夜の連続ブログ小説〜鶴に恩返し(一話完結)




20180925231157370.jpg





ある日お爺さんは山に柴刈りに行きました。

木々を間を歩いていると突然体が宙に浮いたかと思うと地面の下に落ちてしまいました。

そうなんです、お爺さんは猪を退治する落とし穴に誤って落ちてしまったのです。



勢いよく落ちたせいでお爺さんは足を捻挫していました。穴から出ようにも立ち上がることができませんでした。

長い時間が過ぎてほとほと困り果てたところに、突然現れた大きな鶴が穴の中を覗いていることに気が付きました。

鶴は長いくちばしでお爺さんの着物を咥えるとひょいと自分の背中に乗せて飛び立ちました。

気が付くとお婆さんが待つ村の家にあっという間に着いていました。そして、お礼を言う間もなく鶴は飛び立ってしまったのです。



それからしばらく経った真冬のある日、お爺さんは弁慶の生まれ変わりか?と思うほどの大女に出会いました。多くの鶴たちが集う雪原を横目に離れた場所で一人寂しく大女は立っていました。

どうしたんじゃ?こんなところで立ちん坊は寒かろう?うちで団子汁でも食べていきなさい。

そう言って大女を連れてお婆さんが待つ家に帰りました。



お婆さんは女のあまり大きさに驚きながらも疲れ果てている様子を見てさっそく団子汁を作り始めました。

お爺さんは団子汁を食べながら「お前さんはどこから来たんだね?」と尋ねました。

大女は遠い遠い北の国から来たと答えました。寡黙な大女は団子汁を食べながら涙を流していました。



自分の姿を怖がって村人たちが仲間外れにすると言って泣いていたので、お爺さんとお婆さんはお互いの顔を見合わせたあとで優しくこう言いました。

よかったらずっとうちに居なさい。

大女は団子汁を食べながらずっと涙を流していました。



やがて雪解けの季節が近づいた頃、大女は遠い北の国に帰る旅支度を始めました。

お爺さんとお婆さんと三人で暮らす日々はとても穏やかで、大女はすっかり元気を取り戻していました。

別れ際に大女は涙を浮かべて言いました。

来年の冬も来ていいかな?

お爺さんは言いました。

もちろんじゃ、お前さんのことも待つし、わしにはお前さんの他にも会いたい者がおる。

いつか大きな鶴にもまたこの村に来て欲しい。あの鶴に恩返しをするまでは死ねんのよ。



大女はにっこり笑って言いました。

来年の冬には鶴も必ず来るよ。私が連れて来るよ。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/09/25 23:12 | Comment(0) | 夜の連続ブログ小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。