死んだら閻魔大王から「楽しかったか?」と質問されるらしいので




20160515111819554.jpg






http://s.ameblo.jp/promotion173/entry-12159747754.html
閻魔大王に会って人生が変わりました




雲行きの怪しさを感じた私は閻魔に「何も悪いことはしませんでした」と訴えた。「それは当たり前のことだ。自慢にならない」閻魔は答えた。言われてみればたしかにそうだ。「人のために尽くしました」あわてて付け加えた。


閻魔は「はあ?」と怪訝な顔をした。「誰がそんなことを頼んだ? それでお前は楽しかったのか」と三度訊いた。呆然とする私に、閻魔は「人のためには、自分は入らないのか」と問うた。「さて、この鏡でお前を照らしてみるか」微笑んだ閻魔に、私は戦慄した。





仕事というものは何らかの形で人の役に立っています。だからこそ報酬が発生し、我々は生活ができます。

働くということは人のために尽くすということなので尊い行為です。それ故にその中身がどうであれ、自分へのフィードバックがどんなものであれ、働くという行為だけで自分を肯定することができやすいんだと思います。

今回紹介したブログの素晴らしいところはその一歩先を我々に問いかけているところです。

働くことは尊い。人のために尽くして生きたことになる。しかし、その「人のため」に自分は入っているのか?自分は楽しめたのか?

この問いかけの答えは仕事以外では見つけやすいのですが、仕事となると難しいのです。自分のために楽しく働くことが人のために尽くすことになってはじめて意味があると閻魔大王は言いたいようです。



ぽんきちの場合は今の仕事を楽しめるようにしようとしている自分がいます。どうせ働くならば生活のためや誰かのためだけではなく、まずは自分が楽しめないとイマイチ意味を感じられないからです。

ついつい部下たちにもそんなことを言いたくなるのですが、そこはぐっとこらえて、余計なお節介は言わずにまず自分が楽しく仕事することができるようになろうと考えています。

今の仕事は面白くないですが、それでも創意工夫したり自分で考えてやるべきことを決めるとそれなりに楽しくはなります。特に今は管理職なので自分の裁量で部下たちに仕事を命じることができます。それで成果が出せたりするとそれなりに面白くなるわけです。仕事は自分たちがやっていることの意味を考えながら、感じながらやるのがいいですね。



ところが、先日職場の飲み会があって、他の部門の歓迎会を兼ねた慰労会だったのですが、ぽんきちの部下は一人もいないアウェイな飲み会でした。

そこで10年くらい前に同じ部門で働いていた女性職員が目の前に座っていたので久しぶりにたくさん話しました。

彼女から「あの頃のぽんきちさんとは気軽によくお話してたけど、今のぽんきちさんは近寄りがたい。」と言われてしまいました(・・;)

今のぽんきちは自分の部下たちを守る立場にあることが影響しているのか、他の部門の職員には近寄りがたい雰囲気があるらしい(^_^;)

大きな組織で働いているといろんなせめぎ合いがあるんです。ぽんきちは自分の部下たちの健康や働きやすさを第一に考える仕事の仕方をするので、以前仲良くしていた彼女には怖い存在になっていたようです。



どんな仕事であれ、どんなせめぎ合いがあったとしても、まずは自分のために楽しく働くことが人のために尽くすことになってはじめて意味があるということが大切です。

その大切な要素の欠落が過労死やメンタル疾患の増加に繋がっていると思われますし、組織の中で思考停止に陥って働いてしまうことに慣れ過ぎてしまう原因だろうとぽんきちは考えています。

だから、三途の川を渡った時、閻魔大王に「楽しかったか?」といきなり質問されてもうろたえない生き方や働き方をして死にたいと思っています。

今のところ、それを可能にするのは好きなことしかないし、それがわかっているならばそんな生き方を、働き方をしたいというのがぽんきちの願いです。










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/05/15 11:19 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。