宿六兄弟






彼らのライブをはじめて観たのは・・・

ついつい彼らと言ってしまうよね(^_^;)

彼女たちのライブをはじめて観たのは2年前の春、赤坂カンティーナでのライブだったと思います。
現在の彼女たちの大活躍ぶりはその時に十分予感できるものがありまして、思ったとおりになったなというのがぽんきちの感想です。

博多を中心に長きに渡り活動しているアコースティックユニットINN6のバンドバージョン「宿六一家」のベースとドラムに大抜擢されたともちんとあやちゃん・・・
すべてはヴォーカルのP様が野性的な直感で彼女たちを出会わせたことから始まりました。

宿六一家で出会った彼女たちなのでユニット名は宿六兄弟です。
短期間にすでに遠くは北海道まで、福岡県外までも活動範囲が広がっている彼女たちですが、ぽんきちにとっても交流の深いユニットであり、これほど音楽に対して一途で純粋なユニットは他にいないかも・・・と思ったりもします。

もう3年近く前になりますが、ぽんきちはカホンのあやちゃんと朝まで語り明かしたことがあります。
当時はまだ宿六兄弟は存在していませんでしたが、あやちゃんはすでにユニットの構想が出来上がっており、その想いをぽんきちに熱く語ってくれました。
どんなユニットになるのか、ぽんきちはとても楽しみにしていたわけですが、大きな可能性を感じさせるユニットの誕生を心から歓迎しています。

そして、これからも彼女たちの音楽活動を、その一途な姿を見守り続けていきたいと思います。




IMG_9498801618666.jpeg
【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2014/05/29 19:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。