15年前にぽんきち邸にやってきたハイビスカスがぽんきちが孤独な時にしか花を咲かせない不思議について




20160617185540620.jpg






小さなハイビスカスの鉢植えを買ったのは確か15年前だったと思います。

当時、ぽんきちは結婚していたのですが3年経っても一度も花を咲かせることがなく、妻が「なぜ花が咲かないのかな?」と言っていたのを思い出します。

その後、離婚して一人暮らしになったぽんきちは大きな借金を抱えていましたが、銀行と父親から借りたお金を返済するためにコツコツと貯金する日々を過ごしていました。



半年に一度、ボーナスが出るとすべて返済に当てていたのですが、離婚からしばらくしたある日、父親に最後の返済をした3日後に初めてハイビスカスが花を咲かせたのです。

あの日は冬だったのですが、朝目覚めると真っ赤な花を咲かせていました。あの日の感動をぽんきちは今でも忘れられません。

初めて咲いた花は押し花にして別れた妻に送りました。その後、妻の家庭である事件が起こり、ぽんきちに迷惑をかけたくないと完全に関係を絶縁する連絡が妻からあって、それから再びハイビスカスは花を咲かせることはなくなったのです。



それから時は流れ、やっと銀行にも最後の返済をして、ぽんきちが長年の借金を完済した3日後に再びハイビスカスが花を咲かせたのです。

これは偶然なのか?

まるでぽんきちが借金を返済し終えたのを知っているかのようにタイミングよく花を咲かせるので、世の中には不思議なこともあるものだなぁ・・・と感心していました。

それからハイビスカスは毎年花を咲かせるようになりました。

今の相方と付き合うようになるまで7年間ぽんきちはずっと独り身だったのですが、その間ずっと不定期に花を咲かせたのです。



ところが、相方と付き合うようになってまたハイビスカスは花を咲かせることはなくなりました。

相方と付き合うようになって4年以上になりますが、成長してしまったハイビスカスを今は相方が面倒よく世話してくれて、枝分かれしたハイビスカスたちも元気に育っています。

もしかしたら、このハイビスカスはぽんきちが孤独な時にしか花を咲かせないのではないだろうか?

結婚生活→離婚→7年間の独り身生活→現在と、ハイビスカスはそんなぽんきちをこの15年間ずっと見てきたわけで、一人で頑張っているぽんきちのために花を咲かせていたのかもしれないなと思ったりもします。



もしも植物に意思があるとするならば、孤独なぽんきちの心を感じ取り、自分の意思で花を咲かせていた・・・

今は花を咲かせなくても寂しくないでしょ?

そう言いたいのかもしれません。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/06/17 18:58 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。