セルフプロデュースに限界を感じている時に優れたブレーンを持つことでセルフブランディングを可能にできることについて




20151123164246213.jpg














ぽんきちのユニット、レイぽんとTeTeはこの数年で変わりました。

最も変化したのはぽんきちのビジュアルですが、これは相方がスタイリストをしてくれているおかげです。

ぽんきちのステージ衣装のほとんどを彼女が選んでいるのです。

ぽんきちは以前からユニットのスタイリングに限界を感じていました。特にぽんきちは音楽のことはわかりますがファッションのことはよくわからないのです(・・;)

なかなか自分の体のラインに合うお店を見つけられなくて、半ば諦め気味だったのですが、相方があちこちの洋服店を探してぽんきちの体のラインに合うお店を見つけてくれたのです。



今ではレイさんやなっちゃんのステージ衣装もいくつかは相方が買っていまして、ぽんきちユニットのここ数年のビジュアル的な変化は彼女の貢献がかなり大きいわけです。

しかも、ぽんきちのライブ写真のほとんども彼女が撮ってくれていまして、ぽんきちがFBやブログにアップしている写真のほとんどは彼女の撮影によるものです。



そして、アナログなぽんきちに以前から音楽的なアドバイスをくれたり、レイぽんのオフィシャルブログやギタリストぽんきちのブログを作ってくれているのが「おとのわミュージック」のEiziさんです。

ぽんきちに外部ブログで発信することの大切さを最初に教えてくれたのが彼でしたし、今も様々なアドバイスをぽんきちは彼から頂いています。



音楽的なセルフプロデュースはできても、それ以外のことになるとてんでダメなぽんきちにとって、優れたブレーンを持つことはミュージシャンとして強力な武器になっています。

セルフプロデュースやセルフブランディングはミュージシャンにとって欠かせない要素なんですが、これがなかなかできないものなんです。特にアマチュアミュージシャンでこれが完璧にできている人は滅多にいません。



ぽんきちが可愛がっているアコースティック・デュオに宿六兄弟というミュージシャンがいますが、彼女たちは滅多にいないセルフプロデュースとセルフブランディングができているミュージシャンです。

彼女たちの凄いところは自分たちのライブの度に下の写真のようなフライヤーを用意してお客さんに渡していることです。



20151123164322625.jpg



写真をよく見るとわかりますが、一人一人に言葉を添えたフライヤーを作っているのです。

これはカホン担当のあやちゃんが普段の仕事でデザイナーをしていることが大きく貢献しているわけですが、それでも毎回フライヤーを、それもチケット制のライブではお客さん一人一人に違う言葉を添えて作るなど、大変な労力なはずです。

居酒屋ライブの時には自分たちで箸入れ袋まで作ってしまうのです。

それを彼女たちは惜しまずやり続けているのです。



彼女たちの音楽的才能やライブパフォーマンスの素晴らしさは周囲のミュージシャンたちも認めるところですが、それに加えてビジュアル面やお客様に感謝の気持ちを伝えるフライヤー(御礼状)なども含めたセルフプロデュースには感服するしかないぽんきちです。

これほどのセルフプロデュースやセルフブランディングはアマチュアミュージシャンにはなかなかできるものではありませんし、ぽんきちにはとてもできません。

ただ、ぽんきちの場合はありがたいことにユニットを応援してくれる仲間たちに恵まれたことです。

相方はスタイリングと写真を、Eiziさんはネット関係で支えてくれていて、ぽんきちにとって強力な音楽的ブレーンになってくれています。

ぽんきちは音楽に専念しながら自分の苦手分野をその分野に優れた人たちの力で補いながらセルフブランディングをしているのです。



最近ではライブのビデオ撮影はもっぱらありちゃんがやってくれていますから、彼もぽんきちのブレーンの一人になっています。

ただ、あとで動画を観るとぽんきちが映っていないシーンが異常に長い・・・なっちゃんやりかちゃんのアップが多過ぎやん(`_´)

まぁ、ありちゃんは自分の趣味でビデオ撮影しているだけだと言ってますから、これは仕方ないですね( ̄∇ ̄)



とにかく、セルフブランディングってとても大切で、趣味でも仕事でもお客さんを必要とする表現を目的とするならばこれは欠かせないのです。

しかし、トータルプロデュースはなかなかできるものではありませんし、プロの世界でも分業制が当たり前だと思うのです。

アマチュアの場合はプロと違ってセルフプロデュースをせざるを得ない環境だったりするので、ぽんきちは仲間の協力を得ながら活動をしています。

こんな邦楽カバーユニットがあったら、こんな洋楽カバーユニットがあったら素敵だろうなと思って、それを形にしてみたくて結成したのがレイぽんでありTeTeです。

そんなユニットの活動に興味を持ってくれる仲間が現れ、その活動のブランディングを共に考えてくれる仲間の存在は頼もしいし、ギターを弾くことしか取り得のないぽんきちを支えてくれている。

できれば自然発生的にそんな強力なブレーンが現れることが理想的ですし、ぽんきちはそれがたまたまできている強運なミュージシャンなんだろうと自己分析しつつ、彼らに感謝しながら活動しています(^-^)










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/11/26 19:37 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。