思わぬところに落とし穴がある〜心が離れると見失うものがあることについて




20151214232803980.jpg







いつも大切に思っているはずなのに、心を向けているはずなのに、ふと心が離れてしまうことがある。

ぽんきちはギタリストなのでギターについて話してみますが、もしかしたら様々なことで共通点があるかもしれないので、今日は読者それぞれの解釈にお任せするつもりで書きます。



ライブでギターを弾いていますといつもは間違えないところで何故か間違えてしまうことがあります。

そんなに難しいフレーズでもなく間違えるはずのないところで間違ったりするのです。

そういう失敗をしないようにぽんきちは常に1小節先を頭にイメージしながら演奏しているのですが、油断するのでしょうか?それでも以外なところで甘いプレイになったりするのです。

そんなに緊張していないライブでも予期しなかった方向に指が動いたりして、それがミストーンに繋がることがあるのですが、そんな時は集中力を欠いているというか、心が離れているんだと思います。



それと、ぽんきちはいつもギターで歌うように弾きたいと思ってプレイしていますが、どうも楽譜をなぞっているだけのような、表情が見えない演奏になってしまうこともあります。

歌うようにギターを弾くには繊細な技巧も必要だと思いますが、それなりにギタリストとしてのキャリアがあったとしてもギターが歌っていない時はあるものでして、これも心が離れている時に起こる現象なんじゃないかな?と思うのです。

何か余計なことに心が向いていてひとつひとつの音に集中できていないから、おかしな方向に指板を押さえる指や弦を弾く指が動いてしまうような気がするのです。



例えば、超絶速弾きプレイができるギタリストの場合で考えてみますと、日々の練習で左右の指がバランスよく動くまで繰り返し何度もギターを弾くとある程度の速弾きプレイはできてしまいます。

それをライブの本番でも完璧に弾かないと意味がないのですが、勢いで弾いているように見えて、実はスローモーションの如く一音一音がハッキリと認識できているからこそそんなプレイができたりするものなんです。

そして、そういう認識は超絶速弾きのフレーズが声に出して歌えるようになっているギタリストに可能なのです。

つまり、口に出して歌えないフレーズはほぼ弾けません。どんな速弾きもできるギタリストはそのフレーズをゆっくり分解するかの如く歌えるのです。



ギターが弾けるようになるためにはまずそのギターのフレーズを歌えること。何度も繰り返し練習していると歌えるようになりますが、更にそれを繰り返すと歌としての表情がギターでつけられるようになるんだと思います。

そして、常にひとつひとつの音に心を離さないようになれたら、ライブでもイージーなミスのない表情のあるギタープレイができるようになる気がします。

気がしますという言い方をするのは、まだ自分自身がそこまでいけてないからです。



毎週のようにライブで演奏していますとどこかが緩慢なプレイになったりして自分を見失うことがあります。

緊張もしているし、今日こそは満足のいくライブをといつと思ってはいるのですが、どこかで一瞬心が離れてしまうことがあるのです。

ライブで演奏することはぽんきちにとっては当たり前な行為ではありますが、その当たり前な行為の中では常に心を離してはいけない当たり前というものを身に付けなければならないと思っています。



自分の心がどこにあるのか?

それが大切なんだという気がしています。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/01/09 12:01 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。