ぽんきちの黒歴史・その1〜アムウェイにハマったお話




20160622215159231.jpg






ぽんきちにも人並みに黒歴史と呼べる過去がありまして、いくつかある恥ずかしい過去は世間知らずだった若い頃に集中しているような気がします。

今回はそのうちの一つである洗剤などを無店舗販売するアムウェイについてのお話です。



アムウェイは1970年代にアメリカから日本に浸透したネズミ講的なシステムの無店舗販売ビジネスですが、ぽんきちがアムウェイにハマったのは大学生だった21歳の時でした。

もう30年以上前ですから現在のアムウェイがどういうものなのかはよくわかりません。ぽんきちがこれからお話するのは1980年代前半の頃のアムウェイです。

ネズミ講的と書いたのは当時アムウェイはネズミ講ではないと認識させられていたからですが、う〜ん・・・やっぱりネズミ講だったとしか思えません(^_^;)

ぽんきちは音楽関係の仲間から誘われて会員が集まるミーティングのような集会に行ったことがきっかけでした。

当時は学生でも加入が認められていましたが、ぽんきちがアムウェイにハマっていたのは1年間で、無店舗販売ビジネスが問題視されていた時期だったせいか、ぽんきちがアムウェイを辞めた頃に学生の加入は禁止になったと思います。



当時は扱っている商品がまだ少なくて、洗剤が主力であとはサプリメントなどの健康食品やステンレス製のお鍋セットなどでした。

学生でお金は無かったのですが、まずは自分が使ってみないと商品の良さがわからないと言われて、勧められるままに上記の商品をたくさん買いました。

お鍋セットは当時で10万円くらいしましたが、実はまだ現役で使っています。30年以上も使っていますからやはり商品そのものは良質だったと思います。

洗剤は当時としては珍しい濃縮型でした。わずかな量の洗剤でOKというやつですが、今は日本のメーカーもそれが当たり前になっていますが、30年前のアタックやザブなどの粉末洗剤は一回の洗濯でコップ一杯分くらいの洗剤を使うのが主流でした。少量の洗剤で洗濯できるアムウェイは現代の先駆け的な商品だったと思います。

それと、LOCだったかな?何にでも使える液体の万能洗剤もあって、商品としては使えるものが多かった印象があります。



以上の経験からアムウェイに関してはモノはいいなというのがぽんきちの正直な感想です。

しかし、いかんせん当時はまだ学生でしたから家族や親戚からは最初のうちは買ってもらえますが、その先が続かない。友達なども何人かは買ってくれましたが、それ以上は広がらないわけです。

結局、一年でぽんきちはリタイヤしましたねぇ。それと問題なのがネズミ講的なシステムにありました。やっぱりこのシステムは友達を無くしますよ(・・;)

幸い、ぽんきちの友達は「いい加減に目を覚ませよ!」と言ってくれる仲間が多かったので友達を失うことはなかったのです。



ここで、なぜアムウェイにハマってしまったのか?なんですが、結論から申しますと、このビジネスをやれば必ず成功すると思い込んでしまったからです。俺の未来は明るい!!と完全に勘違いしてしまったのです。

アムウェイは、親→子供→孫たちというピラミッド型のグループができるシステムになっていて、これがネズミ講と言われても仕方のない仕組みなんですが、とにかく子供や孫たちを増やさなければ自分の利益にはならないシステムでした。

ぽんきちが「これはネズミ講ではなくてね・・・」と親会員からレクチャーされた通りに友達を誘っても、「いやいや、それネズミ講でしょ!!」みたいなやりとりを散々してまして、いい加減疲れてくるんですね(^_^;)

洗剤は売れないわ、友達からはネズミ講呼ばわりされるわで、一年もすれば勘違いから始まった情熱もすっかり冷めてしまいました。



では、なぜ必ず成功すると思い込んでしまったか?ですが、これは今思うと集会での催眠効果みたいなものだったと思います。アムウェイを信じきった人たちの集まりなので、異様な空気感に満ち満ちているその雰囲気にやられてしまうのです。

ぽんきちの所属していたグループはミュージシャンを中心とするピラミッド型で、グループの頂点には超メジャーなスタジオミュージシャンがいました。

このブログの読者でぽんきちと同世代のミュージシャンの方々はわかってしまう人たちもいると思います。ユーミンの初期の名作アルバムのレコーディングに参加していた大物ミュージシャンです。

彼は毎月ミーティングを開催するために東京から福岡に来ていました。憧れの伝説のミュージシャンが自分たちのグループの頂点にいるわけで、普通は絶対に会えない人物でしたから、それだけでも若かった我々は舞い上がってしまう要素がありました。



結局、ぽんきちは一年間で熱が冷めてしまったわけですが、今思うと良い社会勉強になりましたねぇ。マルチ商法とかネズミ講とか会員制のビジネスにハマってしまう人間の心理というものがよくわかったからです。

アムウェイに関しては現在もたくさんの方々がビジネスとしてやっていると思いますし、ぽんきちの経験上アムウェイの商品そのものは良質だったと思っています。

ネズミ講的なシステムの違法性については法律の解釈にお任せしますが、印象的だったのは「お金は大切でしょ!!」と声高に叫ぶ独特の価値観ですかね。

ぽんきちがハマっていた30年以上前はまだバブル経済に日本が突入する数年前で、まだ世間に清貧の感覚が残っている時代でした。それ故にアムウェイの独特な価値観は新鮮に感じたものです。

そうか、お金が欲しいと声高に叫ぶことは恥ずかしいことじゃないんだ・・・って変に感動してましたね(^_^;)



今もアムウェイで成功している人たちはいると思いますが、アムウェイで成功者できる人は他のビジネスでも成功できるんじゃないかなぁ。とにかくモチベーションをキープするのが大変な世界でしたから、あの変にプラス思考な生き方がずっと持続できるって凄いと思います。

結論としては、アムウェイの合法性についてはよくわからないけれど、たくさんの人たちを惹きつける何かがないとグループは大きくできないし、ビジネスとしての成功はあり得ません。

そのスキルと情熱があればネズミ講と揶揄されるようなビジネスじゃなくてもアナタならば成功できるはず!!



以上、ぽんきちの黒歴史・その1〜アムウェイ編でした( ̄∇ ̄;)













ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/06/23 20:32 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。