ステージのMCで失敗したとかコンディションが良くないことを話してはいけない〜やらかしたら観客を惹きつけるネタにすればいいんじゃね?




20170418220003234.jpg





ヴォーカリストだと喉の調子が良くない日にライブがあったりすると思い通りに歌えないこともあると思います。そんな時、MCでついついそれを口に出してしまうことがありませんか?

これ基本的にNGなんですけど、理由はお客様にとって本人のコンディションや自己管理の事情などは関係ないからです。それと、歌っている本人が言い訳している心理が見えてしまうのでみっともないからです。



楽器を演奏する伴奏者も同じ理由で、演奏をミスったりしても失敗したとか言ってはいけません。

とか言いながら、ぽんきちは正直者な性格が災いして演奏中にうっかり口に出してしまうことがよくあります(^_^;)

先日もレイぽんの演奏中にぽんきちがコーラスを入れる曲があったのですが、マイクを横の方に向けたまま演奏していたので、コーラスが始まる直前に「しまった〜(゚Д゚;)」と言ってしまったのです。

ぽんきちはコーラスする曲がない時はマイクの位置を外しているのです。理由は写真映りを良くするためなんですが、滅多にありませんがたまにコーラス用のマイクを忘れて失敗することがあります(・・;)



さて、ここで失敗したことを口に出してしまうライブはNGなのか?ということなんですが、はっきり言ってケースバイケースですね。みっともない言い訳をしていると観客に思われてしまうならばNGです。

しかし、もし狙ったわけではないけれど結果的にお客様が喜んでくれたらOKなんです。だって、お客様はライブを楽しみたくて足を運んでくれているわけですから、楽しいライブだった、来て良かったと思えたならばそれでいいだろうとぽんきちは思っています。

その曲の演奏後にレイさんがMCのネタにして観客を笑わせていたわけですから、うっかり八兵衛になったぽんきちの失敗は無駄ではなかったと( ̄∇ ̄;)



要するにコンディションが良くない時や失敗してしまうライブはどうしてもあるわけで、大切なのはそれを言い訳ではない別のものに、例えばお客様が喜んでしまうようなものに変換してしまえばいいのです。

但し、それを最初から狙うのはナンセンスで、普段から自己管理や練習などの準備は徹底してやっておかなければいけません。それでも人間ですから生演奏のライブでは調子の悪い時もあるし、突発的なアクシデントが起こったりします。

そのマイナスな出来事を如何にプラスに変換できるのかが大切だろうと思います。完璧な歌と演奏でもお客様が楽しめなかったら意味がありません。目指すべきは完璧なステージングなんですが、ライブってなかなか思い通りにはならんとです( ̄。 ̄;)



もっと言ってしまうと、途中で歌詞を間違えたとかはその曲をよく知っている人じゃない限り気付きません。同じく、楽器も演奏中に多少間違えたとしてもコードを外してなければ気付きません。

ですからポーカーフェイスにしていればほとんどの場合は何事もなかったかのように進行します。ただ、ぽんきちのように明らかに失敗したなとわかる場合もあるので、その時は開き直ってエンターテイメントの一部に変換してしまいましょう( ̄∇ ̄)

だって、やらかしてしまったものは仕方ないですし、その場で反省するくらいなら目の前のお客様を楽しませろ!!ってことです。

反省は家に帰ってからすればいいじゃないですか。次からはもうあんな失敗は絶対しないと自分に誓うのです・・・う〜ん、何回誓ったかわからないぽんきちですけどね(^_^;)



最後に、アコースティックの場合はMCはライブの流れを作る大切な要素があります。かなり実力派のシンガーでも比較的に世間話に近い、親しみある内容のお話をする人たちも多いのです。

そんな自然な流れの中で今の季節だと花粉症だとかPM2.5だとか大気汚染の話題があったとしても特におかしなことはないと思います。

ぽんきちの個人的な意見ですが、花粉症の人たちもたくさんいるわけで、それは多くのヴォーカリストたちも例外ではありません。MCでたまたまそんな話題が出てもそれを言い訳しているとはぽんきちは感じません。



それでもお客様に言い訳していると感じさせる可能性があったり、自分の中で言い訳したい心理が働いているならば、そんな話題は避ければいいだけだと思います。

一流のミュージシャンになると言い訳さえも面白おかしくMCで語って観客を惹きつけているんです。ぽんきちも観ていて感心するんですけれど、おそらくMCで言い訳してはいけないという常識でストップしているうちはまだまだなんでしょうね。

それは同時に観客を惹きつける歌と演奏があるからこそMCとしても成立しているのでしょう。

そんな領域にまだ達していないならば、とりあえず言い訳はせず、次こそは自分たちが納得できる歌と演奏でお客様にも満足してもらえるライブをするんだという気持ちで常に前進していけばいいと思います。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/04/18 22:01 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする