自分のステイタスを落とす弾き語りライブを続けるべきか?




20170728191356226.jpg





昨年の10月から3ヶ月に一回のペースで続けていた「ぽんきち弾き語り武者修行の旅ライブ」の第4弾は先日無事に終了しました。想定外にたくさんのお客様が来てくださって、今回ぽんきちとユニットで弾き語りしてくれたカズ君と、対バンしてくれたレモンハートさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

ライブバーi&iのスタッフの皆さんと足を運んでくれたお客様のおかげで楽しくライブさせて頂きました。

その一方で、ギター伴奏者としての活動を長く続けてきたぽんきちが下手な弾き語りでライブすることは自分のステイタスを落とす行為なのではないか?という複雑な心情も常に抱えています。

伴奏者としてギターを弾いている方が明らかにクオリティの高いライブができることはわかりきっているわけで、歌いたいという欲求のない自分が弾き語りすることのメリットとデメリットは常に共存していると自覚しています。

弾き語りライブのクオリティはともかく、ぽんきち自身にとっては心が鍛えられるメンタル面でのメリットの方が大きいと感じていますが、なかなかソロ弾き語りライブができないでいるのはそんな複雑な心情が影響していることもあります。



これまでは仲間のミュージシャンを誘ってユニットという形で弾き語りライブを続けてきましたが、それは先日のライブで最後にしようと考えています。

そもそも自分のギタリストとしてのステイタスがどの程度のものなのか?という自意識過剰的な疑問もありますが、弾き語りライブをするならばそろそろソロ弾き語りに移行すべき時期なんだろうと。いつまでも仲間たちに頼ったライブを続けていては自分が進化できないような気もしています。

誰かと一夜限りのユニットを組んでライブすることを一切やめてしまうということではなくて、「ぽんきち弾き語り武者修行の旅ライブ」というタイトル付きの定期ライブはもうやめようと。



先日の弾き語りライブのお客様の中に以前ぽんきちがフリーマイクに参加した時にピアノソロ演奏で参加していたPさんも来ていました。

彼のことは以前ブログにも書きましたが、ぽんきちより年上のおじさんですが、彼はあの時30回くらいは演奏中に間違えたと思います。それでも必死にピアノを弾く彼の姿にぽんきちは完全に惹き込まれていました。

自分が考えるステイタスなどクソだなと思いました。

今も自分の中に複雑な心情はあるけれど、あの時Pさんの下手なピアノソロ演奏に感動していた自分を信じようとも思っています。



自分のステイタスを落とす弾き語りライブを続けるべきか?の答えですが、もう来月のスケジュールにぽんきちソロ弾き語りのライブを入れてしまった・・・これが答えです。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/07/28 19:14 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする