体に悪いものってなぜこんなに美味しいのだろう?  




20150609204254063.jpg






どうも乳製品はぽんきちの病気には良くないらしい・・・

酒、タバコ、コーヒー・・・人によっては摂取を禁止されたりするものの代表例ですが、ぽんきちにとってはどれも良くない(・・;)

でも、体に悪いものって美味しいと感じることが多いよね(^_^;)



欧米を中心とした先進諸国ではすでに規制の対象になっているトランス脂肪酸は日本では規制の対象になっていません。

マーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸は水素を加えることで分子構造が変化した脂です。これが人体に様々な弊害を起こすと言われています。

コンビニに並ぶ菓子パンの裏側を見ると、ほぼ例外なく成分表にマーガリンかショートニングが表示されています。


なぜ日本では規制されないのか?

http://biz-journal.jp/i/2014/02/post_4177_entry.html

製造メーカーの言い分

https://www.yamazakipan.co.jp/company/trans_fat/index2.html


日本では企業の自主性にお任せしているということが分かりますが、先進諸国ではぽんきちの病気はこのトランス脂肪酸が原因のひとつだと発表されています。

なので、お菓子などを買う時には必ず成分表示を確認するようにしています。

すると、マーガリンやショートニングが使われているお菓子が如何に多いかを実感してしまうんですね( ̄。 ̄;)



おそらく、ぽんきちの主治医はトランス脂肪酸が原因のひとつであることは知らないんじゃないかな?

菓子パンを食べてはいけないという注意喚起は一度も受けたことがありませんから(^_^;)

ぽんきちは長い闘病生活の中で気が付いたことがありまして、医師の言うことを100%信じてはいけないということです。

もちろん、主治医が処方してくださる薬は毎日服用していますし、長い付き合いですから時には人生相談などもしています。

それでも、自分の体は自分で守らないといけないと思っています。



時には毒となるものも体に入れますが、要は病気とは自己責任だと思うのです。

インターネットの情報で主治医が教えてくれないことまでも分かってしまう時代ですから、どこまでが本当で嘘なのかは自分で判断する力を持たないといけないと思います。

本当はこの国もトランス脂肪酸を規制して欲しいと願っていますが、誰かのせいにしても仕方ないと思うのです。

先進諸国では自分の病気には良くないと規制しているらしいと知ったならば、自分で規制すればいいと思うのです・・・体に悪いものは食べなきゃいいと。



自分の身は自分で守る・・・そのためにはいろんな情報を調べて、避けたり試したりすればいい。

自分で考えて自分で行動する。

悪いものと分かっていて摂取するならば、それは自己責任だし、その結果を誰かのせいにしないことが大切だろうと思います。








ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/06/11 20:55 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。