言葉と歌に力があれば伴奏はシンプルで構わない=言葉と歌に力がなかったら伴奏がシンプルだと辛い


20191231173632175.jpg






これまで様々なミュージシャンのライブを観てきてずっと感じていることなんですが、それは「言葉と歌に力があれば伴奏はシンプルで構わない」という純粋な感覚です。

言葉は歌詞ですが、歌の力とはパワフルという意味ではなくて伝達力みたいなものです。伴奏はシンプルなのに惹きつけられる歌ってあります。弾き語りですと必然的に伴奏がシンプルになる傾向はあるわけで、歌の力で惹きつけられるというライブは多くの人たちが経験していると思います。



これを逆説的に考えると「言葉と歌に力がなかったら伴奏がシンプルだと辛い」ということになります。これもライブで多くの人たちが経験していると思います。そして、弾き語りが難しいのは前述したように必然的に伴奏がシンプルになる傾向があるということです。

ユニットですとギタリストやピアニストが伴奏だけに専念できるので、歌の物足りなさを少しはカバーできる可能性はあると思います。但し、弾き語りもユニットもあくまでも歌が主役ですから楽器がカバーできるのは「少しだけ」です。



ぽんきちが弾き語りでもユニットと変わらないアレンジのギター伴奏をしているのは自分の歌の物足りなさを自覚しているからなんです。

伴奏をもっとシンプルにすれば歌に意識を向けられる配分が今よりも増やせるのかもしれませんが、まずはギタリストという自分の強みを生かすべきという考えからそうしています。

「言葉と歌に力がなかったら伴奏がシンプルだと辛い」と自覚している人間ですから、少々無理をしてでもギター伴奏にこだわった弾き語りをしようと決めて今に至っています。

一曲の歌の仕上がりにかなり時間がかかってしまうのはこれも原因の一つなのかもしれませんが、時間がかかってもいいから今のスタイルを継続していこうと思っています。



主役が脇役に食われてしまう・・・ドラマや演劇などで時々耳にする言葉ですが、おそらく今のぽんきちの弾き語りはこれなんです。

作品を観たあとでバイプレーヤーが印象的だったなぁ・・・と観客の記憶に残るエンターテイメントは、傑作にも佳作にもならないけれど、とりあえず記憶に残るだけでも良しとすることはできないことはない。

しかし、トータル的には残念感も残ってしまうわけで、結局は主役がもっと力をつけないとダメなんだよねってことになります。つまり、歌モノはやはり歌が大事ってことですね。






If the words and song have power, the accompaniment may be simple = If the words and song do not have power, the accompaniment is simple and painful




I've always been watching various musicians live, and it's a pure feeling that if you have the power to speak and sing, the accompaniment is simple.

Words are lyrics, but the power of singing is not a powerful meaning, but rather a communication power. The accompaniment is a simple but attractive song. Playing and speaking tends to make accompaniment simpler, and I think many people have experienced live performances that are attracted by the power of singing.



Paradoxically speaking, this means that it would be painful if the accompaniment was simple if the words and songs were not strong. I think that many people have also experienced this live. The difficulty in playing and speaking is that accompaniment tends to be simpler as described above.

As a unit, guitarists and pianists can concentrate solely on accompaniment, so I think that there is a possibility that they can cover a bit of the unsatisfactoryness of the song. However, since the singing is the main role of the unit as well as the playing narration and the unit, the instrument can only cover "a little".



The reason why Punkichi plays a guitar accompaniment that is the same as a unit even when he plays and speaks is because he realizes that his song is unsatisfactory.

Perhaps making accompaniment simpler could increase the distribution of consciousness to the song than it is now, but first of all, I think that I should use my strength as a guitarist.

Since he is aware that it is difficult to accompaniment is simple without words and singing, he has decided to play with the guitar accompaniment, even if he could not do it a little.

This may be one of the reasons why it takes a long time to finish a single song, but I'm thinking of continuing the current style because it can take a long time.



The leading role is eaten by a supporting role ... It is a word that I sometimes hear in drama and drama, but this is probably the present story of Punkichi.

After watching the work, the biplayer was impressive ... The audience's memorable entertainment is not a masterpiece or a fine work, but just remembering it for the time being can not be a good thing .

However, on the whole, there is a feeling of disappointment, and in the end, it will be useless if the leading role does not exert more power. In other words, songs are important for songs.







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/01/04 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする