過去一年間でぽんきちの心に最も響いた弾き語り・その1


20190509001455273.jpg






https://youtu.be/pOw0qyFK4hY(限定公開)
この部屋〜作詞・作曲・歌・演奏 A-Show(壽屋音次郎)




昨年の秋、ぽんきちに時々アレンジの依頼をくださるクライアント様から「ぽんきちさんにぜひ聴いて頂きたいミュージシャンがいます。」とお勧めされた一曲なんですが、過去一年間に聴いた様々な楽曲の中でぽんきちが最も繰り返し聴いた弾き語りナンバーです。

阪神淡路大震災でバンドメンバーを亡くしたり、10年以上交際した婚約者を結婚する10日前に交通事故で亡くしたり、自らも脳梗塞で半身不随になったり・・・そんな波乱万丈な人生を経て、現在は沖縄でリハビリをしながらライブバーの店主をされているミュージシャンがA-Show(以前の名前は壽屋音次郎)さんです。

彼はレイ・チャールズの大ファンで、ブルース、R&B、ソウルミュージックなどの黒人音楽に強く影響を受けているそうです。脳梗塞の後遺症のため指にスライドバーをはめてギターを弾くことも覚えたそうなんですが、こんなミュージシャンが日本には存在しているんだなぁと。

世の中は広いですね、この曲は久々に心底しびれた弾き語り曲でした・・・この国にはまだ知らない素晴らしいミュージシャンがたくさん存在していて、全国の街の片隅で弾き語っているんだろうなぁ。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2019/05/09 00:15 | Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさかA-Showさんの事を取り上げるとは思ってなかったのでびっくりしました。

今まで生で有名無名問わず色んなミュージシャンを観て来たんですが、僕の中でまだA-Showさんよりも凄いと思えるシンガー、ギタリストには未だに出会って無いですね^^;


技術が凄い人は沢山いるんですけど、彼のように心の奥底から搾り出すような演奏をする人は観た事が無いし、単純な上手い下手というのを超越してるというか。。。


『この部屋』は彼が事故で亡くした婚約者との結婚式で演奏するつもりの曲だったそうで、だから歌詞の内容は明るいのに関わらず、演奏は哀しみの叫びで溢れている感じです。そしてこの演奏のテイクは脳梗塞で倒れて1年目時点(今から10年前)のテイクだから本来のA-Showさんの演奏と比べると(脳梗塞の後遺症で)フラフラ状態。でも、だからなのかより一層、訴えかけてくるものを感じます。


ちなみに、沖縄でバーやってるのはかなり古い情報ですね。彼は2011年の最初くらいまで沖縄に居たそうですが、その後色々と住まいを転々として、6〜7年ほど前から広島県の尾道に在住してます。

そして3年前から透析始めて、現在は透析しながら音楽活動やってる感じです。

宣伝活動を殆どしない方なので、なかなか観る機会が無いかもですが、是非生で色んな人に観て欲しいミュージシャンです^^
Posted by 和田 有理 at 2019年05月10日 13:08
「この部屋」にはそんなエピソードがあったんですね・・・とにかくビンビン伝わってきました。紹介して頂きありがとうございますm(__)m

> 和田 有理さん
>
> まさかA-Showさんの事を取り上げるとは思ってなかったのでびっくりしました。
>
> 今まで生で有名無名問わず色んなミュージシャンを観て来たんですが、僕の中でまだA-Showさんよりも凄いと思えるシンガー、ギタリストには未だに出会って無いですね^^;
>
>
> 技術が凄い人は沢山いるんですけど、彼のように心の奥底から搾り出すような演奏をする人は観た事が無いし、単純な上手い下手というのを超越してるというか。。。
>
>
> 『この部屋』は彼が事故で亡くした婚約者との結婚式で演奏するつもりの曲だったそうで、だから歌詞の内容は明るいのに関わらず、演奏は哀しみの叫びで溢れている感じです。そしてこの演奏のテイクは脳梗塞で倒れて1年目時点(今から10年前)のテイクだから本来のA-Showさんの演奏と比べると(脳梗塞の後遺症で)フラフラ状態。でも、だからなのかより一層、訴えかけてくるものを感じます。
>
>
> ちなみに、沖縄でバーやってるのはかなり古い情報ですね。彼は2011年の最初くらいまで沖縄に居たそうですが、その後色々と住まいを転々として、6〜7年ほど前から広島県の尾道に在住してます。
>
> そして3年前から透析始めて、現在は透析しながら音楽活動やってる感じです。
>
> 宣伝活動を殆どしない方なので、なかなか観る機会が無いかもですが、是非生で色んな人に観て欲しいミュージシャンです^^
>
Posted by ぽんきち at 2019年05月10日 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。