頑固なギタリストが折れる時〜なぜかTeTeでは外圧に弱いぽんきち(・・;)




20171013143358187.jpg




20171013143420342.jpg





本日TeTeの初CD「Private Live」が届きました。

このCDは営業ツールとして制作したのでこれから無料配布します。無修正の完全一発録音ですから明らかに歌詞を間違えていたりギターのミストーンの部分もありますのでご了承ください。

配布方法ですが、ぽんきちがこれから常に持ち歩きますので興味のありそうな方にはその場でお渡しします。

それと、ぽんきちがお世話になっているライブバーなどのお店にも置いて頂こうと考えていますので、見つけたら気軽にお持ち帰りください。

CDを置いているお店の情報はこれからHPのDISCOGRAPHYにアップしていく予定です。

ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/



ぽんきちをよく知っている人たちは納得することなんですが、ぽんきちはギタリストとして頑固なところがあって他人の言うことを聞かないのです(^_^;)

「俺は俺のやり方でやる!!」が基本なんですが、なぜかTeTeの場合は強力な外圧があって仕方なく折れてしまうのです( ̄。 ̄;)



最近では最も強力な外圧はギタリストのぺぺ伊藤氏からの「ぽんきちさん、あのTeTeの音源データは絶対世に出してください!!」という外圧でした。

なっちゃんの結婚披露宴で流すBGMとしてぺぺさんに録音してもらった音源データをなっちゃんが結婚した後ずっと放置していたら、その後カンティーナで彼のライブを観た帰り際にわざわざぽんきちを追いかけて来て言われたのです。

「You Tubeでも何でもいいからアップして!!」って言うもんだから、「は・・・はい、わかりました・・・じゃあCD作ります。」みたいな(゚Д゚;)

ぺぺさんからはCDのことはずっと言われてたので、彼の外圧がなかったらぽんきちは作っていなかったと思います。


それと、最近のもう一つの強力な外圧はハラバンドのベースの羽野くんから「ぽんきちさん、TeTeで宇多田ヒカルのカバーして!!」でした。

「いや、活動休止前やし面倒くさいんで・・・」と言っても、「ダメ!!絶対やって!!」とうるさいから・・・仕方なく折れました(゚Д゚;)



更に遡ってみますと、おとぼけコースケでマンスリーライブをしていた頃、「お前たち、洋楽ばかりじゃなくて日本語の曲もやりなさいよ!!」とコースケさんからずっと言われてまして。

「いやいや、TeTeは洋楽カバーユニットですから・・・(^_^;)」とずっと逃げ続けていたぽんきちでしたが、「コースケさんにはずっとお世話になっているしなぁ・・・」と考え直して初めて邦楽をカバーしたのです。

まぁ、わかりやすく言うと外圧に負けたのです(゚Д゚;)



以前からTeTeはぽんきちが特に親しくしているミュージシャンたちからなぜか外圧だったり予言だったりを受けるのです。

予言はまだTeTeを結成して間もない頃にINN6のPちゃんから「ぽんきちさん、TeTeはそのうちホテルのラウンジバーでも演奏するようになりますよ・・・ふふふ( ̄∇ ̄)」みたいな(゚Д゚;)

その後、本当にANAクラウンプラザホテルで演奏するようになったのですが、だいたい何でそんなことわかったんすか?( ̄∇ ̄;)



実はもう一つTeTeは以前から予言をされていまして、それはINN6のゆーすけさんからなんですが、「なっちゃんは30代になったらもっと良いシンガーになりますよ!!」という予言です。

なっちゃんは今年30歳になりました。

ゆーすけさんの予言は当たるのでしょうか?(゚Д゚;)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/10/13 14:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーチンのサドルをTUSQ(人工象牙)に交換したのでギターサウンドを試してみた〜ぽんきち動画「山口百恵〜いい日旅立ち」




