出演者の数>観客の数=これはライブと言えるのか?


20191116125752703.jpg





俺たちがアマチュア時代はステージの幕が開くと観客が2人しかいないってこともあったなぁ・・・バンドメンバーよりも少ないわけよ、そんなことがよくあったなぁ(遠い目)



長い下積みの末にやっと曲がヒットしたミュージシャンなどがこんな話をすることって昔からよくありますよね?

なんちゅーか、そんなライブってリアルに普通にあるんだけど、それが何か?・・・みたいな!!(゚Д゚;)

バンドメンバーよりも観客が少なかったライブというのは成功した後では笑い話になるわけですが、リアルに現在進行形にある者にとっては笑えないわけです。これマジでヤバいやろ( ̄。 ̄;)・・・ってなるわけです。



え〜、ぽんきちさんって満員御礼のライブが多いイメージがあるんだけど!?(゚Д゚;)って人いませんかぁ・・・ネットなんて、SNSなんて、所詮切り貼りですよぉ。満員のライブの時だけ「今夜のライブは満員御礼でした〜、ありがとうございました!!」ってアップしているからそんな印象が残るだけなんですよぉ(^_^;)

たくさんライブしていると集客できないライブもあるわけで、お店の人には申し訳ないと思うと同時に、そんな時には笑えない自分がいつもいたりするわけです。

今夜のライブは出演者よりも観客が少ないライブでした、残念でした〜!!って誰が悲しゅーてアップしますかいな(T_T)



この話題では広報の問題があるんだろうと誰もが想像するわけですが、それも確かにあり得ますがぽんきちはそれ以前の問題もあると感じています。

つまり、それは観客の立場になって考えるとわかりやすいんですが、そのライブにお金と時間を使う気になれないというシンプルな理由がまず第一だろうと。つまり、そこまでの価値を感じないんだと思います。

ローカルなライブ料金の相場としてはワンドリンク代込みで考えると1500円から2500円くらいの間だろうと思います。つまり、集客できないライブはそこまでの価値が無いと観客の対象となる人たちから思われているということです。

集客できないライブの場合、それが形となって現れているわけで、大卒者の初任給が20万円ほどの現在において1500円の価値もない我々のライブとはいったい何なのか?と思うわけです。



もちろん会場まで来て帰るための交通費もかかりますから、近場のライブだと実際はワンドリンク込みで最低2000円から3000円くらいでしょうか?そう考えるとライブに足を運ぶのは本当に行きたいと思えないと動けないかもしれませんね。もしくは人間関係の繋がりとして行くことはあると思います。出費としては映画館に行くのと変わらないくらいですよね。

例えば、同じ時間とお金を使うならばクイーンの「ボヘミアン・ラプソディー」を観る方が50倍楽しめるってことでしょうか?そう考えるとローカルなライブに足を運ぶ気になれないのもわからなくはないですよね。

つまり、身近にある手軽なエンターテイメントって、その多くは3000円以内で楽しめちゃうケースは多いかもしれないわけです。それでも足を運んでもらうためには我々ミュージシャンは相当頑張らないと無理なんだということが何となくわかってきますよね。



ましてや月に何本もライブするとなると半端なやり方ではかなり厳しい結果になると思います。それは日々リアルに体感しているぽんきちなのでこんなテーマでも時々ブログを書いたりするわけです。

ただ、今は体験型で音楽が楽しめるオープンマイクというシステムがかなり浸透していますから、上記のようなプレッシャーを感じないライブというものもあります。ぽんきちは弾き語りの実践的な練習の場所としてオープンマイクを利用していますが、参加者の方々はみんな嬉々として音楽を楽しんでいます。

音楽の楽しみ方はそれぞれ自分で選択できるわけですから、自分にとってのベストな場所を見つけることが肝心です。ぽんきちもそれを探していますが、まだ見つけられないでいます。



そのライブにお金と時間を使う気になれない。つまり、そこまでの価値を感じない・・・この紛れもない現実を真っ直ぐに見つめられる人と、自己肯定のみに腐心する人と、ミュージシャンも様々ですよね。

ぽんきちはシンプルに考えています。それは「ミュージシャンはお客さんがいなければライブはできない」という至極当然の事実です。



ライブがしたいのか?

したいに決まってるじゃないですか。

ならば厳しい現実を真っ直ぐに見つめるしかないじゃないですか。

自分が死後に評価されたゴッホの生まれ変わりとでも信じているならば何もしないでいられるんでしょうけれど、ぽんきちにはそんなおめでたい発想はとてもできません。



我々が音楽を愛してしまったのは自分を夢中にさせる音楽を生み出すミュージシャンたちがいたからです。

彼らの音楽は拡散されたからこそ我々の場所に届いたし、彼らに影響され憧れて自分も音楽を始めたはずです。

彼らの音楽は少なくとも愛する人たちがたくさんいたからこそ自分も知ることができたんです。



それならば、音楽で魂を論じたり何かを目指しているならば、ライブにお金と時間を使う気になれない・・・そこまでの価値を感じないというままの自分でいてはいけないんだと、日々感じています。

安易な自己肯定よりも、もがいて試行錯誤する方が良いものが作れるとぽんきちは思います。






Number of performers> Number of spectators = Is this a live performance?




When we were in the amateur era, when the curtain of the stage opened, there were only two audiences ... it was less than the band members, such a thing was common.



It's always been common for musicians and others who finally hit a song after a long underlay to talk about this, right?

Somehow, such a live is usually real, but what is it? It looks like ...

A live performance with fewer audiences than a band member would be a laugh after success, but it would not be laughable for those who are currently in a progressive form. This is really serious ...



Eh, there's a lot of images of Punkichi-san's packed thank-you live! Isn't there anybody? (Д;) Only at the time of the crowded live, "Tonight's live was thankful ~ Thank you!"

There are some live performances that can't attract customers, so I'm sorry for the shop owners and at the same time I always have myself who can't laugh.

Tonight's live was a live show with fewer audiences than the performers, sorry! ! Who's sad and up? (T_T)



Everyone imagined that there was a public relations problem on this topic, but it is certainly possible, but I feel there is a problem before that.

In other words, it's easy to understand from the audience's point of view, but the simple reason is that you don't want to spend money and time on the show. In other words, I don't think that value.

I think that the price of the local live price will be between 1500 yen and 2500 yen when considering the one drink fee. In other words, it is thought by the audience that the audience who is unable to attract customers is not worth it.

In the case of a live that can't attract customers, it's manifested in form. What is our live worth less than 1500 yen at present when the starting salary of college graduates is about 200,000 yen? I think.



Of course, transportation costs for coming and going to the venue will also be required, so even for a nearby live, is it actually about 2000 to 3000 yen including one drink? If you think so, going to the live may not be able to move unless you really want to go. Or I think that it may go as a connection between human relationships. The expense is almost the same as going to a movie theater.

For example, if you spend the same time and money, wouldn't it be 50 times more enjoyable to watch Queen's "Bohemian Rhapsody"? If you think so, it's not unclear that you don't want to go to a local live.

In other words, there may be many cases of easy-to-use entertainment that can be enjoyed for less than 3000 yen. Still, we'll find out that it is impossible for us musicians to do a lot of work to get them to go.



Even more, if you have a lot of live performances a month, the odd way of doing things will be quite tough. That's the kind of thing that I feel real everyday, so I sometimes write blogs with this theme.

However, nowadays, there is a system of open mics where you can enjoy music with hands-on experience, so some live shows do not feel the above-mentioned pressure. Punkichi uses open mics as a place to practice playing and speaking, but all of the participants enjoy the music happily.

You can choose your own way of enjoying music, so it's important to find the best place for yourself. Punkichi is looking for it, but has not found it yet.



I don't feel like spending money and time on the show. In other words, there are many musicians who don't feel that much value ... people who can stare straight at this unmistakable reality, those who struggle only with self-affirmation, right?

Punkichi thinks simply. It's a natural fact that musicians can't live without their customers.



Do you want to live?

Isn't it decided to be?

Then you have to look straight at the harsh reality.

If you believe in the reincarnation of Van Gogh, who was evaluated after his death, he would be able to do nothing, but I can't really do such a congratulation.



We loved music because there were musicians who produced music that engulfed them.

Their music reached our place because it was spread, and they should have started music because of their influence.

I knew my music at least because there were so many loved ones.



Then, if you are discussing your soul or aiming for something in music, you don't want to spend money and time on a live. You understand a little that you can't be yourself without feeling the value so far, right?

I think it's better to struggle with trial and error than to make self-affirmation.






ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/11/17 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする