音楽的ホームとも呼べるお店を持つことについて




20150205232749790.jpg













TeTeがおとぼけコースケで初めてライブしたのは2010年の11月でした。

INN6と一緒にお店に飲みに行った時にコースケさんから「今度うちでライブをしてみたら?」と言われて、2組で11月にライブをさせて頂きました。

TeTeは活動を始めてやっと1年になろうとしていた頃で、なっちゃんもまだヴォーカリストとしては未熟な頃でした。

ライブが終わった後にコースケさんから「うちでマンスリーライブをやらないか?」と誘われた時には自分の耳を疑いました。



TeTeはまだ未熟なユニットだったし、当時のぽんきちはそれ故に自分のユニットを語ることをしない・・・正確に申しますと語れない状況だったからです。

とにかく、なっちゃんの成長を辛抱強く見守っていた時期だったので、「こんな我々がこのお店でマンスリーライブをやっていいのだろうか?」と考えたのでした。

憧れのミュージシャンであるコースケさんからの突然の誘いにぽんきちは戸惑いながら、「ちょっと考えさせてください。」とその場では返事したのですが、心の中では「絶対やりたい!!」と思っていました。



翌年の2011年1月からマンスリーライブはスタートしましたが、あれから4年の歳月が流れ今年で5年目を迎えました。

あの時、社会人1年目だったなっちゃんも27歳になりました。

この4年間でライブをお休みしたのは大阪に遠征ライブした時とぽんきちが手術のため入院した時だけです。

それ以外は毎月第3土曜日にTeTeはおとぼけコースケでライブをしてきました。

よくよく考えてみると、TeTeというユニットはコースケさんに育ててもらったようなものです。



自分たちのホームとも呼べる場所を持ち、毎月同じお店でライブをしているユニットは珍しいのではないだろうか?

それはとても幸せなことだと我々は実感していますし、第3土曜日におとぼけコースケに来れば必ずTeTeに会えるという場所を与えてもらえたことは、ユニットとして幸運だったとしか言いようがありません。



その反面、アウェイでのライブをすると緊張し過ぎてしまうというメンタル的な問題も抱えてしまったことは否定できません。

最近になって、やっと超多忙な仕事をこなせる力をつけたなっちゃんに気持ちのゆとりができたので、昨年の秋からはおとぼけコースケ以外でもTeTeはライブができるようになりました。

これを機会に少しずつ別の場所でもライブをやって、アウェイに強いユニットになれることを期待しています。



You Tubeにアップされたライブ動画はスティングの曲のカバーですが、これはコースケさんのレパートリーでもあります。

おとぼけコースケでこの曲を弾き語りするコースケさんに影響されて、なっちゃんがどうしても歌いたいと言うのでTeTeも演奏するようになりました。



おとぼけコースケで育ててもらったTeTeの音楽を、これからは少しずついろんな場所でたくさんの方々に届けていけたらいいなぁと願っています(^-^)






ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



【TeTe[動画]の最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/02/07 12:07 | Comment(0) | TeTe[動画] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。