老化するほどにやりたいことに精力的になるぽんきち〜あと働ける時間は十数年しか残されていないことについて




20160829002353410.jpg







若い頃はやりたいことがそれなりにできていたけれど、年齢を重ねるとともにそれができなくなる。

普通はそういう年の取り方が多いのかもしれませんが、ぽんきちの場合は逆でして、10代よりも20代が、20代よりも30代が、30代よりも40代がやりたいことができている人生を歩んできました。

20代に就職し、フルタイムで働きながら30代で結婚もしたので、子供がいないことを除けば至って普通の人生なんですが、ぽんきちは老化するほどにやりたいことに精力的になる人生を歩んでいるのです。



ぽんきちはギタリストなのでやりたいことは音楽活動になりますが、明らかに若い頃よりも現在の方が活発に活動しています。

そういう生き方をしてきたせいか、「やりたいことってできないものだよ。」という人たちのことがイマイチ理解できないのです。

自分はやりたいけれどできないと言うけれど、生き方って自分で選んでるんじゃないかなぁ。できないことの理由は仕事や家庭が主な原因なんでしょうけれど、仕事を選ぶのも一緒に暮らす人を選ぶのも自分ですから。

だから、やりたいことができない理由は外に求めがちだけれど、実際は自分の内側にあるものなんじゃないかな?



ぽんきちは若い頃から音楽がいつも側にある人生を選ぶようにしてきたせいか、仕事も一緒に暮らす相手も音楽活動ができることを前提に選んできました。音楽活動ができなくなる仕事や相方を選ぶという発想がそもそも無かったのです。

だから、やりたいことができない理由を外に求める人たちのことがイマイチ理解できないんです(・・;)

40代になってからは飛躍的に音楽活動は活発になりましたが、それは離婚したことが大きな要因になりました。基本的にプライベートな時間が自由になったというのもありましたし、ぽっかり空いた心の虚しさを音楽で埋めようとしていたからでもありました。

中にはそんな時こそ仕事に打ち込めばいいじゃないか!とアドバイスをくれる職場の先輩もいましたが、彼は心の虚しさを仕事で埋められる人だったのでしょう。ぽんきちには無理でした。

ぽんきちは心の虚しさを音楽でしか埋められなかったから、老化するほどに音楽にのめり込む人生になったんでしょうね。



ぽんきちの場合は年を取るほどに音楽活動が活発になってしまう出来事が人生の節々で起こっているような気がします。

かつての仲間たちで音楽から離れていった人たちはたくさんいます。ぽんきちは音楽からは絶対離れられない人間なんですが、彼らはそうではなかったんだと思います。

そして、ぽんきちはこれからの人生はもっと音楽が側にある生き方に変えようとしていますが、彼らにとって音楽はそこまで大きなものではないけれどぽんきちにとっては相変わらず大きなものというだけであって、これはもう人それぞれの選択にしか過ぎないんだろうと。

ぽんきちの場合は自分に残された就労可能な年数までもが音楽を離しては考えられなくなっています。あと何年働けるのだろう?その中で音楽活動はどれくらいできるのだろう?と考えてしまうのです。

今年53歳になるので、おそらくはどんなに長くてもあと20年もないだろうと考えると、たった十数年しか残されてないんだなと考えてしまうのです。



おそらく、ぽんきち世代であれば自分が本当にやりたいセカンドライフというものを目指すならば定年退職後だなと考えている人たちが圧倒的に多いだろうと思います。人生80年の時代ですし、まさか自分が数年後に死ぬなどとは考えていないでしょうから、無理もありません。

例え身近な知り合いが60歳前後で亡くなることがあったとしても、自分のことに置き換えて考えることはなかなかできないでしょうね。

これもやはりやりたいことの価値観の違いであって、それを今すぐやりたいと思うのか先延ばしするのかという考え方の違いに過ぎません。

どちらが正しいとか間違っているということではなくて、その人の生き方の問題なんだと思います。



ぽんきちには今すぐやりたいと思えることがあって、人生は80年ではないかもしれないと思っている。

これまでも老化するほどにやりたいことに精力的になる人生を送ってきたので、これからはそれがもっと加速する生き方をしようとしているに過ぎない。

生き急いでいると言えばそのとおりだし、過去2度の大きな手術を経験したり、平日は絶食していたり、他の人たちとは違う人生になってしまったことも影響しているのは否定できません。

そして、実際に命の有限性を常に意識しながらやりたいことを仕事にまでしてしまっている人たちとのリアルな出会いがあったことも影響しています。

世界は広い、身近な人たちの中にもそんな人たちは存在するし、ネットの向こうには更に多くのそんな人たちが存在することを知ってしまったことも影響しています。



彼らにできてなぜ自分にはできないと決めつけているのだろう?

そんな疑問もあって、老化するほどにやりたいことに精力的になる人生のぽんきちはこのまま自然の流れに逆らわずに生きてみようと。

自分の人生を俯瞰して見た時に、この流れは何十年も前から続いていたことなんだと思い始めています。

それに気付くには上記に書いた様々なきっかけが必要でしたが、それもずっと続いてきた大きな流れの一部だったんだなと今は思っています。










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2016/08/28 23:59 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。