優秀な人が去っていく時




DSC_7182.JPG





生きているといろんな場面で別れというものを経験します。

別れの理由や事情は様々ですし、そのすべてが悲しいものとも限らない。

別れをネガティブなイメージで捉えるのは間違いです。それと同じく、出会いはポジティブなイメージで捉えがちですが必ずしも良いことばかりとは限りません。

辛い別れのあとで新たな人生が拓けることもあるし、出会ったために大変な苦労をすることもありますよね・・・そのすべてに意味があると思いますが、ここではその深い部分には触れないでおきましょう(^_^;)



例えば、優れたプロ野球選手が大リーグに移籍する場合のように、手放したくない人材を、その場に留まる者たちはただ見送るしかないという場面は我々の日常にもあります。

最近、ぽんきちにもそんな別れがありましたが、痛感したのは、優秀な人はステップアップしていくものであって、同じ環境には留まっていないということです。

そして、次のステージに進もうとする者を、残された者たちは引き止めてはいけないということです。



優秀な人がいなくなると現場は大変です。その人に頼ってた分を誰かがカバーしないといけません。新しいメンバーも育てないといけないので、しばらくは効率の悪い状況にも耐えないといけません。

でも、何とかなるものですよね、みんなで力を合わせれば(^-^)



去っていく人が優秀なだけでなく、人柄も素晴らしかったりすると、引き止めたい気持ちは尚更ですが、それでも気持ちよく送り出さないといけないですね。

いつまでも未練がましいと自分の器の小ささばかりが気になって情けなくなるかも・・・でも実際は現場が忙しくてそんな感傷に浸っている暇などないのです。

そして、今度は自分が次のステージに進める人間になりたいと思ってしまうし、この場所に留まっていることが悔しいのです。

そういう気持ちがあるならば、自分を変えたいと思っているならば、今すぐそのための努力をしないといけません。

結果はすぐには出ないことも多いので、毎日少しずつ、粘り強く続けていくしかありません。



それがこの先何年かかろうとも、続けていく先にしか答えはないからです。

諦めたらそこで終わります。一生そのままです。

ならば続けていくしかないよね(^-^)



【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2014/10/15 18:48 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。