ジョンはなぜイマジンを作ったのか?




DSC_8575.JPG




う〜ん・・・できちゃったからじゃね?


自分の心に正直に向き合ったら、あんな歌詞になったんじゃないかなぁ・・・



イマジンはある種、究極の平和ボケソングではあります。

ぽんきちブログの読者は音楽好きな方々がほとんどなので、敢えてここでは歌詞を書きませんが、わかるよね?

そんな世の中が来るわけないじゃん・・・と考える大人は世界中にたくさんいるはず。

国際情勢の現実を理解しているたくさんの大人たちが世界中で自分の歌を聴いている・・・それを承知しながらジョンはイマジンを作ったわけです。



イマジンの世界観は日本国憲法によく似ていると言われます。

彼は、世界に類を見ない平和憲法を持った国で生まれた女性と出逢い、生涯愛し続けたわけですよね・・・銃弾で倒れるあの日まで。

あんなに裸の自分を音楽でさらけ出したミュージシャンも珍しいと思いますが、それゆえ世界中の人々に愛されたのは間違いありません。



1980年12月8日に起こった悲劇は、カリスマとして影響を持ち過ぎた故の悲劇としか言いようがありませんが、頭のいかれた若者の犯行だったと片付けてしまうほどその背景にあるものは単純ではないような気がします。

カリスマになってはいけないんだね・・・消されちゃうからね。



本当は誰もが、日本と同じ憲法を世界中の国々が持てたらいいのにと思ってるはず。

他の宗教を受け入れられない人や、戦争で儲けたいと考えている一部の人たちを除けば、世界中の人たちがイマジンの世界観に包まれた世の中になればいいのにと願っている。

ジョンはそんな世界中の人たちの願いを形にしたんだね・・・自分の持つ影響力を知ってか知らずか、自分の心に正直に歌ってみせたんだね。

いずれ自分が殺されることになることを知ってか知らずか、愛する人が生まれ育ったこの国の憲法を歌にしてくれたんだね。



ぽんきちはジョンにありがとう・・・と言うことしかできません。


この国の憲法は現実の国際情勢には対応できません。


でも、人類の目標になり得るものです。


この国の憲法がどのように変わろうとも、やはりあの世界観は間違っていなかった・・・と、いつか世界中の人たちが認める日が来ることを願っています。










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2014/08/30 11:27 | Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<自分は大丈夫ボケ>

平和ボケと言う言葉が出ましたが 軍事政権いいね!としてしまう人たちもボケています。

自分は大丈夫ボケ。ここんとこを付け加えて欲しかったな〜。
Posted by 瀧川泰夫 at 2015年05月16日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。