アコースティックギターのサドルとネック調整までやってしまう歌う理容師のお話




20171010190346006.jpg




歌う理容師「博多屋勇治(はかたやゆうじ)」は本業の理容&美容院「ユフラン」のオーナーでもありますが、マニアック過ぎる趣味の持ち主です。

それはアコースティックギターのサドルとネック調整というギターのリペアです。これまで何度も試行錯誤や失敗を繰り返しながら現在はかなりクオリティの高い調整ができるようになっています。

今回、ぽんきちが彼にサドル調整を依頼しようと思ったのは、先日、散髪のためユフランに行った際に彼のGibsonギターを弾いてその弾きやすさに驚いたからなんです。自作のネックアイロンセットでネック調整したギターだったのです。



ネックは内部にトラスロッドという金属製の棒が入っていて、それを回すことでネックの反りを調整しますが、トラスロッドでは7フレットあたりまでしか調整できません。もっとハイポジションの位置での反りは添え木で固定して、ハロゲンライトで熱を一定時間だけ加えることで調整します。


20171010190446420.jpg

これが自作のネックアイロンセットです。マニアックぶりが凄いです( ̄∇ ̄;)

彼はマニアックな趣味が高じてハイポジションの反りまで自分で調整してしまいますが、今回ぽんきちはとりあえずサドル調整だけを依頼しました。



今回はアコースティックギターのサドルをグラフテック社のTUSQに交換してもらいました。これは自然素材の牛骨や象牙と違い100%一定品質のサドルです。ギターの弦の周波数帯域を無駄なく最大限に引き出し、澄んだ高音から深みのある低音まで幅広いサウンドを得ることができるサドル・・・と説明書きがありました。


20171010190502949.jpg

定価は税抜き1000円で、一般的な牛骨のサドルの倍近い値段ですが、牛骨よりも加工がしやすい素材が使われているそうです。昨日買ったばかりのサドルとギターをユフランに持参し、早速加工してもらいました。


20171010190516167.jpg

上がオリジナルで下がTUSQのサドルです。


20171010190610826.jpg

まず定規で高さを計りマーキングをしてからサンドペーパーで高さ調整をします。今回はオリジナルのサドルよりも1mm程度低く調整してもらいました。これだけでもかなり弾きやすくなるんです。


20171010190531986.jpg

削った後は粉をブラシで綺麗に落とします。少しでも粉が残っているとギターの音に悪影響があるらしいです。


20171010190712997.jpg

高さ調整したサドルをギターのブリッジに固定します。


DSC_2082.JPG

弦を張って完成です。



ローコード中心の弾き語りばかりであれば弦高が高くてもいいのですが、ぽんきちのようにハイポジションも多用するアレンジのギタリストの場合は弦高を低くすることでプレイアビリティが向上するので、各段に弾きやすくなるのです。

最近アレンジしたばかりの曲でどうしても弾きにくいフレーズがあって苦労していたのですが、おかげさまで何とか楽に弾けるようになりました。



弦高を低くすると弦のテンションが緩くなります。ぽんきちはライトゲージで全音下げチューニングという、通常ではあまりギタリストがしないチューニングでほとんどの楽曲を弾いています。

更にテンションが緩くなると音的には微妙なんですが、心配していた音色も何とか使えそうな範疇でした。低音弦が少しパワー不足ですがピッキングの角度を変えることで対応できそうです。

一般的には弦高がある程度高い方が音色は良いので、ギターは音色と弾きやすさのどちらを選ぶべきか?はギタリストの考え方次第でもあります。

今回ぽんきちは弾きやすさを選択しましたが、ぽんきちのようなタイプのギタリストはある程度弾きやすさを優先せざるを得ないだろうと思います。様々なヴォーカリストの伴奏をするので、演奏する楽曲のタイプも様々になります。それ故にプレイアビリティ重視にならざるを得ないからです。

本来ならば弦がサドルに触れる部分も削って微妙なピッチ調整をする必要がありますが、今回は急ぎのレコーディングを控えているのでこれで十分です。



今回は博多屋さんの友情に甘えましたが、最近は知り合いのギターのネック調整などをサービスでやっているそうです。将来は彼の本業にギターのリペアも加わる仕事に繋がるかもしれませんねぇ。

アコースティックギターのリペアは楽しくて仕方ないらしいので、マニアック過ぎる趣味が高じて仕事にまで発展したら面白いですね。


DSC_2084.JPG

BarBerユフランの情報はこちら。


https://www.facebook.com/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3-182546528589991/
「BarBerユフラン」FBページ







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/10/10 19:09 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする