心にグサリと刺さったらどうしますか?


20191112022327403.jpg





あれはもう何年も前です。ぽんきちがまだブログも書いていなくて、勤め人として平日の仕事と週末の音楽活動で忙しい日々を送っていた頃でした。

ちょうど携帯からスマホに買い換えて通勤途中でもインターネットで情報が見やすくなった生活になったばかりでした。

スマホである人のブログを読んで、その言葉が心にグサリと刺さったんです。



そんなに不満があるならばその場から立ち去ればいい。

それもせずに他人や環境のせいにして不満ばかりを言っている。自分のことは棚に上げて、自分自身を変えようともしない。

自分でその場から立ち去ることもできないならば不満など言うな。



朝の通勤途中の電車の中でそのブログを読んだのかもしれません。いつだったかはっきりとは憶えていませんが、あの言葉が当時のぽんきちの心にグサリと刺さったことだけは今でもはっきり憶えています。

ブログを書いた人は知らない方だったので当然ながらその人はぽんきちに向けて書いているわけではありません。ネットの向こうにいる不特定多数に向けて書いていたわけです。それでもその言葉はぽんきちの胸に強烈に刺さったんです。

自分の現状に不満があるのに、それを長年に渡り自分から変えようともせず、これは仕方ないことだとか、自分が置かれた環境のせいにして生きていました。

その人のブログは「この先もずっと自分に言い訳をしながら死ぬまで生きていくつもりなのか?」というメッセージを投げかけているようにぽんきちは感じたんですが、実際の文面はもっと強烈で「そんな生き方をいつまで続けるんだ・・・みっともない、情けない」と一刀両断でした(^_^;)



ぽんきちがブログを毎日書き始めたのはそれから一年後くらいだったでしょうか、ネットで受信するばかりだった自分がその日から発信する側になったんです。当時は自分の中にある迷いを正直に綴っていました。

それ故にぽんきちと同じ迷いを抱えながら生きている同世代の人たちの読者が年々増えていったように思います。ブログはネットに投稿しますから読者は全国に広がっていきました。

転機は3年前に勤め人からフリーランスに転身した頃かもしれません。ブログの読者層が少し変わったかも?と感じているんですが、迷いを抱えながら書いていた自分と今の自分では当然ながら書く内容も違ってきますよね。それ故に一部の人たちからは共感されにくくなった傾向はあるのかもしれません。



ある種、自分に言い訳しない生き方を選んでしまったわけで、常に言い訳しながら生きている人たちにとっては都合の悪い人間がまた一人ネット上に現れたって感じですかね(^_^;)

ただ、ぽんきちは思うんですが、誰が何と言おうと好きに生きればいいと。ネットで誰かが何かを発信して、それが心にグサリと刺さったとしても、自分を変えない人たちは変えないでしょ?

それが他者から見れば今の自分を守るだけの言い訳だとしても、自分の人生ですからどう考えてもそれって自分で選べばいいだけの話ですよね。



発信する側は自由に不特定多数に向かって発信しますから、あとは受信する側の問題だと思うわけです。どんな言葉をネット上で見ようともブレずに自分に言い訳ばかりし続ける生き方も立派かもしれません。だってそういう人なんだからそれでいいじゃん!!みたいな(゚Д゚;)

最終的にはどうせみんな死ぬんだから自分の好きにすればいいじゃん!!って、いつも通りの結論に至るわけでして・・・おさーん(・・;)

俺は死ぬまで自分に言い訳しながら生きてやるーっ!!ブレずに言い訳人生を生きるんじゃーっ、うおおおおおーっ!!(゚Д゚;)

それもありでしょう、結果的に自分が納得できる生き方であればいいと思います。



先日、ぽんきちのファンだという人と話していて、ぽんきちのブログで心にグサリと刺さったりすることがあるって言われました。そうか、ずいぶん前の自分のような人が目の前にいるんだなぁと思って、親しみを感じたりもしました。

かつて、自分の心に巣くっていたものは今は形を変えて悩みとして存在していますけれど、その人の生き方によって悩みの質は変わっていくものなんだなと感じています。



心の闇が何であろうと、我々は近い将来、もしくは遠い未来で確実に死にます。

そして、自分に残された正確な時間は誰にもわかりません。

一週間後、一ヶ月後、一年後・・・絶対確実に生きていると保証されている人は誰一人いません。

だからこそ、なおさら好きに生きればいいと、ぽんきちは思っています。





What do you do if you stab your heart?




That was many years ago. It was at the time that Pinchichi had not yet written a blog and had been busy as a working person on weekday work and music activities on weekends.

I just bought a smartphone from my mobile phone and just came to a place where I could easily read information on the internet even while commuting.

When I read a blog of a smartphone user, the words stuck in my heart.



If you are so dissatisfied, you can leave.

Instead, he complains about others and the environment. I put myself on the shelf and never try to change myself.

Don't complain if you can't leave the place yourself.



Perhaps you read the blog on the train during your morning commute. I don't really remember when it was, but I still remember that that word stuck in the hearts of those days.

The person who wrote the blog was a stranger, so of course he wasn't writing for Punkichi. I was writing for the unspecified majority across the net. Nevertheless, the words stabbed into Pinchichi's chest intensely.

I was dissatisfied with my current situation, but for many years I did not try to change it from myself, and I lived because this was inevitable or because of my environment.

His blog felt like he was throwing a message saying, "Would you like to stay alive and die while making excuses for yourself?", But the actual text was more intense and " How long will I continue to live ... I'm sorry, I'm sorry "(^ _ ^;)



It was about a year later that Pinchichi started writing blogs every day, or he just started to receive messages on the Internet and became the sender from that day. At that time, I was honestly spelling out my own doubts.

Therefore, I think that readers of the same generation who live with the same hesitation as Punkichi are increasing year by year. Blogs are posted online, so readers spread throughout the country.

The turning point may have been three years ago when he turned freelance from a working person. Did the blog readership change a bit? I feel that the content of writing is obviously different between myself who was writing while hesitating and what I am now. Therefore, there may be a tendency for some people to be less sympathetic.



Somehow, I chose a way of life that does not make excuses for myself, and for those who are always making excuses, it seems that an inconvenient person has appeared again on the net (^ _ ^;)

However, I think I'm sorry but no matter who says what, I should live as much as I want. If someone sends something out on the net and it sticks into your heart, people who don't change you won't change it, right?

Even if it's just an excuse to protect yourself from the perspective of others, it's your own life, so no matter how you think it's just a matter of choosing it yourself.



The sending party freely sends the message to the unspecified majority, so I think the rest is the problem of the receiving party. No matter what words you see on the Internet, it may be a good way to live without excuses. Because it's that kind of person! ! It looks like (Д;)

In the end, everyone will die anyway, so let's make it your own! !! It comes to the usual conclusion ... Ooo (・ ・;)

I'll live with excuses for myself until I die! ! I'm living an excuse life without blurring, oh oh oh! ! (Д;)

I think that's true, as long as you can convince yourself as a result.



The other day, I was talking to a guy who was a fan of Pinchichi, and was told on a Pinchichi blog that he sometimes stabbed his heart. Well, I thought that a person like myself long ago was in front of me, and I was delighted.

What once buried in one's heart has changed shape and now exists as trouble, but I feel that the quality of trouble depends on the way of life of that person.



Whatever the darkness of the mind, we will surely die in the near or distant future.

And no one knows the exact time left.

One week, one month, one year ... no one is definitely living.

That's why I think it's even better to live as much as I want.





ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2019/11/15 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする