ライブではいつもギターを弾く手が震える〜ぽんきちの場合はむしろ初心を忘れることの方が難しいことについて




20160629212531255.jpg






http://misumiotsuki.com/?p=4472
いつも初演のつもりで準備して、 初舞台のように、パフォーマンスすること





いつも興味深いブログを書いているボイストレーナーのmisumiさんですが、この記事にもぽんきちは深く納得するものがありました。

レイぽんもTeTeも毎月ライブをする活動を何年もやっていますが、ユニットの活動を長くしていますと集客だとかもっと良いライブをすることは常に頭の痛い課題なのです。

彼女のブログ記事のテーマでもあるオーディエンスの期待に応えられる、集客に繋がる「次のステージ」をどうするか?という悩みは多くのミュージシャンが抱えているだろうと思います。



・・・いったい、どんな「次」を見せたらいいのか。

 

長年、考え続け、挑戦し続けてきて、辿りついた結論は、
けして、演目を変えるとか、目新しいことをするとか、
そういうことではありませんでした。



彼女が導き出した答えは「 いつも初演のつもりで準備して、 初舞台のように、パフォーマンスすること」ですが、ぽんきちもまさにその通りだと思います。

このことに気付かないでいると、変わり映えしないレパートリーが集客できない原因だと考えたり、自分たちらしくない期をてらった曲をやろうという考えに陥りがちです。

周りの音楽仲間やお客さんからも変化を求めるような指摘をされたりすると、尚更そんな気持ちになってしまうのです。



実際、ぽんきちも自分のユニットではこの手の話題は出ます。どちらかというと相方からもっとユニットに変化をつけたいという希望が出ますが、とりあえずユニットが持つイメージの大枠をはみ出さない程度の変化ならばぽんきちは了承しています。

ぽんきちはあまり周りの意見を気にしないタイプなんですが、レイさんとなっちゃんは割と敏感に反応しますね。ぽんきちが鈍感と言ってしまえばそれまでなんですが(^_^;)

ただ、こんなぽんきちですが他人の意見を聞くことも時には大切だとは思っています。でも、「時には」でいいと思います。他人の意見を聞くことと自分の信念や姿勢がブレることの区別ははっきりしておくことが大切なんです。



同じユニットで何年もライブをやっていてもライブ直前までの落ち着かない感覚はいつまで経ってもありますし、演奏中の緊張感はなかなか無くなりません。

今でも時々手が震えて困ってしまうのですが、気持ちはいつも初心に近い状態でギターを弾いています。手が震えるのは日頃の練習不足が大きな原因だろうと思いますが、気持ちが慣れることはあまりないですね。ぽんきちの場合は初心を忘れることの方が難しい(・・;)

だから、変わり映えしないレパートリーであっても飽きることがありません。ライブを聴いているお客さんたちはどうなのかわかりませんが、ぽんきちは飽きないです。常に新鮮な気持ちでステージに立っているような気がします。



あとはいつも初演のつもりで準備するまでの時間が常に取れたら手の震えも幾分は収まるのかもしれません。言い訳はしてはいけないですが、フルタイムで働きながらの音楽活動はとにかく時間の確保が難しいですね。

仕事から疲れ果てて帰ると何もしたくないことがよくあります。よっぽど音楽が好きじゃないと毎週末ライブとかはできないわけですが、ライブが週末に控えているとどんなに疲れていてもギターを弾きますから、自分でどんだけ好きなんだって思いますね(^_^;)



最後に、変化を望むことの是非についてですが、ぽんきちはユニットというものは自分たちが望む望まないに関わらず変化していくものだと思っています。

我々の人生が時と共に少しずつ変わっていくようにユニットも変わっていくものだと。

だから、misumiさんが書いているように



"もっと、もっとと貪欲に準備をした、駆け出しの頃の、
あのストイックさが、人の胸を熱くしたのではないか。
 
まだまだ、まだまだと、初演まで自分を追い込み続けた、
自信と不安のないまぜになった気持ちが、
いい意味での緊張感を伝えたのではないか。
 
いつもいつも初演や初舞台の新鮮さと一所懸命さと情熱を持って、
準備し、パフォーマンスできたなら、
「次」は「前回」の延長線上ではなく、毎回毎回が新しいステージになる。"



ユニットに大きな変化を求めなくても、ライブに臨む姿勢にこんなストイックさを持ち続けられるのであれば、お客さんたちはまた次のライブにも足を運んでくれるのではないだろうか?

お客さんたちが我々に望むのはこういうことなのではないかと思います。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/06/29 21:26 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。