夜の連続ブログ小説〜プリンスはBARにいる(一話完結)




20180706001943695.jpg






久しぶりに馴染みのバーにやってきた。ここは無口な店主がやってる小さなバーだがいつも客は少ない。それでも俺が知る限りもう20年以上は続いているからなぁ、よく潰れないものだ。

今夜の客は俺と一見育ちの良さそうな男の二人だけか・・・初めて見る顔だが俺と同世代かな?老舗呉服屋の若旦那風な男じゃないか、この店にしては珍しいタイプだな。



しばらくカウンターで飲んでいると男が話しかけてきた。

ここにはいつも来るんですか?

ええ、ちょっと美味しいカクテルを飲みたくなった気分の時だけですけど。

そうですか、私もたまに来ます。お忍びでね・・・なかなか好きな場所で飲めないものですから。

この店の常連にはあまり見かけないタイプですね、何と言うか気品がありますね。

そうですか?世間知らずなままこの年齢になってしまったからかもしれません。私にはあまりにも自由がない。だからたまにこんなお店で好きな酒を飲んでみたくなるんです。



この何とも言えない雰囲気はただ者ではないな・・・どこかで見たような気もするが思い出せない。仕草を見る限り歌舞伎か狂言でもやっているような凛とした雰囲気を漂わせているしなぁ。

私はレールに敷かれた自分の人生がたまに嫌になることがあるんです。もっと自由に生きたかったとよく考えたりします。

もしかして親御さんの商売とか会社を継いだという感じですか?

まぁ、そんなものです。私には選択の余地がなかったし、子供の頃から今の生き方が約束されていました。私は世間一般の人たちが羨ましいんです。自分で生き方を選択できる人生だったらどんなに良かっただろうと思いますね。

その世間一般の代表選手から言わせるとそうでもないですよ。自分の好きなことを仕事にできたならば満足なんでしょうけれど、そんな生き方ができている人たちは滅多にいませんからね。そういう俺も大学を卒業してからはとりあえず就職できた会社で働いているしがないサラリーマンですから。

好きな仕事ではないのですか?

好きとか嫌いとかで選ぶ余裕なんてありませんよ。みんな生活のために仕事を選ぶんです。選択の自由はあっても現実とはそういうものです。むしろ、すべての人たちが自分の好きなことを仕事にしたら大変ですよ。社会そのものが成り立たなくなるじゃないですか。

なるほど、確かにそうですね。誰もやりたがらない仕事は誰もしなくなるとそれはそれで困りますね。生活のためだろうと誰かがやってくれているからこの社会は回っているとも言えますね。

そうでしょ?実際は全体の9割以上の人たちが好きでもない仕事をしてこの社会を支えています。好きなことで食べている人なんて1割もいませんよ。だからそんなことは考えないんです。世の中は甘くないとか、そんなことはやろうとしないことのただの言い訳だと言われようとも、それが現実だとみんな知っているんですよ。



私のように子供の頃から生きる道が決められている人間からすると、それでも選択できるだけでも羨ましいと思うものなんです。ほとんどの人たちが生活のために仕事を選ぶとしても、少なくとも私は許されるならば自分で生き方を選べる人生でありたかったと思ってしまうんです。

そんなに親御さんの仕事を継がないといけなかったんですか?今の世の中は職業選択の自由は認められているわけですから自分で選んでもよかったんじゃないんですか?

それは絶対に許されないんです。自分の家族の問題だけではなく世間が許さないというか・・・とにかく私には他にやりたいことがあっても人生の選択でそれを悩むことさえ許されない。だからチャレンジできるあなた方が羨ましいんです。

ふ〜ん、今時そんながんじがらめの生き方ってあるんですねぇ。ちなみにあなたが本当にやりたかったことって何なんですか?

私は作詞作曲と編曲ですね。音楽が好きなものですから。しかし、普段行くコンサートのほとんどがクラシックなんですよ。本当はクラシックなんて興味ないんです。それでも仕事で行かないといけない。いつも睡魔と戦っていますよ。

はぁ〜、そうなんですか。仕事でクラシックのコンサートに行けるなんて優雅じゃないですか。俺なんて忙しくて好きなアーティストのコンサートなんて何年も行ってないし。

興味のない音楽のコンサートに行っても楽しめませんよ。仕事だから行くわけで、感想を聞かれる度に困ってしまうんです。その良さもわからないのに素晴らしかったと言わないといけない。好きな音楽のコンサートくらい自由に行きたいと思いますねぇ。



好きなアーティストのコンサートにも行ったことがないなんてよっぽど不自由な生活なんだなぁ、一体この人何者なんだ?

ミュージシャンというよりも私はコンポーザーになりたかったんです。まぁ、それも世間一般から言えば夢うつつで現実離れしている話なんでしょうけれど。それでもチャレンジさえ許されない人生なんて・・・自分の人生の意味を見いだすことにはずいぶん時間がかかりました。最近ですかね、やっと自分なりにそれでも意味があると思えるようになったのは。
 
そうなんですか、選択肢はたくさんあっても実際は無いに等しい生き方をしている我々みたいな人間もいれば、あなたのように子供の頃から生き方が決められている人間もいる。自由って何なんですかねぇ?

私から見るとほとんどの人たちが自由に見えます。ただただそれが羨ましいんです。可能性とか秘めたポテンシャルとか、ほとんどの人たちがそれを持っているとしか思えないですね。その使い方を知らないというか、知ろうとしないだけにしか見えません。

う〜ん、そんな風に言われるとそうかもしれないんですけど、とにかくまずは食っていかないといけないし、好き嫌い言ってられないんで。生きるってそういうことだと当たり前に思っていたからなぁ。



おっと、そろそろ終電の時間だ。またここでお会いできますか?

ええ、月に一度ですが水曜日の夜にはこっそりここに来ています。いつかまた水曜日の夜にお会いしましょう。

わかりました、俺もたまにしかここには来ないんですがこれからはなるべく水曜日の夜にしますよ。ちなみにお仕事はどんな関係のことをされているんですか?

そうですね、国の伝統を守る仕事・・・ですかね。今はこれで勘弁してください。

国の伝統を守る?・・・そうですか、大変な仕事みたいですね。また美味しいカクテルを一緒に飲みましょう。



やはり歌舞伎か狂言の世界なのかもしれないなぁ・・・

いけね、終電に間に合わない。急がなきゃ!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

【夜の連続ブログ小説の最新記事】
posted by ぽんきち at 2018/07/06 00:20 | Comment(0) | 夜の連続ブログ小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。