健康優良児だったなっちゃんが風邪をひくくらいなので





20160522220615742.jpg





最近流行っている風邪はしつこいらしいですね。学生時代はほとんど風邪をひいたことがないなっちゃんですが、社会人になってから体調を崩すことがたまにあるのだとか。

年齢的なこともあるのかもしれませんが、彼女も営業職ですから仕事のストレスも影響しているのかもしれません。

そんななっちゃんも風邪をひくくらいですから、ぽんきちも久しぶりにやらかしてしまいました(・・;)



昨日はTeTeで今日はレイぽんと、どちらも2ステージのライブでしたが、喉の痛みと微熱と倦怠感がなかなか治らなくてなかなか過酷な2日間でした(^_^;)

TeTeは老舗ライブバーのカンティーナで、レイぽんは久留米の伝統的なフェスでの出演でしたが、とりあえずはいつものクオリティでの演奏はできたかなと(・・;)

今回は珍しく目の充血まであって、とにかくウイルスを身体から排出しなければと、ライブの前日は厚着して羽毛布団を被って汗をがんがんかいて、水をがぶがぶ飲んでを2夜連続でやったものの、治んないだねこれが!!(>_<)



救いだったのは高熱ではなかったことですかね。以前TeTeのライブで38度超えの高熱で演奏した時よりは楽でしたが、今はどちらのライブも無事に終えてホッとしています。

今日のフェスは夕方までステージがあったので、夜になって自宅に帰り、汗だくになった衣類の洗濯をしながら、微熱で朦朧とする頭でこのブログを書いていますが、改めて思うのは好きなことの持つ力って凄いなと。

これが仕事だったらきっと辛いだけなんでしょうけれど、ぽんきちにとってギターを弾くという行為はこんな状態でもやっぱり楽しいわけです。



好きなことは仕事にできないという一般常識は否定しませんが、やはり好きな仕事というものの力もこんな感じなのかなぁと思ったりします。

一言で言うと頑張りが利くわけですが、実のところ頑張ってるというよりは自分の中では楽しんでいる要素が強くて、だからこそ無茶が無茶でなくなるし、いつもと変わらないクオリティで演奏もできてしまうんだろうなと思うのです。

こういう経験をする度にぽんきちはやはり好きなことを仕事にしたいと考えてしまうのです。

それが叶うのは数パーセントというわずかな可能性なのかもしれませんが、残り少ない人生ならば尚更賭けてみたい気がするのです。



何とか食べていけたらいいというレベルを維持するのが音楽の難しいところですが、純粋に音楽だけは難しいならば音楽とリンクした生計の形を作り上げていくしかないわけで、音楽に触れる時間を増やす人生を選択した人たちはみんなそうやって音楽と関わりながら生きています。

音楽に触れる時間の増やし方はそれぞれなんでしょうけれど、自分らしい増やし方ができたらいいと思っています。ぽんきちの場合はいつも側にギターがある時間の増やし方がいいですね。



とにもかくにも過酷で楽しい2日間でした(^-^)






20160522220641373.jpg









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/05/22 22:07 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。