弾き語りも音楽的なアレンジにしよう〜音楽は作詞・作曲・編曲(アレンジ)までは最低限必要というお話




20190125022707277.jpg





今回のギター講座はアレンジのお話です。

アコースティック・ユニットの場合はヴォーカリストとギターなどの伴奏者がそれぞれにいて役割分担ができた状態で演奏したりします。楽器を弾く人は伴奏に徹することができるので比較的に音楽的なアレンジがしやすかったりします。

ところが弾き語りの場合は歌と伴奏を一人で同時にしないといけませんからどうしても楽器の伴奏がシンプルになりがちですよね。シンプルでいいんですけれどそれはあくまでも音楽的であるべきなんです。

音楽的って何?という話なんですが、例えばバンドでギタリストがアドリブでギターソロを弾いているとします。そのギタリストがその曲のキーのスケールで上がったり下がったりしているばかりのギターソロだったりすると音楽的なソロに聞こえないんです。

手癖でスケールをなぞっているだけのフレーズに聞こえてしまうとそのギターソロは音楽的に感じられないわけです。要するに退屈なギターソロになりがちなんですね。

それと同じように弾き語りのアレンジが定型パターンのストロークだけとかアルペジオだけだと音楽的に聞こえない場合があります。勿論シンプルなストロークやアルペジオだけで十分音楽的な弾き語りもたくさんありますから、そこが弾き語りの奥深さというか、面白いところでもあります。

今回はあくまでも音楽的に聞こえないアレンジしかできないというジレンマを抱えている人たちのために書きます。



まず、ぽんきちが自分でアレンジして弾き語りしている原田真二さんの「キャンディ」カバーのギターアレンジ解説の動画をアップしているのでこちらを視聴してください。



https://youtu.be/QDynTKRRLr0



言葉で説明するよりもこの動画を視聴して頂くのが一番わかりやすいと思います。

補足説明しますと、ぽんきちはユニットでも弾き語りでもアレンジする時はオリジナル曲のベースラインと印象的なフレーズに注目してギターアレンジしています。

アレンジする時は最近はネットでコード譜のサイト(Uフレットなど)である程度コードを見ながら自分で使うコードを決めています。サイトも本もコード譜ってあまり正確ではないのであまり信じ過ぎないことが肝要です。



自分の音域に合う歌のキーがある程度決まったらコードヴォイシングを決めます。例えばキーがDと決まったらカポを使わないDでアレンジするのか?カポ2フレットのCでアレンジするのか?カポ5フレットのAでアレンジするのか?などです。

同じキーがDでもカポを使うかどうか、どのフレットで使うかでそのコードヴォイシングはかなり変わります。アコースティックギターの場合はアレンジが音楽的なものになるかどうかはこのコードヴォイシングの選び方がかなり影響するんです。

今回アップした動画ではキーをAmでアレンジしていますが、この曲のギターアレンジのコードヴォイシングはAmだからこその響きになっているわけです。



そして、このコードヴォイシングを決めるヒントとしてオリジナル曲のベースラインや印象的なフレーズを合理的かつ効果的に取り入れられるか?を考えて決めているんです。

ですから、ぽんきちはアレンジする時にオリジナル曲のベースラインや印象的なフレーズを聴きながら使うコードを決めたりアレンジを考えています。結果的にテンションコードや分数コードを使ったりしがちなのは、それを合理的かつ効果的に取り入れた結果だったりします。

それが音楽的なアレンジになる近道だとぽんきちは考えていて、これは基本的にリズムパターンをオリジナル曲と同じにして楽曲の雰囲気を変えないアレンジの時には威力を発揮します。

カバーの場合は意識的にリズムパターンを変えることでカバーらしさが強調されるアレンジにもなりますから、その場合はベースラインや印象的なフレーズはオリジナル曲とは違うアレンジで自分で最初から作ったりもします。



とにかく音楽は作詞・作曲・編曲(アレンジ)までは最低限必要というお話でして、一般的に作詞作曲はいいけれど編曲(アレンジ)の部分が弱い方々が多いという印象をぽんきちは受けています。

シンプルであっても音楽的なアレンジと感じられたらその楽曲はぐっとクオリティがアップしますし、逆にアレンジが音楽的ではないがためにその魅力が半減してしまうこともあります。

作詞作曲と同じくらい編曲(アレンジ)も大切ということなんですが、演奏スキルの問題も絡んできますので、やはり弾き語りの場合はシンプルなんだけど音楽的なアレンジを目指すのがいいかもしれません。

その場合でもやはりベースラインと印象的なフレーズがそのヒントになると思います。その2点を意識するだけでもシンプルなんだけど音楽的なアレンジに近づけると思います。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2019/01/25 02:27 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする