親から引き継いだ家を整理したり管理したりする仕事の可能性について




20151104000907600.jpg







http://o-ya-kata.com/expert/3346.html
親の家を片付ける



最近ぽんきちは気になっている仕事がありまして、親から実家を相続したもののそこには住まないので整理したり管理したりを代行する仕事の存在です。

福岡にもこういう零細企業が存在していますが、これってこれからかなりニーズがあるのではないだろうか?

ぽんきち自身も将来は故郷の実家に帰るかどうかは悩みどころでして、今更住み慣れた福岡の街を離れるのはかなりの決断を要すると思うのです。

かと言って、先祖代々続いてきた土地や家を手放すのもご先祖様に申し訳ないと言うか、生まれ育った家を長女としてずっと守り続けてきた母親の気持ちも当然ながら考えてしまうわけです。



そんなぽんきちのような立場の人間にとってみれば実家の管理を代行してくれる業者の存在はとてもありがたいというか、家って人が住まないと朽ち果ててしまいますから、時々風通しの良い状態で掃除してくれるだけでも助かりますよね。

ぽんきちの実家は大分県の離島にあるので、帰ったとしても肝心の音楽活動をするのが大変になります。

ライブバーとかほとんど無いし、一緒に活動できる仲間が見つかる保証も無いわけでして、帰るとしたら音楽活動さえも引退した老後になるのかなと。



一番理想的なのは田舎暮らしがしたいという方に貸すのがベストなんですが、釣り好きでインターネットでほとんど仕事ができてしまうような方が見つかると現実的にあり得るかもしれません。

家の目の前で毎日釣り放題ですから(^_^;)

太平洋側に面したリアス式海岸で九州の一番東側に位置するぽんきちの島は、温暖な気候でお魚がとても美味しい地域にあります。

余生を過ごすにしても体が不自由になってからではかえって不便です。買い物や医療機関の利用もフェリーに乗って街に出ないといけません。

よって、島での暮らしは車で一週間分のまとめ買いができて健康な方向きだと言えます。



誰かに貸すのか、まだ元気なうちの余生を自分で暮らすのか・・・まだ両親が健在で自分の新しい生き方も確立できていない今では何とも言えない状況ではありますが、近い将来確実に直面する問題なだけに今から考えておくことも必要だろうと感じています。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/11/06 19:28 | Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先祖代々の家を継ぐ必要はないです。
私の父(3人兄弟の長男)は、先祖様といった縛りには全く囚われない先進的な考え方ができる人だったので、祖母がまだ元気なうちに、先祖代々の土地(大分県国東町黒津)と墓を全て処分した上で、祖母の本籍も(実際の住居も福岡の老人ホームに)移しました。

長男である私も、先祖代々の墓を処分して納骨堂に変更してくれたことに非常に感謝しています。

私自身、福岡を出て東京に行き、更に今は近畿に住んでますし、千葉で購入したマンションも親戚に売ることにしましたし、家を管理しなくていいことはある意味自由ですね。
Posted by 末房佳明 at 2015年11月08日 04:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。