本田宗一郎氏の生き方にイイネ!しても自分は決してそういう生き方を選ばないことについて




20160106213600998.jpg






トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキ、スバル、三菱・・・日本の自動車メーカーはどこも優秀ですが、ぽんきちは長年に渡りホンダ車を愛用しています。

なぜホンダなのか?

それはメーカーのブランドイメージで選んでいると自己分析しています。早くからF-1グランプリに参戦するなど、世界にチャレンジしてきた姿勢と創業者である本田宗一郎氏のイメージが強く影響しているんだと思います。



http://hikarujinzai.hatenablog.com/entry/2015/07/14/144652
ホンダ創業者 本田宗一郎



本田宗一郎氏の名言について書かれたブログがあったので参考までに紹介しましたが、小さな町工場を世界的な大企業に成長させてしまう創業者というものはやはり人並みではないんですね(^_^;)

こんなスケールのでかい人間になれるものならなってみたいものだと男なら思うものです。

思わずイイネ!を押したくなる。



しかし、彼のような生き方ができるか?というとほとんどの人たちはできないのが現実で、SNSでイイネ!はするけれど自分は全く違う生き方をしているという(・・;)

おそらくイイネ!を押して終わっていてはいけないんでしょうね。共感したのであれば何らかの変化を自分の人生に反映させなければほとんど意味がないと言えます。

本田宗一郎氏に限らず様々な分野で偉大な功績を残した人物は紹介されていますが、その瞬間だけ共感してスルーして生きているとその瞬間に感じた自分は何だったのか?と思ってしまいます。

歴史上の人物になる気などさらさらないにしても、何らかのシンパシーを感じたからイイネ!したわけで、その瞬間の自分を無視して生きるのもおかしなものだと思うのです。

共感してイイネ!する→変わらず生きる→共感してイイネ!する→変わらず生きる・・・この繰り返しはいったい何なんでしょうか?(^_^;)



客観的に自分を見つめてみると、これは不可思議な現象だと気付くわけですが、普段何も考えずにこうした繰り返しをしているのは、どこか別世界の物語のように彼らの生き様を読んだり聞いたりしている自分がいるからなんでしょうね。

彼らの人生にはイイネ!を押しながらも自分の人生にはイイネ!を押したり押さなかったりの評価はしたくないのかもしれません。
ただSNSのタイムラインのように流していってしまうのでしょう。

そして、それはある日突然に訪れるか、老衰によってじわじわ訪れるかわかりませんが、いつか確実に訪れる死によって終焉を迎えます。



ぽんきちは思うのですが、もし彼らの人生にイイネ!してしまう自分に気付いたら、ちょっとタイムラインの流れを止めて考えてみてもいいのではないかと。

あれ?なんか変だな・・・と疑ってみてもいいのではないかと。

なぜ自分はイイネ!を押してしまったのだろう?と考えてみてもいいのではないかと。



イイネ!を押してしまったあとで、たまには自分自身を見つめてみてもいいのではないかとぽんきちは思います。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2016/01/06 21:37 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。