醜いアヒルの子でも愛して欲しい




20160322014235117.jpg






ダイヤモンドの原石かもしれない


金の卵かもしれない


まだ未熟な表現者たちは醜いアヒルの子かもしれない




ぽんきちがなっちゃんと出会ったのは彼女が22歳の時でした。

22歳の頃のぽんきちはなっちゃんの才能の5割もあっただろうか?

アレンジもろくにできず、巻き弦のパワーコードを弾くバッキング演奏しかできず、意味不明な早弾きにばかり腐心するギタリストだったのです。

今ぽんきちが活動している裏音楽界の存在さえ知らず、あまりにも狭い音楽世界で生きていました。



あの頃の未熟過ぎた自分が誰からも必要とされず、バンドもできなかったら、きっと今ぽんきちはギターを弾いていたかも怪しいのです。

人は成長し、方向性を間違えなければ、良いベクトルに向かっていく可能性を持っています。

今はダメ出しばかりされているとしても、未来の自分は違っているかもしれない。

それは続けていく先にしか誰にもわからないのです。



醜いアヒルの子でも続けていく先にはアヒルではなくなっているかもしれません。

それは誰にもわからないし、それを知ることができるのは、ずっと続けていく自分自身だけなのです。

好きなことだったら続けられるかもしれません。



だから、好きなことを続けてください。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/03/22 21:22 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。