無駄な努力も惜しまずする人が出世するのか?〜ホリエモン型とイチロー型について




20171001233618664.jpg





無駄な努力って必要なんでしょうか?

ちょっと前にホリエモンが「何年も修行する寿司職人はバカだ!」と発言して物議を醸しましたが、現実的には無駄な努力も惜しまずする人が出世しているような気がします。

例えば、イチロー選手は試合で使えそうないろんなアイデアを試しているけれど、そのほとんどは無駄に終わると。それでもその積み重ねが今の自分を支えているとも発言しています。

効率重視のホリエモンと無駄な努力もし続けているイチロー選手は対照的ですが、どちらも時代の寵児です。

日本の社会ではイチロー選手のタイプに分があるかもしれませんね。特に組織においては無駄な努力も惜しまずする人だからこそ出世しているような気がします。だって組織って無駄が多いし、ぽんきちも今思うと信じられないような無駄な作業を仕事で強いられていた体験をしているからです。



何というか体裁を整えるためだけの仕事もずいぶんありましたし、組織というものには多かれ少なかれどこもそういう部分はあるのかもしれませんね。若かった頃はカルチャーショックに近い衝撃がありました。

それでも、それを黙々とスピード感を持って仕事ができる人が出世している事実もありました。ですから、無駄な努力もできる人は組織では大切な存在になっていくのかもしれません。



実はこの無駄さ加減が微妙でして、イチロー選手の言う無駄な努力と一般的に組織にありがちな無駄な努力とでは、何となくその性質が違うような気もします。

何だか組織の場合は本当に無駄なことだったりしませんか?(^_^;)

今思うと無駄としか思えない仕事のために休日出勤までしていたあの頃のことを考えると、組織の常識って何なんだろう?とさすがに考えたりしますねぇ(・・;)



今回のブログのテーマ「無駄な努力も惜しまずする人が出世するのか?」ですが、これからホリエモン的な考え方の人たちが増えていく時代になると思います。それでも無駄な努力も惜しまずする人が出世する時代は続くような気がします。

それがイチロー選手的な性質のものならば納得できる気もするし・・・たくさんの無駄な努力をしているようで、実は大切なことのヒントに繋がっているみたいな(o゚▽゚)o

それマジでただの無駄っすよね!!みたいなことで出世するならば、おそらくその組織自体の常識がどこかおかしいんでしょうね。

ただ、ぽんきちの前職ではコスト意識の高まりと共に無駄を無くす努力はかなり行われるようになっていました。出世するタイプはどうであれ、やはり時代の変化に対応できなければ組織は生き残れないということなんだと思います。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/10/01 23:38 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする