親が死ぬということ




20171213215401583.jpg





月曜日の夕方から苦しそうな声を上げることもなく、ずっと酸素呼吸器を付けたまま眠っていた父が心停止に近い状態になったのはその夜遅く、火曜日の午前1時過ぎでした。

病室のソファーに腰掛けたままうつらうつらしていたぽんきちが気が付いた時にはすでに脈拍が消えかかりそうになっており、看護師さんに起こされて慌てて弟に電話したものの弟は一足遅く臨終には間に合いませんでした。

亡くなった父の顔に自分の頬を押し付けながら感じたほんの微かな温もりは、ぽんきちは一生忘れることはないと思います。



父が眠った状態が続いていた時、姪っ子がスマホを枕元に置いて戦後まもなく流行していた昭和歌謡を流していました。昭和20〜30年代の流行歌ばかりで、父にとっては青春時代に聴いていたはずの音楽でした。

姪っ子はネットで昔の流行歌の人気ランキングがわかるアプリからたくさんの曲をダウンロードしていたらしく、特に趣味もない20代半ばの彼女が、ギタリストのぽんきちさえ思いつかなかった気遣いをすることに驚きを隠せませんでした。

父は昔の昭和歌謡が大好きでしたし、亡くなる直前の人は聴覚だけは最後まで残ると聞いていたので、もしかしたらほとんど反応が無くなっていた父ですが、スマホから流れる昔の流行歌を聴いていたかもしれません。



父の臨終後は葬儀社に連絡して、遺体を運搬した後は朝方5時頃まで打ち合わせをして、仮眠後7時に起床して各地の親戚に電話連絡を始めました。

その日の夜はお通夜で、今日は火葬と葬儀とお寺参りでしたが、男三兄弟の我々息子たちは普段はほとんどコミュニケーションをしていないのに、特に打ち合わせをしたわけでもなく自然にそれぞれの役割分担を見つけテキパキとこなしていました。



火葬場で印象的だったのは、火葬する担当者の人が骨だけになった父の病気をすべて言い当ててしまったことです。

彼は「お父様は膀胱と肺と脳に病気があったんですね。」と言ったんですが、父は膀胱癌でしたし、誤嚥から肺炎を起こして、尿と痰にずっと血液が混ざっていました。数年前には脳梗塞も起こしていました。

火葬した後の父の骨は膀胱と肺と脳の部分が茶色く濁っていて、病気のある部分の骨は火葬後に変色するそうなんです。だから火葬する担当者には死者の生前の病気がわかるらしいのです。



すべてが滞りなく終わり、夜になって実家に着いた時にはぽんきちはさすがにくたくたに疲れていましたが、81歳の母は信じられないくらい元気に台所に立ち、我々息子たちの晩御飯の準備をしていました。

冷蔵庫にあるだけのもので作った母の手料理は最高に美味しかったですが、そんな母の姿を見ているとお年寄りが衰えていくのは一緒に暮らす家族が居なくなるからではないか?と思いました。

久しぶりに全員揃った息子たちに手料理を振る舞えるというその事実だけが、母に底知れぬ力を与えているんだなと心から思えました。



以前、父が生前に何気なく漏らした言葉が忘れられないんですが、「子供を作っても誰一人一緒に暮らす者はいない・・・人間なんて虚しいものよのぉ。」とずっと昔ぽんきちに言ったのです。

父が施設に入所してからずっと独り暮らしだった母は、一緒に食べる人が居ないと食事を作る気にもなれないと時々漏らします。

たまにぽんきちが実家に帰ると広い二階建ての家は真っ暗で、奥の台所の灯りだけがポツンと点いていて、そこに料理好きな母が一人で待っていたりします。



このままでいいはずがないと思いながら、ぽんきちは自分の生きる道ばかりを優先して生きています。

フリーランスになったので毎月帰省を始めると、「途中の高速道路で事故に遭うのが心配だからあまり帰って来るな!」と母はぽんきちに言います。

本当はぽんきちが帰って来るのが嬉しくて仕方ないはずなのにそう言います。



ここままでいいはずがない。

いいはずがないのだ。



奇しくも今日はぽんきちの54歳の誕生日でしたが、明日から父が亡くなったことに伴うお役所関係の諸々の手続きや相続関係のことなど、やるべきことはまだたくさんあります。

その先にも考えるべきこと、やるべきことはまだたくさんあると、疲労困憊した頭の中でずっと駆け巡っています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/13 21:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父を看取った朝に




20171212081905273.jpg





午前1時27分に父は眠ったまま逝きました。


これから通夜と葬儀の準備のためぽんきちは家族と共にそれらの諸々に専念します。


ぽんきちの父に対する想いは過去に書いたブログに凝縮しています。


http://milkysionray.seesaa.net/article/425989943.html
人を好きになることは狂気の沙汰である




父に感謝の気持ちを込めて









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/12 08:20 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我々が死の直前に見るものは何なのか?




20171211162754329.jpg





現代人の我々のほとんどが病院で死を迎えます。

医療に従事する人たちの多くが認識していることらしいのですが、我々は最期の瞬間にとても驚いたような表情で死を迎えることが多々あると聞いたことがあります。

我々は死の直前に何かを見るようなんですが、ほとんどはそのままあの世に旅立ってしまうため、それが何なのかは誰にもわかりません。

ただ、驚いたような表情をするということは予想外の何かが目の前に現れているのかもしれません。現世の常識や言い伝えでは知り得なかった何かが我々を迎えに来るのかもしれません。



赤ん坊から幼児期にかけては見た目では男女の違いはあまり区別がつかなかったりします。やがて性差がはっきりとわかるようになり、大人になって多くの人たちは命のリレーをすべく結婚し子供を産み育てます。

長い人生の果てに年老いると再び性差がはっきりしないくらいに衰えていきます。お爺ちゃんもお婆ちゃんも男だか女だかわからなくなりますが、ご本人たちはきっと何歳になろうとも男だし女なんでしょうね。

男が男であるうちに、女が女であるうちに、我々はそれぞれの役割を果たすべく結婚したり仕事をしたり、やりたいことが見つかれば趣味や仕事に没頭したりして一生を終えます。

人の夢は儚いと書きますが、儚いなりに精一杯、我々は誰かのために、そして自分自身のために生きて死んでいくんだろうと思います。



その価値は人それぞれなんでしょうけれど、それは長さではなくて中身がどうなのか?なんだろうと思います。

間もなく癌のため最期の時を迎えようとしている父は延命治療を望みませんでした。もう十分に生きたと思えたのでしょう。

10代から勤めた会社を転職することなく60歳で定年退職を迎え、その間に3人の息子たちを育て上げ、退職後は先祖代々から続く家を守り続けて生きる母のために新築の立派な家を建ててあげた。



ぽんきちも父は十分に生きたじゃないかと思えますが、父が最期に見るものは看取る我々には永遠にわからないんでしょうね。

いずれ自分にもその何かを見る時が訪れます。

今はしっかり父を見送ることだと思っています。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/11 16:28 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック・ジャックとドクター・キリコ




20171210131311654.jpg




ぽんきちが少年時代に週刊少年チャンピオンに連載されていた手塚治虫の漫画「ブラック・ジャック」はぽんきち世代の人たちならば知らない人はいないと思います。

手塚治虫作品の中でも最もぽんきちが夢中になって読んだ漫画なんですが、人間はどんなに辛い状況であっても生きる努力をすべきだというブラック・ジャックとは対照的に、安楽死こそが人間の尊厳を守る選択肢であるというドクター・キリコという医師が登場します。

キリコはもう助からないとわかっている患者や安楽死を望む患者に薬物を注射して眠るように死を与えるのです。

そんなキリコとブラック・ジャックはいつも激しく対立しますが、どちらもブレない信念を持っており、自らが信じる医の道でそれぞれに様々な患者と関わっていきます。

まだ少年だったぽんきちは圧倒的にブラック・ジャックが正しいと信じて当時は漫画を読んでいました。手塚治虫氏が我々子供たちに伝えたかったメッセージも「どんなに辛くても最後まで諦めず強く生きることの大切さ」だったんだと思います。



今、ぽんきちは膀胱癌のため死期が近づいている父に付き添うため帰省しています。尿だけではなく吸引する痰にも血液が混ざり、時には吸引しきれないほどの大きな血の塊が吸引器の先端にぶら下がっていたりします。

癌細胞は体のあちこちに転移し出血をもたらしているのかもしれませんが、高齢のため延命治療は望まないという本人の意思を尊重して、現在は栄養補給のための点滴を投与するのみです。

家族である我々はただ見守るだけなんですが、周期的に苦しげに大きな声を上げ続ける父を見ていると「こんな状況がいつまで続くんだ?もう楽になってもいいんじゃないか?」と思ってしまうのです。

ぽんきちは過去に2度大きな手術を経験しています。5年前に2度目の手術の麻酔から覚めた直後から、5日間まともに眠ることができない程のこの世のものとは思えない激痛を経験したぽんきちなので、苦しみ続ける父を見守りながらある種の疑問を感じざるを得ないのです。



どんな激痛であろうと峠を越せばまだ生きられるという前提があったぽんきちとは全く違います。

この先に待っているのは死ということがはっきりわかっていても、激痛に何日も耐え続けなければならない理由がわからないのです。

ドクター・キリコの言い分はこうです。「俺は戦争で従軍医師として働いたが、爆撃で瀕死の兵士たちに薬を投与して安楽死させてやるとみんな感謝しながら死んでいったよ。」「だから俺はもう助からない患者には安楽死を与えることで彼らを救う医の道を選んだんだ。」



今のぽんきちにはこれ以上父が苦しみ続けなければならない理由がわかりません。

昨日は父に付き添って二日目でしたがとても疲れました。ただ見守っているだけなのに実家に帰宅してからぐったりしました。

今日は三日目ですが、予断は許さないものの父の意識は意外にはっきりしており、最期の時がいつ訪れるのかは家族の我々にもわかりません。



今のぽんきちにはブラック・ジャックとドクター・キリコのどちらが正しいのか、よくわからなくなっています。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/10 13:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者のためのアコースティックギター講座〜アコースティックライブがまだ苦手な弾き語りストのために




20171209225514568.jpg






今回のギター講座は弾き語りライブでのMCや歌やギター伴奏に関してぽんきちが考えている諸々について書きたいと思います。初心者ギタリストにとって参考になれば幸いです。



結論から申しますと、弾き語りストとしての自分というものを知りましょうということです。まだ弾き語りライブの経験は浅いぽんきちですが、浅いなりに現時点で感じていることを正直に書きます。



まず、ぽんきちの弾き語りライブの特徴を書き出してみます。

・MCがお客さんと対話方式になっている(意識的にはしていないが自然にそうなる)

・自分で考えたMC3原則(曲の紹介、対バンについてコメント、お店についてコメント)でライブしている

・歌が下手(ピッチが不安定)

・自分の弾き語りなんて大したこと無いと思っている

・気合いが入っていない

・平気で歌もギターも間違える

・間違えることは大したことでは無いと思っている

・歌が下手で平気で間違えてもチャージを払っているお客さんに申し訳ないと思っていない(これは事故に遭ったようなもので人生にはよくあることだからと思っている)

・楽しくないライブなんて最低だと思っている

・ぽんきちに完璧な弾き語りライブなど誰も期待していないと思っている

・仕事上の必要性から弾き語りライブをしている(何かを伝えたいとか歌いたいという動機が全く無い)

・もし歌伴ギタリストのぽんきちが完璧な弾き語りライブができるようになったら嫌みでしかないと思っている

・嫌みになってもいいのでやるからにはクオリティの高い弾き語りができるようになりたいと思っている

・気合いは入ってないけれど下手なりに精一杯やっている

・基本的に脳と体に染み付いた曲をカバーしている(10代の頃によく聴いていた曲のカバーが多い)



ざっと挙げてみましたが、こんな感じなんです。何が言いたいのかと申しますと、ぽんきちは弾き語りライブというものは虚飾してはいけないと思っているのです。

ありのままの自分というものが出せるならばそっちの方がいいだろうと。綺麗に繕うことやカッコよく見せようとすることはしなくていいと思っています。

ぽんきちでさえこんな無責任な弾き語りライブをしているわけで、初心者ギタリストの皆さんがあれこれ考え過ぎてしまって結果的に自分らしさの無いライブになってしまうのは勿体ないと思うのです。



勿論、普段から歌やギター伴奏の練習は大切なので、それはやり過ぎても足らないくらいなんですが、ステージに上がったら余計なことは考えなくていいと思います。むしろ、よく見せようとするから上手く行かないんです。

たくさん練習してライブに臨めば言い訳する必要も無いわけで、あとは無心で弾き語りするだけです。

アコースティックライブの場合はMCがポイントになったりしますが、上記のMC3原則を意識すればいいと思います。但し、曲の紹介をすればいいと言ってもタイトルだけ言って歌い始めればいいということではありませんので。

その曲が生み出された背景だとか、自分がその曲を選んだ理由だとか、しっかりストーリー性のあるMCにしないと意味がありません。

ですから自分が歌う曲というものはその時代背景などを深く掘り下げて知っておくことが大切だと思います。そういう知識も無く、調べようともせずにライブで歌うから、ただタイトルだけを紹介するつまらないMCになるんです。



MCはお客さんに次の曲を聴いて頂くための心の準備みたいなものを作り出す効果があります。アコースティックライブの場合はそんな要素がその場の雰囲気を良くも悪くもする程の効果を持つのです。

そんな時でも熱い想いはあってもあまり語らなくていいと思います。メジャーなプロミュージシャンじゃないわけですから、自分のファンなんているかいないよくわからない現場なんですから。熱く語るほどしらけますので、とにかく目指す世界は大きくてもいいですが、現実には一般庶民である自分というものをまずは知りましょう。

その上でライブはエンターテイメントですからステージに立つに相応しい衣装で臨みましょう。いつもの自分よりよく見せようとするのはステージ衣装くらいでいいと思います。




今日のまとめです。

練習不足とかの言い訳は要らないし、メジャーなアーティストになっているかのような熱い語りも要りません。アコースティックライブは真の自分というものを知った上で弾き語りする !!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0


ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/09 22:56 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんなにピッチが不安定な歌でよくライブができるよね




20171208212300305.jpg





俺か?

俺の弾き語りのことか?

はい、できます!!

というか、それでもやりますというのが正しいです。



それって迷惑なんですよ、こっちはお金を払ってるんだから!!

という意見もあると思いますが、新人のうちは上質なサービスが提供できなかったり、お客さんに満足してもらえなかったりすることはあると思います。

自分が理想とする音楽をしたいとか仕事をしたいとか、誰でも考えるものですが、そこに達していないうちはやらないと言うならば、いつになったらそこに達するのでしょうか?

まだ準備不足だからという理由が多いんだろうと思いますが、準備している間は自分の理想に達することはないと思いますけど(・・;)



つまりは音楽であれば未熟な自分を見られたくない、仕事であれば失敗したくないなんでしょうね。

でも、いくら準備しても本番に身を置かなければ未熟なままだし、成功のしようがないでしょう。

準備というものはスタートラインに立つためにするもので、理想に近づけるための行為は実際にスタートしてからです。

どんなに練習しても、どんなに勉強しても、本番を迎えないうちはスタートさえしていません。

だから、とにかく始めればいいと思います。ある程度の準備ができたらスタートラインに立ってとにかく動き出す。



実際に動き出せばどんな練習をすべきか、どんな勉強をすべきかがわかってくるはずです。

未熟な自分ならば変化していく姿を見せつければいいし、失敗する過程には経験者にしか知り得ない学びがあるはずです。

未熟なうちから動き出すのでたくさんの無駄があるし、試してみたけれど効果が無かったということもたくさんあると思います。

でも、あのイチローでさえ「僕は実践の中でたくさんの無駄を試みてきたし、たくさん悔しい思いをしてきた。」と語っているんです。誰もが認める天才の彼でさえそうやって実践の中で生きているわけです。

凡人の我々が無駄のないやり方で成功したいなんておこがましいにもほどがあるのです。



あんなにピッチが不安定な歌でよくライブができるよね( ̄∇ ̄)

そう言われたならば、とりあえず「はい、どーもすいません!!(`_´)」とでも言っておきます。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/08 21:23 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべてはインスタ映えしている




20171207191721267.jpg




最近はInstagramがSNSの主流になりつつあるんですかねぇ・・・「インスタ映え」が流行語になるくらいですからやはりそうなんでしょうね(・・;)

おいさんはついていけない感もありますが、だいたいこの絵文字↑がまたおいさんなんですよねぇ(^_^;)

って、またおいさん特有の絵文字を使っちゃった(>_<)

また使っちゃった(゚Д゚;)

だから時代についていけないおっさんになるんだよ!!お、お、おさーん!!(`_´)



そうは申しましても、ぽんきちもとりあえずInstagramは利用していますが、これは映えるかも?と思う写真を中心に少しアップしているだけです。SNSとしての機能はほとんど使っていません。

Facebookもそうですが、なるべく映える写真をアップしたいと思うのが人情でして、そんなことばかりしていると自然に「自分をよく見せる」という行為になってしまいます。

ネットは兎にも角にも自分をよく見せたり、面白く見せたりすることに注力しがちです。写真だけではなく言葉でもそんな傾向はあるだろうと思います。



これだけSNSに写真をアップし、ブログを中心に言葉をたくさん投稿しているぽんきちが言うのもあれなんですが、ネットだけでは人間は判断できないということです。

写真も言葉も「インスタ映え」を意識してアップされる傾向がある限り、その人の本質はネットだけではわからないということです。ネットはバーチャルだから信用してはいけないと以前ブログにも書いた記憶がありますが、これだけ毎日ネットに投稿しているぽんきちですらそう思っています。

なぜならばネットは良い部分だけを切り貼りできるからです。だから人は実際に交流しないとわからないのです。一度や二度会ったくらいでは交流しているとは言えません。ネットで受ける印象とその後ほんの数時間会ったくらいの印象の合計だけでは人というものはわからないものです。



すべてはインスタ映えしているのです。

ぽんきちのブログをよく読んでいるという人たちはぽんきちをポジティブな人間だと思っている傾向があると思います。

以前もブログに書きましたが、ぽんきちはネガティブで暗いんですよ。

俺は暗い・・・暗いおっさんなんだ・・・お、お、おさーん!!(`_´)



救いようのないおっさん地獄にハマるブログになってますが、何を言いたいのかと申しますと、ネットとリアルは一致するとは限りませんよということです。

ぽんきちの暗さは実際に交流すればわかります。最近はリアルに付き合いのある人たちから「あなたの言う暗さがよくわからない。」とも言われたりしていますが、真実が見えにくくなってるだけでしょうね、たぶん(o゚▽゚)o



とにかく、ネットの印象だけで判断してはいけません。

すべてはインスタ映えしているんですから。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2017/12/07 19:17 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきち弾き語りライブのお知らせ〜今月から平日の夜はHOMEで弾き語る




20171206173228506.jpg






https://youtu.be/S3gqwfKcMrg





12月21日(木)福岡市中央区舞鶴1-1-30 天神ウィングビルU-4F
親不孝通り「HOME」

オープン 19:30
スタート 20:00

チャージ1500円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

ぽんきち(弾き語り)
古荘由美
たけっち


HOME
【Tel&Fax】092-716-5373
【Website】http://home-mori.com





福岡市内でも屈指のライブ本数を誇るライブバーのHOMEですが、今月からなるべく平日の夜は弾き語りライブでお世話になりたいと思っています。

HOMEでは週末のライブは自分のユニットを優先させたいという気持ちもありますし、これほど平日の夜にライブをやっているお店も珍しいので、ぽんきち自身いろんなミュージシャンと対バンをして修行を積みたいのです。

ソロ弾き語りライブを始めてまだ半年にならないので、とにかく場数を踏んで磨いていこうと思います。

平日の夜ですからお仕事帰りにお時間ありましたらぜひお立ち寄りください。

年末でお忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします(^_^)ノ







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/06 17:33 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニットを始めた頃に評価されなくても自分たちを信じて続けていればその活動は広がっていくものである(長文なので時間がある時にお読みください)




