あなたはなぜ歌うのですか?




20181020094932458.jpg





https://youtu.be/82oOXuTcaHw




歌う理由は人それぞれで、ましてやステージという人前で歌う行為は仕事で毎晩歌うのでなければ非日常なことですから、やはり理由があると思うのです。

なぜ人前で歌うのでしょうか?なぜ誰かに聴かせたいと思うのだろう?

このテーマについてはずっと以前ぽんきちは考察してブログに書いたことがありますが、数年前と今の自分の立ち位置はまるで違っていて、今はあの頃の自分とは少し違った感覚があるような気がします。



最近ぽんきちは人前で歌うという行為をするようになっていろいろ思うところはありますけれど、やはり歌う理由というのは人それぞれだと思います。

ライブで歌ってみると凄くエネルギーを使うということに気付いたんですが、こんなに疲れる行為をなぜしたいのだろうと。

歌が好きでも歌わない人たちもいるわけです。以前のぽんきちがそうでしたし、歌は聴くのが大好きで自分で歌いたいとは思いませんでした。基本的にそれは今も変わりませんし、歌に関してはぽんきちはずっと前から純粋にリスナーなのです。



ぽんきちの場合はちょっと立ち位置が特殊ですから歌いたいという欲求が無くても歌っています。勿論マイクだけ持ってピンで歌うということはこれからもあり得ないわけで、ギタリストのぽんきちは弾き語りだからこそ歌っているのです。

ですからこれまで一年以上ソロ弾き語り活動をしていても自発的に歌いたいと思うこともなく、そんな曲は一曲もありませんでした。しかし、最近になって初めて自分で歌いたいという曲と出会って弾き語りするようになりました。今まで一曲も無かったのにです。

で、歌うことに興味の無い自分なのになぜ特定の曲についてだけは歌いたいと強く思っているのか・・・これは自分でもよくわかりません。その曲だけ特に好きというわけではなく、他のレパートリー曲も同じく好きなものばかりなのにです。



歌う理由は人それぞれなんですが、その人自身の中にも一様ではない何かがあるのかもしれないと最近は思うようになりました。

ただ好きだからでは説明できない何かがあると。

何となく思うのは、歌詞の内容とメロディーとアレンジが醸し出す世界観みたいなもの、そしてそのシンガーの声が持つ魅力と表現力が生み出す機微、そのすべての要素が自分の中にある何かに触れた瞬間、激しく自分で歌ってみたいと思うのでは?という気がします。

その何かとはそれまでの自分の人生だからこそ触媒としてのアンテナになり得るものでは?と思います。



しかし、それでも冷静になって考えてしまうとダメです。人前で歌うという行為は考え過ぎてしまうとできなくなってしまいます。やはりぽんきちにとってはまだ普通ではない行為の範疇でして、明らかにギターがメインで歌はオプションというレパートリーもありますからねぇ(^_^;)

今回はちょっと気になった動画を紹介していますが、この「新宿シャンソン」は歌謡曲っぽい雰囲気がめっちゃいいですね。平成が終わろうとしている今の時代にこんな音楽を作る人たちもいるんだなぁと、ちょっと嬉しくなりました(^-^)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2018/10/20 09:50 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐れずに発信しよう、そして自分を疑おう




20181019134504366.jpg





ライブ音源や動画など、自分の表現する何かを発信することについては、基本的にぽんきちは賛成の考えを持っています。なるべく恐れずに発信した方がいいと。

発信する方はある種の期待を持って発信しているはずなんですが、思ったよりも反響というか反応がイマイチだったりすることもあると思います。つまり、それにより自分があまり興味を持たれていないことを知ることができるわけで、そこで再考という作業を自分がするきっかけになるかもしれません。

それって自分が思っているほど人々は自分を評価していないことの現れかもしれません。それを知るだけでも意味があると思うのです。もしかしたら独りよがりなのかもしれないと自分を疑うきっかけにできるかもしれないからです。



また、自分が思っていた以上に興味を持たれたり評価されたりすることもあるかもしれません。でも、果たしてそれは本心からのものでしょうか?

例えばライブで演奏後に拍手を頂くことがあると思いますが、その拍手には二種類あると思いませんか?ぽんきちは拍手には心からの拍手と形式的な拍手の二種類があると思っています。それは何となくわかる時があって、その場の空気感から感じ取れるものだったりします。

しかし、SNSなどのネット上だとその空気感がわかりにくいので、ネットを介しての反応というものは微妙だと思います。もしかしたら形式的な評価かもしれないと疑う感覚も必要かもしれないと個人的には思っています。



我々日本人は本音を見せない性質が少なからず当たり前にあったりすることも踏まえた上で、恐れずに発信して、そして自分を疑うことはあってもいいだろうと。

本音が見えにくい我々なんですが、だからと言って発信することを一切しないのは、表現の世界では百害あって一利なしです。無発信は自意識過剰を助長するだけだからです。思ったよりも自分が他者から興味を持たれていないことを知ることや、それが形式的な拍手であることを知ることが何より大切だとぽんきちは考えています。

そこを通過しないとずっと自意識過剰なままの残念な人で生きてしまうからです。だから恐れずに発信しようとぽんきちは言いたくなるのです。



発信もせず、自分を疑うこともしないままだと、いつまで経ってもわからないんです。基本的に周囲には人柄のいい優しい人たちが多かったりしますから余計にわからなくなるんです。

そんな周囲の優しさも十分に理解した上で、恐れずに発信して自分を疑う姿勢はあっていいと思います。

最終的には自分を信じるしかないわけですが、その過程において何もしないのは自分を磨くことについて全く貢献しないので、とにかく発信した方がいいと思います。

もし、お付き合いする義理も無いのに、わざわざ時間とお金を使って自分に会いに来てくれる人がいたならば、それこそが本物です。ネットはそういう労力を要しないで評価などが簡単にできるシステムになっています。だからこそネットでは本音がわかりにくいのです。



そんなネット社会にあっても、恐れずに発信することがスタートになります。まずはその第一歩を踏み出しましょう。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/10/19 13:45 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常識的に生きている人たちが検査データ改ざんしたりしている




20181018191909716.jpg





業界トップのシェアを誇る企業の検査データ改ざんのニュースが流れていますが、またかという感じですねぇ・・・ずっと以前から改ざんをしていたということは、そこには改ざんの事実を知りつつ見て見ぬ振りをしていた社員たちが長年に渡りたくさんいたということになります。

彼らはおそらく自分は常識的に生きていると自覚している人たちなんだろうと思います。企業で働き、家庭を持ち、常識的な人間として生きていると、そして周囲からもそんな人たちだと思われているはずです。

都合の悪いことには目をつぶり生きていくのは普通にあることです。ただ、次々に流れる実は長年続いていたという不祥事のニュースを知る度に、常識的っていったい何なのか?と思います。



安定、安全、将来性など、生きていく上で魅力的な要素が、ある種の利権によって保証されている時、ほとんどの人間は黙して語らなくなります。その利権を享受できる立場に居ると、多くの人間は見て見ぬ振りをすることが常識的な生き方だと解釈します。

改ざんを行う集合体にいる人たちは、おそらく普段はとても良識的ないい人たちだろうと思います。毎日真面目に働き、家族を養い、普通に優しかったりするんだと思います。でも、その生活は世間を騙して支えられたものです。無責任な体質の基に成り立った生活です。

しかし、周囲の人たちはその部分に目をつむって生きているし、自分もそうしていれば人並みな暮らしは保証されるわけだから、長いものには巻かれようとなってしまうんでしょうね。



そして、ある日突然、長いものには巻かれないという異端者によって都合の悪い真実がマスコミに暴露され、ニュースとして報道されるのでしょう。

その異端者はおそらく会社が言い逃れできない証拠を以前から残していて、何らかのきっかけで外部に情報を漏らすんでしょう。時には会社に恨みを持った結果だったりすることもあるかもしれません。そのすべてが正義感からではないかもしれません。

事件の裏側には人間臭い何らかの事情があったりするんでしょうけれど、ぽんきちはやはり利権というものは集団的に人間を狂わす最たるものだと思います。

集団的規模で狂気を狂気と感じさせない、黙することが常識的とさせてしまうのが利権の怖さなんだと思います。



今も表沙汰にはなっていないだけで、黙して語らない常識的な人たちがたくさん存在しているはずです。

常識的に生きるとは何なのでしょうねぇ。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2018/10/18 19:19 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきちは博多を代表していないので〜クレイジーな生き方をすると違った風景が見えてくる




20181017180727594.jpg





最近は自分の感覚が以前と違ってきたなぁと感じることが多くなっています。

先日の関西遠征ライブではイントロダクションのギター演奏をしながらお客様に「ぽんきちは博多を代表していませんので、そのつもりで聴いてください。」とご挨拶しました。

以前だったら関西に遠征するからには恥ずかしい演奏は絶対できないと、自分は博多のミュージシャンを代表しているんだからくらいの気負いがありました。

当時はまだ普通の勤め人で週末ミュージシャンでしたから、たまに遠征すると勝手に博多代表になってしまう精神構造だったんでしょうね・・・実際は代表なわけないのにです(^_^;)

それくらい当時は音楽活動については妄想の中で生きていたなぁと、狭い世界で唯一の心の拠り所である音楽に過大な価値観を求めていました。



先日の遠征ライブのご挨拶で話したのは、博多を代表するようなミュージシャンはシーナ&ロケッツみたいな人たちが最もわかりやすいですが、実際は雑多なんですと。博多=福岡と考えて敢えて博多ミュージシャンというくくりで挙げてみても、ロッカーズ、ARB、井上陽水、チューリップ、海援隊、甲斐バンド、チェッカーズ、松田聖子、椎名林檎などなど・・・とにかく雑多なんですと。

で、ぽんきちはそんな博多からやって来た只の名も無いミュージシャンの一人なんですと。自分は全く博多を代表していないので、どうかそのつもりで聴いてくださいと挨拶しました。

実際のところ、リアルに博多を感じさせるミュージシャンは存在していますし、彼らは十分に博多代表として遠征していいと思うんですが、ぽんきちはねぇ・・・小型の室内犬のおさーんですから、お、お、おさーん!!(`_´)



ぽんきちは以前とは感覚が違っていると書きましたけれど、何というか平日に勤め人をして週末ライブするという生活だと自分の音楽活動に特別感が生まれるんです。例えば、ユニットで活動していると自分のユニットは特別であると思い込んでしまうんです。

そして、そんな人たちが集まってしまいます。基本的に仲がいいのは良いことでとても幸せなんですが、今思うとそれはある種の過大な妄想を共有する人たちの集いでした。狭い世界でその価値観を競い合うような、認め合うような、今となっては不思議な音楽世界だったんです。

ところが、常識的な社会のルールから外れる生き方を始めると違った風景が見えてくるんです。



まず音楽に過大な妄想をしなくなります。音楽に限らないんですが、あらゆることが普通に思えてきます。上手く言えないんですが、生きること=死ぬこと、物質的なこと=精神的なこと、のように一見相反する事象が境目のないことのように感じられるようになってきます。

ただ、こんな話は普段の生活ではしないようにしています。ぽんきちはクレイジーな生き方を選びましたが、その他大勢の人たちは常識の中で生きているからです。ぽんきちが今感じ取っていることは彼らからすればそれこそが妄想だと思うだけだからです。

つまり、ぽんきちはそういう部分での共感だとか共有だとかを期待しないようにしているんですが、彼らと同じようにドラマを観て泣くこともあるし、体調不良で悩んだり、音楽活動の中での出会いに感激したり、そんな人並みな感覚でも生きているわけです。



そして、最終的にはこのクレイジーな生き方ゆえに身に付けてしまった感覚は個人的な活動や仕事に活かそうとしています。身も蓋もない言い方をすれば、いずれ死ぬのでやるだけやってみますみたいな感じかな?どうせ俺も死ぬしアンタも死ぬやろ?という感じでしょうか。

たぶんなかなか伝わらないと思いますが、ぽんきちにとっての活動や仕事にはこの感覚が強力な武器になるんです。より良い成果を生み出すためには欠かせない感覚になっています。

気負いなど無く、ただ自然体で、お、お、おさーん!!(`_´)

という感じですかね( ̄∇ ̄;)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/10/17 18:07 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それならば生きている間に命を燃焼しようと思った




20181015124354386.jpg



20181015124406004.jpg




20181015124427081.jpg





人間は死ねば誰もが焼かれてその肉体はわずかな白骨だけになります。

ぽんきちが2年前に覚悟を決めて生き方を変えたのは、いつかどうせ焼かれてしまうならば生きている間に命を燃焼しようと思ったからです。

あの世には何も持っていけないならば、せめて生きている間に命を燃やせる生き方をして死にたいと思いました。

命を燃焼できる生き方ってどんな生き方なんだろう?と考えた時に、人生の軸に自分が好きなことを持ってきて、それによって誰かの役立つことができる生き方しかないと考えました。

ぽんきちにはそれしか思いつかなかったんです。



命を燃焼できない生き方はそれまでにもう十分にしてきましたから、50代になるまでそうやって生きてきたのだから、もういいだろうと。それはもう十分だと思いました。

いつ死んでもおかしくない年齢がだんだん近づいてきて、同世代の仲間たちにも病気などで先立つ人たちが若い頃よりも明らかに多く現れてきて、命を燃焼しつくせないまま死んでしまうことに疑問を感じることが多くなっていました。

特にぽんきちの場合は人並みではない病気を抱えて生きていることがそれらに敏感にさせる要素があったのは間違いないと思います。



フリーランスのギタリストになって、ぽんきちは自分でもはっきりわかるほど激変していきました。覚悟を決めると人は変わるのだと、覚悟を決めて生きるとはこういうことなのかと思いました。

昨夜ぽんきちは7年ぶりに関西に遠征ライブをしましたが、おそらく弾き語りソロ活動を始めていなかったら実現しない遠征ライブでした。相方の都合に縛られず自由に活動できるようになれたことが最大の理由でしたし、ぽんきち自身の大きな変化はこんなことにも影響を与えていると実感しました。

そして、満員御礼の関西のお客さんの目の前で弾き語りができたのも、この一年間たくさん恥をかきながら弾き語りライブ修行をしてきたからだなと思えました。途中で声が出なくなるライブも何度か経験して悔しい思いをしてきたことも、きっと意味があったんだと昨夜は思えました。

ただ、ぽんきちが望むというか目指す道はまだまだはるかに遠く、簡単にはたどり着けない道です。それは質的なことも量的なことも、すべてを含めてはるかに遠いのです。



今回の関西遠征ライブは兵庫県西宮市のライブバーのオーナーさんがぽんきちブログの読者で、ぽんきちに会いたいと話していたことを知ったことで関西に行こうと決めました。今はご縁を大切にして、ぽんきちに会いたいという人がいるならば可能な限り会おうと・・・それは生きている間にしかできないことなので、そんな生き方をしていこうと決めたからです。

昨夜の関西遠征ライブではオーナーさんの他にもぽんきちブログの読者の方々が何人か来てくださいました。リアルなぽんきちを見たのは初めての方々ばかりでしたが、とにかく彼らを目の前に無心で弾き語りしました。いつものように汗だくになりましたけれど、今のぽんきちはこれが命を燃焼するということです。今はこれしかできません。



ビソーさんをはじめ、関西の音楽仲間たちのおかげで昨夜は本当に楽しいライブでした。とにかく関西のお客さんたちは温かかったです。そして、今回はブログの威力を改めて感じる遠征ライブでした。遠く離れた場所でライブしてもお客さんがこんなに来てくれるのかと・・・ブログを毎日更新して4年半近くなりますが、継続は力なんだなと本当に思いました。

今回のことをきっかけにまた関西遠征ライブを検討したいと思い始めています。生きている間にしか会えない人たちがいるならば会いに行こうとぽんきちは思っています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト 

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)

ぽんきち動画(You Tube)

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html 

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact 

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html 

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami 

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580 

ギタリストぽんきちプロフィール 



posted by ぽんきち at 2018/10/15 12:45 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切な情報はFBよりもTwitterにシェアする




20181014101314228.jpg





中高年御用達のSNSと言われて久しいFBですが、ぽんきちは以前から基本的に大切な情報はFBよりもTwitterにシェアするようにしています。シェアする情報量は圧倒的にTwitterが多くて、情報量ではFB<Twitterにしています。

ですから、FBでは基本的にぽんきち自身の情報のシェアばかりです。ぽんきちの音楽活動で扱う音楽は洋楽も邦楽も古い音楽が多くて、1960年代から1990年代までがほとんどです。ある種FB向きの音楽性で活動していると言えます。

Twitterは自分の情報だけではなく他者が発信した情報も積極的にシェアしています。ぽんきちにはつぶやくという習慣が無いので若者たちのようにどうでもいいつぶやきを毎日することはありません。その代わり自分が思う大切な情報をシェアしているんです。

結果的にそれは自分自身の発信する情報にとどまらず、様々な情報源から拾ってTwitterにシェアしているので、若者御用達のSNSではぽんきち以外の人たちが発信する貴重な情報も若者たちに読んで欲しいと思っています。



ぽんきちと繋がっている人たちはFBが圧倒的に多いので、自分の情報はFBにシェアしないと拡散しないし、多くの人たちに読んでもらうにはFBは外せないツールです。だからこれからもFBにはなるべくシェアしますが、本当に大切な情報はTwitterで伝えています。

若者たちに伝わった方がいい情報はネットにはたくさんありますし、中高年の人たちに伝えてももう遅いというか、今更変えられないという人たちが圧倒的に多いので、意味のある情報はTwitterの方がいいだろうと。

SNSの使い分けは人それぞれだと思いますが、ぽんきちは以前からこういう使い分けをしていますというお話でした。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2018/10/14 10:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自衛隊が南極に2万年前からある氷の塊を小学校に届ける




20181012222630884.jpg





大分県では自衛隊が小学校に7キロの氷塊を届ける行事を続けているそうで、なんと南極で採取した2万年前からある氷の塊なんだそうです・・・に、にみゃんね〜ん!!(゚Д゚;)

ぽんきちはたまたま帰省していて夕方のテレビニュースで観たんですが、その氷の塊を小さく切断してコップに入れて小学生たちに配るわけです。

そのコップに耳を近づけるとやがて溶け出した空気がパチパチ音を立てるんです。氷に封じ込まれていた空気は当然ながら2万年前の空気なわけで・・・に、にみゃんね〜んですぜ〜!!(゚Д゚;)



ニュースではそんなパチパチと空気の音がする氷に小学生たちが興奮している様子が映し出されていましたが、そのニュースを観ておお〜っ!!(゚Д゚;)と興奮しているぽんきちは小学生レベルなんでしょうか?

2万年前の空気に触れてみたいというシンプルな欲求があるからなんですが、これって何なんでしょうねぇ・・・いわゆる男のロマンってやつ!?( ̄∇ ̄;)

ただの空気だから何の価値も無いんでしょうけれど、コップに耳を近づけるとパチパチ音がするというのがですね・・・



お願いだからおさーんにも体験させてくれぇ〜!!・・・みたいな(゚Д゚;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/10/12 22:26 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろ抱えているものはあると思うけれど結局ギタリストって二種類しかいないと思う〜カッコいいギタリストとカッコ悪いギタリスト




20181011153432449.jpg





どんなに演奏が上手くてマウンティングしてくるギタリストがいたとしても、自分から見てカッコ悪いギタリストだったら自分の中で「あぁ、こいつカッコ悪いわ。」で終わらせればいいだけです。

ぽんきちはかなり偏見かもしれないけれど、ギタリストが説得力を持つ唯一の基準はカッコいいギタリストであることだと考えています。だから、自分がカッコいいと感じるギタリストの言葉だけを信じます。逆を言えば、それ以外のギタリストの言葉は信じません。だってカッコ悪いからです。

だから、自分にマウンティングしてくる奴がいたら、そいつがカッコいいギタリストかどうかで聞く耳持つかどうかを決めればいいと思います。カッコ悪いギタリストから何か言われたからって気にしなくていいでしょう?だって相手はカッコ悪いんですから、人に説教する前に自分を何とかしろよって話じゃないですか。



ここでのポイントは「自分がカッコいいと感じる」ということです。他者がいくらあの人はカッコいいと言っても、自分がそう感じなければやはりそのギタリストの言葉には説得力が無いのです。

そして、ぽんきちが思うにカッコいいギタリストってなかなかなれないものだと思うのです。カッコいいの基準は人それぞれなんですが、技術や知識だけではどうにもこうにもなれないものだと、少なくともぽんきちはそう思っているからです。

技術や知識はあるほどいいに決まっていて、なるべくどころか限りなく習得した方がいいのは間違いないのですが、それだけではなぜかカッコいいギタリストになれないんです。理不尽なんだけど、こんなに頑張って習得してるのに〜(>_<)とか思っても、やっぱりそんなことはカッコいいギタリストになれるかどうかの決定打ではないんです。それ以外の諸々な要素が必ず影響してくるんです。

で、あくまでも「自分がカッコいいと感じる」かどうかですから、カッコいいギタリストを目指すならば自分なりのギタリストの在り方があるはずなんです。だからぽんきちはそれを目指しています。自分なりのやり方で試行錯誤しながらそこに向かっています。

自分なりですから結果的に他者から見てそれはカッコいいとは感じてもらえない可能性もあるわけです。しかし、それはもう仕方ないでしょうと・・・千差万別ですからこれは誰に対しても言えるのではないかと思うわけです。



まずは自分なりのカッコいいギタリストを目指すしかなくて、そしておそらくその目指し方が中途半端だと他者から見てもなかなかカッコいいギタリストまではなれないんだろうと。そんな気がしています。

仕事で評価されなかったり、家庭内の不和で悩んでいたり、人生にはいろいろ抱えているものはあると思いますが、そんな諸々を離れた時の自分はギタリストなんだと。最も自分らしさを解放できるのはギターを弾いている時の自分なんだと。そう思えるならば、自分なりのカッコいいギタリストを目指せばいいと思うのです。

そして、ぽんきちは結局ギタリストって二種類しかいないと思っています。カッコいいギタリストとカッコ悪いギタリスト・・・ただこれだけだと。



自分はいったいどっちを目指すんだ?と自分自身に問うとしたならば、一生かけてでもカッコいいギタリストを目指す・・・と答えるだけです。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/10/11 15:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐伯湾に巨大タンカーが入ってきた(o゚▽゚)o〜存在をかけて生きることについて




20181009161601638.jpg




20181009161612884.jpg




20181009161620924.jpg




20181009161628288.jpg





最近は1ヶ月に2回くらいのペースで故郷の島に帰省していますが、アップした写真はタグボートに引かれて佐伯湾に入ってくる巨大タンカーです。

ぽんきちにとっては子供の頃から見慣れた風景ですが、今はスマホで手軽にここまで撮影できるようになったんですねぇ・・・便利な世の中になったものですが何歳になっても巨大タンカーを見るとワクワクしますね(^_^;)



ぽんきちの故郷の実家は築27年になりますが、平成3年に先祖代々の土地に父が建てました。二階建ての広い家屋なんですが、明らかに世帯向きの広さで、1991年当時は母がこの家に一人暮らしをすることになる今の状況は想定していなかったんだろうと思います。

このような地方では1980年代くらいまではまだ地元に根付いた人々が暮らしていた土地は多かったと思いますが、その後急速に日本各地の地方で過疎化が進む時代になっていったんだと思います。

ぽんきちが子供の頃は3000人くらいいた島民は今はもう700人を切りました。あちこちで空き家が散見され、朽ち果てた家は取り壊され更地になったりしています。当時の父と同じく、これほど急速に過疎化が進むとは誰もが想定できなかったのでは?と思います。

それほど世の中はある部分で想定外の変化を起こし続けているわけで、今ぽんきちは故郷の島にいてスマホでこのブログを書いていますが、これさえも10年前には想像もできなかった状況です。

こんな薄っぺらい小さな端末にあらゆる機能が備わっており、自分はこれで毎日ブログを書いてアップしている。そして、このブログを全国の人たちが読んでいるわけです。こんなに過疎化が進んだ島からも情報発信はできるわけで、10年前に誰がこんな現状を想像できたでしょうか?



そんなぽんきちは一昨日は飯塚市の秋祭りで演奏して、昨日は豊前市の古民家で開催された写真展で演奏してきました。

秋祭りはネットでギタリストぽんきちの存在を知った方から出演依頼を頂いたので、ぽんきちがミコさんをお誘いしてライブの後半は彼女にも歌ってもらいました。

この写真を見ると「お誘いがあればぽんきちはどんな場所でも演奏します!!」という勢いが伝わると思います(^_^;)



20181009161722613.jpg



20181009161735592.jpg




そして、古民家での演奏は友達のフォトグラファー井之上淳子さん主催の写真展のイベントの一部だったんですが、今年ぽんきちにオリジナル曲のアレンジを依頼してくれたシンガーのLucaさんにも歌って頂きました。井之上さんとLucaさんが元々お友達だったので実現したコラボでした。

井之上さんは写真展を開催するのは二回目だったそうで、古民家には素敵な写真がたくさん飾られていました。中にはヌード写真もあったのですが、「あれ私です!!」とモデルになった女性が目の前にいたりして思わず「おおっ!!(゚Д゚;)」となったり・・・



20181009161925057.jpg



20181009161939660.jpg



20181009161956671.jpg



20181009162006303.jpg





秋祭りの公園でぽんきちがライブしたり、井之上さんが写真展を開催したり、やはり人間はそれぞれの存在をかけて生きているんだなぁと思います。まずは自分でできることを、目の前にあることをやっていく。未来に見据えるものはそれぞれにあるんでしょうけれど、すべては積み重ねのずっと先にあるものですから、今のぽんきちは求められればどこでも演奏しますという勢いでやっています。

急速に過疎化する地方も急速に進化するIT も、我々に想定外の未来をやがて現実として突きつけています。ぽんきちの人生は10年前には、いや5年前でさえ全く想定していなかったものになっています。当時はぽんきちだけではなく周囲の誰一人としてぽんきちがこんなロン毛ギタリストになるなんて想定していかったはずです。

地方で生まれ育ったたくさんの人たちが先祖代々の土地や家を捨てて生きていく決断をする時代がすでにやってきていて、コンピューターの進化は更に想定外の未来を我々にもたらそうとしています。



故・黒澤明監督の「生きる」という映画は若い頃にぽんきちはテレビで観て感銘を受けましたが、それでも生き方を変えることは容易ではありませんでした。映画を観て思うところはありましたが実際には変えられませんでした。

我々は若くして守りの姿勢で生きることが肯定的になっていますし、親も子供にはそれを望みますからねぇ。そして、学校を卒業して社会や世間を知ってしまった我々子供たちも結局は親が望んだ生き方をしてしまうのが一般的だったりします。

我々の存在理由が命のリレーの他にもあるとするならば、それはいったい何なのか?それさえも大人になると考える暇も無くなったりしますから、気が付くとあっという間におじさんやおばさんになり、更にはお爺さんやお婆さんになってしまうのでしょう。



「生きる」とは何なのでしょうねぇ。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2018/10/09 16:22 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掃除の途中で偶然発見してしまった本に読みふけるように今しなくてもいい曲のアレンジに没頭してしまう癖を何とかしたい




20181008185940622.jpg





掃除の途中で何か余計なものを発見してしまって気が付いたら掃除することを忘れていたり・・・みたいな(゚Д゚;)

これと似たような現象が音楽でもありまして、ぽんきちの場合は今しなくてもいいアレンジに没頭したりすることがあります。

基本的に自分の中ではアレンジの優先順位は

1.お仕事の依頼曲
2.企画ライブの演奏曲
3.ユニットの曲
4.ぽんきち弾き語りの曲

の順番なんですが、基本的にはこの順番で作業していますが時々なぜか最も優先順位の低い自分の弾き語り曲のアレンジに没頭してしまうことがあります。締め切り迫ってんのにこんなことやってる場合じゃないやろ!!(`_´)

と思いつつも、ふと気になる曲が見つかったりするとどうしてもすぐにアレンジしてみたくなるのです(・・;)

で、結果的に自分の弾き語りには向いてないなぁとなって無駄な時間を浪費した挙げ句、お仕事や企画ライブの曲は更に締め切りが迫ってるじゃん!!みたいな(゚Д゚;)



最終的にはいつも締め切りには間に合ってるのでとりあえずは大丈夫なんですが、この悪い癖はなかなか治りませんねぇ。いったんアレンジを始めるとそれなりに弾けるようになるまでぶっ続けで作業するので何時間も休憩無しで没頭したりします。

気が付くと朝になっていたりもよくあるので、ストレッチでガチガチになった体をほぐすのもぽんきちの癖になっています。とにかくまずは気になり出すと落ち着かなくなる癖を何とかしないといけませんね( ̄。 ̄;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/10/08 19:01 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする