始めてそれを実践していますが、何事もとりあえず10年くらいはがむしゃらに突っ走ってみればいいのでは?と思っています。

歌にしろギターにしろ、とにかく10年は毎日続ける何らかの取り組みをしてみて、それで全く芽が出ないならば諦めてもいいじゃないですか。

それさえもせずにいきなり美味しいところに身を置きたいなどと、どの口が言うとるんじゃーっ!!(`_´)ちゅー話ですねん。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/20 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミュージシャンは潜在的な失業者である


20191217234311051.jpg





先日、NHK総合の「午後ナマ」という番組に俳優の柄本明さんがゲスト出演していました。柄本明さんは日本を代表する名バイプレイヤーとして有名な俳優ですが、彼は「俳優は潜在的な失業者である」という考え方をしているそうなんです。

だって俳優なんてオファーが来なかったら失業者同然でしょ!?だからよっぽどのことがない限り選ばずどんな役も演じてきたんだと。この役は俺には絶対無理!!って思ったらお断りするので、基本的には仕事は選んでいるというスタンスらしいのですが、実際はほとんどのオファーを受けてきたらしいのです。

結果的にそれが怪優というか、圧倒的な存在感を持った名バイプレイヤーという今に繋がっているんだと思います。



ぽんきちの友人で最も成功している竹内力君も俳優はとにかく数なんだと語っていました。彼がテレビドラマの世界に見切りをつけ、Vシネマの帝王と呼ばれるまでの俳優になったのはその圧倒的な作品数からです。

竹内君の場合ももっと仕事を選んでもいいんじゃないの?って役もやっていたりしますよね、過去には赤ちゃんの姿でCMに出演したり、競艇の福岡ボートで地方営業(トークショー)の仕事を最近もやっていたりしますからねぇ(^_^;)



なぜ彼らがそこまでするのか?なんですが、やはり柄本さんの言葉が真理を突いているからだと思います。おそらく選べる立場にある人って潜在的な失業者じゃないからです。もしくはそういう意識が無いからでしょうね。

ぽんきちは思うんですが、基本的には自分は仕事は選びますというスタンスでいいと思っています。それを外部にアナウンスするのも構わないし、仕事としてするならば料金体系も明示すべきです。オファーする立場の人たちにすれば料金体系も曖昧でよくわからない相手に仕事は依頼できないからです。

しかしながら、それ以前の問題として数が必要だということも理解しないといけないので、初めから自分で活動を縛り過ぎては本末転倒になることも理解して柔軟に動けばいいだろうと。つまり、料金体系は明示すべきですが、それに縛られる必要もないわけです。



組織で仕事をしていない人は自分で選べる立場にあるわけですが、選べるほどの仕事を獲得できるようになるまでにはとにかく数をこなさないといけません。つまりは組織で仕事をしていなくても選べない状態は普通にあるわけです。

なぜならば俳優もミュージシャンも潜在的な失業者だからです。

おそらく俳優もミュージシャンも好きだからやっているはずなんです。そうじゃなかったらもっと稼げる仕事を選ぶはずです。好きを仕事にするとは、サラリーマンのように給料が貰えるからサービスを提供するという前提でする仕事とは次元が違っていて、とにかく好きだからするんです。

好きなことで喜んでもらえるならば、誰かの役に立つならばとにかくやるんです。とにかくギブ、ギブ、ギブなんです。最初からギブ・アンド・テイクなど狙ったりはしないというか、実績も無い人に誰が仕事を依頼するんですか?って話なんです。実績を積んだそのずっと先にあるのが好きなことが仕事になった状態ですから、面接に受かった翌月から給料が保証される生活のための仕事と同じ次元で考えていると、一生好きを仕事にはできないとぽんきちは考えています。



理想的なのは本業で生活を支えながら自由な時間を好きなことに専念することですよね。以前のぽんきちのように仕事が公務員だと副業として好きなことを仕事にできない場合もありますが、最近は多くの企業が副業を認める方向に転換しつつあります。

しっかり生活を支える本業があるならば好きなことにあまり縛りを設ける必要はないと思います。限られた自由時間をなるべく数をこなすことに使えばいいと。

その結果、いずれ副業がメインに発展するならば好きを仕事にすることもできるかもしれません。選ぶのは選べる立場にあるからなんですが、そんなことはオファーが殺到して俺倒れるかも?って立場になってからでも遅くはないとぽんきちは思っています。



要は順番を間違えてはいけないんだと、身の程知らずな勘違いをしてはいけないんだとぽんきちは考えていて、初めから選んでいてはおそらく一生そんな立場にはなれないでしょう。それは柄本さんや竹内君の生き方を見ていてもよくわかります。

数を獲得できる人が好きを仕事にできる人です。どんなに才能があろうとも数を獲得できなければ仕事には発展しないのです。ぽんきちはリアルにそんな生き方をしているので痛いほどそれがわかるんです。

潜在的な失業者になればそれがわかると思います。






Musicians are potential unemployed




The other day, actor Akira Emoto was guest-appearing on the NHK General program “Afternoon Nama”. Akira Emoto is a famous actor who represents Japan, but he seems to believe that actors are potentially unemployed.

Because if you don't get an actor, you're just like unemployed! I refuse to take this role if I can't do it! I guess it's basically a stance of choosing a job, but it seems that I've actually received most offers.

As a result, I think that it is connected to the nowadays as a mysterious actor, or a great buy player with an overwhelming presence.



Rin-kun, the most successful friend of Punkichi, also said that the actors were just numbers. It is his overwhelming number of works that led him to give up on the television drama world and become the actor of V-cinema.

Isn't it possible for Takeuchi to choose more work? In the past, I've been doing commercials in the form of a baby in the past, and I've been doing local sales (talk show) work on a boat racing Fukuoka boat recently (^ _ ^;)



Why do they do that? I guess that's because Emoto's words go against the truth. Probably because you are not a potential unemployed person. Or maybe you don't have that consciousness.

I think it's a good idea, but basically I think that I have a good stance that I choose work. You can announce it to the outside, and if you do it as a job, you should clearly indicate the fee structure. If you are an offerer, the fee structure is vague and you can't ask for a job to someone you don't understand.

However, it is necessary to understand that a number is necessary as a problem before that, so it should be flexible to understand that if you tie your activities too much from the beginning and you will fall over. In other words, the fee structure should be specified, but not necessarily tied to it.



People who aren't working in an organization are in a position to choose for themselves, but you have to do the job anyway before you can get enough work to choose. In other words, there is usually a situation where you can not choose even if you do not work in the organization.

Because both actors and musicians are potential unemployed.

Probably because actors and musicians also like it. If not, you should choose a job that earns more. I like to work like a job because it is different in dimension from work that presupposes the provision of services because I get a salary like a salaried worker. I just like it.

If you are happy with what you like, if you can help someone, just do it. Anyway, give, give, give. Who doesn't aim for give-and-takes from the beginning, or who asks people who have no track record to work? I'm talking about It is a state that I like to work far ahead of my achievements, so if I think on the same dimension as a job for a life where the salary is guaranteed from the next month I received an interview, I like life I think that I can't work.



The ideal thing is to concentrate on what you like to spend your free time while supporting your life in your main business. There are cases where you can't do what you like as a side job if your job is a public servant, as was the case in the past, but recently many companies are turning to accept the side job.

If you have a core business that supports your life, I don't think it's necessary to put too many restrictions on what you like. I wish I could use my limited free time as much as I could.

As a result, you may be able to turn your favorite into a job if your side business develops into the main. The choice is because you are in a position to choose, but in that case the offer may flood with offers. I don't think it's too late after I've been in a position.



The bottom line is that we don't think we can make mistakes in the wrong order, and we don't think we can make mistakes. We'll probably not be in that position forever if we choose from the beginning. You can understand it by looking at how Emoto and Takeuchi live.

A person who can get a number is a person who can make a favorite work. No matter how talented you are, if you don't get the number, you won't develop into a job. Punkichi lives this way of life in a real way, so I can understand it painfully.

If you become a potential unemployed you will know that.






ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2019/12/19 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単純かつ残酷な判断基準



https://youtu.be/Cwvw0HXYb98







ギターのイントロが流れる・・・


ハッとお客さんが振り向く


ヴォーカルが歌い始める・・・


お客さんが一言つぶやく


い・・・いい♥




これはずっと前から「ぽんきちさんはどんな音楽を目指しているんですか?」と質問された時の答えなんです。

このシチュエーションをぽんきちは目指していて、これ以上の難しい意味や価値など音楽に求めていません。



お客さんにとっては良いか悪いか、好きかそうではないかだけなんです。音楽ってシンプルな世界だと思っていて、それは単純かつ残酷な判断基準です。

ところが、このシンプルなシチュエーションはなかなか体験できないものでして、それは与える側も与えられる側もです。

それ故にこれは常にぽんきちの求めるものであり、目標となっています。



この単純かつ残酷な判断基準に応えるためにどれほどの精進や試行錯誤が必要なのか見当も付きません。

ジャズピアニストの上原ひろみちゃんほど頭に浮かんだメロディーとハーモニーを自由自在に奏でられたら、どんなにいいだろうと思いますねぇ。

とにかく音楽は自由にならないもので、自分がもどかしくて仕方ないわけです。できないことだらけで自分が思っているところになかなかたどり着けないわけです。



できん、できん、なんでじゃーっ!!うおおおおぉぉぉーっ!!(゚Д゚;)

ってなるんです(・・;)



そして、いつもの意味不明なこれで今回も締めます。



あいうえお、お、お、おさーん!!(`_´)







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/17 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたのファンは誰ですか?


20191211155342871.jpg






今回のテーマをぽんきちの基準で言うならば、自分のライブに足を運んでくれる人たちです。その中でもミュージシャンではない人たちは真正のファンだと言えると思います。ライブに足を運んでくれる人たちの中にしか自分のファンはいません。

お客さんの中でも自分と同じ音楽活動をしている人は微妙でして、ファンではないけれど互助会的心理でライブに来てくれる人たちもいます。ですから音楽活動をしている人の場合はほぼファンではないことが多いのでは?と思います。

ミュージシャンって基本的に自分にしか興味がないんです。よっぽどのことがない限り他のミュージシャンのファンになったりはしません。仲間にはなってもファンにはならないものなんです。ですから、ミュージシャンが他の人のライブに通う場合は互助会的な心理か、よっぽど本当に自分が好きなミュージシャンのどちらかです。

互助会的な心理でもライブに来てくれたらぽんきちは嬉しいですね。ぽんきちもオフの日は可能な限り仲間たちのライブに行きますので。



わかりにくいのはファンと言いながら絶対にライブには来ない人たちです。おそらくチャージ代などのお金や時間を使うのが勿体ないという心理が働くんだろうと思いますが、これってそのミュージシャンの音楽性に興味がないってことですよね?

それなのにファンを語る心理がぽんきちにはよくわからないのですが、逆に考えると言葉よりも行動を見ていれば「本当のこと」はわかるわけです。この人は以前からぽんきちのファンを語っているけれどこれまで一度もライブに来たことがないなぁ・・・と。何度もライブ告知をしているわけですから、さすがに気付きますよね。本当は自分のファンではないということを。

遠隔地の人たちは仕方ないですが、リアルに会える距離の人たちが語るファンという言葉が何を意味しているのかがとてもわかりにくくて、ぽんきちは混乱するわけです。それが音楽活動をしている人たちだったりすると尚更謎が深まるわけです。ぽんきちはギタリストなんですがいったいどこを好きになってくれているんですか?と(・・;)



他のミュージシャンはこんな経験をしているのかどうかわからないのですが、自分の音楽性に興味がない人からファンを語られることって通常はあり得ないことなのかもしれません。

ぽんきちが特殊なのは他のミュージシャンに比べて情報発信力があるということなんですが、何年にも渡り毎日ブログを、しかも長文ブログを更新しているギタリストは滅多にいません。それ故にぽんきちの音楽性に興味がない人たちも引き寄せてしまうのかもしれません。

そんな人たちはどんなにライブに誘っても来てくれません。その中には音楽活動をしている人たちもいますが、やっぱり来てくれない。よっぽどぽんきちの音楽性に興味がないんだろうなぁ・・・と、もう諦め気味にもなるんですが一応ライブ告知は必ずするわけです。



情報発信力を持つとぽんきちのようにライブには絶対に来ないファンを作ってしまいます。もういい加減わかってるんですけれど、それでもライブ告知をしてしまうミュージシャンの性(さが)が悲しいです(^_^;)

しかし、ぽんきちは思うんですけれど音楽性に興味がないのは仕方のないことです。もしかしたらブログが面白いからファンになってくれているのかもしれないのでそれは理解しないといけないと思っています。

ライブに足を運んで欲しくて、そういう意味の興味を持って欲しくて毎日ブログを更新しているんですが、結局は音楽性に興味のない人たちは絶対にライブには来ないということです。それは相手が音楽活動をするしないに関係なく言えます。



ただ、ぽんきちの認識の中にある自分のファンはライブに足を運んでくれる人たちの中にしかいません。それはミュージシャンですからお金と時間を使って来てくれる人たちが愛おしいのは当然なことだと思っています。

どんな形であれファンになってくれることはとても嬉しいことです。そして、こういうことを書いてしまうのはミュージシャン故の心理からだということをどうかご理解頂きたいのです。

ライブに足を運んでくれる人たちの中にしか自分のファンはいないという心理は、ぽんきちと同じく音楽活動をしている人ならばわかってくれるのでは?と思います。



ぽんきちは正直な人間なので書いてしまいますが、リアルに自分のライブでお会いする人たちしか自分のファンとして愛せないのです。

ギタリストですから「ずっと前からファンです!!」と言われるとライブに来てくれるかも?と期待するわけですが、その期待が外れると裏切られたような気持ちになります。本当に申し訳ないんだけれど勝手にそんな気持ちになってしまうわけです。

「ぽんきちさんの音楽性には全然興味ないんですが○○が好きなんです!!」とはっきり言って頂くとわかりやすいんですが・・・さすがに言えんよね( ̄∇ ̄;)






Who are your fans?




If you say this theme based on Punkichi's standards, those who come to your live show. Among them, those who are not musicians are genuine fans. Only the people who go to live have their own fans.

Some of the customers who are doing the same music activity as theirs are subtle, and some are not fans but come to the concert with the spirit of mutual aid society. So if you're a musician, you're often not a fan? I think.

Musicians are basically only interested in themselves. Well, I don't become a fan of other musicians unless there is something. It ’s something that does n’t become a fan even if you become a friend. So if a musician goes to another person's live, it's either a reciprocal psychology or a musician who really likes himself.

I'm glad if you come to the live even in a reciprocal society. I go to live with my friends as much as possible on the day when I'm off.



What is hard to understand are those who are fans but never come to the live. Perhaps the psychology that it is inevitable to spend money and time such as charge fee works, but this means that you are not interested in the musicality of the musician, right?

Nevertheless, I don't really understand the psychology of talking about fans, but if you think about it in reverse, you can understand the "real thing" by looking at actions rather than words. This person has been talking about Punkichi fans for a long time, but he has never been to a live. You've been making live announcements many times, so you'll really notice. I'm not really my fan.

People in remote areas can't help it, but it's very hard to understand what the word fan means from people at a real-world distance, and it's confusing. The mystery deepens when it is people who are engaged in music activities. Punkichi is a guitarist, but what exactly do you like? When(・・;)



I don't know if other musicians have this experience, but it may not be usually possible to tell a fan from someone who isn't interested in their music.

What makes Pinchichi special is that it has more power to disseminate information than other musicians, but few guitarists have updated their blogs every day for many years, and have updated their long blogs. Therefore, it may attract people who are not interested in the music of Punkichi.

No matter how you invite them to live, they will not come. Some of them are engaged in music activities, but they still don't come. I guess I'm not interested in the music of Yodpinkichi ... but I'm already giving up, but I always give a live announcement.



If you have the power to disseminate information, you will make fans who never come to live like Punkichi. I know it's already good, but I'm sad that the musician who makes a live announcement is still sad (^ _ ^;)

However, it is inevitable that I don't care about musicality though I think I'm so happy. Perhaps the blog is so interesting that it makes me a fan, so I have to understand it.

I want to go to the live and have an interest in that sense and I update my blog every day, but after all, those who are not interested in music will never come to the live . That's true regardless of whether or not the other person does music.



However, his fans, who are in the perception of Punkichi, are among the people who go to live. It's a musician, so it's only natural that people who spend money and time come to love it.

I'm very happy to be a fan in any way. And I want you to understand that writing such a thing is based on the psychology of a musician.

The psychology that only those who go to the live have their own fans will understand if you are a musician like Pinchichi? I think.



I write it because I'm an honest person, but I can only love those who meet in my own live as my fans.

If you are a guitarist and say "I've been a fan for a long time !!" If you fall short of that expectation, you will feel betrayed. I'm really sorry, but I feel like that.

It's easy to understand if you say clearly, "I'm not interested in Mr. Punkichi's musicality at all, but I like XX!", But I can not tell it as expected ( ̄∇ ̄;)






ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/16 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分はいったい何がやりたいのか?と考えてしまう時がある


20191204011310404.jpg






自分の居場所が無いような気がする・・・

最近ぽんきちの中でこんな疑問がふつふつと湧き起こっています。

好きなことをやっているわけだから今こそその居場所にいるんじゃないの?と多くの人たちには見えているのだろうか。

何となく漠然となんですが、こんな場所にいてはいけない・・・という気持ちでまるで口の無い蚕のようにいつも繭の中でもがいている自分がいます。

もし、今やっているすべてのことが数多くなって眠る時間も削るほど忙しくなったら、この疑問は消えて無くなるのだろうか?



チャンスを求めるならば人口の多い都市を目指すのが常套手段だったりしますが、今ぽんきちは人口の少ない過疎地に目を向けています。やがて現実となる故郷に住む親の介護を考えての決断ではありますが、人には避けて通れない道というものがあるのでそれはそれで構わないのです。

還暦まであと4年という年齢になって今更華やかな世界に憧れるわけなどあるはずもなく、あくまでも地道な活動の中で生きていくつもりなのですが、福岡市内で暮らす今でも居場所がないような気がしています。

都会から離れて暮らし始めるとまた今とは違う環境になるわけで、自分のやりたいことの再構築が迫られるわけですが、今でも見つけられないものがその時に見つけられるだろうか?



ぽんきちを以前から知っている周囲の人たちから見れば、ぽんきちはユニットの練習熱心で音楽的なプロデュースをしっかりしてみたいな、そんなイメージをずっと持っている人たちは多いのかもしれませんね。

それらは基本的にやっていないとは誰も思わないでしょうね。それらは今はしていませんし、ぽんきちは変わってしまったのです。以前の考え方とは違うギタリストに今はなっています。

今はユニットのライブは基本的にすべてセッションになっています。アレンジはしますので毎回違うプレイをするわけではありませんが、予定調和はなるべく排除する方向性に変えています。

相方のヴォーカリストたちはその分大変だと思いますが、ぽんきちのやり方にとりあえず付き合ってくれています。今のぽんきちは個人の力をもっとつけないとユニットの今以上の進化は無いという考え方をしています。



音楽的なプロデュースは今は自分の弾き語りだけです。ユニットではもうずいぶん前からしていません。それでもプロデュースしているように見えてしまうのかもしれませんが、実際なーんもしとらん(・・;)

おそらくアレンジが独特だからそういう勘違いをさせてしまうのかも?と想像していますが、レイぽんなんて今では自分たちで選曲さえほとんどしていませんからねぇ(^_^;)

戦略とか予定調和を排除する方向性に今は方向転換していますが、ライブを観ている限りお客さんはそれはあまり感じないかもしれませんね。とにかく、我々の内部では以前とは違うやり方になっていまして、結構ドキドキ、ハラハラしながらセッションを楽しんでいる感はあるかも?



過去のレパートリーにあまりこだわりが無くなっているのもこれまで経験したことのない変化です。以前のぽんきちは簡単にレパートリーを捨てられなかったんですが、今は新曲を増やせばいいんじゃね?って考えなんです。

以前の自分や自分たちはもう過去のものであるという気持ちがどんどん強くなっている気がします。明らかに変化を望んでいる自分がいるんです。自分の居場所がないような気がするのもそんな心境の変化が影響しているのかもしれません。
 
それでもずっと残る曲たちはあると思いますけれど、以前に比べると明らかに自分の中のやりたいことがわかりにくくなっています。



何となく感じているのは、以前の勤め人だった頃、週末ミュージシャンの活動をしていたぽんきちの方がフリーランスの今よりも音楽に対する理想が高かったような気がします。

本当は好きとは言えない仕事で人生の多くの時間を費やすしかなかった、そういう生き方しかできなかったあの頃の自分は、だからこそ音楽に対する理想の純度が濃かったのでは?と思ったりもします。

今は音楽を仕事と意識するが故に居場所の無さを感じてしまうのかもしれないし、理想よりも現実を見つめてしまうのかもしれません。



求められないと仕事にはならないという現実は音楽に限ったことではないし、誰もが理想と現実の乖離を縮めるために試行錯誤しているのですから、もがきながら歩んでいくしかないのだろうと思っています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2019/12/13 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんでもない平日に驚異的にブログのアクセス数が伸びた謎について・・・なんで?(・・;)


20191211164411900.jpg





ぽんきちブログの一日のアクセス数は普段は1000PVを超えたらいつもより多い方なんです。PV(ページビュー)は読者が開いたブログのページを意味します。つまり、1000PVは1000本の記事が一日で読まれたということになります。

ところが12月10日の火曜日になぜか6000PVを超えていたので、なぜ?という気持ちになっているわけです(・・;)

ぽんきちは全国区ブロガーのかさこさんから数年前にブログ術を学んだんですが、当時かさこさんがぽんきちのブログ記事をFBでシェアしてくださることがあると驚異的にアクセス数が伸びることはありました。

全国区ブロガーの影響力は凄まじく、彼らがSNSにシェアするだけでそのブログ記事だけがめっちゃ読まれたりするんです。



ところが、今回はそんなこともなく、突然にアクセス数が6000PVを超えていたので驚いているんですが、何かしたかいな?(^_^;)何もないのにこんなアクセス数が伸びることはこれまで一度もありませんでした。

その前日に福岡に戻る途中で大分市のグーペコに立ち寄ってBGM演奏をしたくらいなんだけどなぁ・・・グーペコはレストランなので食事中のお客様がいたんです。それで必然的にBGM演奏になったんですが、最後までぽんきちの弾き語りを聴いてくれた若い女性二人組のお客様に洋楽ユニットTeTeのCDをプレゼントしたんです。

CDのライナーノーツにはぽんきちブログのご案内もしていますから、もしかしたら彼女たちがブログに興味を持ったのかなぁ・・・とか?



なぜそう考えてしまうかと申しますと、ブログのアクセス解析でバズった記事がわかるわけですが、それが「プライベート」というカテゴリの記事がきっかけだとわかったからなんです。

このカテゴリでぽんきちは相方とのプライベートで感じたことや二人に起こった出来事などをポエム風に綴っているんです。もしかしたら若い女性だったのでそこから興味を持ったとか?



真相はわかりませんが、長くブログを書いているとこんなこともあるんだなぁと驚いています。よっぽど興味を持たないと一部の人たちがこんなに一気読みすることはあり得ませんので、プライベートの記事をきっかけに何かがツボったんでしょうね。

アクセス数が一気に伸びたからといって何かが変わるわけではありません。しかし、毎日書き続けているブログがずっと過去に遡ってまで誰かに読まれるのはやっぱり嬉しいですね。

5年半ブログを毎日書き続けていますけれど、大袈裟に言えばこのまま10年書き続けるのがぽんきちの覚悟の現れです。自分が目指すものというのは結局はやるかやらないかだけです。

やると決めたならばやり続けていくだけです。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/11 16:44 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大都会〜貴重過ぎるカバーですがこれって大丈夫なんでしょうか?(^_^;)




https://youtu.be/OHI77gGJKAs




THE YELLOW MONKEYの吉井和哉とspitzの草野マサムネによるクリスタルキング「大都会」のカバー音源です。

どうも2007年の武道館ライブみたいですが観客の誰かがこっそり録音したと思われる音源です。

ぽんきちはクリキンのメンバーだった今給黎さんと知り合いなので、これを自分のブログで取り上げるのは如何なものか?という気もしますが・・・You Tubeにアップされているし(・・;)



しかし、こんなコラボがあったんですねぇ・・・いや〜、驚きました。しかも、歌も演奏もめっちゃ上手いよね〜!!(゚Д゚;)

「大都会」はぽんきちにとって忘れ得ぬ高校時代の大ヒットソングです。当時は本当に衝撃的でしたし、社会人になって福岡市内の西通りの「バケイション」というオールディーズのお店でハイトーンヴォーカルの田中さんが歌っていたので、しばらく通っていた時期もありました。



このカバー音源はとにかく貴重過ぎてワクワク感が半端ないよね(^_^;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/09 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の内面を言語化しているぽんきちが思うこと


20191204003103177.jpg






ボケーッ!!(`_´)

カスーッ!!(`_´)

死ねーっ!!死にやがれーっ!!(゚Д゚;)



自分の内面を言語化するとスッキリしますよ〜(o゚▽゚)o

これまでも自分の内部に溜め込むよりもボケカス書いてスッキリしませんか?とブログに書いてきたぽんきちなんですが、当然ながらネット公開でやる場合は自己責任でお願いしますm(__)m

でも書くのはネット上じゃなくてもいいと思いまして、「呪い日記」とか「怨み手帳」とか作ってもいいかも?

ちょうど今頃は来年用の手帳などをたくさん販売している時期なので新規に購入しては如何でしょうか?やっぱり「怨み手帳」はノルティの商品番号1521だよね!!みたいな(o゚▽゚)o



心の中をアウトプットすることは心理的に健康に良いとぽんきちは感じています。ブログを毎日書くなど一般的な人たちより書いてアウトプットする機会が圧倒的に多いぽんきちですから、それを尚更感じています。

もう、あいつ早く死なんかいな・・・って思うことありますよねぇ( ̄∇ ̄;)

良い人&善い人・・・誰もが自分はそうありたいと願っています。でも100%そんな綺麗な成分だけで生きていけないんです。ぽんきちは自分の中には醜い心があることを認めざるを得ない時だってありました。長い人生の中ではそんな自分が現れた時もありました。



こんなことを書くもんだから、結果的にぽんきちはネット公開でボケーッ!!カスーッ!!死ねーっ!!とか書いてしまっているので、将来的にはAIから「ぽんきちはボケカス死ね書く人物」と認定される可能性が大ですが、言葉にすると心が晴れることもあるわけで、アナログな紙媒体に書けばAIを恐れる心配もありません(^-^)

一人の時は自分の中にある醜い部分を認めてもいいんじゃないかなぁ・・・消えない憎しみなどがあったりする事実は仕方ないわけですから、心の中をそんな形でアウトプットすることは自分にとって救いになるかもしれません。



というわけで、非公開で皆さんご一緒に〜(o゚▽゚)o



ボケーッ!!(`_´)

カスーッ!!(`_´)

死ねーっ!!死にやがれーっ!!(゚Д゚;)










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/07 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「アベンジャーズ」を観ていて思ったこと・・・額に「A」の文字があるヒーローは日本的には額に「あ」の文字があるのと同じだよね(・・;)


20191201210058412.jpg






額に「あ」の文字があるヒーローってカッコいいですかねぇ?

「肉」の文字があるヒーローはいますが(^_^;)




今回はこれで終わります。



短かっ!!(゚Д゚;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/03 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫みたいに体を丸めてキックする・・・これを猫キックと呼ぶ


20191128132806790.jpg





ぽんきちの相方は理不尽なことがあると猫キックします。

詳細は書けませんが、彼女の中で理不尽な現実に立ち向かう時に、ぽんきちの隣に横たわり体を丸めて何度もキックします。

猫キック!!猫キック!!猫キック!!(`_´)と叫びながら何度もキックします。



ぽんきちはその姿を見ながら「ほぉ〜、確かに猫に似ている・・・」と思ったりします。

人は理不尽な現実に立ち向かわないといけない瞬間があります。

本当はしたくないんだけれどやらねばならないこととか、仕事ではないのにそんなことがあったりします。



そんな時はあなたも猫キックしてみませんか?

猫キック!!猫キック!!猫キック!!



はい、皆さんご一緒に〜(o゚▽゚)o

猫キック!!猫キック!!猫キック!!




今回はこれで終わります。



猫キーック!!(`_´)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/12/01 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○○が出そうで怖い


20191128125139513.jpg






怖いんです・・・


怖い?


はい、いつも怖くて困ってるんです。


もしかして霊感が強いとか?


いえ、霊感はありません。


結果を恐れているの?何か試験を受けたとか?


いえ、もう長いこと試験は受けていません。


出そうで怖いことって他に何かありますかねぇ?


ドライブ中にお腹が張っちゃってオナラしたくなるじゃないですか、でも一緒に出そうで怖いんです。




ぽんきちさん、それ以上は言わなくていいです。




今回はこれで終わります。



さいなら〜(T_T)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/11/30 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人はすぐには変われないので〜心が折れた人には長い目で接しよう


20191125164107787.jpg






心に深い傷を残すとなかなかトンネルから抜け出せなくなりますよね?
 
歩けど歩けど暗い闇が続いていて、いつまでも灯りは見えてこなかったりします。

人によっては何年もそんな状態が続いたりしますから、そんな人と付き合う人たちは長い目で辛抱強く接する姿勢が必要だったりします。



長いトンネルでさまよってる人には自分の居場所が必要だし、今ある居場所では変われない場合はその居場所を変えてみる必要もあるかもしれません。

いずれにしても人はすぐには変われないので、そんな人と同じ目線で話を聞いたり、側にいることをいとわない人間が必要なのでは?と思います。

その人との関係性にもよりますが、とことん付き合うことができる誰かが側にいるといないとではずいぶん違うでしょうね。

そんな人とかなり近い関係性の場合は辛抱強さというか、覚悟みたいなものが必要かも?とも思います。心の闇が深い場合は尚更です。

そんな人と付き合っていくことはキツいことがたくさんあるでしょうし、絶対に見放さないというか、諦めない強さを持った人間ならばそんな人をずっと見守っていくことはできると思います。



ぽんきちは若い頃から体がポンコツで内臓の病気は何十年も抱えたまま治りません。しかし、なぜか精神面は安定している状態が常だったりします。基本的に人間の好き嫌いが無いので人間関係がフラットというか、淡白なのが普通だったりします。

情熱を持って誰かと接するということはほとんどありませんが、自分がもし武器にできるとしたらこの心の安定性かも?と思ったりしています。

普段は淡白であるが故に人間関係が濃くならないんですが、長い目で見守ることが必要だと感じた時にやっとこの性質が活きてくるというか、役立つような気がしているんです。



基本的にぼぉ〜っとしているだけというか、側にいるだけというか、自分の好きなことに邁進しているだけというか、話を聞いているようで聞いてないような、いったいどっちやねん!!(`_´)て感じなんです。

闇を抱えた人がその心の中に巣くうものを吐き出す時は、受け止める側はとても辛いこともあるでしょうし、遮断したくなる時もあると思うんです。

それでも受け止められる辛抱強さが持てたならば、闇を抱えたその人は少しずつ時間をかけて毒が消えていく可能性はあると思います。

結果的に時間はかかるかもしれないけれど、見守っている側の人間にしてみれば穏やかな日々がやっと訪れたならばそれはとても幸せなことですよね。



人はすぐには変われないんです。

優しさというものがどんなものかよくわからないけれど、諦めない強さとか、辛抱強く待つ強さは、結果的に優しさというものに姿を変えて見えているのかもしれないとぽんきちは思っています。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2019/11/29 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イマイチな自分を見せてでもそれをやるか?


20191125143701915.jpg





ぽんきちならばイマイチな自分を人前に晒すくらいならばやりません。

しかーしっ!!(`_´)

それが好きなことで、未来においてなりたい自分になるための避けて通れないプロセスならばやります。



いやいや、そんなこと言ってもええ年こいて残念な自分を人前で晒すなんて嫌ですよ〜( ̄。 ̄;)

そういう考え方もめっちゃ理解できます。でも地球上には数十億の人間が暮らしていて、我々はその中の一人に過ぎません。俯瞰して自分の存在を考えるとつまりは数十億分の一の存在でして、それは水溜まりに潜むミジンコみたいなものです。

俺はミジンコだーっ!!ミジンコ以下だーっ!!うおおおおぉぉぉーっ!!(゚Д゚;)



そんなこと言うたらミジンコに失礼やろ、おさーん!!(`_´)

ミジンコみたいな自分を見て誰かが笑ったとしても、笑ってるそいつもミジンコなんです。だってみんな数十億分の一ですから〜、おさーん(o゚▽゚)o



音楽の世界ではステージで演奏している人たちは何らかの思いを持っているものです。未来においてなりたい自分はそれぞれにあったりするはずなんです。

イマイチなステージなんてたくさん見てきたし、自分もたくさんやってきましたけれど、他者に対してはその思いが感じられたりすると応援したくなるし、自分に対しては今はこの程度だけど未来の自分は違うんだと思うようにしています。



なぜならば、何もしないと何者にもなれないからです。

恐れて一歩が踏み出せない自分がいたらミジンコのくせに何ビビってんだ?と、ずっとミジンコ以下のままでいいのかよ?と、ぽんきちはそう考えます。

だからミジンコに失礼だっちゅーねん、おさーん(o゚▽゚)o



何もしない派の人たちが言うように、勇気を出してやったとしてもイマイチなままがずっと続いてしまう可能性もありますよね?だって人間はすぐには変われないわけで、練習などのやり方やその内容を工夫しないと成果が出ないことは明らかです。

しかし、人前でやり続けるからこそ悔しい思いができるんです。たくさんイマイチな自分を演じて初めて感じることが絶対にあるんです。何もしない人たちにはわからない、実際にそれをやり続いている者にしかわからないことがあるんです。

それが感じられて初めて変化するかもしれないという可能性が生まれます。

人間が変化していくとか、なりたい自分になるということはそういうことなんだとぽんきちは信じているんです。だからぽんきちは言葉だけでは意味がないんだと、動いてなんぼという考え方をしています。



そして、最後はお約束のこれです。



人間もミジンコもどうせ死ぬ・・・歴史上の人物でもない限り数十年後には誰も自分の存在など憶えてもいない。

歴史上のミジンコでもない限り・・・そんなんおるんか?(・・;)

