廃線となった電車道を利用した900メートル続く緑の木々に囲まれた散歩道で感じること




20151115174506713.jpg







写真は1983年に廃線となった電車の筑肥線跡に造られた梅光園緑道です。

全長900メートルの散歩道でぽんきちの近所の住宅街の中にひっそりと横たわっています。

とても静かな散歩道で行き交う人々も少なく、最近のぽんきちにとっては憩いの場所になっています。

緑の木々に囲まれているせいなのか風が遮られて、今の季節だと陽射しがある日に歩くとポカポカしてとても気持ちがいいです。



散歩しているとぼんやり考えてしまうのは、緑の木々の持つ不思議な癒やし効果です。

道の周囲に木々があるだけでこれだけ癒されるのだから、森の中でしばらく暮らしたならばどれほどなんだろう?

世の中には様々なカウンセリングなるものが存在しますが、もし森の中で自給自足できる環境を与えられて何ヶ月間でも暮らすことになったら、かなりの悩み事は解決できてしまうのではないだろうか?などと考えたりもします。

コンクリートに囲まれて暮らすことに慣れ過ぎている我々にとって、原始的な暮らしが与えるカルチャーショックとその影響力は全くの未知数です。



いやいや、自分は十分に緑の木々に囲まれた田舎で暮らしているが、心の病んだ人間もそれなりにいますよと言う意見もあるでしょうね。

社会性のある環境で暮らす限りは何らかの軋轢があり、心の負担を抱えて生きることは避けられないのかも知れません。

森の中で独りで暮らす、もしくは愛する人と二人だけで暮らす生活はどんなものなんだろう?

読書が趣味な人ならば、たくさん本を持って行って夜はランプの灯りで読書する。

ぽんきちだったらギターを爪弾いて森の静寂と融合できる音楽を作るかも知れない。



昔、極真空手の始祖である大山倍達氏は終戦後の若い頃に山奥に小屋を造り、自給自足をしながら空手の修行をしたと伝えられています・・・梶原一騎原作の「空手バカ一代」を読んだ人ならわかるよね(^_^;)

夜は蝋燭の灯りで宮本武蔵著の「五輪の書」という兵法書をひたすら読んでいたのだとか。

彼が何よりも苦しんだのが孤独との闘い・・・特に若かった彼を悩ませたのが女性の肌への欲望だったそうです。

彼は厳しい自己鍛錬の修行の中で煩悩を克服するために自ら片方の眉毛を剃り落とした・・・こんな滑稽な顔ではどんな女性も相手にしないだろうと自分に言い聞かせるためだったそうです。



森の中での独り暮らしは想像を絶する孤独感を味わう可能性があるので、誰かと一緒に暮らすのがいいかも知れません。

またにそんな変わった夫婦が世界のどこかにいて取材を受けたりしていますよね。

しかし、そんな環境だと子供がすぐにできちゃうんじゃないか?(^_^;)

社会性から離れるはずだったのが気が付くと社会の源とも言える大家族を作ってしまっていたというのも本末転倒のような・・・う〜む(・・;)



とにかく、我々の祖先は化学物質も何もない自然の恵みだけの時代を逞しく生き抜いてきたわけですから、本当は我々にもそんな暮らしはできるはずです。

縄文時代は一万年以上も続いたという最新データがあるくらいですし、しかも縄文人は農耕文化に頼らず狩猟文化で定住生活を成し遂げた世界でも類のない民族だったそうです。

大陸から農耕文化を受け入れた弥生時代に入るまでそれは続いたというのが最新の学説ですから、縄文人は自然を壊し整備する農耕ではなく、自然をそのまま受け入れる狩猟という生活をしていたのが凄いと思うのです。

だから縄文土器のように神事に使われたと推測される土偶などの文化も持ち得たわけですね。大自然に宿る神々への畏怖の象徴だったのでしょう。



一万年以上前の我々の祖先は大自然の中で自然の恵みだけで暮らしていました。土器を作り、煮炊きをし、細菌からの感染を予防する知恵もあったし、栗の森を造り、穀物に頼る農耕をしなくても生きられる術を心得ていました。

コンクリートの中で心を病むリスクのある社会が生み出す豊かさと、かつての我々の祖先が選んだ厳しい自然の中で暮らす生き方と、どちらが幸せなんだろう?

近所の散歩道でぼんやりとそんなことを考えながら歩いているぽんきちなのでした。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/11/15 19:55 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。