20171012222953538.jpg





https://youtu.be/tMDi1F5PE-4




先日マーチンのサドルをTUSQ(人工象牙)に交換したばかりなので久しぶりにぽんきち動画をアップしてみました。

高音域と中音域がクリアな全体的に明るいサウンドになりましたが、なぜか6弦の音量が小さくなってしまいました。

今までのぽんきちは親指の先ではなくて真横で弾いていましたが、この弾き方だと6弦がパワー不足になってしまいます。少し角度を変えてほんの少し鋭角に当たるように弾くと6弦の音量が大きくなって各弦がバランスの取れた音量になるようです。

しばらくは角度を変えて弾いてみますが、ライブで良い結果が得られなかったら弦をライトゲージからミディアムゲージに交換した方がいいかもしれませんねぇ(・・;)



ぽんきちは以前はミディアムゲージを使っていたので慣れたら違和感は無いと思いますし、この先ネック調整をして順反りを修正すれば更に弦高が低くなるので、そんなに弾きにくくはならないだろうと。

マーチン00028ECにはTUSQ(人工象牙)のサドルは合わないという情報もネットにアップされていましたが、確かにサウンドはキラキラして綺麗なんですがトレブリーさが気になるような感じもします。

ぽんきちは全音下げチューニングなのでミディアムゲージの弦に交換してもそんなにテンションはきつくならないし、今のトレブリーさが抑えられる可能性はあるかも?



しかし、サドル交換だけでもずいぶんサウンドが変わるものなんですねぇ。ギターの部品交換ってそれだけでもワクワクするんですが、これはギターを弾いている人にしかわからないマニアックな楽しみなんです(^-^)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2017/10/12 22:30 | Comment(0) | ぽんきち動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者のためのアコースティックギター講座〜弾き語りにとって最強の練習場所について




20171011221251335.jpg





今回のギター講座はぽんきちがお勧めする弾き語りの練習場所について書きたいと思います。



結論から申しますと、ぽんきちがお勧めする弾き語りにとって最強の練習場所はフリーマイクです。

理由は人前で弾き語りの練習ができるからなんですが、自宅やスタジオで練習している時はそれなりに歌もギターもできているのに、ライブでは緊張して上手く歌えないしギターも弾けなくなる経験を多くの人たちがしているのでは?と思います。

ぽんきちも最近は弾き語りライブをソロでするようになったばかりですが、現時点でぽんきちが感じている考え方を書きます。



弾き語りを始めて思ったのはやはり歌が主役だということです。ギターは脇役だなと。

その認識の上で初心者ギタリストにぽんきちがアドバイスするならば、まず弾き語りですから、「弾き=ギター」、「語り=歌」の順番で考えるべきと思います。つまり、弾き語りの場合は伴奏となるギターが弾き語りを支える土台であって、どんなに歌が上手くても土台となる伴奏がしっかりしていないと歌に集中できないだろうと。

例えば、ボイトレレッスンができるほどの歌の実力者であっても、ギターが安定して弾けないと弾き語りライブではギターに気を取られて普段の実力を出すことは難しくなるはずです。

ですから、まずは土台となる伴奏を安定させることが歌のピッチやリズムを安定させることにも繋がると考えています。つまり、歌に集中しやすい状態を作ることが肝心だということです。



そこで今回のテーマなんですが、練習場所は自宅だったりスタジオやカラオケ店だったりが一般的だと思います。

大きな音が出せるならば自宅でもいいですし、スタジオならばマイクやPAもありますから正しいマイク位置の確認もできます。更に目の前に大きな鏡もあったりすると尚良いですね。自分の弾き語り姿を確認しながら練習ができます。

しかし、これらの練習場所は「ライブでは緊張して上手く歌えないしギターも弾けなくなる」という課題に対応できないのです。

お客さんが居なければそれなりに弾き語りが上手くできるのになぜ?という課題を抱えているならば人前で練習すればいいのです。それを解決してくれる場所がフリーマイクのお店です。



ライブでの失敗はほとんどの場合が緊張し過ぎているからです。お客さんに見られていると自意識過剰になります。その結果、意識が自分に向き過ぎて緊張してしまうのです。

緊張すると喉が締まったり、呼吸が浅くなるので歌のピッチが不安定になりがちです。更にギターを持つ手に力が入り過ぎたり、弾き手が震えたりします。結果的にダメダメな弾き語りになったりします。

基本的な練習は自宅やスタジオなど一人で居る場所ですればいいと思います。歌の発声練習やギターのスケール練習などですが、当然ながら弾き語りの練習もです。

ただ、誰かに見られていることで普段の実力が出せないということが自分にとって最大の課題だと感じているならば、誰かが見ている場所で練習すればいいじゃないかと思うのです。



基本的な練習は誰でもできます。自宅でもスタジオでもカラオケ店でも、好きなところですればいいと思います。しかし、それだけではライブという魔物には対応できないのが普通です。

弾き語りの場合はMCも大切なライブの要素になります。自宅やスタジオなどで練習してもMCの肝はわかりません。しかし、お客さんが目の前に居るフリーマイクならばMCの練習もできます。

それならば、ライブという環境にそっくりなフリーマイクという場所で練習すればいいだろうと。人前で恥をかける環境で練習できるんです。最高じゃないですか?

音楽は恥をかいた分だけ、悔しい思いをした分だけ上達していく要素が多分にあります。フリーマイクで先にそういう経験をたくさんしておけばいいのです。

だから、ぽんきちは弾き語りにとって最強の練習場所はフリーマイクだと考えています。





今日のまとめです。


弾き語りは人前で練習できるフリーマイクを利用しよう!!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0


ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/10/11 22:14 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコースティックギターのサドルとネック調整までやってしまう歌う理容師のお話




20171010190346006.jpg




歌う理容師「博多屋勇治(はかたやゆうじ)」は本業の理容&美容院「ユフラン」のオーナーでもありますが、マニアック過ぎる趣味の持ち主です。

それはアコースティックギターのサドルとネック調整というギターのリペアです。これまで何度も試行錯誤や失敗を繰り返しながら現在はかなりクオリティの高い調整ができるようになっています。

今回、ぽんきちが彼にサドル調整を依頼しようと思ったのは、先日、散髪のためユフランに行った際に彼のGibsonギターを弾いてその弾きやすさに驚いたからなんです。自作のネックアイロンセットでネック調整したギターだったのです。



ネックは内部にトラスロッドという金属製の棒が入っていて、それを回すことでネックの反りを調整しますが、トラスロッドでは7フレットあたりまでしか調整できません。もっとハイポジションの位置での反りは添え木で固定して、ハロゲンライトで熱を一定時間だけ加えることで調整します。


20171010190446420.jpg

これが自作のネックアイロンセットです。マニアックぶりが凄いです( ̄∇ ̄;)

彼はマニアックな趣味が高じてハイポジションの反りまで自分で調整してしまいますが、今回ぽんきちはとりあえずサドル調整だけを依頼しました。



今回はアコースティックギターのサドルをグラフテック社のTUSQに交換してもらいました。これは自然素材の牛骨や象牙と違い100%一定品質のサドルです。ギターの弦の周波数帯域を無駄なく最大限に引き出し、澄んだ高音から深みのある低音まで幅広いサウンドを得ることができるサドル・・・と説明書きがありました。


20171010190502949.jpg

定価は税抜き1000円で、一般的な牛骨のサドルの倍近い値段ですが、牛骨よりも加工がしやすい素材が使われているそうです。昨日買ったばかりのサドルとギターをユフランに持参し、早速加工してもらいました。


20171010190516167.jpg

上がオリジナルで下がTUSQのサドルです。


20171010190610826.jpg

まず定規で高さを計りマーキングをしてからサンドペーパーで高さ調整をします。今回はオリジナルのサドルよりも1mm程度低く調整してもらいました。これだけでもかなり弾きやすくなるんです。


20171010190531986.jpg

削った後は粉をブラシで綺麗に落とします。少しでも粉が残っているとギターの音に悪影響があるらしいです。


20171010190712997.jpg

高さ調整したサドルをギターのブリッジに固定します。


DSC_2082.JPG

弦を張って完成です。



ローコード中心の弾き語りばかりであれば弦高が高くてもいいのですが、ぽんきちのようにハイポジションも多用するアレンジのギタリストの場合は弦高を低くすることでプレイアビリティが向上するので、各段に弾きやすくなるのです。

最近アレンジしたばかりの曲でどうしても弾きにくいフレーズがあって苦労していたのですが、おかげさまで何とか楽に弾けるようになりました。



弦高を低くすると弦のテンションが緩くなります。ぽんきちはライトゲージで全音下げチューニングという、通常ではあまりギタリストがしないチューニングでほとんどの楽曲を弾いています。

更にテンションが緩くなると音的には微妙なんですが、心配していた音色も何とか使えそうな範疇でした。低音弦が少しパワー不足ですがピッキングの角度を変えることで対応できそうです。

一般的には弦高がある程度高い方が音色は良いので、ギターは音色と弾きやすさのどちらを選ぶべきか?はギタリストの考え方次第でもあります。

今回ぽんきちは弾きやすさを選択しましたが、ぽんきちのようなタイプのギタリストはある程度弾きやすさを優先せざるを得ないだろうと思います。様々なヴォーカリストの伴奏をするので、演奏する楽曲のタイプも様々になります。それ故にプレイアビリティ重視にならざるを得ないからです。

本来ならば弦がサドルに触れる部分も削って微妙なピッチ調整をする必要がありますが、今回は急ぎのレコーディングを控えているのでこれで十分です。



今回は博多屋さんの友情に甘えましたが、最近は知り合いのギターのネック調整などをサービスでやっているそうです。将来は彼の本業にギターのリペアも加わる仕事に繋がるかもしれませんねぇ。

アコースティックギターのリペアは楽しくて仕方ないらしいので、マニアック過ぎる趣味が高じて仕事にまで発展したら面白いですね。


DSC_2084.JPG

BarBerユフランの情報はこちら。


https://www.facebook.com/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3-182546528589991/
「BarBerユフラン」FBページ







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/10/10 19:09 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イメージすることが神経を刺激する驚くべき実験〜NHKガッテン!を観て思ったこと




20171009223009391.jpg





http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170830/index.html
カラダ若返りSP 1週間で動ける体が復活!




NHKのガッテン!はお役立ち情報満載の番組ですが、先日とても興味深い実験をしていました。

被験者数人に左手をギプスで1ヶ月間固定し、Aグループは何もせず、Bグループにはあることを毎日させます。1ヶ月後にそれぞれ左手の筋力を測定したところ、Aグループは2分の1程度に筋力が衰えていたにも関わらず、Bグループは4分の1程度の衰えに抑えられていたという実験結果でした。
Bグループの被験者たちにさせていた「あること」とは毎日10分間だけ目を閉じて筋力トレーニングをしているイメージをさせることだったんですが、実際は体を動かしていなくても想像するだけで全身の筋力の衰えを抑えられるという驚くべき実験でした。

これはイメージすることで脳内から運動神経に電気信号が流れるため神経そのものが退化しないので、結果的に使わない筋力の衰えも抑えられるということでした。

神経は加齢と共に減っていくらしく、使わない運動神経には脳内から電気信号が流れないため、その衰えも加速するそうなんです。だからイメージするだけでも神経を刺激するので筋力低下を防ぐためには効果的なんだとか。



よくイメージし続けることでその人の風貌が変わったり人生が変わったりすることがあると聞きますが、これって神経を刺激する脳内から流れる電気信号みたいな何かがあるのかもしれませんねぇ。

良いイメージをしがちな人と悪いイメージをしがちな人では「なりがちな現実」が違ってしまうのは、それなりの理由があるのかもしれません。

ある人は今我々が見ている現実は、量子や原子レベルで考えると自分で選んでいるものが見えているに過ぎないという考え方をしていましたが、これは仏教の色即是空・空即是色に通じる考え方なのかもしれません。

ぽんきちには難しいことはよくわかりませんが、イメージするだけでも動かせない筋力の衰えは抑えられるという科学的な実験結果は、我々の生き方に示唆を与えるものだと感じたりもします。



悪いことを想像するのは万が一の災害や事故などに備えることに使うくらいがちょうど良くて、その他は良いイメージを持って生きることで脳内から伝達される電気信号が我々の人生に良い結果をもたらすのかもしれません。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/10/09 22:30 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする