誰も愛さず誰からも愛されず〜人はひとりでは生きていけないことについて




20150930002048055.jpg






人はひとりでは生きていけないことに気付けない人

気付いているのにひとりで生きていこうとする人

ほんの数年前までぽんきちは後者のタイプでした。



15年前に最初の手術をした時にぽんきちには婚約者がいましたが、全身麻酔を必要とする手術を伴う入院をすると「人はひとりでは生きていけない」ということが尚更強く感じられました。

当時、心の支えであるパートナーの存在でそれは認識できていましたが、身体が自由にならない状態というものを経験すると、その認識は決定的なものになりました。

入院中は時間がたっぷりあるので、テレビを観たり本を読んだり、いろんなことを考えたりするものなんですが、その時は生まれて初めての手術を経験する入院だったので命について考えることが多かったような気がします。

そんなぽんきちは、もし将来自分に息子が生まれたら息吹(いぶき)という名前にしようと漠然と考えていました。

生命を感じさせる名前にしようと思ったのです。



その後、結婚し、子供ができないまま離婚してしまったので、息吹とは出会うこともない人生を送ることになりましたが、それならばと自分のペンネームにすることにしたのです。

息吹になったぽんきちは離婚して7年の歳月が過ぎていましたが、このままずっと独身生活を貫こうと覚悟していました。

ほとんど食事ができない特殊な生き方をしていたことと、離婚の要因となった諸々の出来事がトラウマになっていたことが強く影響していたのです。

もう自分には温かい家庭料理は無くてもいい。人はひとりでは生きていけないことは十分理解しているけれど、それでもひとりで生きていこうと心に誓って生きていました。



そんなぽんきちに変化が生まれたのは今の相方と付き合うようになってからですが、前回の手術から12年の歳月が経ち、再び体調が悪化し始めた頃だったのは偶然だったのか必然だったのか、自分でもよくわかりません。

あれほど頑なに独り身を貫いていたぽんきちでしたが、ぽんきちの病気を徹底的に調べ、ぽんきち以上に体に優しい食材の知識を身に付けようとする相方の姿に、ぽんきちの心の奥底にある厚い氷の塊が次第に溶け始めていきました。



やがて、すでに病巣が悪化していたぽんきちの体は限界に達し二度目の手術をすることになったのですが、あのタイミングで相方が特別な存在としてぽんきちの前に現れたのは神様の采配としか思えません。

術後の経過があまりにも酷く、ひとりで乗り越えられるような入院生活ではなかったので、もしあのまま頑なな生き方を貫く自分だったならば耐え抜くことはできなかったかもしれません。



一度は「人はひとりでは生きていけないこと」を知りながらそれを自ら捨て去る生き方を選択したぽんきちでしたが、再びそれが通用しない過酷な状況を神様は与えてくれた・・・

ぽんきちにとってはあまりにも過酷な試練だったのですが、「ひとりで生きようなどとは二度と思うな!」と言わんばかりの試練を、相方と二人でしか克服できない試練を神様は与えてくれた。



そんな過酷な試練が終わり、ぽんきちが退院した夜、相方は子供のように泣きじゃくりました。

術後、数日間ベッドの上で苦しむぽんきちを何もできずにただ見守るしかなかった日々はよほど辛かったのでしょう。

ぽんさんが帰ってきてくれてよかった・・・と言って泣いていました。



ぽんきちはもう自分が誰かに愛されることはないだろうと思っていたので、あの夜のことは一生忘れることはないと思います。

自分はまともに食事もできない、普通の生き方ができない人間なんだから、誰かを愛したり愛されたりする人生にはもうなれないと思っていたからです。



今ぽんきちが思うのは、誰も愛さず、誰にも愛されずという生き方を貫く決心をして生きていたぽんきちを、神様は決して許さなかった・・・だから5年前に知り合いずっと友人だった相方をあのタイミングでぽんきちにとっての特別な存在に変えたのだと。



人はひとりでは生きていけないとお前は気付いていながらその生き方は何だ!

食べられない病気という障害があるのが何だ!

きっと神様はぽんきちにそう言いたかったんだと思います。

辛い過去があろうとも、一生治らない障害があろうとも、もう一度誰かと生きなさいと言いたかったんだと思います。










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/09/30 20:16 | Comment(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。