1977年の楽曲をカバーすること〜中学生の頃に聴いた音楽の影響力について




20171014113751719.jpg





歌うことに興味が無いぽんきちが諸事情により最近弾き語りを始めたわけですが、当初は何を歌っていいやらわからなかったのです。

ところが最近になって自分の弾き語りは1977年にリリースされた楽曲のカバーが大半を占めていることに気が付いたのです。

1977年と言えばぽんきちが13歳〜14歳を過ごした中学生の頃です。何を歌っていいのかわからなかったぽんきちにとって、当時の音楽は今でも歌詞が記憶に残っていて自然に歌えたりする音楽でした。

歌いたい曲が特に無いならば自分の体に染み着いている音楽を弾き語りでやろうと考えた結果、ぽんきちの弾き語りはほとんど1977年前後の曲たちばかりになってしまいました。

このままで行くとぽんきちのキャッチフレーズは「1970年代を弾き語るおっさん」になってしまう・・・お、おさ〜ん!!(`_´)



最初から明確に1970年代を狙って弾き語りを始めたわけではなく、結果的に現時点ではそうなってしまっただけです。

ただ、商品を届けるターゲットを絞るという視点から考えると1970年代に特化した弾き語りストになるのもありかも?と考えています。

おそらく、ぽんきちと同世代かそれ以上の世代の方々にとっては懐かしさと共に今でも生き続けている音楽であることは間違いないわけですから。



以前からぽんきちはなぜか60代くらいのおじいちゃん(若者にとっては)と言うか、おじさんから好かれるのです。ライブが終わった後で見知らぬおじさんから「あんたのギター好きやなぁ。」と帰り際に言われたりすることが多かったのです。

彼らにとっては1970年代はまさに青春時代の真っ只中であり、今でも生き続けている音楽でしょうから、ぽんきちの場合はギター演奏だけではなく、これからは弾き語りもおじさん達に特化して受け入れられていくのかもしれません。



1970年代を弾き語るおっさんかぁ・・・お、おさ〜ん!!(゚Д゚;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/10/14 11:38 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする