裁量労働制を浸透させたい人たちとずっと今のままでいたい人たち




20180306111815909.jpg





高度プロフェッショナル制度という名称で成果主義の裁量労働制を導入することの是非が国会で審議されています。政府は裁量労働制を浸透させたいわけですが、今のところ年収1075万円以上の特定の職種の労働者を対象にしているようです。

もし、この法案が可決され施行されたならば将来的には諸条件が緩和されて対象となる職種も増えていく可能性があります。残業手当てを目的にダラダラ仕事をする非効率な働き方を排除して、この国の国際的な競争力も高める効果が期待できるとされています。

要するにこの国も仕事は成果主義に変えていきましょうということなんだと思います。ぽんきちはフリーランスのギタリストになって100%成果主義の生き方をすることを自分で選択しましたが、成果主義は生きるも死ぬも本人の努力と能力次第であることがよくわかります。

ぽんきちの個人的な選択は置いといて、裁量労働制は仕事の能力が高い人たちにとっては歓迎すべき制度なのかもしれませんが、能力の低い人たちにとっては歓迎できない制度ということになります。時間に縛られず仕事の成果で報酬を得られるわけですから、能力が高ければ短時間で高い報酬を得られ、能力が低ければ長時間労働にならざるを得ないからです。



確かにこの国の組織は非効率な部分がまだ多かったり、残業手当て目的にダラダラ仕事をしている労働者はいるのかもしれません。そんなつもりではないけれど基本給が安く残業手当てを当てにしないと生活が苦しくなるという労働者はいるはずです。いずれにしても残業手当てありきで生活を維持している人たちはいるだろうと。

それに加えて問題なのは、いくつかの政党も指摘していますが、サービス残業を余儀なくされている労働者がずっと以前から多く存在している事実と、過労死するまで働くという労働環境の異常性がこの国にはまだあるということだろうと思います。

サービス残業や過労死の問題をクリアできていない状態で成果主義を徹底させようとする方向性にはちょっと疑問があるというか、丁稚奉公的な社畜と揶揄される国民性がある労働現場で裁量労働制というものがどこまで実効性があるのか?と思うのです。

サービスザンギョウ?カロウシ?お〜クレイジー!!(゚Д゚;)と当たり前に言える国民性や社会になっているならば、成果主義や裁量労働制を浸透させることには一向に構いません。しかし、そうはなっていないならば現実と理想のギャップが大き過ぎるような気がするのです。



更に、そんな問題を解消するために労働基準監督署がしっかり指導を徹底的すべきだと政府は主張していますが、元厚労省職員のぽんきちから言わせると政府は監督署の現状がわかっていないとしか思えません。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO27707430V00C18A3PP8000
日本経済新聞Web刊〜健康確保措置も議論し直し厚労相、裁量労働制で

監督署は絶え間なく長時間労働などの違法労働を訴える相談が労働者からある職場なんですが、労働基準監督官の数が全く足りていない現状があるのです。

すべての案件について調査するのは不可能なレベルだと思いますし、長年公務員の人員削減を強いられてきた現場なんです。よほど詳細で確かな証拠を持参して相談しない限り、監督署はすべての調査に動くことは難しいだろうと思います。

霞ヶ関では厚労省職員が一番残業していると言われていますし、今回の国会で提出された裁量労働制を推進すべきとする根拠データのずさんさは組織的な制度疲労を伺わせます。霞ヶ関の職員だって超過勤務の予算には限りがあるでしょうから、多くの厚労省職員たちはサービス残業をしているのでは?と思います。そもそも本末転倒な実態があるわけです。



ぽんきちは仕事の能力が高いならばその努力が報われる社会であるべきと考えています。能力が高かろうが低かろうがみんな報酬が同じだとか、どんなに頑張って成果を上げても成果を上げられない人たちと同じ報酬なのはおかしいと思っています。

しかし、その前に改善すべきことがあるのでは?と思います。過労死という狂気に誰もが陥る可能性とそれを生み出してしまう組織を温存してしまう国民性を何とかしなければ、成果を求められ続ける我々はしんどいだけです。

そして、成果を求められるというこの流れが避けられないならば、なおさら好きなことではないと長く続けていくことは難しいだろうと思います。

能力があってもなくても決められた時間まで働けば固定給がもらえるから好きなことではなくても仕事は頑張れるわけで、成果主義が浸透する未来がやって来るならば、仕事は好きなことにシフトしていく生き方を真剣に考えないと一生働き続けることは難しいだろうと。



ずっと今のままでいたい人たちの気持ちもわかりますが、時代の変化はそれを許してくれないのかもしれませんね。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/03/06 11:19 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする