携帯電話もスマホのなかった頃の恋物語



https://youtu.be/ph4uPBBF8L8
「めぞん一刻」ダイジェスト版




1980年代に青春時代を送ったぽんきちにとって懐かしい匂いがたくさん詰まっている物語がこの「めぞん一刻」です。

基本的にこの物語の登場人物たちは不器用な生き方をしている人たちが多いんですけれど、若くして逝ってしまった人と残された人、そして新たに出会う人たちのドラマでもあります。

あの頃は今よりもはるかにすれ違いというものが当たり前にありました。気持ちのすれ違いは今も変わらずあるんでしょうけれど、物理的なすれ違いは今とは段違いでしたねぇ。

携帯電話もスマホもない時代ですから、待ち合わせ場所で相手に会えないということが普通にありました。事前に打ち合わせた内容に少しでも勘違いがあったりすると、外出中は今のように電話もメールもできませんからアウトでした(・・;)

それ故に想定外の展開に対応しないといけない場面が多々あったりしました。とにかく自分が思っている場所で待っているのにいつまで経ってもチケットを持っている友達が来ないとか、結局マドンナの福岡ドームライブが観れなかったりとか・・・ありましたねぇ、残念な出来事が(^_^;)

博多駅前でほんの10メートル離れた場所で待っていたのに彼女に逢えなかったりとか、ちょっとした勘違いやすれ違いが当たり前にありました。

ただ、それ故にドラマになり得る出来事も多かったような気がします。ドラマってすれ違いから生まれるものだったりしますから、通信機器が発達した今からは考えられないすれ違いが頻繁に起こっていた時代だったのです。

だから、1990年代後半以降に青春時代を送っている人たちにはちょっとピンと来ないんじゃないかな?って思います。どんだけ今のおいさんやおばさんたちが若い頃にすれ違いの青春時代を送っていたのかを。



ダイヤル式の電話を知らない世代でも、この「めぞん一刻」は楽しめるのではないか?と思います。それは今でも通用する気持ちのすれ違いのドラマだからです。

若くして逝ってしまった愛する人を忘れられない未亡人を好きになったうだつの上がらない若者・・・それよりもぽんきちは三鷹さんが飼っている犬の歯がキラーン!!と光るのがずっと気になって30年になりますが・・・なぜ光るのだ〜!!(゚Д゚;)

そんなわけで、「めぞん一刻」ダイジェスト版は暇で暇で仕方ない若者は観てください。1980年代ってこんな時代だったんだなぁとわかりますので。

では、さいなら、さいなら(^_^)ノ

(これも若者たちには意味不明なはず)







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html



posted by ぽんきち at 2018/09/28 16:42 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする