1%の法則性〜1000人に知られてやっと10人がライブに来てくれる法則について




20180219134825590.jpg




これはぽんきちが独自に感じている法則なんですが、純粋に音楽を目的としてライブに足を運んでくれるのは自分の存在を知っている人たちの1%くらいだろうと思っています。

友達が来てくれるライブだとこれは該当しないでしょうし、もっとたくさんの人たちが来てくれると思います。ただ、ミュージシャンの友達って彼らもミュージシャンだったりすることが多くて、ライブが同じ日に重なることも多いのでいつも期待はできないわけです。

ですから観客がミュージシャン率の高いライブを続ける場合は二極性があって、高い集客力に繋がる人たちと集客できない人たちに分かれてしまう傾向があります。キャラ的に人付き合いの良い濃いタイプだと友達が多いので集客できるし、逆に淡白だと集客できなかったりします。

つまり、自分のキャラに関係無く安定した集客を目指すならば、純粋に音楽目的でライブに来てくれるファンを増やすしかありません。彼らは友達ではなくミュージシャンである自分のファンになってくれている人たちであり、そんなファンになり得る人たちはおそらく全体の1%くらいだろうと。



100人に1人の割合でそんな奇特な方々が現れるわけで、1000人に存在を知られてそのうちの10人はファンになってくれるけれど、更にその中の数人が都合良くその時のライブに足を運べるんだと思います。

普段5人くらいしかライブに来てくれないならば、最低でも2000人の人たちに自分の存在を知ってもらわなければ、ライブで10人の集客はできないということになります。友達ではなく純粋にファンの人たちが10人です。

何千人もの人たちに自分の存在を知ってもらうためにはそれなりの努力が必要になります。リアルではライブという実戦的な現場経験を増やしたり、ネットでは毎日情報発信したりです。そのライブや情報発信の中身の質も問われるわけで、なるべくクオリティの高いものを継続的にやり続けるしかないのです。



ぽんきちは個人差はあっても本当に好きなことならばそれは続けられるんじゃないかな?と思っています。それが面倒くさいと思ってしまうと友達に頼り続けるライブをせざるを得なくなるんだろうと。

それでも集客ができるキャラならばそれでいいのですが、そうじゃなければずっと変わらないままです。改善されないままただライブをするだけになってしまいます。



この1%の法則性はぽんきちが勝手に考えている法則です。正しいのか間違っているのかはわかりません。ただ、実際に上記に書いたことを目指して活動をしているぽんきちが何となく感じている感覚なんです。

このブログを読んでいる方々に参考になるのかわかりませんが、本当に好きなことならば誰に言われるまでもなく自分からするんじゃないかなぁ。

それぞれのやり方はあると思いますけれど、現状維持に満足できないならば何かを変えたり行動に起こさないといつまで経っても同じ状態を続けるだけです。



現状に満足している人たちには何の参考にもならないことを書いていますが、ぽんきちは現状に不満なのでとりあえずは1%の法則性を頭に入れつつ行動あるのみです。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト http://guitaristponkichi.com/ 


ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact 

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html 

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします) http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580 

ギタリストぽんきちプロフィール http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html



posted by ぽんきち at 2018/02/19 13:48 | Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1%というのは、僕も別の業界から聞いた事があります。
テレアポですが、これも100人にアポとったら、そのうち一人が契約するかどうか、というカンジの確率らしいです。
本質的に、不特定多数の顧客を相手にする商売というのは、だいたいそうなのかもしれませんね。
Posted by はたしま at 2018年02月20日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。