20171205203542968.jpg





ユニットを始めると周りの人たちが雑音とも思えるようなことをいろいろ言うことがありますが気にせずに活動するのがいいと思います。

最初から評価されることはあまりありませんので諦めずに自分たちを信じて活動してください。

これから書くことはこれまでも別のテーマのブログ記事で触れたことがあるかもしれませんが、過去にぽんきちがリアルに経験したこと、そして今も現在進行形で経験していることを書きます。



ぽんきちの場合、邦楽カバーユニットのレイぽんの結成にあたっては理解してくれたのは昨年急逝したPAの音吉さんだけでした。

それからしばらくの間も身近な人たちの中でも理解者は少なく、未熟なユニット故に厳しいライブが続いていたので、レイさんには「とにかくぽんきちを信じて付いて来て欲しい。」と言っていました。

その後、まだ活動初期の頃でしたが北九州のFMラジオ番組に定期的に出演するご縁を頂いて、レイぽんがカバーしていた横溝正史シリーズの主題歌を歌っていた茶木みやこさんと仲良くなったり、一時期でしたが仲間たちのミュージシャンをそのラジオ番組に出演させたりする活動ができるようにまでなりました。

ぽんきちが予想していたよりもユニットの活動が広がっていったので、当時ぽんきち自身が驚いていたくらいでした。



洋楽カバーユニットのTeTeも同じく結成して活動を始めた頃は理解者は少なく、やはり未熟なユニット故に厳しいライブが続いていました。

時には「あなたのようなヴォーカルがチャージを取ってライブするなんて信じられない(`_´)」とたまたま客席にいた見知らぬ自称プロのジャズシンガーから厳しい言葉を投げかけられ、落ち込んでいるなっちゃんに「そうか、そんなことを言われたのか・・・大丈夫!!とにかくぽんきちを信じて付いて来て欲しい。」と言っていました。



この辺りのお話はこれまでも過去に何度か書いてきましたが、レイさんにしてもなっちゃんにしてもユニットの活動初期はかなり厳しいものがあったのは事実です。

しかし、彼女たちはぽんきちが相方として選んだヴォーカリストです。ミュージシャンが自分の相方を信じられなくてどうすると思っていますし、今でも彼女たちに批判的な意見をされてもぽんきちは基本的にスルーしてます。戦うだけ無駄なので反論はしません。ただ聞き流すだけです。

ぽんきちはいつも「自分が彼女たちを信じなくていったい誰が信じるんだ?」と思っています。ユニットとはそういうものですし、長年活動を共にしている相方ならば信じるのが当然です。



TeTeも身近な人たちの中にも理解者が少ない時期がしばらく続きましたが、ミュージシャンの中ではINN6のPちゃんとゆーすけさん、そしてコースケさんは活動の初期から評価してくれていました。

INN6のPちゃんは「ぽんきちさん、TeTeはいずれホテルでもどこでも演奏できるユニットになりますよ。」と予言していて、ぽんきちは「マジで!?それは無いと思うけど・・・」と答えていました。

その後、彼女の予言は見事に的中し、TeTeはホテルで演奏するようになったり、最近では行政からコンサートの出演依頼まで頂けるようになりました。

INN6のゆーすけさんは「なっちゃんは30代に入ってからもっと良くなるヴォーカリストだと思う。」とずっと前から語っていて、30代になって現在は育児に専念するため活動休止中のなっちゃんですが、復帰後はゆーすけさんの予言どおりになるのかもしれませんね。



コースケさんはTeTeが活動一年目を迎えたばかりの頃、まだ未熟なユニットだった我々をマンスリーライブに誘ってくれました。

その後、4年半の長きに渡っておとぼけコースケでマンスリーライブをさせて頂いたのですが、TeTeはおとぼけコースケに育ててもらったユニットと言っても過言ではありませんし、TeTeに対する厳しい評価がある中で彼らの存在はぽんきちにとっていつも心の支えになっていました。



自分が信じて活動しているユニットが身近な人たちからも評価されないというのはかなり辛いことなんです。

基本的にぽんきちは頑固で周囲の人たちから評価されなくてもブレないんです。今でも評価してくれない人たちは確実にいますし、たまに完全否定もされますけど、やっぱりブレないですね。あ〜、またこの人か・・・仕方ないなぁと思うくらいです(^_^;)

それでも自分の中でストンと腑に落ちるアドバイスだったりするとぽんきちはあっさり変えたりすることもあります。自分の中にある軸がブレない範疇ならばオプション程度の内容ではあっても的確なアドバイスならばいとも簡単に自分を変えたりします。



音楽に限りませんが、自分が何をやっても気に食わない人たちって確実にいますので、周囲の評価を鵜呑みにしない方がいいと思います。彼らはまるで重箱の隅をつつくかのように些細な欠点を見つけては執拗に批判します。

彼らはほとんどの場合、一方的なんです。こちらは何もしていないし批判もしていないのですが、なぜか一方的に批判の対象にされてしまうのです。

それ故にその理不尽さに人知れず悩んでしまうのですが、身近な人たちの中に厳しい評価をする人がいるとむげにできないのでそこが困りものでもあったりします。



それでもINN6やコースケさんのようにわずかでも評価してくれる人たちがいたら本当に救われますし、いつまでも全く誰からも評価されないとさすがにぽんきちも「あれ?もしかして俺のやってること間違ってるのかな?」と疑うようになると思います。

これは余談ですが、TeTeに関しては面白い傾向があって、ぽんきちが尊敬しているミュージシャンほどTeTeに対して好意的な意見を持っているのです。これはぽんきち自身ブログに書いたりあまり誰かに話したりはしてこなかったんですが、TeTeというユニットはぽんきちにとってある種のリトマス試験紙なのです。

これまでぽんきちがTeTeのギタリストとしてたくさんのミュージシャンと関わってきた過程で様々な意見をされるシーンがありました。その中で「この人は他のミュージシャンとは何かが違うな・・・」とぽんきちが感じる人ほど印象に残る意見をぽんきちに投げかけてくれるのです。

彼らには何かが見えているみたいにぽんきちは感じることがあるのですが、それについても触れたいと思います。



今回のブログのテーマでこれから書くことが一番の肝なんですが・・・

評価ということについて面白いのが、最初から評価してくれる人たちってまだ未熟なユニットの頃から、まるで未来が見えているかのように評価してくれるんです。

彼らには「このユニットは成長する」ってわかるみたいなんです。

そして、最初から評価しない人たちってどんなにユニットが成長しても評価しないんです。

これってもしかして結局のところ音楽の理解とかは関係なく好き嫌いなんじゃね?って思ったりもしますが、おそらくどんなに成長しても評価しない場合は好き嫌いで言ってる可能性があります。



ではユニットが未熟な頃から評価できる人たちはなぜ好き嫌いだけで言ってないかと申しますと、前述したPちゃんの発言です。彼女はTeTeの将来の活動の内容まで言い当てていたからです。

具体的にそこまで言うか!?と当時のぽんきちは不思議に思ったんですが、本人たちが意識できなかった活動内容のことまで言われると、これはもう好き嫌いのレベルではないなと。

このような経験をぽんきちはリアルにしたものですから、自分が信じて活動しているならば、厳しい評価があったとしても続けた方がいいと思っているのです。

厳しい評価があると自分たちのスタイルなどいろんなことを変えようとする人たちもいますが、変えてもいいんです。大事な軸さえブレていなければ。



そして、どんなに成長しても評価されないこともありますから、そういう時には彼らの意見もとりあえず聞いてあげてください。

おそらく、その人たちには評価したくない理由が何かあるのでしょう。その何かを詮索するのは野暮というものです。前述したように彼らはユニットがどんなに成長しても重箱の隅をつつくかのように欠点を見つけては批判します。

ぽんきちが想像するに生理的に嫌いだからとか自分の自尊心を保持するために周囲に批判してみせたりだとかいろいろなんでしょうけれど、人にはそれぞれ事情というか、その人にしかわからない理由があったりします。

もし批判されて感情的に反論している自分がいるならば、自分の中にあるその軸はその程度のものなのか?と疑いましょう。批判されてもブレない軸を持ちましょう。

そして、軸がブレない自分でいると同時に、批判する理由は批判する人たち自身の中にこそある場合もあるということに気付きましょう。黙っていられない何かを抱えている彼らは一方的に批判することで自分自身をやっと支えられているかもしれないからです。



結局のところ、自分が納得できれば変えればいいし、納得できなければ変えなければいい。

自分の中にブレない軸を持っていればいいと思います。

ですから、自分が信じて表現しているユニットなどの活動があるならば、誰かに批判されても、例え成長していても評価してくれない人たちが一定数存在していたとしても、決して諦めずに活動を続けてください。

そんな人たちの意見を鵜呑みにしないでください。ほとんどの場合、一方的に批判してくるわけですから、彼らの心の闇にずっと付き合う必要などありません。信じるべきは自分たちと未熟な頃から未来を予見して支えてくれた先輩や仲間たちだけでいいじゃないですか。



もし、そんな先輩や仲間たちが周囲から高い評価を受けているようなミュージシャンならば尚更です。彼らの先見性を信じて、自分たちを信じて活動を続けるべきとぽんきちは思っています。

いろんな人たちが頼みもしないのに批判とも思えるアドバイスをしてくる。誰の言葉を信じていいのかわからないと言うならば、今現在その人がどんな活動をしているかで判断してください。その人の過去はどうでもいいです。今のその人がどんな生き方をしているかを見て判断してください。

過去の栄光と呼べるような活動があったとしても過去は過去です。過去ばかり語る人の言葉よりも今をどう生きているかに注目してアドバイスを受け入れるかどうかを自分で決めてください。

ぽんきちが知る限り、優れたミュージシャンほど現在進行形で活発な活動を続けており、頼まれもしない批判的なアドバイスなどわざわざ他人にしたりしません。

もし、今はまだ未熟で満足できる評価が得られていない人たちがこのブログを読んでいるならば、ぽんきちが書いていることをぽんきち自身が実際に体験したひとつの事実として参考にしてください。



信じて活動を続ける先にしか未来は拓けません。

時には心無い批判に傷つくこともあるのが自分を表現する活動というものなんだと思います。

どうかブレない軸を持って頑張って活動を続けてください。

自分を表現する活動とは今この瞬間を自分が生きている証しであり、未来に続く新たな展開の扉でもあるのですから。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/05 20:36 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきち弾き語り「原田真二〜キャンディ」カバーライブ動画




20171204215934903.jpg





https://youtu.be/yjHd_jogpls




一昨日の弾き語りライブ動画をありちゃんがアップしてくれました。ありがたや〜(o゚▽゚)o

ぽんきちは8月から月一回のペースでソロ弾き語りライブを始めたので今回は5回目でした。アンコールも含めて7曲歌いましたが、ビデオ撮影の映像を観てなんとかアップできそうなのは1〜2曲くらいでした。

今回は初めてコード譜や歌詞を見ないですべて演奏しましたが、やはり変なところで間違えたりしますね(・・;)

それと全体的に歌がまだ厳しいのでネットに全編をアップするのはちょっと辛いなと。せっかくありちゃんが綺麗な映像で撮影してくれたのに彼には申し訳ないけれど、これからもっと上達したら他の曲もアップできるようになると思います。



まだあまり認知されていないぽんきちの弾き語りですから、こんな風に映像で記録が残ると宣伝材料になるのでありがたいですね。

弾き語りライブはこれから本数を増やしていかないといけないし、地元の福岡は当然ですが、実家のある大分方面にぽんきちは進出したいと考えています。

実家で独り暮らしをしている母のことが心配なので、帰省の途中でライブできるようにこれからは大分県内でも音楽活動ができる環境を作っていきたいのです。

相方のヴォーカリストたちに頼ることなく活動できるようになるためにも弾き語りの実力をもっとつけなければいけないと思っています。



しかし、ギターを弾きながら正しいピッチで歌うってめっちゃ難しいですね( ̄。 ̄;)

こんな状況ですが弾き語りでもよろしくお願いいたします!!








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/04 22:01 | Comment(0) | ぽんきち弾き語り[動画] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする