ぽんきちの歪み系エフェクターを紹介します(^_^)ノ




DSC_0773.JPG





ぽんきちはエフェクターをたくさん所有していますが、今回はその中の歪み系エフェクターを紹介したいと思います。



DSC_0774.JPG

BOSS  OD-1

ぽんきちにとってのメイン歪み系エフェクターです。若い頃、東京の御茶ノ水で中古品として売られていたオーバードライブで、電池の交換ネジが金属製なので1970年代後期のモデルと思われます。

写真は省略しますが、トーンコントロール付きのSD-1も所有しています。大学生の頃に買ったので1980年代初期のモデルです。




DSC_0775.JPG

Ibanez  TS808

スティービー・レイボーンが愛用していたことで有名なチューブスクリーマーです。30代の終わり頃にネットオークションで落札しました。1980年前後のモデルで、このオーバードライブは電池交換がめっちゃし易くていいですね。




DSC_0776.JPG

FULL-DRIVE 2

フルトーンのオーバードライブです。通常はブルーなんですがこれは限定発売のイエローバージョンです。You Tubeで「エレキのぽんきち」で検索すると、このオーバードライブでEric Johnsonの曲をぽんきちが弾いている音源を聴くことができます。めっちゃ音が良いです。




DSC_0777.JPG

Expandra

Bixonicのエクスパンドラです 。これは内部にオーバードライブとディストーションの切り替えスイッチがあって、ぽんきちはハードロックバンド時代にディストーションとして使っていました。同じくYou Tubeで「ハードロックのぽんきち」で検索するとこのエフェクターを使った音源を聴くことができます。




DSC_0778.JPG

DOD Preamp 250

イングウェイ・マルムスティーンが使用していたことで有名なオーバードライブですが、これ単体ではほとんど歪みません。あくまでもプリアンプとしてブーストさせて使うのがいいようです。




DSC_0779.JPG

BOSS BD-2

ブルースドライバーはドンシャリ系ですね。OD-1は中域の音を持ち上げる特性があるオーバードライブですが、こちらは低域と高域を気持ちよく持ち上げてくれます。ぽんきちはハードロックバンド時代にブースターとして使っていました。




DSC_0780.JPG

TUBE DRIVER

Eric Johnsonが愛用しているオーバードライブですが、本物の真空管が内蔵されています。6弦と5弦が異常に癖のある太い音になるのが特徴です。




DSC_0781.JPG

Distortion +

MXRの筆記体ロゴのディストーションです。おそらく1970年代後期のモデルと思われますがこれも30代の終わり頃にネットオークションで落札しました。世界初のディストーションとして発売された懐かしいエフェクターです。




DSC_0782.JPG

RAT

ProcoのRATも定番のディストーションです。これは高山質店で2500円くらいで購入しましたが今も新品同様に綺麗です。




以上、ざっと紹介しましたが、ぽんきちはどちらかと言うと歪み系エフェクターではディストーションよりもオーバードライブの方が好きなんです。あのチューブアンプを歪ませたような温かいサウンドがお気に入りです。


というわけで、今回はぽんきちの歪み系エフェクターの紹介でした(^-^)










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。


posted by ぽんきち at 2016/07/28 22:02 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。