バンドとは家族のようなものなのか?〜ぶつかりながらも続いていく人たち



https://youtu.be/9E-WasNzVpI





映画「ボヘミアン・ラプソディー」のフレディー役の男優さんが若い頃の甲斐よしひろさんに見えて仕方なく・・・映画館で変な鑑賞の仕方をしている自分に困惑していました。

今回のサブタイトルは、ずばり「地獄に道連れ」です(・・;)



映画の中でフレディーがメンバーを見限って、以前から別のレコード会社から誘われていたソロ活動のために新しいメンバーで再活動を始めたものの、またクイーンに戻って来るシーンがあります。

新しい契約でのメンバーは誰も自分に対して反論をしない、イエスマンばかりだったと。それまでのクイーンのメンバーたちとは口論が絶えず対立するばかりだったのに、俺たちは家族だったと言ってメンバーに謝罪してフレディーはクイーンに戻って来ます。

クイーンのメンバーたちにはバンドは家族であるという認識があったようです。この感覚についてはミュージシャンによって様々な考えがあると思いますが、ジャズなどセッションプレイを基本とするミュージシャンにはわかりにくいかも?と思います。

比較的にロックやポップスのバンドには生まれやすい感覚かもしれません。特に何年も長く続いているバンドだとフレディーたちのような絆を持ったミュージシャンはアマチュアの世界でも存在するだろうと思います。



ぽんきちもロックやポップス系のミュージシャンですから彼らの感覚を理解できる部分はあります。家族と言うのは大袈裟かもしれないけれど何らかの絆みたいなものは生まれるものなんです。そして、その絆ゆえに時には対立を生んだりもします。

バンドが家族のようなものならば対立したり口論することもあるでしょう。フレディーが言うようにイエスマンばかりで構成されるメンバーは他人の集合体です。しかし、普通は対立と口論が続くとバンドを辞めてしまうんですよね(^_^;)

自分が好きなことで楽しみたいからバンドをやってるのに、こんなにぶつかってばかりでやってられるかーっ!!(`_´)ってなります。



バンドが家族と似ていると思うのは束縛がある時ですね。他のバンドで歌ったり演奏したらダメ!!みたいな(゚Д゚;)

所謂、掛け持ちを許さない人たちはいますねぇ・・・バンドとしての存在感に影響するとかいろんな理由はあるものの本音は嫉妬だと思いますけど、これもバンドの特殊な絆ゆえの独占欲だったりするんでしょうね。そこがまた家族的と言えるのかもしれません。

つまり、バンドの家族性には良い面と悪い面があって、特殊な絆ゆえのパフォーマンスの優位性だったり、個人としての音楽的な可能性を狭めてしまうことだったりです。ぽんきちは掛け持ちをしても揺るがない強固な絆と個人の可能性を広げる自由度という両輪が音楽には必要だと考えるタイプです。

それは多くのミュージシャンたちが一つのバンドでは表現しきれない才能を潜在的に持っていると考えるからです。バンドが持つ強い絆は貴重なんですが、あなたの才能は本当はそのバンドだけに収まらないんじゃないですか?と感じるからです。



掛け持ちを浮気と同義とするならば、浮気をする方がその人の能力は開発される可能性があります。浮気とか開発とか言うとヤバいイメージでエロくリンクしますけれど、でもそんなものなんです。音楽に関しては浮気者の方が才能が開花する可能性はあると思います。

そして、いろんな人とバンドやセッションをすると相性の良し悪しがあることもわかってきます。これまたエロくリンクしますけれど、音楽ってそんなものなんだから仕方ないじゃん、おさーん!!(`_´)



そろそろまとめますと、バンドは家族のようなものですから浮気すると怒られます・・・う〜ん、ちょっと違うような気もしますが、嫉妬だとか束縛だとかはバンドあるあるのお話でして珍しいことではありません。今ある絆は大切にしながら上手に浮気するのがいいと思います。

それが高いパフォーマンスの優位性や個人的な能力開発のきっかけになったりしますので、家族も大切だけど愛人も大切ってことかな・・・もう知らんがな、おさーん(o゚▽゚)o







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/12/05 18:32 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。