要するに、せっかく生まれてきたんだから命を燃焼した方が面白いでしょうと、そういうことです。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/11/28 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブで凹むことがある人にこれを軽い気持ちで視聴してみませんか?と言いたくなる




https://youtu.be/0H3N_WFCPck





You Tubeにギターレッスン動画をたくさんアップしているジャズギタリスト宇田さんの「飲みトーク」はぽんきちのお気に入りだったんですが、最近はこのシリーズはアップしていないようです・・・う〜ん、ちょっと残念かも(^_^;)

お酒好きな宇田さんがいろんなお酒を飲みながらほろ酔い気分で音楽に関するいろんなテーマを語るコーナーでして、興味のある方は視聴してみてください。結構面白いお話をたくさんしていますので。



それで、今回はライブで凹んでしまう人に向けて彼が語っている飲みトークがあったので紹介することにしました。

宇田さんもほろ酔いで語っていますから気軽な気持ちで視聴して頂きたいんですが、ぽんきちもこの件については彼と同意見です。音楽って自分自身の評価とか他者からの評価とか、大切なんだけど実はどうでもいいというか、常に相反する要素を持っているものだと思うのです。

音楽ってネガティブな要素は時には必要だったり時には邪魔だったりしませんか?いずれにしても自分が今よりもより良い場所(意義のあるところ)に行けるために必要としたり邪魔となったりするわけです。



そして、その場所にたどり着くためには「続けていくこと」が何よりも大切で、ネガティブな自分に支配されていても、とにかく続けていればいいよなぁ・・・というお話にはぽんきちもとても共感できます。

自分のやっていることに対して他者はいろんなことを言いますが、やり続けていればいいと思いますし、やり続けていれば変化もしていきます。人間ってずっと同じでいることの方が難しいわけで、ずっとやっていれば勝手に変わっていくじゃないですか?

だからこそ黒歴史というものが存在するわけじゃん!!(゚Д゚;)



どうせずっと同じではいられないんですから、とにかく続けていればいいと思います。

他者が信じる道ではなく、自分が信じる道を歩き続けていけばいいんですよ。

ぽんきちも黒歴史となっている過去はいくつかありますが、未来においては今この瞬間も黒歴史になる可能性はあるわけです。

あの頃は周囲はスナフキンみたいと言ってて、自分はJUJU化していると勝手に言ってたけれど、今思うとあの頃の俺って死神にしか見えないよなぁ・・・みたいな!!(゚Д゚;)



つまりはなるようになるし、なるようにしかならんので、今思う自分のベストを尽くせばよくね?誰に何を言われようと関係ないっすよ。甘えたりサボってばかりはダメだけど、自分ができることをめいっぱいやって、精一杯ガンガンやってればええんじゃないの?

凹んでも全然いいじゃん、好きなことならばそれを続けていけばいいと思います。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2019/11/27 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やること、やるべきこと、やりたいことのお話


20191121172047827.jpg





我々は日々やること、やるべきこと、やりたいことを繰り返していますが、この優先順位はそれらのカテゴリによって違ってきますよね?

生活に必要なこと、仕事、趣味などカテゴリ別で優先順位のトップを考えると、一般的には生活に必要なこと=やること、仕事=やるべきこと、趣味=やりたいことって感じですかね?

生活に必要なことはやるべきとかやりたいとか言う以前の問題として誰もがやることです。顔を洗ったり食事をしたりお風呂に入ったり、とにかく当たり前にやることです。

仕事は国民の三大義務の一つである「働くこと」ですし、仕事の中身にはやるべきことがたくさんあります。自分の好き嫌いに関わらずやらねばならないことが満載です。そこが辛いところでして、過剰な負担になると過労死という命に関わる事態にもなったりします。

趣味は上記の二点と違ってやりたいからやるって感じですよね?最も自由で心が開放される瞬間を味わえたりします。一般的には心から楽しめる趣味がある人生ほど豊かになると誰もが認識していると思います。



ところが、この趣味の世界でも「やること」や「やるべきこと」が生まれたりします。ぽんきちはギタリストなので今回は音楽をテーマに書きますが、もっとギターが上手くなりたいとか、もっとたくさんライブがしたいとか、音楽的に認められたいとか、そんな望みを持った途端に「やりたいこと」だけではそんな望みは叶えられないと気付いたりします。

それに気付いた人たちは基礎練習を地道に続けていたり、新しい知識や技術を勉強したり、たくさんライブをして自分を磨くという行動をとります。それがシンドイと感じたり、ストイックに追求できたり、趣味の世界もそのタイプは様々ですけれど、その人なりに試行錯誤しながら楽しんでいるんだと思います。



厄介なのは趣味の世界なのに自意識に苦しめられたり対人関係で悩んだりするケースですが、これは本末転倒というか、趣味の世界で楽しめない自分がいる場合はどこかで歯車が噛み合っていない状態なのかもしれません。

その趣味が自分の人生の中でかなり大きなポジションを占めている場合は、ただ楽しいだけではいられない状態になることってあるのかもしれませんね。大切なものだからこそ悩んでしまうとか。

でも、趣味って基本的には心のオアシスなわけですから面倒くさいことで悩みたくないですよねぇ。生活に必ず必要なわけでもないし、やるべきことが満載な仕事でもないわけですから、時間がかかるかもしれないけれど自分の中にある面倒くさいものは排除していけばいいと思います。もっと楽に、もっと楽しく、趣味はそれがベストです。



趣味でもあり仕事でもあるという特殊なケースもありますが、この場合はやはり仕事にした以上はやるべきことが多くなったりします。

ぽんきちの場合はアレンジが主な仕事になっていますが、例えば「自分で考えて決めるやりたい曲」は今は唯一ソロ弾き語りで演奏する曲だけなんです。しかし、優先順位はソロ弾き語りは最下位にしていますから自分がやりたい曲のアレンジは常に後回しになります。

優先順位としてはユニットやサポートで演奏する曲やアレンジを依頼されたオリジナル曲やギターレッスンの課題曲が先に取りかかるべき曲で、自分の弾き語りはその隙間に時間がある時だけやっとアレンジできるという感じです。

つまり、自分がアレンジしたり演奏したいと思っている曲は「やるべきこと」が終わらないとできないわけです。いやいや、ぽんきちさんはソロ弾き語りライブが多いんだから優先順位は高くてもいいのでは?と思う読者は多いのかもしれませんが、ぽんきちは諸事情により弾き語りしているだけですから優先順位は最下位なんです。

ユニットやサポートやオリジナル曲アレンジやギターレッスンは相手があって成立することなので、まずはそれらが優先的に取りかかることになります。ソロ弾き語りは自分の自己満足だけでも完結するわけで、これはやはり隙間の時間にやるべきことと考えています。ライブの練習は常にしますがアレンジ作業の順位は最下位なんです。



自分が一番アレンジしたい曲は時間的になかなかできないので、優先すべき課題曲たちが終わると「よし、やっとできる!!」って感じでアレンジに没頭したりします。ユニットやサポートなど自分で選んでいない曲は取りかかるまでにちょっと憂鬱だったりもします・・・正直な話ね(^_^;)

でも、いざ取りかかるとやっぱり没頭してしまうことが多いし、自分では絶対に選ばないタイプの曲がほとんどですからめっちゃ鍛えられますね・・・こんなピアノ曲をギター1本で演奏しろと言うのか!?みたいな( ̄∇ ̄;)

趣味でもあり仕事でもあることってやっぱり両方の要素が混在するんです。締め切りなどがある「やるべきこと」は嫌でもやらないといけませんし、優先的にやります。しかし、いざやり始めると元々好きなことだから自分で選んでいない曲でも楽しめる要素が見つかったりします。



このブログの読者で音楽活動をされている人たちはそのほとんどが趣味でやっていると思います。趣味=やりたいことですから、まずはやりたいことが最優先ですよね。しかし、ただの趣味ではないという気持ちを持つ人たちも意外に多いだろうと思います。

仕事にするという意味ではなく、人生の中で大きなポジションを占めているという意味で音楽が存在しているのでは?と思います。そういう人たちは「やるべきこと」は自分にとって何なのか?も考えているのではないでしょうか?

やるべきことって仕事に似てるんですよね。それを伝えたくて今回のブログを書きました。



何はともあれ楽しい音楽人生を送りましょう(^_^)ノ








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2019/11/25 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世にも奇妙な物語〜栞の恋



https://youtu.be/DaCvogsvUGA





堀北真希ちゃんは1960年代に生きた少女役を演じたら最強かも?

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」も素晴らしかったけれど、あの時代を生きた諸先輩方も「あ〜、こんな感じの娘っていたよなぁ・・・」と懐かしく思い出すのではないでしょうか?



ぽんきちは若き日に手紙でやりとりをした世代の人間です。高校生の頃から卒業してしばらくまで、1歳年下の女性との手紙のやりとりを続けていましたが、故郷と福岡の遠距離だったので我々の通信手段は当時は手紙だったんです。

当時はすでに丸文字というものがあって、彼女の手紙はいつも便箋の上を踊るような可愛い丸文字でした。どんなことを書いていたのかもう憶えていませんが、18歳から19歳の頃にお互いにたくさんの手紙を書きました。



世にも奇妙な物語はテレビの人気シリーズですが、この「栞の恋」はいいですね。

ザ・タイガースのサリーは今ではドクターXのメロンおじさんですね〜、良い味を醸し出す俳優さんになりましたねぇ。

メロンです・・・請求書です。

に、にしぇんまんえーんっ??(゚Д゚;)



みたいな( ̄∇ ̄;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/11/24 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今時の軽自動車ってこんなにハイクオリティだったの〜!!(゚Д゚;)〜20年前の感覚で生きていたおさーん驚く


20191123193336764.jpg




先日の大分遠征の際に車のバッテリーが故障しまして、福岡のディーラーまで150kmほどレッカー移動するなど大変なことになりました(・・;)

18年間も乗っているとあちこち故障したり維持費も負担だったので昨日新車の軽自動車を購入しました。最近の軽ってハイスペックだし200万円前後もするんですね〜、おさーんびっくらこいたーっ!!(゚Д゚;)

20年前の感覚でしたから軽って100万円以内だよね〜と思っていた自分がどんだけアナログなんだと痛感しました。しかし、ディーラーの担当者と福岡都市高速を試乗してみて「今時は軽でも十分だなぁ・・・」としみじみ感じたというか、ほぼ自動運転に近い安全機能とかエンジンパワーや乗り心地など、この20年でなんちゅー進化を遂げてるんですかーっ!?みたいな(゚Д゚;)



フリーランスの身にとっては今回はかなり痛い出費でしたが、これからも帰省を兼ねた遠征ライブはたくさんありますし、まずは安全性と効率や諸々の負担の軽減を考えると仕方ないかなと。

ぽんきちは基本的に車の運転には興味がなくてドライブもほとんどしないタイプなんですが、さすがに新車を購入すると遠出したくなりますね。しかも、20年前の感覚のおさーんでしたから運転していて「ひえ〜っ、お節介過ぎるくらい便利な機能が満載じゃん!!(゚Д゚;)」と文明開化の波にどっぷり飲み込まれています。

しばらくは遠征するのが楽しみかも(^-^)







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/11/23 19:34 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波平って俺より年下じゃん!!(゚Д゚;)




https://youtu.be/cff2s68L5O8





ちょっと前に知った衝撃の事実がこれなんですが・・・



いつの間にか波平より年上になっちょったーっ!!(゚Д゚;)





今回はこれで終わります。




さいなら〜(T_T)





20191119035512070.jpg







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/11/21 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする