信用や価値を数値化したものがお金の正体なのか?〜指定したギャラの2倍の金額が封筒に入っていたお話


20200107070501308.jpg






ホリエモンやキングコング西野さんが「お金の正体とは信用や価値を数値化したものである」と話していますよね?

紙幣は本当のところはただの紙切れに過ぎなくて、日本銀行で発行する紙幣に国が信用や価値のお墨付きを与えているだけなんだと。

これって毎月定額の給料を貰っているサラリーマンや公務員には感覚的にわかりにくいかもしれませんが、ビットコインという仮想通貨などの登場によって少しわかりやすくなった気もしますよね。

世界中の人たちでネットを利用して共同管理しましょう!!という所謂ブロックチェーンのシステムが生まれたことによって、実態のない「通貨みたいなもの」が登場したわけです。

国境や銀行システムを越えて流通する仮想通貨の事業にFacebookも参入を表明していますが、信用や価値の共同認識があれば「お金の概念」は国が発行する紙幣じゃなくてもいいということですよね。



このお金の概念はフリーランスの人たちには浸透しやすいのかも?とぽんきちは感じています。

まずこれからお話する伏線として、ぽんきちのギャラのお話をしますと、ユニット演奏は60分以内は3万円〜、ソロ弾き語りは60分以内は1万円〜など、オフィシャルウェブサイトには各価格を明示しています。

仕事としてする以上はギャラの明示は常識ですから当然のことをしているだけなんですが、ぽんきちは最低限の金額だけを明示しているんです。ですから上記は「ギャラの最低限はこの金額です」という意味です。

例えばぽんきちが60分以内のソロ弾き語りをして、その対価としてクライアントがギャラを10万円支払ったとします。その時ぽんきちは「ありがとうございます。」と言って受け取ります。

つまり、ギャラに上限は無いわけです。これが伏線です。



以前、ぽんきちはファンの方からのオファーを頂いて、そのクライアントの自宅で60分以内のソロ弾き語りをしたことがあります。

ギャラはオフィシャルウェブサイトに明示しているとおりなので、1万円からで結構ですと。それに交通費をプラスして頂いたらぽんきちはどこでも参りますとお伝えしました。

結局、遠隔地でしたから交通費込みで3万円以上になったんですが、金額の詳細をお伝えしてクライアントの自宅でソロ弾き語りをしました。



演奏が終わって歓談した後、帰り際にギャラの入った封筒を手渡されました。あらかじめお伝えしていた金額を印刷した領収書を渡した後、念のために封筒の中を確認したらお伝えしたギャラの2倍の金額が入っていたんです。つまり6万円以上だったんです。

ぽんきちが驚いて「倍の金額が入っているのでこの3枚はお返しします。」と言って3万円をクライアントにお返ししたんですが、その時クライアントが「ぽんきちさん、黙っていればよかったのに。」と言って微笑んだんです。

なぜ倍の金額が入っていたのか今でも謎なんですが、おそらく新札ばかりだったのでお札同士がくっついていたからだろうと。ご本人はそのことに全然気づいていなかったとその時は話していました。



そこで、今回なぜこのお話をしているのかと申しますと、ぽんきちが指定したギャラの2倍の金額を支払ってしまったと気付いたクライアントが「ぽんきちさん、黙っていればよかったのに。」と言ったからです。

つまり、6万円以上支払ったとしてもご本人としてはそれはそれで構わなかったという意思表示とも解釈できる言葉なんです。当然ながら3万円の過払いはご本人の過失だったと思われますが、もしぽんきちが黙って受け取ったとしてもご本人はそのことに気付いていないならば別にいいじゃないかと思ったんでしょうね。

これってその瞬間にはぽんきちのソロ弾き語りにギャラを6万円以上支払うことに肯定的な気持ちになってませんか?自分の過失だし、まぁいいんじゃね!?みたいな(^_^;)



冷静に考えるとぽんきちの弾き語りに6万円以上も支払えるか、ボケーっ!!(`_´)なんでしょうけれど、このクライアントの一瞬の諦め感にミュージシャンのギャラの流動性を感じるわけです。

つまり、いざとなったら3万円でも6万円でも、どっちでもいいと。その時の気分や高揚感でミュージシャンに対する信用や価値は変動するものだろうと。

ですから、ぽんきちは例え10万円でも感謝の言葉と共に受け取るわけです。今回紹介したお話は、明らかにクライアントの過払いだとぽんきち自身が認識できたのでその分をお返ししたんです。



信用や価値というものは実態のないものでも共同認識によって生み出すことができます。

相互がそれを「ありだよね!!」と認識した瞬間にそれは「あること」になります。



以上、今回は信用や価値を数値化したものがお金の正体なのか?をテーマに考察するお話でした。






Is the value of credit and value quantified money? -A story where twice the amount of the specified gala was in the envelope




Horiemon and King Kong Nishino say, "The true identity of money is the quantification of credit and value."

The bill is really just a piece of paper, and the government has given credit and value to the bill issued by the Bank of Japan.

This may not be intuitive for salaried workers and public servants who receive a fixed monthly salary, but it may seem a bit easier to understand with the emergence of virtual currency such as bitcoin.

The idea of ​​a blockchain that people all over the world should use the Internet to co-manage has emerged.

Facebook has also announced its participation in the business of virtual currency distributed across borders and banking systems, but if there is joint recognition of credit and value, the `` concept of money '' does not have to be a banknote issued by the country That's right.



Is this money concept easy to permeate for freelancers? I feel it.

First of all, as a hint that I will talk about from now on, I will talk about Pinchichi's gala. Unit performances are within 30,000 yen for 60 minutes or less, solo performances are 10,000 yen or less for 60 minutes or less. Is specified.

Since it is common sense that the clarification of the gallery is common sense beyond doing it as a job, I am doing only natural things, but Pinch is specifying only the minimum amount. So the above means "the minimum amount of the money is this amount."

For example, suppose that Punkichi talks solo within 60 minutes and the client pays 100,000 yen for the money. At that time, Punkichi receives "Thank you."

In other words, there is no upper limit to the gallery. This is the hint.



In the past, Punkichi has received an offer from a fan and has performed solo within 60 minutes of his client's home.

The guarantee is as stated on the official website, so it is fine to start from 10,000 yen. I told you that if you add transportation expenses, you will go anywhere.

Eventually, it was more than 30,000 yen including transportation expenses because it was a remote place, but I told the details of the amount and talked solo at the client's home.



After the performance, we chatted, and on the way home we were handed an envelope with a guarantee. After giving the receipt that printed the amount that I had told you in advance, I checked the inside of the envelope just in case, and it was twice as much as the amount I told. In other words, it was over 60,000 yen.

I was surprised, and said, "I'll give you back because I have double the amount." I was happy. "

It is still a mystery why the double price was included, but probably because there were only new bills and the bills stuck together. He said at the time that he had not noticed it at all.



So, I'm telling you why you're telling me this time. A client who noticed that he paid twice as much as the money specified by Penkichi said, "Pinkichi-san, I wish I had been silent." Because he said,

In other words, even if you pay more than 60,000 yen, it is a word that can be interpreted as an expression of willingness to do so. Naturally, it seems that the overpayment of 30,000 yen was the fault of the person himself, but even if he received it silently, he himself thought that it would be good if he was not aware of it.

Isn't this a positive feeling at that moment that you pay more than 60,000 yen for Penkichi's solo narration? It's my fault, isn't it okay? (^ _ ^;)



If you think calmly, you can pay more than 60,000 yen for playing Punkichi, or it's a bokeh !! (` _´), but I feel the fluidity of the musician's gala with the moment of giving up for this client.

In other words, either 30,000 yen or 60,000 yen will do. The confidence and value for musicians will fluctuate depending on the mood and excitement at that time.

Therefore, Pinchichi receives 100,000 yen even with words of thanks. The story I introduced this time was clearly recognizable as a client's overpayment, so I returned it.



Trust and value can be created by joint recognition, even if they do not exist.

The moment it is recognized by each other as "it's there!"



As mentioned above, is the value of credit and value quantified this time? It was a story that considered the theme.






ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2020/01/10 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。