紙の本が持つ質感を求める人たちはこれからも無くならないと思う〜AIの普及と人間が求める質感について




20181026140613920.jpg





AIの普及によって近い将来に銀行員のほとんどの仕事は失われると言われています。銀行に就職できたら勝ち組という認識は過去のものになる未来がすぐそこまでやってきているのでしょうか?

これと同じような現象が10年後にはあらゆる職種で起こっていると予想されますが、ぽんきちはある種の質感を求められる仕事はこれからも残ると考えています。

例えば、本などはネットで読める時代にすでになっていますが、紙や布などでしっかり装丁された本を求める人たちはこれからも無くならないと思うのです。読むという行為だけならばネットで十分なんですが、装丁された本を読む楽しみはネットでは味わえません。つまりは質感です。

3Dプリンターなどの発達で大量生産だけではなくこれからは多種多様な少量生産にも対応できる時代になると言われています。顧客のコアなニーズにも簡単に応えられるようになると、もう人間の出番は無いのでは?と思いますが、プログラミングされたものでは到底出せない質感というものに対するニーズはこれからも残ると思います。



今日、NHKで本の装丁デザインを考える人たちや装丁を手作りでする人たちを紹介する番組がありました。

村上春樹著「ノルウェイの森」は単行本は上下巻でそれぞれ赤と緑の装丁でしたが、文庫本はどちらも白だったそうなんです。しかし、白の装丁では全く売れず、その後単行本と同じ赤と緑にしたら売れ始めたそうなんです。

本の装丁デザインはまず読者が本を手に取ってくれるかどうか?が大切で、ほぼそれがすべてとも言える仕事なんだそうです。AIによるビッグデータ分析である程度は本を手に取る傾向がどんなデザインであるかはわかると思いますが、生身の人間が持つ感性で生み出されるデザインというものは別の質感ではないか?と思うのです。

この番組の中でとても印象的だったのは、手作りの装丁技術を学んだ方がそのきっかけとなった出来事を話していました。それは15年前に亡くなったお母さんの遺品の整理をしていたら薬の紙袋の裏やチラシの裏に走り書きした自作の俳句がたくさん見つかったのだとか。

それで、その母の自作の俳句を残したいと考え、お母さんの少女時代から母親になってからの写真まで、たくさんの俳句と一緒に一冊の本にするために装丁技術を学んだのだそうです。なんとも素敵な話だなぁと思いましたけれど、それらの写真や俳句をネットでまとめるのは簡単だと思います。しかし、その方は一冊の本にしたんです。これも質感を求めたんだと思います。



AIの普及は職業や仕事の価値観そのものを変えてしまう可能性を持っていますが、紙の本に代表されるような質感を求める人たちはこれからも無くならないと思います。

ぽんきちはアコースティックのギタリストですが、これからも質感にこだわって活動していきたいと思います。

このような質感を持った技術は生涯続けられる仕事である可能性は高いですから、どんなに時代が変わろうとも好きなことを続ける生き方ができたらいいと思っています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/10/26 14:06 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする