サービス残業をしている我々よりも経営者ははるかにいい暮らしをしている現実について




20150610191538458.jpg







サービス残業は日本の社会では当たり前であり、同業他社や国際競争に勝ち残るためには受け入れざるを得ない現実である。

おそらくサービス残業をしている多くの労働者はこんな風に考えているのではないでしょうか?

そもそもサービス残業とは労働基準法第32条に違反した行為であり、経営者は労働者に対し命じた残業時間については割増賃金を払わないといけません。


http://zangyou.org/information/servicezangyou/
そもそもサービス残業ってなに?


詳しくは上記にアクセスして頂くとわかると思いますが、我々はサービス残業をする必要はないし、サービス残業は明確な法律違反です。



NHKで「プロジェクトX〜挑戦者たち」とか「プロフェッショナル〜仕事の流儀」なる番組があって、様々な分野で活躍するその職業の達人たちを取り上げていますが、彼らは例外なく仕事人間で、自分の職業に誇りを持って働いている方々ばかりです。

「好きを仕事にする」という視点で見るととても刺激される番組なのですが、おそらく彼らの多くはサービス残業もいとわない仕事人間ばかりなのではないかとも思われるのです。

あの番組はぽんきちも好きでよく観ますが、その裏側には暗にサービス残業を肯定する、サービス残業こそが日本の国際競争力を支えてきたという事実を如実に物語っている気がします。



生き残るための必要悪としてサービス残業はある・・・この大義名分を我々はあまりにも素直に受け入れ過ぎているがために、労働基準監督署に訴える手段に出る人たちもあまりいないのではないでしょうか?

たぶん会社とトラブルになった人たちが監督署に駆け込むくらいでしょう。

しかし、そんな違法残業などの案件は全国に数え切れないほどあるため、労働基準監督官はいちいちそんな案件をひとつひとつ調べるゆとりなどないのです。

監督官の数があまりにも足らない現状は以前からずっと放置されたままですから、国や政府は本気でサービス残業を無くそうという気持ちはないのではないか?と思います。



個人主義が浸透した欧米諸国と違って権利意識があまり高くない日本人は素直にサービス残業をしてくれる・・・国や政府にとっては願ってもない状況なのではないでしょうか?

多くの国民がただ働きをしてくれるおかげで多くの企業が支えられている。

多くの社員がただ働きをしてくれるおかげで経営者は贅沢な暮らしができている。

サービス残業をしている社員とその会社の経営者の持つ車は、家は、日々の食事ははたして同じでしょうか?

実際はとんでもなく格差があるのではないでしょうか?



ほぉ〜、ぽんきちは左翼なのか?とここまで書くと思われる方々もいるのかもしれませんが、ぽんきちはあまり右派や左派というものには興味がありませんで、単なる事実を述べているだけです。

我々はいったい誰のためにサービス残業
をしているのだ?と考えてしまうのです。

誰かに使われることのバカバカしさをよく理解している人間が経営者を目指しているのではないか?とか、本当は社員よりも会社の利益を最優先に考えている経営者こそが成功できているのではないか?とか、シンプルに考えてしまうのです。



福岡県の最低賃金は時給727円です。全国的にみてもかなりの低賃金ですが、こんな賃金で働かせてもよいとされているのが我々の社会です。

我々はいったい何を諦めて生きているのでしょうか?

我々の生き方はそんなにも選択肢がないものなんでしょうか?



我々はなぜ疑問を持つことさえも忘れてしまったのでしょうか?









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/06/10 20:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。