一本のライブで100人集客できるミュージシャンたち〜本職がサラリーマンから自営業まで様々だけどそんなミュージシャンたちのお話




20180205170313430.jpg





ぽんきちの知り合いのミュージシャンたちの中には一本のライブで100人集客できる人たちがいます。ほとんどのミュージシャンたちは本業がサラリーマンだったり自営業だったりしますが、彼らはいったいどうやってそんな集客力が持てているのか?は多くの週末ミュージシャンにとって興味あることだと思います。

結論から申しますと、ネットで毎日情報発信していても100人集客することは不可能です。ぽんきちの感覚ではこのやり方だけだと一本のライブで20人くらいの集客が限界だろうと思います。

普段から狭いキャパのお店でライブするならばそれでもいいんですが、その気になれば100人集客できるミュージシャンたちは我々と何が違うのか?が今回のブログのテーマです。



あるミュージシャンは普段はサラリーマンとして働いている週末ミュージシャンですが、半年とか一年に一度だけドカンと集客してワンマンライブをします。

基本的に毎月ライブしたり他のミュージシャンと対バンライブはしない主義で、ワンマンライブにこだわって緩やかな音楽活動をしています。

彼と以前お話した時に「俺はたまにドカンと集客してライブするのが好きなんだ。そのためにずいぶんお金を使っているし付き合いも大切にしている。」と話していました。

つまり、彼のライブの観客は彼の飲み友達が中心で、普段からリアルにお付き合いしている人たちばかりなんです。これは手堅い集客方法だと思います。



あるミュージシャンは普段は自営業で働いていますが、ライブは毎月数多くやっていて、県外の遠征ライブも時々やっています。かなり活発に音楽活動をされているミュージシャンです。時々自らの企画ライブを大きなホールでやりますが、多い時は200人くらい集客しています。

彼女の賢いところは地場の企業家たちとたくさんの繋がりを持っていることです。そのためにたくさんのお金と時間を使ってきたと話していました。前述したサラリーマンと同じく、リアルなお付き合いを大切にしているミュージシャンなんですが、特筆すべきは個人だけでなく法人との繋がりを持つことで強力な集客力を持ち得ていることです。

彼女は音楽を仕事にするには対個人だけの活動ではなく、対法人の活動もすべきなんだと、それが集客と報酬に繋がることを理解しているのです。

一般的に音楽では食えないのは対個人の活動ばかりだからです。対法人の活動が持てたならばその報酬は一桁は違ってきます。例えば、対個人だとワンステージ5千円の報酬が、同じ内容のステージでも対法人だと5万円になります。

彼女はそれをよく理解していて、そのためにはどうすればいいか?を常に考えながら活動しています。ある種、音楽活動を仕事にするための具体的な独自の方法論をぽんきちに語ることができた初めてのミュージシャンが彼女でした。



あるミュージシャンは普段はバーのオーナーとして働いていますが、様々なお店やイベントなどで数多く音楽活動をされています。年に一度大きなキャパのホールを借り切ってライブしますが、毎年100人以上の集客をしています。

ぽんきちがミュージシャンとして敬愛している彼の凄いところは毎晩ライブをしていることです。バーに足を運ぶお客さんたちの前で何度か弾き語りをするわけですが、もう20年以上もそれを続けています。

だから、年に一度ドカンと集客するライブを可能にしているわけですが、自らのお店を通じてたくさんの人たちと繋がっているので、彼もリアルなお付き合いを大切にしているミュージシャンということになります。

そして、その音楽性のクオリティの高さがバーに足を運ぶお客さんたちを惹きつけて止まないのです。彼は「毎日ライブするにはどうすればいいのかを考えた。その結果バーの経営を選択したが、バー経営に興味があったわけではなく、毎日人前で演奏できる場所を持つことが目的だった。」と話していました。



彼らに共通するのはどちらかというとネットでの情報発信はFBくらいでそんなにしていなくて、あくまでもリアルなお付き合いを大切にしているということです。

アナログなやり方と言えばその通りなんですが、もう一つ共通するのはお酒ですね。彼らとお客さんたちを繋ぐのはお酒という社交場なんです。

これはぽんきちには絶対できない要素でして、消化器系の持病があるぽんきちには彼らの真似はどうしてもできないのです。そのため毎日ネットで情報発信するしかないと考えていますが、前述したようにネットは所詮リアルなお付き合いには勝てないのです。

せめて、自らの弾き語りの練習のためにフリーマイクのお店に足繁く通うとか、誰かのライブを観に行くとか、知り合いのバーに足を運ぶくらいしかできません。



今のところは狭いキャパのお店でのライブが中心の活動なので毎日ネットでの情報発信は必須と考えていますが、やはりリアルなお付き合いを生み出すためにも人前で演奏する機会を増やすことが必須だと考えています。

ミュージシャンは知ってもらってなんぼ、演奏を聴いてもらってなんぼの世界ですから、それをしない限り集客やリピーターを増やすことは不可能です。

そして、対個人から対法人へのシフトも今後の課題です。お酒のお付き合いができないミュージシャンがどうやってその活動を広げていくのか?一般的に音楽は夜の世界が中心ですからお酒の社交場はつきものですが、自分なりの方法を見つけていかなくてはいけません。



やるべきことはまだまだたくさんあります。今回のブログで最も大切なことは、ライブがある時だけ宣伝や告知をしても集客はできないということです。ネットでもリアルでもいいですが、何らかの発信をして常に繋がりを構築し続けるしかないのです。

とにかく今は人前で演奏を聴いてもらう機会が少な過ぎます。ぽんきちもバー経営には興味ないですが、毎日ライブとは言わなくてもそれに近い環境を作るにはどうするか?を考えています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube) https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします) http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/02/05 17:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする