レイとぽんきちでレイぽん




20150316194051445.jpg





20150316194115078.jpg





西中洲TUPELOでのデビューライブから丸7年が過ぎて、あの日と同じオーナー&同じ対バンユニットのライブは無事に終わりました。

今は福岡市の赤坂ドリームボートのオーナーになっている藤城さんのPAはやはり素晴らしかった。TUPELOの頃も素晴らしかったけれど、やはりPAはセンスが表れると改めて思いました。



そして、デビューライブでも対バンしたアコースティックユニットの「ハラバンド」は相変わらず安定した歌と伴奏で、コアなカントリーポップスの選曲も素晴らしく、聴いていてとにかく心地良いのです。

ライブに来ていたありちゃんが「レコードのB面の優れた曲を聴いているようだ」と形容していましたが、まさにハラバンドはそんな表現体のユニットだと思います。

7年前のライブを見に来てくれていたシンガーソングライターのてるさんも今回来てくれました。まさにレイぽんデビューの日の再現ライブの役者が揃った夜でしたね(^-^)



そして、7年間の活動期間が流れ8年目の活動を迎えたレイぽんはいつものように歌い演奏しましたが、7年前にレイぽんで初めてアコースティックのソロで歌う経験となったレイさんにとっては、今回のドリボのライブは特別なものだったようです。

この7年間にレイさんはSoul Weavingというソウルバンドと、Chichi-Bandという洋楽中心のアコースティックユニットでも活動するようになりました。

今は彼女にとって一番音楽的に充実している時なのかもしれません。

それは、ずっと歌い続けてきたからこそ彼女が築き上げることができたそれぞれの表現体であり、大切な仲間たちに他ならない。



レイさんも続けることの大切さを自らの生き方で証明しているヴォーカリストなんだと思います。

ぽんきちは末永くレイぽんが続くことを、そして自分もレイさんもそれぞれの場所で歌い演奏することがこれからも続けられることを心から願っています。

レイぽんにとって区切りとなるライブに来て頂いた方々に感謝・・・ありがとうございました(^-^)





20150316194404851.jpg


【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/03/16 19:44 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。