10年以上前からギタリストぽんきちを陰ながらずっと見続けていた人がいた




20170420224140004.jpg





先日、NANAKO&ぽんきちのワンマンライブの時に来て頂いたお客様に名刺を渡してご挨拶をしていた時のことです。

ある男性客に名刺をお渡ししてお礼を言うと、彼はぽんきちを最初の洋楽カバーユニットのmilky noteの頃からライブを観ているというのです。

ぽんきちが最初のアコースティック・デュオで活動を始めたのは11年前ですから、彼は10年以上前からぽんきちのライブを観ていたわけですが、お話したのは始めてでした。

お話していると彼はぽんきちが演奏している他のユニットのライブも観ていて、そんなに以前からぽんきちを陰ながら見ていた人がいたのか!?と驚きました。



ワンマンライブの終了後にななこちゃんがいつものようにお客様一人一人とお話をしていました。彼女はライブの後で必ずそれぞれのお客様の隣に座ってお話しています。

その男性客は最近たまたまななこちゃんのライブも観るようになっていたらしく、最近ぽんきちと一緒にユニットを始めたということでワンマンライブにも来てくれたようでした。

ずいぶん長く二人でお話しているようでしたが、その二日後にななこちゃんから話がしたいのでスタジオ練習も兼ねて会いませんか?と連絡がありました。



どうやら彼女はその男性客からたくさんのアドバイスを頂いたらしく、そのお客様は10年以上前からギタリストぽんきちのライブを観てますから今回のライブで思うところがあったようなんです。

結論から申しますと、NANAKO&ぽんきちはソウルカバーユニットとして2月から活動を始めましたが、これからはソウルナンバーにこだわらないユニットに変わります。

一定のこだわりを持ちながらも洋楽と邦楽に関わらずカバーするユニットに生まれ変わる予定です。

その男性客のアドバイスについてはここでは詳細は書きませんが、さすがに10年以上前から陰ながらぽんきちを見ていただけあるなぁと思えるものでした。

一言で説明すると、「せっかくぽんきちさんとユニットをやっているんだからギタリストぽんきちの魅力をもっと引き出せる表現にした方がいいでしょ?」というものでした。



ぽんきちはギタリストとしては器用なタイプではありません。ヴォーカリストに合わせて変幻自在に音のスタイルを変えられないタイプなんです。ぽんきちがアレンジしてギターを弾くとどんなジャンルの音楽であろうと、誰の伴奏をしようと、いわゆる「ぽんきち節」になってしまうのです(・・;)

これはギタリストのぺぺ伊藤くんも同じことを言ってました。彼もたくさんのヴォーカリストの伴奏をしていますが、常に「ぺぺ伊藤節」なんです。

某ライブバーのオーナーが我々のことを「ヴォーカリストに支配されないギタリスト」だと話していましたが、音楽を仕事として考えた時にこれが良いことなのか悪いことなのか微妙なところだと思っています。

ですから、我々のようなタイプのギタリストは自分のギタースタイルを求めてくれるヴォーカリストの伴奏しかできないのです。

「ぽんきち節」の伴奏で歌いたいというヴォーカリストであればユニットは成立するでしょうし、ぽんきちの独特な個性を必要とするヴォーカリストしか求めてこないだろうと思っています。



その男性客のアドバイスに感心すると同時に、ななこちゃんにもぽんきちは感心しました。その男性客のアドバイスを受けて自分なりに考えて方向転換をぽんきちに提案してきたからです。

彼女はぽんきち以外のミュージシャンのサポートでもソウルナンバーをいろんなお店で歌っていますが、ヴォーカリストNANAKOとしてどんな活動をすればベストパフォーマンスにできるのかを常に考えている娘なんです。

彼女がユニットの方向転換する気持ちになった経緯を聞いてぽんきちは快諾したのですが、ぽんきちとしては自分のギター伴奏でヴォーカリストが気持ちよく歌ってくれたらそれでいいのです。



NANAKO&ぽんきちはこれから洋楽やソウルナンバーにこだわらないユニットになりますが、70年代のディスコソウルナンバーなどは続ける予定です。

これってアコギ一本のアレンジでどうなんだろう?と最初は不安もあったのですが、意外とアレンジできるものでして・・・しかも、ディスコソウルナンバーってやっぱり演奏しているとめっちゃ楽しいんです。



おそらく、先日のライブであの男性客が来ていなかったらこれほどの方向転換をすることはなかったはずです。

10年以上前からぽんきちのライブを観ていて、かと言ってぽんきちに声をかけるわけでもなく、陰ながら見続けてくれている人がいたことにぽんきちは驚きを隠せませんでした。



音楽活動は、ライブはお客様あってのものなんだと、改めて思い知らされたぽんきちでした。

ライブに足を運んでくださるお客様たちに心から感謝していますm(__)m













ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/04/20 22:42 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする