ただ知られていないだけならばどうするか?〜全国に存在する週末ミュージシャンのためのお話




20180827023433866.jpg





昨日のブログ記事を読んだ某バンドマンの方からぽんきち宛てに質問を頂きまして、「バンドが知られるには具体的にどうすればいいんですか?」という質問でした。

それで、せっかくですから今回はその質問に答える内容でブログを書こうと思います。

結論から申しますと、ぽんきちが考える具体的な方法論は以下のとおりです。



1.リアルではできるだけたくさんライブする。

2.ネットでは毎日必ず情報発信する。

3.ライブは友人頼みの集客は初めの時期だけにして基本的にファンを増やす努力をする。

4.ネットはSNSはすべて利用する。そしてHPとブログを作る。ブログを毎日更新してSNSにシェアする。

5.HPにはCDやライブスケジュールなどの情報を常に更新する。



とりあえず以上ですが、基本的にバンドもアコースティックも知られるための方法論は変わらないと思います。



で、それぞれの項目について詳細に解説しますと、

1.ライブの本数が多いほど知られますよね?これ当たり前なんですが、バンドの場合はライブハウスだとチケットノルマがあるのが普通だと思います。2000円のチケットを最低20枚は売らないといけないとか・・・でもこれは立派なステージだったり豪華な照明だったり、小さなライブバーでは考えられない設備でライブができたりするわけですから、バンドの場合は仕方ないかなと思います。

もし、爆音のバンドではないならばチケットノルマのないチャージ制のライブバーでもバンド演奏が可能なお店はありますから、そんなバンドはライブバーの利用をお勧めします。基本的にたくさんライブしようと思ったらノルマの無い場所でやらないと続かないと思います。



2.ネット社会の現代においてネットを利用しないのは勿体ないと思います。毎日情報発信しましょう。毎日なんて書くことがない?情熱があれば書けますって。どうしても思いつかないならば5歳から今までに起こった人生のエピソードをすべて書けばいいじゃないですか。ウンコ漏らしたとか、それだけでも30本は書けるでしょ?書くことがないなんてあり得ないんですよ。



3.最初は友人頼みは仕方ありません。いわゆる互助会ライブですが、お互い様の双方向でいいし、音楽好きやミュージシャンの友達に来てもらわないと集客できないと思います。ただし、ライブ本数はできるだけ多くする必要がありますから、いずれは自分たちのライブで休日は埋まってしまうのが理想です。そうなると友達のライブに自分が行く時間は無くなります。

つまり、精力的に音楽活動をするほど双方向の関係が成り立たなくなるわけです。そうなると一方通行が当たり前だったり、それを不満に感じないタイプのお客さんを持たないといけなくなります。それがファンになってくれるお客さんです。友達ではなく自分たちのファンになってくれるお客さんが持てないと集客はいつまで経っても増えません。



4.ネットはFB、Twitter、Instagram、You TubeなどのSNSはすべて利用しましょう。そして、記事は外部ブログに書きます。SNSは会員制みたいなものですし、mixiのように流行り廃りがあります。記録として残すのは外部ブログにしてSNSはブログ記事をシェアして拡散するために利用します。あとは時々呟いたり写真を投稿したり、仲間うちのコミュニケーションに利用します。You Tubeにはライブやレコーディングの動画をアップしましょう。

外部ブログならば過去記事に瞬時にたどり着けたりします。SNSはタイムラインをスクロールしないと過去記事は見れませんし、そんな面倒なことをしてまで自分に興味を持ってくれる人なんて滅多にいないはずです。自分が他人のSNSを過去まで遡って見ることが頻繁にあるか?を考えればわかると思います。チャンネル登録等の必要もなく誰もが閲覧できるのが外部ブログですから、日々の情報発信はブログを基本にしましょう。



5.HP(オフィシャルウェブサイト)とブログを作って、ブログはHPにリンクさせます。つまり、HPからブログに飛べるし、ブログからもHPに飛べるようにします。HPもブログも読者が検索しやすいようにカテゴリ分けします。HPとブログの作成はプロに依頼するのが無難です。しっかりしたサイトの方が読者にとって安心感があると思います。

HPはリリースしたCDの情報だとかライブスケジュール、You Tubeへのリンク、バンドメンバーの使用楽器など、音楽活動のほとんどが網羅されている内容にします。そして、ライブスケジュールは詳細が決まったらすぐにアップします。ファンの人たちが先々のライブ情報を常にチェックできるようにしておきます。

ブログも検索しやすいように記事の内容によってカテゴリ分けしておきます。当然ながらライブスケジュールのカテゴリも作りますが、ブログではそのライブの時間や料金等の詳細だけではなく、ライブに対する思い入れやエピソードなども書くのがいいと思います。

ブログは毎日更新しますが、ミュージシャンだからと言って音楽のことしか書かないという制約は必要ないと思います。読者はネットでそのミュージシャンの人間性や考え方や音楽だけに限らない思いなどを知りたいはずなんです。ですからブログは幅広いテーマで書いていいと思います。もちろん政治や宗教について書いてもいいと思いますし、あまり自分の中にタブーを作らない方がいいです。



とりあえずざっと思いつくままに「知られるための具体的な方法論」を書いてみましたが、ここまで読んで自分にはとても無理だと、ここまではできないと思ったならば、あなたの音楽に対する情熱はそれだけのものでしかないと思っていいです。

むしろ、はっきり自分というものがわかっていいかも?どの程度の熱量で音楽に向き合っているのかがよくわかるわけですから。ただ誤解しないで頂きたいのは、熱量が多いのが良くて少ないのが悪いということではありません。

つまり、自分の本気度がわかるので自分の立ち位置みたいなものも確認できると思います。仕事にまで発展させたいのか、趣味で続けていきたいのか、どこまで存在感を持ちたいのか、存在感など初めから求めていないのか・・・それがよくわかるはずです。



今回はあくまでもぽんきちが考える具体的な方法論ですし、実際にぽんきちが日々実行している内容を書きました。具体的にはぽんきちは国家公務員として働いていた4年以上前からブログを毎日更新し始め、フリーランスになった約2年前にHP(オフィシャルウェブサイト)を立ち上げました。

とりあえず音楽を仕事として意識するようになったぽんきちが選択した方法論を簡単にまとめると上記の内容になるというだけです。



更に、ファンを持てるミュージシャンになるためにはどうすればいいのか?とか、面白い内容のブログにするにはどうすればいいのか?という突っ込んだ質問については今回は触れません。そこまで書いていたらキリがないですし、ぽんきち自身試行錯誤していることでもあります。もし興味のある方は個別にぽんきちに相談してください(^_^;)

音楽に対する向き合い方は人それぞれだと思いますので、今回はあくまでもぽんきちのやり方はこうですという内容で書きましたが、何かしらの参考になれば幸いです。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2018/08/27 02:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。