親が死ぬということ・その3




20171215191232463.jpg





今日は故郷に滞在できる最終日なので、相続関係の相談のため法務局に向かいましたが事前予約が必要とのことでした。

仕方なく相続関係一覧図を作成するために必要な提出書類などを確認して市役所に行ったり、父が残した有価証券の名義変更をするために関係する金融機関を回りました。



昨夜はくたくたに疲れていたんですが、残り一日なので家族の知らない有価証券がある可能性を考えて、深夜遅くまで金庫に保管されていた書類を一人ですべてチェックしていました。

案の定、国債や出資証券が見つかったので今日は母の名義に変更する手続きまではしましたが、まだ遺産相続という大きな事務処理を残したままです。兄弟はいますがぽんきちは頭脳担当なのでまだ息子としての仕事は続きます。



昨夜、金庫に保管されていた大量の書類を整理しながら感じたのは、ぽんきちは父によく似ているんだなと。若い頃からずっと日記を書いていた父なので、ぽんきちが毎日ブログを書き続けているのも血なのかな?と思ったり。

ずいぶん昔の給与明細なども残していたり、昔の定期預金や生命保険などの書類も残していたり、どうでもいいものまで残しているのはやはり親子なんだなぁと思いました。



たくさんの書類に混じって、ぽんきちが若い頃に父から聞かされていた内容とは異なる事実が書かれた書類がありました。

遠い昔、父は我々家族に本当のことを言わなかった、言えなかったんだなということをぽんきちは昨夜初めて知ったんですが、なぜその書類を父は処分せずに保管していたのかはわかりません。

ただ、このまま金庫に戻してしまうといずれ家族の誰かにまた発見されてしまう日が来ることを考えて、その書類はぽんきちが処分することにしました。

あの当時の父の苦悩を、その心境を思うと切なくなりましたが、人生には様々な出来事が起こるし、その過程では真実を家族に伝えない優しさも必要なんだなと、今のぽんきちには当時の父の気持ちが理解できます。

親が死ぬということは、息子としての自分が知らなかった親を知ることでもあると、改めて気付かされました。



今、福岡に戻る高速道路のSAで休憩しながらこのブログを書いていますが、この一週間はあまりにも慌ただしく、疲労困憊する日々の連続でした。

福岡の自宅に着いたら今夜はゆっくり休みたいですね。もう限界に近づいています。

そして、明日からはまたギタリストぽんきちの日々を生きたいと思います。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2017/12/15 19:12 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする